オーガニックシャンプーおすすめ13選!髪や頭皮に優しい無添加シャンプー

Description
髪にハリやコシがない、頭皮にかゆみや気になる臭いがある、など髪質や頭皮悩みを抱えているのなら、髪や頭皮に優しい、無添加のオーガニックシャンプーがおすすめです。今回は、オーガニックシャンプーの選び方や正しいシャンプーの仕方と共に無添加のオーガニックシャンプーや国産のオーガニックシャンプーなど、ジャンルごとにおすすめのオーガニックシャンプーをランキングで13選ご紹介します。

おすすめのオーガニックシャンプーをご紹介

Oil Discharge Melons Coconut · Free photo on Pixabay (137995)

天然由来の成分で作られたオーガニックシャンプーは、頭皮や髪に低刺激で優しいとして、髪質や頭皮に悩みを抱える人たちの間でとても注目されています。今回はそんなオーガニックシャンプーについて、正しい選び方や使い方、おすすめのオーガニックシャンプーランキングをご紹介したいと思います。

オーガニックシャンプーとは?

Cosmetic Skincare Female · Free photo on Pixabay (137999)

そもそもオーガニックシャンプーとはどのようなシャンプーであるかご存知ですか?何となく髪に優しいイメージがある、と言う程度しか分からないと言う方も実は多いのではないでしょうか。ここでは簡単に、オーガニックシャンプーとはどんなものなのかを解説します。オーガニックシャンプーとは、有機栽培された植物成分を原料として作られたシャンプーのことを指します。有機栽培と言うのは、農薬や化学肥料を使わずに有機肥料のみで農作物や植物を栽培することです。
Harvest Tomato Pumpkin · Free photo on Pixabay (138004)

有機栽培で育てられた食物の場合には、有機JASマークを付けることが出来るのですが、これはシャンプーには適用されません。そのため実際の所、国産のオーガニックシャンプーには特にはっきりとした決まりがありません。ほんの少しでもオーガニック成分を含んでいれば、オーガニックシャンプーを謳うことが出来ます。ですので、オーガニックシャンプーの選び方を知っておくことは、とても大切になります。

オーガニックシャンプーが髪や頭皮に優しいのはなぜ?

Orange Yellow · Free photo on Pixabay (137997)

オーガニックシャンプーは、なぜ髪や頭皮に優しいと言われているのでしょうか。それは、オーガニックシャンプーが化学肥料や農薬を使わずに育った、有機栽培された植物成分を原料としているからです。自然由来の成分をシャンプーにメインに使用しているため、肌や頭皮への刺激が少ないのです。

オーガニックと無添加って同じじゃないの?

Organic Screening Processed Food · Free photo on Pixabay (137998)

オーガニックと同じようなニュアンスで使われるワードに、無添加と言うものがあります。どちらも頭皮や髪の毛に優しそうなイメージですが、オーガニックと無添加は同じではないのでしょうか。オーガニックと無添加とは、似ているようで異なるものです。オーガニックについては先ほどご紹介したとおりですが、無添加とは商品に表示すべき添加物を含んでいない、と言う意味です。ですので、無添加というのは必ずしも頭皮や髪に低刺激と言うわけではありません。
つまりオーガニックでも無添加でないシャンプーもありますし、無添加でもオーガニックでないシャンプーもあると言うことです。オーガニックシャンプーも無添加シャンプーも、そのような記載があればすべて頭皮や髪に良いと言うわけではなく、しっかり含まれている成分を確認して、自分の髪質や肌質に合うのかどうか見極めて選ぶようにしましょう。

国産オーガニックシャンプーを普通のシャンプーや海外産と比較

Essential Oils Cosmetology Oil · Free photo on Pixabay (138106)

オーガニックシャンプーと一言で言っても、様々な種類があります。大きく分けると国産のオーガニックシャンプーと海外産のオーガニックシャンプーがあり、海外産も国産も同じくらい人気の高いシャンプーです。ここでは、国産のオーガニックシャンプーを、市販されている一般的なシャンプーと比較したり、海外産のオーガニックシャンプーと比較してみます。オーガニックシャンプーの選び方にも関わってきますので、しっかりと違いを学んでおきましょう。

普通のシャンプーとの違いは?

まずは、オーガニックシャンプーと市販の一般的な普通のシャンプーとを比較してみます。オーガニックシャンプーと普通のシャンプーはまず、洗い上がりの手触りが全く異なると言われています。普通のシャンプーには髪の毛の手触りを良くするシリコンや界面活性剤が含まれていますので、洗い上がりはさらっとした手触りです。オーガニックシャンプーは、これらのコーティング剤が入っていないので慣れないうちはきしみを感じることもあります。
手触りが良い方がいいと思われがちですが、実はコーティング剤はあまり髪に良いものではありません。髪の毛をいわゆるスッピンの状態にできるオーガニックシャンプーの方が、髪や頭皮には優ししと言えます。また、普通の市販シャンプーは安価なのに対し、オーガニック系シャンプーは比較的値段が効果なのも特徴です。特に国産のオーガニックシャンプーは、高価になりがちです。

海外産との違い①国産は日本人の髪質に合っている

Rice Woman Harvest · Free photo on Pixabay (138208)

続いて、国産のオーガニックシャンプーと外国産のオーガニックシャンプーとの違いを解説します。まず第一に、国産のオーガニックシャンプーは日本人の髪質に合わせて作っているので、日本人の髪質によく合っていると言えます。日本人の髪質は、コシやハリがありくせが付きやすいと言う特長があり、海外の方の髪質とは全く異なります。ですので、海外製のオーガニックシャンプーよりも国産のオーガニックシャンプーの方が、髪質の悩みに合ったシャンプーと言えるためおすすめできます。

海外産との違い②国産は香りが日本人好み

Rose Flower Blossom · Free photo on Pixabay (138209)

海外の化粧品や食べ物は、香料が強くてあまり好みでないと感じたことはありませんか?これはシャンプーにも言えることで、海外製のオーガニックシャンプーの香りは、国産のオーガニックシャンプーの香りよりも強く、日本人の好みではないと言うこともよくあります。シャンプーの香りは意外と残るものですので、好みの香りのシャンプーを選びたいなら国産がおすすめです。

海外産との違い③海外産の方が基準が厳しい

国産のオーガニックシャンプーと海外産のオーガニックシャンプーの違いとして、オーガニックの基準値が異なると言うことも挙げられます。日本では先ほどもご紹介したとおり、オーガニックと謳うことに特に規定は無いのですが、海外では、オーガニックシャンプーにはしっかりとした厳しい基準が設けられています。そのため、海外製のオーガニックシャンプーの方がより自然に近い成分で出来たシャンプーと言うことになります。成分や品質にこだわるのであれば、海外産のオーガニックシャンプーを選んでみても良いでしょう。
140 件
着用アイテム