【最新】BBクリーム人気ランキング!ベースメイクの優秀アイテムは?

Description
BBクリームは、韓国で人気に火が付いたベースメイクの優秀アイテムです。BBクリームが日本に上陸してから、多くのメディアや口コミランキングで話題となっています。プチプラの人気メーカーである、ちふれやメイベリン・ニューヨークからも、高機能BBクリームが発売されており注目されているようです。また、そんなBBクリームとは何か、ファンデーションとの違いなど豆知識を始め、塗り方のコツ・使い方のポイントも含めご紹介していきます。プチプラで人気のBBクリームランキングも是非参考にしてみて下さい。

プチプラでもおすすめの優秀な人気BBクリームを紹介

韓国で誕生したBBクリームは、日本に上陸してからプチプラのメーカーからデパコスブランドまで多くの種類のアイテムが発売されています。BBクリームという名称を知っていても、BBクリームとはどんな役割を果たすのか知らないで使用している人も少なくありません。プチプラでもおすすめの優秀な人気BBクリームランキングをご紹介する前に、BBクリームの役割やCCクリーム・ファンデーションとの違いは何か豆知識を始め、選び方・使い方のコツなどご紹介していきます。

BBクリームとは?

BBクリームとは、肌再生を活性化する機能をプラスしたファンデーションの事を指します。BBクリームのBBとは何か気になる方も多いです。BBとは、Blemish Blamの略称であり、訳すと傷の修復効果がある軟膏という意味です。医療用BBクリームが誕生したのは、ドイツの皮膚科と言われています。そして、一般でも使用出来るBBクリームコスメを開発したのが、美容大国で知られる韓国です。

BBクリームの役割

BBクリームは、化粧下地を始め、日焼け止め、コンシーラー、ファンデーションの役割を果たしてくれる優秀アイテムです。BBクリームの最大のメリットとは、時短メイクです。下地や日焼け止めを塗って、肌のお悩み部分をカバーするコンシーラーやベースメイクの主役であるファンデーションを塗る過程を、BBクリーム1つで出来てしまいます。保湿効果も高いので、乾燥肌の人にもおすすめです。

CCクリームやファンデーションとの違いは?

BBクリームとCCクリーム・ファンデーションとの違いとは何か気になる人も多いです。CCクリームの「CC」とは、カラーコントロールの略であり、一部のメーカーではコンプリートコレクションの略となっているようです。
カバー力や保湿力が高いBBクリームに対して、CCクリームは保湿力やカラーコントロールで色むらを無くしファンデーションの成分も配合しています。また、ファンデーションは日焼け止め効果がついている物とついていない物があり、下地の役割などは無い所がBBクリームとの違いになるようです。

BBクリームの選び方

続いて、BBクリームの選び方についてご紹介していきます。BBクリームは海外製の物と日本製の物があり、選び方に迷ってしまう方も少なくありません。選び方として、どの様な注意点やポイントがあるのか早速見ていきましょう。

生産国で選ぶ

Nightlife Republic Of Korea Jongno · Free photo on Pixabay (117166)

ちふれやメイベリン・ニューヨークと言った、人気のプチプラブランドから発売されているBBクリーム。BBクリームの火付け役となった韓国製の物も人気です。韓国製のBBクリームは、日本製に比べてカバー力と保湿力が高めだと言われています。逆に日本製のBBクリームは、ナチュラルなベースメイクに仕上がる特徴があります。

使い心地で選ぶ

メーカーによって、BBクリームのテクスチャーも変わって来ます。毎日のメイクに使うBBクリームだからこそ、使い心地が良い物を選ぶのが大切なポイントです。米粒程の量を出して、約10cm伸びれば使い心地は良いと見ていいそうです。普段ファンデーションをお使いの方が、BBクリームにシフトした時に、テクスチャーが固くて使いづらいという場合もあります。その為、使い心地で選ぶのは大切なポイントとなるようです。

成分で選ぶ①保湿したいならセラミドやコラーゲン入り

乾燥肌の人は、保湿力の高いBBクリームを選ぶのが鍵となります。保湿成分のセラミドやコラーゲン配合のBBクリームを選べば、寒い季節のベースメイクもしっとり仕上がると言われています。殆どのファンデーションでは叶わない美容効果を、BBクリームで叶えられるでしょう。

成分で選ぶ②日焼け対策にはSPFやPAの記載があるもの

BBクリームには、日焼け止めの役割を果たしてくれるメリットがあります。紫外線の強い季節には、SPFやPAの記載がしてある物を選ぶのが大切なポイントとなります。シミの原因となる紫外線予防の為に、日焼け止め数値がSPF30以上で、PA+++以上のBBクリームを選ぶのが鍵となるようです。

成分で選ぶ③敏感肌なら低刺激成分のもの

敏感肌なら低刺激成分で作られているBBクリームを選ぶのが鍵となります。アルコールフリー、パラベンフリー、無鉱物油など、肌への刺激が強い成分が無添加のBBクリームは、敏感肌の人におすすめです。BBクリームのパッケージにも、敏感肌用と記載がある商品も多いです。
159 件
着用アイテム