ブリーチが髪に与えるダメージとは?改善方法や知っておくべき基礎知識を解説!

Description
ブリーチが髪に与えるダメージやメリット&デメリットについてまとめました。綺麗な髪色を出す為にはブリーチをするのがおすすめですが、髪にダメージを与えるというデメリットがあるので気をつけましょう。ヘアカラーでブリーチをする前に髪へのダメージを始めとしたデメリットを把握しておく事が大切になります。ブリーチをすればヘアカラーで綺麗な髪色になれるのも大きなメリットなので、髪のケアをしてダメージを抑えながら活用していきましょう。

ブリーチで髪が痛むのは仕方ない?改善方法を紹介!

Girl Hair Blowing · Free photo on Pixabay (125203)

綺麗に髪色を変えたい場合に行うのがブリーチ。髪をブリーチするとヘアカラーを使った時の髪色の発色が良くなると言われている為、ブリーチをする方も多いのではないでしょうか。しかし、ブリーチをする時はメリットとデメリットを把握しておく事が大切になります。ブリーチのデメリットを知らずに繰り返しブリーチをしていると、いつの間にか髪にダメージを与えてしまう事になりかねません。ブリーチをした場合は、しっかりと髪のケアをする事で綺麗なヘアカラーを長持ちさせる事が出来ます。
今回は、ブリーチのメリット&デメリットの他にダメージを受けた髪のケア方法についてまとめました。ブリーチにはメリットがある一方でデメリットもある為、事前に知っておく事が大切。どのようなデメリットがあるか知っておけば、ブリーチした後の髪に適切なケアが出来るようになります。ブリーチの仕組みを知って、理想の髪色にヘアカラー出来るようにしていきませんか?ブリーチが髪に与える影響について詳しくチェックしていきましょう。

ブリーチって何?ヘアカラーとの違いは?

Hair Color Coloring · Free photo on Pixabay (125204)

ヘアサロンで髪色を変えようとした時に良く聞くのが「ブリーチ」や「ヘアカラー」という言葉。どちらも髪に薬剤を塗って髪色を変える事のように見えますが、どのような所が異なるのでしょうか。ブリーチとは、髪の色素を抜いて明るくする事を指します。ブリーチ用の薬剤を使い、メラニンを脱色させる事で明るい髪色になるのが特徴。ヘアカラーとは、ヘアカラー材を使って髪色を変える事を指します。ブリーチは髪の脱色をしているのに対して、ヘアカラーは髪を染めているというのが大きな違い。
ヘアカラーをする場合「ダブルカラー」という言葉を聞くかもしれませんが、これはブリーチをしてからヘアカラーをする事を指します。ブリーチをした髪でヘアカラーをする事で髪色の発色が良くなるとされているのがポイント。「トリプルカラー」と言う場合はブリーチを2回してからヘアカラーとする事になります。このようにブリーチとヘアカラーはセットで行う事がほとんど。ヘアカラーをする時はブリーチをするかしないか決める場面が度々出ています。

ブリーチありなしの髪の色の違いは?

もちろん、ブリーチ無しでもヘアカラーを行う事が出来ます。それでは、なぜブリーチをしてからヘアカラーをして髪色を変えようとする人が多いのでしょうか。ヘアカラーをする場合、そのままの髪色だとヘアカラー材が入りにくい場合がある為、思ったような髪色に染める事が出来ない可能性が高くなります。ブリーチで脱色した状態の髪だとヘアカラー材が染まりやすく、思ったような髪色に出来るのが魅力。綺麗な発色のヘアカラーに仕上げたい、髪の色をガラッと変えてみたい、と言う場合にブリーチを行う事が多くあります。
ブリーチをしないでヘアカラーをした時は髪は暗めの色、ブリーチをした後にヘアカラーをすると明るくて外国人のような髪色になります。このようにブリーチがあるかどうかで髪色の仕上がりも変わってくるので、なりたい髪色に合わせて選択してみましょう。

ブリーチで髪の色が明るくなる仕組み

明るく綺麗な髪色に仕上げたい場合におすすめのブリーチですが、どうしてブリーチをすると髪色が明るくなるのでしょうか。それは、ブリーチをする時に使用する薬剤が大きく関係しています。薬剤を使う事によって脱色を行い、明るい髪色へと変化。ブリーチを繰り返す事で徐々に髪色が明るくなり、ヘアカラーも染まりやすくなります。そんなブリーチの仕組みについて具体的にチェックしていきましょう。

