ベージュチークで旬顔の立体小顔に!透明感アップの塗り方や選び方

Description
ベージュチークで旬顔になるための塗り方やおすすめの選び方をまとめました。魅力的な透明感を出せるベージュチークは、小顔になりたい時にもおすすめ。プチプラブランドから旬顔になれるベージュチークが出ているので、ぜひ活用してみてはいかがですか。塗り方を工夫するだけでベージュチークが憧れの透明感や小顔を叶えてくれるかもしれません。肌の色に合ったベージュチークのおすすめの選び方をチェックしてプチプラ優秀コスメを見つけましょう。

ベージュチークで旬顔を叶えよう♡

おしゃれな旬顔になりたい時に取り入れておきたいのがベージュチーク。チークというと血色感をプラスするために使うイメージがありますが、ベージュ系のチークを使うことによって透明感や立体感を演出することができます。そんなベージュチークを活用するためには塗り方や選び方のコツを把握しておくことが大切。ベージュチークの塗り方次第で立体感や透明感を出すことができるかが決まります。プチプラのベージュチークの中にも優秀なコスメがたくさんあるので旬顔になるために取り入れてみましょう。

トレンド感満載の「ベージュチーク」

「おしゃれな旬顔になりたい!」という場合におすすめしたいのがベージュチーク。肌馴染みが良く、ヌーディーな雰囲気を引き出すことができるベージュチークはトレンドのカラーレスメイクにぴったりです。カラーレスメイクとは、色味を抑えたメイク方法のこと。あえて色味を抑えることによって肌の透明感をアップし、大人っぽい雰囲気を演出することができます。落ち着いた風合いのカラーレスメイクは抜け感のある旬顔になれることから取り入れる人が増えているので、ぜひ取り入れてみてはいかがですか。
アイメイクやリップをカラーレスにしてチークだけ血色感のあるタイプを選ぶとチグハグな印象になってしまいます。そのため、カラーレスメイクにはベージュチークが欠かせません。ベージュチークを取り入れることで、シックで大人な女性らしい雰囲気を出すことができるのではないでしょうか。おしゃれな旬顔になりたい場合は、ぜひベージュチークを活用していきましょう。

初心者さんにもおすすめのカラー

ベージュチークは初心者にもぴったりなタイプのチークです。肌馴染みが良いので、「チークが濃すぎた」「思ったようなチークの塗り方にならなかった」ということが起こりにくいのがベージュチークの良いところ。メイク初心者でも簡単な塗り方でナチュラルなメイクに仕上げることができるので、ぜひベージュチークを活用してみてはいかがですか。ベージュチークで透明感や小顔効果を出すためには塗り方や選び方のポイントがとても大切。コツを押さえたベージュチークの塗り方で憧れの小顔を目指してみましょう。

自分に合ったベージュチークの選び方

Cosmetics Powder Cosmetic Brush · Free photo on Pixabay (94889)

ベージュチークで旬顔にするためには、選び方がとても重要なポイント。選び方次第によってベージュチークの仕上がりが変わってくるので、色や質感などにこだわっていきましょう。自分にぴったりなベージュチークの選び方を把握しておけば、どんなベージュチークにしようか悩むことも少なくなるのではないでしょうか。各ポイントをしっかりと押さえて、お気に入りのベージュチークを取り入れていきましょう。

自分の肌の色に合ったものを選ぼう

ベージュチークを選ぶ上で大切になるのが肌の色に合ったタイプを選ぶということです。肌の色に合わないチークを取り入れると全体的にチグハグな印象になり、メイクのバランスが崩れてしまうので気をつけましょう。肌の色にぴったりなベージュチークを活用すれば、透明感がアップしたり小顔に見せやすくなるの色の選び方はとても大切。ベージュチークを選ぶ上で知っておきたいのが自分の肌がイエローベースかブルーベースのどちらかなのかということです。
一般的に肌の色はイエローベースとブルーベースに分かれるとされているため、まずは自分の肌色をチェックしてみましょう。イエローベースの肌は黄色味が強いのが特徴。手首の血管を見てみると、緑色になっているのがイエローベースとされています。ブルーベースは青系の色味が強く色白なことが多いのがポイント。手首の血管は青っぽく見えます。自分がどちらの肌色のタイプなのかを把握した上でベージュチークの選び方を学んでいきましょう。

イエローベースに似合う色

ベージュチークと一口に言ってもピンク系やブラウン系など色味の種類はさまざま。何系統のベージュチークであれば良いのか把握しておくことが大切になります。まずは、イエローベースに合うベージュチークの色についてチェックしていきましょう。
イエローベースの肌色は黄色味が強いので、オレンジ系やイエロー系のベージュチークが合うとされています。オレンジ系やイエロー系のベージュチークなら肌を明るく見せ、透明感もアップできると言われているのでイエローベースの方はこういったベージュチークを取り入れてみてはいかがですか。

ブルーベースに似合う色

全体的に青みがあり色白さんが多いブルーベースの方の場合は、青み系統のベージュチークを選んでいきましょう。具体的には青みのある明るめのベージュチーク、青みピンク系のベージュチーク、ブラウン系のチークがおすすめ。大人可愛く見せたい場合は青みピンク系のベージュチーク、透明感をアップしたい時は明るめのベージュチーク、シックな大人っぽさを演出したい場合はブラウン系のチークといったようにメイクの印象に合わせて色を取り入れるのもおすすめの選び方です。

透明感がアップするベージュチークの塗り方

Cosmetics Brush Compact · Free photo on Pixabay (94895)

自分にぴったりなベージュチークの選び方を把握できたら、塗り方についてもチェックしていきましょう。透明感がアップして小顔になるためにはベージュチークの塗り方を工夫することが大切になります。チークの塗り方によって全体の顔の印象がだいぶ変わってくるので、ポイントを押さえていきましょう。ベージュチークを活用してすっきりとした小顔に近づいてみませんか?また、透明感もアップできるようにベージュチークの塗り方にこだわっていきましょう。

骨格を意識して塗る

大人っぽいベージュチークの塗り方のためには、骨格を意識して塗ることが大切になります。自分の頬骨の位置がどこにあるのか把握して、骨格を意識していくことによって立体感のある仕上がりになるのがポイント。ベージュチークで立体感を演出することができれば、小顔効果も期待できます。ベージュチークは他のチークと違って陰影を作るのに役立つため、こういった小顔効果も簡単の引き出せるのが魅力。まずは骨格を意識した塗り方でベージュチークを取り入れてみましょう。

頬の高いところから口元に入れる

ベージュチークは、頬骨の高い位置から口元に向けて斜めに入れる塗り方がおすすめ。このような塗り方にすることによって顔に陰影がつき、小顔効果を引き出すことができます。また、ナチュラルにベージュチークの血色感をプラスできるため肌の透明感がアップするのも嬉しいポイント。メイクブラシにベージュチークを馴染ませたら、頬骨から口元にかけてさっとベージュチークを入れていきましょう。濃く入れすぎず、ほんのり色がのる程度にする塗り方がベージュチークで旬顔にするコツです。
56 件
着用アイテム