ぱっちり二重になれるアイプチのやり方!キレイにみせる失敗しないコツ!

Description
ぱっちり二重になる事が出来るアイプチのやり方やコツ、注意点についてまとめました。アイプチはコツを押さえたやり方取り入れる事で、自然な二重を作る事が出来るようになります。のりタイプやテープタイプなど色々なアイプチがあるので、自分にぴったりなおすすめのアイプチを選んでいきましょう。瞼に負担をかけないように注意点を踏まえたやり方でアイプチを使うのも大切なポイント。安心してアイプチを使えるようにおすすめのやり方や注意点をチェックしていきましょう。

きれいな二重になるアイプチのやり方を紹介!

「ぱっちりとした二重になりたい!」という場合におすすめなのがアイプチ。アイプチはドラッグストアなどで気軽に手に入れられ、気軽に使える事から二重作りに役立てている方も多いのではないでしょうか。アイプチで綺麗な二重を作る為にはやり方のコツや、注意点を押さえておく事が大切。やり方のコツをチェックしておけば、簡単にアイプチを使いこなせるようになります。自分にぴったりなおすすめのアイプチを活用して、魅力的な目元に仕上げていきませんか?おすすめのアイプチのやり方で理想の二重を作っていきましょう。

コツを押さえればぱっちり二重になる

アイプチを使う時に悩みがちなのがやり方。「アイプチを使ってみたけど、思ったような二重にならなかった」という場合は、やり方のコツを取り入れられていないのかもしれません。アイプチは基本的なやり方とコツを学んでおく事で、簡単に使いこなす事が出来るようになります。のりタイプのアイプチやテープタイプのアイプチなど、タイプに合わせたおすすめのやり方のコツをチェックして、憧れの二重を手に入れていきましょう。
アイプチをする場合はアイメイクのやり方を工夫する事も大切。メイクとアイプチのバランスを意識したやり方でぱっちりとした二重になっていきませんか?やり方のコツを取り入れておく事で、アイプチをする前と後とでは全く違った自分に変身する事が出来ます。

アイプチの注意点

アイプチのやり方の前に、まずは注意点から見ていきましょう。アイプチをやる上では注意点を把握しておく事が大切。注意点を知らずにアイプチを使うと思ったような二重を作る事が出来ないかもしれません。注意点を覚えておけば、そこに気をつけてアイプチを使う事が出来るようになります。魅力的な二重をアイプチで作れるように注意点を意識してみてください。

アイプチ前にまぶたの皮脂をふき取る

アイプチのやり方の注意点としてまず押さえておきたいのが、瞼の皮脂を拭き取っておくという事。「アイプチをしたのにすぐ取れてしまった」という場合は、瞼に皮脂が残っている場合があります。瞼に皮脂が残っているとアイプチのテープやのりがすぐに剥がれてしまうので気をつけてください。コットンなどを使って、瞼の皮脂を拭き取っておきましょう。
スキンケア直後で肌に油分が残っている場合も要注意。乳液やクリームの成分によってアイプチが剥がれやすくなるので、浸透するのを待つか、コットンで軽くオフするのがおすすめ。

のりタイプはメイク後がおすすめ

アイプチの注意点として意識しておきたいのがメイクの順番。メイクとアイプチの順番が間違っていると、綺麗な仕上がりにならないので気をつけましょう。アイプチはのりやテープといった種類によってメイクの順番が変わってくるのが注意点。のりタイプのアイプチの場合は、メイクの後に使いましょう。テープやファイバーなど、のり以外のアイプチはメイクの前に使います。
のりタイプのアイプチの場合、塗ったのりアイプチにアイシャドウがつくと悪目立ちしてしまうのが問題。こうした事からのりタイプのアイプチはメイク後に使うと綺麗に仕上がりやすくなります。この注意点を踏まえたやり方でアイプチとメイクを組み合わせてみてください。

アイプチはムラなく均等に塗る

リキッドタイプやのりタイプのアイプチの場合、均等に塗るようにするのも注意点として挙げられます。均等にアイプチを塗らず、ムラがあると二重の仕上がりが不自然になるので気をつけてください。初めてだとアイプチを均等に塗るのが大変に感じるかもしれませんが、慣れてくると綺麗に塗る事が出来るようになります。また、アイプチの分量が多すぎるのもNG。アイプチを塗る分量が多いとなかなか乾かないのに加えて、プッシャーを使った時によれやすくなってしまいます。
瞼が厚めで薄いアイプチで二重を作れない時は、アイプチを重ね塗りするのがおすすめ。アイプチを薄く均等に塗ったら乾かし、再び均等に塗るようにします。これを2〜3回繰り返す事で瞼が厚めでもアイプチで二重を作りやすくなるので、やり方のコツとして取り入れてみてください。

アイプチはしっかり乾かす

アイプチはしっかり乾かすようにする事も大切な注意点。この注意点を忘れていると、二重の仕上がりが不自然になってしまう可能性があります。アイプチが乾いていない状態で目を開く事で寄れる原因にもなるので注意しましょう。のりやリキッドなどのアイプチを塗ったら目を閉じているか伏し目の状態にして乾かしていきます。

オフするときは優しく落とす

アイプチをオフする時は優しく落とすようにするのも欠かせない注意点。瞼の皮膚は薄く、少しの刺激でも大きなダメージになってしまいます。アイプチをしている時点で瞼に負担をかけているので、オフする時にゴシゴシ擦ると更にダメージを与えてしまうので要注意。コットンにオフを含ませて瞼にあて、アイプチをふやかしましょう。アイプチがふやけたら優しく撫でるようにオフします。
ウォータープルーフタイプのアイプチは、アイメイクリムーバーを使うのがおすすめ。アイメイクリムーバーをコットンに染み込ませて瞼にあて、優しくアイプチを拭き取るようにします。アイプチを取った後は化粧水や乳液でしっかり保湿をして瞼を労ってあげるようにしてください。

タイプ別におすすめ!アイプチの選び方

132 件
着用アイテム