メラニン色素を分解

私たちの髪が黒いのは、メラニン色素が関係しています。髪に含まれるメラニン色素が黒い髪を作る為、メラニン色素が年齢と共に失われていくと白髪が多くなるのが特徴。ブリーチでは、そのメラニン色素を分解する事によって髪色を明るくしていきます。メラニンには大きく分けて2種類。ユーメラニンとフォオメラニンです。ユーメラニンは赤と茶色の色が出やすく、日本人はこのユーメラニンが多いとされているのがポイント。ユーメラニンが多い事で日本人の髪は黒く、赤みを含んだ色になっています。
ユーメラニンの次に挙げられるのがフォオメラニンです。フォオメラニンは赤と黄色になっているのが特徴。ユーメラニンはブリーチの影響を受けやすいのに対して、フォオメラニンは受けにくいと言われています。このように髪に含まれるメラニンを徐々に抜いていく事で、メラニンに含まれる色が落ちて金髪もしくは白髪のような髪色になっていくとされている為、ヘアカラーの時にブリーチを取り入れる人が多いようでした。

1剤の過酸化水素+2剤のアルカリ剤・過酸化水素で脱色

ブリーチで使用する薬剤は、1剤(過酸化水素)と2剤(アルカリ剤・過酸化水素)の2種類に分けられます。1剤と2剤はそれぞれ別の容器に分けられており、使用する直前に混ぜ合わせるのが特徴。1剤と2剤は触れ合うとすぐに化学反応が起こる為、混ぜて放置しておくのはNGとされています。この1剤と2剤を混ぜ合わせたものを髪に塗る事でメラニンを分解し、明るい髪色に変化。ただし、1回ブリーチしたからと言ってすぐに明るい髪色になるわけではありません。

色の変化

ブリーチを行うと、徐々に髪色が変化していくのが分かるのではないでしょうか。まず、ブリーチの影響を受けやすいユーメラニンから分解・脱色されて髪色が変わっていきます。ユーメラニンが抜けていくと、黒髪から茶髪、オレンジといったように変化。ブリーチを重ねるとフォオメラニンも少しずつ分解されていき、オレンジから黄色、淡い黄色といったように変わります。メラニンが完全に抜ければ白髪になりますが、現実問題としてそこまでブリーチを重ねる事は不可能。ブリーチは重ねる毎に髪へダメージを与えてしまいます。

ブリーチが髪や頭皮に与えるダメージ・デメリット

Beautiful Woman Hair · Free photo on Pixabay (125212)

ブリーチをデメリットとして挙げられるのが髪や頭皮へのダメージです。髪色を明るくし、ヘアカラーが染まりやすくなるブリーチですが、やり過ぎると髪へのダメージが重なって色々なヘアトラブルの原因となるので気をつけましょう。ブリーチをやり過ぎるとどのようなダメージがデメリットとして現れてくるのか、チェックしていきましょう。

ダメージの原因

ブリーチで髪にダメージが与えられるのは、メラニン色素を抜いているという事が大きな原因です。メラニン色素を抜く事によって髪自体に大きなダメージがかかり、ケアをしていないと様々なヘアトラブルを引き起こしてしまうので気をつけましょう。また、ブリーチに使用する薬剤は頭皮に少なからず影響を与えます。頭皮にダメージが与えられると、毛根にも負担がかかり、健やかな髪の毛が育ちにくくなるのも大きな問題。ブリーチをする際にはこういったデメリットもしっかりと把握しておいてください。

髪のパサつき・切れ毛ができる

Woman Solitude Sadness · Free photo on Pixabay (125213)

ブリーチによってダメージを受けた髪は、枝毛や切れ毛になりやすくなります。枝毛とは、毛先の部分で髪が二股に分かれている状態。こうなると、髪が相当ダメージを受けているサインです。また、途中で髪がプツプツと切れる切れ毛は、放っておくとどんどん進んでいくのが要注意。また、髪自体に元気がなくなる事でパサつきも現れます。髪に潤いが足りなくなり、乾燥してパサパサとした状態になってしまう為、ヘアカラーの色も綺麗に出にくくなるのが大きなデメリット。こうならないように気をつける事が大切です。
63 件
着用アイテム