【厳選】敏感肌用ファンデーション13選!崩れないのに肌に優しく安心して使える!

Description
刺激を受けやすい敏感肌にとって、メイクアイテム選びは慎重になると言われています。ベースメイクの主役であるファンデーションは、低刺激のものを選ばないと肌トラブルの原因を招いてしまうこともあるようです。リキッドやパウダーなど、敏感肌におすすめのタイプはどれなのか迷う人も多いです。最近では、敏感肌用ファンデーションでも、カバー力が高く崩れないと話題の市販で買えるプチプラのものも増えています。そんな敏感肌にお悩みの人におすすめのファンデーションや、選び方・塗り方のポイントをたっぷりご紹介していきます。

敏感肌でも安心して使えるファンデーションをご紹介!

敏感肌でも安心して使えるファンデーションは、デパコスブランドから市販で買えるプチプラのものまで幅広く種類があります。敏感肌に優しいベースメイク選びは、リキッド・パウダーなどタイプにも注意して選ばないと肌トラブルの原因を招いてしまうこともあるようです。そんな敏感肌用の市販や通販でおすすめのファンデーションや、選び方・塗り方などのポイントをご紹介していきます。

敏感肌の特徴は?

まずは敏感肌の特徴から見ていきましょう。敏感肌は、乾燥などの肌トラブルによりバリア機能が低下している状態で、外部からの刺激を受けやすくなっている特徴があるようです。バリア機能が低下していると、ちょっとした肌への刺激で荒れてしまうこともあると言われています。

ファンデーションは外部刺激から肌を保護してくれる

敏感肌用ファンデーションは、外部刺激から肌を保護してくれる働きがあると言われています。敏感肌は、バリア機能が低下している特徴があるため、大気の汚れや紫外線などの影響も受けやすい状態になっているようです。そのため、敏感肌用のファンデーションをベースメイクに上手く取り入れることで、外部至芸から肌を保護してくれるメリットがあると言われています。

敏感肌の原因は?

Girl Depression Sadness · Free photo on Pixabay (107924)

ある日突然、敏感肌になってしまったという人も少なくありません。敏感肌の原因は、幾つかに分かれているようです。バリア機能が低下してしまう敏感肌を改善するためにも、原因を知ることでスキンケアやメイクも見合ったものを選べるようになると言われています。それでは、早速敏感肌の原因について見ていきましょう。

乾燥

健やかな肌は、肌そのものにセラミドなど保湿に働きかける物質を持っているそうです。ただし、乾燥が原因で敏感肌になってしまうと、角質層にある水分が失われてしまい、もともとあった保湿作用のある物質の働きが低下してしまうと言われています。そのため、敏感肌の保湿ケアは大事なポイントとなります。
また、肌が乾燥しやすい季節のみ敏感になってしまう人は、スキンケアも保湿効果が高いシリーズの化粧品でケアしてあげるのも大切です。乾燥による敏感肌は、保湿ケアなどせずにメイクのみで悩みの部分をカバーし続けてしまうと、肌が悲鳴をあげてしまい肌トラブルも悪化してしまう恐れがあります。乾燥は、毛穴トラブルにもつながるので保湿ケアは常に意識したほうが良いと言われています。

ターンオーバーの乱れ

Spinach Chicken Pomegranate · Free photo on Pixabay (105116)

年齢を重ねていくと、肌の新陳代謝であるターンオーバーの乱れが出始めます。敏感肌の原因として、ターンオーバーの乱れにより肌バランスが崩れてしまうこともあるそうです。肌を健康な状態に戻してくれるターンオーバーの周期は28日ほどと言われています。
ただし、ストレスや寝不足などが続くと、ターンオーバーの周期に乱れが出てきてしまい、それによって敏感肌になってしまうこともあるようです。先ほどご紹介した乾燥による敏感肌も含め、スキンケア以外にも食生活に気を付けることも敏感肌の原因を招くのを避けられると言われています。
肌のターンオーバーの乱れを抑えるには、ビタミンAを多く含む食材を選び体内からもケアすることが大事です。ビタミンAが多く含まれる食材は、鶏肉レバー、うなぎ、茹でたホウレンソ草、バジルなどが挙げられています。忙しい日々を送られている人は、メイクだけでなく食材などで体の内側からキレイにしていくことも大事です。

間違ったクレンジング

Soap Handmade Bar · Free photo on Pixabay (105122)

間違ったクレンジングが原因で、敏感肌になってしまうこともあるようです。市販で買えるクレンジングには、刺激の強い洗浄成分が配合されているものも多いです。界面活性剤の刺激で、肌のバリア機能が低下してしまうこともよくあると言われています。
敏感肌にとって、メイク落としは注意が必要です。なるべく石けんや普通の洗顔料で落とせるメイクを心掛けるのも大事なポイントとなってきます。また、コットンで拭き取るタイプのクレンジングも、敏感肌にとって刺激を受けやすいため、優しくメイク落としが出来るクレンジング選びも大切です。

アレルギー

アレルギーによる敏感肌の人も多いです。生まれつき敏感肌という人は、花粉やハウスダストなどアレルギー持ちの人が多く見られると言われています。また、メイクやスキンケア商品に含まれる防腐剤にアレルギー反応を起こしてしまう敏感肌の人も多いです。アレルギーによる敏感肌の人は、刺激が強いメイクアイテムを使ってしまうと、目元や皮膚が弱くなっている部分が荒れやすく、痒みも出ることがあるそうです。

敏感肌の人のファンデーションの選び方

ここからは、敏感肌の人のファンデーションの選び方をご紹介していきます。市販で買えるプチプラのファンデーションから、デパコスブランドのファンデーションまで幅広い種類のファンデーションが発売されています。メディアや口コミがおすすめするファンデーションでも、敏感肌には刺激が強めのものもあるため、選び方ポイントを知っておくと便利です。

①紫外線カット効果がありノンケミカルのものを選ぶ

紫外線カット効果がありノンケミカルのファンデーションを選ぶのは、敏感肌の人にとって大事なポイントとなります。外部刺激を受けやすい敏感肌は、紫外線カット効果があるファンデーションを選ぶことで、紫外線によるダメージを受けるのを軽減出来ると言われています。また、敏感肌にとって大敵となる成分であるアルコールや合成界面活性剤、その他に防腐剤や殺菌剤などが無添加のノンケミカル処方となっているファンデーションを選ぶのも大事なポイントです。
126 件
着用アイテム