口紅の塗り方をタイプ別に紹介!長持ちさせる方法や似合う色の選び方まで

Description
メイクに欠かせない口紅は印象が華やかになり、簡単に魅力的に見せてくれるだけでなく、気分を上げてくれるアイテムでもあります。間違った塗り方をすると、口紅が崩れやすくなったり、バランスが悪くなったりしてしまいます。せっかく塗るのなら正しく塗って、憧れの素敵な唇を目指しましょう。今回は、口紅の種類別に塗り方や長持ちさせる方法をご紹介していきます。口紅の塗り方を見直して、もっとメイクを楽しみましょう。

あなたは正しい口紅の塗り方本当にわかってる?

メイクに欠かせない口紅は魅力的に見せてくれるだけでなく、気分を上げてくれるアイテムでもあります。せっかく塗るのなら、正しい塗り方でもっと魅力を引き上げましょう。憧れの素敵な唇を目指して初心者でも簡単な、口紅の種類別に塗り方や、口紅を長持ちさせる方法をご紹介していきます。目指すイメージごとに正しい塗り方をして、もっとメイクを楽しみましょう。

スティックタイプの口紅は筆がおすすめ

難しそうに思われるスティックタイプの口紅は、筆を使って塗るのがおすすめです。筆を使えば輪郭をしっかり型取ることができます。品のある唇に仕上げることができるので、初心者にもおすすめの塗り方です。また濃いめのカラーの時は、直塗りをしてから筆でさらに塗り重ねると、印象が強調できます。筆を使った塗り方はクオリティを高められるので、筆はメイク道具のマストアイテムです。

リキッドタイプの口紅は直接塗るのがおすすめ

リキッドタイプの口紅は、カラーの発色とツヤを同時に叶えてくれるアイテムです。リキッドタイプを使うときは、付属のアプリケーターを使用して直接塗るのがおすすめです。直接塗ると全体的にたっぷり塗ることができるので、唇を立体感のある仕上がりにすることができます。直接、中心部に重ね塗りをするとぽってりとした印象にすることができます。直接塗るときは、容器の口でアプリケーターを軽くしごくのがポイントです。

クレヨンタイプの口紅は指で塗るのがおすすめ

人気のクレヨンタイプの口紅は、指を使った塗り方がおすすめです。直接塗ってもいいですが、濃いめのカラーのものは、調整しながら塗ることができます。さらに、指を使うとトレンドのマットな色づきとなるので、初心者にもおすすめの塗り方です。

【目指すイメージ別】口紅の正しい塗り方

口紅は、なりたいイメージによって塗り方を変えると上手に塗ることができます。塗り方を少し工夫して、憧れのリップを作ってみましょう。ここからは、イメージ別に口紅の塗り方をご紹介していきます。

ナチュラルに仕上げたい場合

唇ををナチュラルな印象で仕上げたい場合は、指を使った塗り方がおすすめです。口紅を指先に取ったら、唇の中央から唇の外側に向かって、指先でポンポンとぼかすように塗っていきます。こうすることで、口紅が付きすぎることがなく、ナチュラルな印象に仕上げることができます。血色感を与えたいときなどにもおすすめです。唇の形にきっちり塗りたいときは、筆を使うことをおすすめします。

グラデーションで可愛く仕上げたい場合

流行りのグラデリップは、唇の中心から外側に向かって色が薄くなっていきます。この流行りのグラデリップは可愛い印象になるだけでなく、唇の形を小さく見せたいときにもおすすめの方法です。塗り方は、コンシーラーを指にとって唇の赤みを消します。唇を開いて、輪郭まで塗らないよう適度に塗ります。そして、唇を閉じて「んぱ」を2〜3回繰り返します。最後に、指でポンンポンと馴染ませて完成です。流行りのグラデリップは初心者でも簡単に作ることができます。

ジューシーなぷっくり唇に仕上げたい場合

薄い唇の形ををぷっくりとした形に仕上げたい時は、リップライナーとグロスを使うのがおすすめです。口角から口山までリップライナーで唇の形をオーバー気味に描きます。唇全体にリップグロスをのせ、軽く馴染ませます。さらに、リップライナーの上からグロスを重ねるとぷっくりとした唇の形が出来上がります。

口紅を長持ちさせる塗り方

先ほどご紹介した口紅の塗り方で、せっかくきれいに塗っても時間が経つにつれ落ちてしまうととても残念です。なるべく口紅が落ちてしまわないように、落ちにくい口紅の塗り方をご紹介します。仕事上なかなか席が外せず、お直しの時間が取れない方にもおすすめです。

口紅を塗る前に唇の保湿をする

口紅を塗るときに一番大切なのが、唇のコンディションです。口紅を塗る前には必ず保湿をしましょう。ワセリンなどは保湿にとても役立つのでとてもおすすめです。また、ワセリンを使ったリップパックもおすすめです。
60 件
着用アイテム