ブルーベース肌メイクを徹底解説!透明感のある美肌に見せるテクニックまとめ

Description
ブルーベースの人を透明感のある美肌に導くためのおすすめメイクテクニックをまとめました。ブルーベースには冬タイプと夏タイプがあるので、それぞれに似合うメイクテクニックを取り入れるのがおすすめです。透明感のある美肌になるためにブルーベースに似合うメイクテクニックを取り入れませんか?ブルーベース冬・夏の見分け方や透明感をアップする美肌メイクのおすすめテクニックをチェックしましょう。

ブルーベース肌に似合うメイクを徹底解説

Make Up Beauty Products Cosmetics · Free photo on Pixabay (125449)

「自分に似合うメイクを楽しみたい!」という場合は、自分の肌のタイプを知る事が大切になります。どんなに優秀なコスメだったとしても、自分の肌に似合うタイプでなければ効果を最大限に発揮する事が出来ないのではないでしょうか。肌色のタイプは、大きくブルーベースとイエローベースに分けられます。ブルーベースとイエローベースには違う特徴があるため、自分がどちらなのかを把握しておきましょう。今回は、ブルーベースの方に似合うおすすめのメイクテクニックについてご紹介します。
ブルーベースに似合うメイクテクニックを学んでおけば、透明感のある美肌に近づく事が出来ます。「あの人、いつも透明感があって素敵だな」と周囲から思われたい場合は、ブルーベースに似合うベースメイクやアイメイク、リップメイクを取り入れていく事が重要なポイント。ブルーベースに最適な色使いのメイクテクニックを取り入れる事で透明感のある美肌に見せられるようになります。ブルーベースにおすすめしたいメイクテクニックについてチェックしていきましょう。

ブルーベース肌の特徴は?

まず知っておきたいのが、ブルーベースの特徴です。ブルーベースの肌にはどういった特徴があるのでしょうか。ブルーベースの特徴としてまず挙げられるのが、手首の血管が青っぽく見えるという事です。自分の手首を見て、青っぽく見えたらブルーベースである可能性が高くなります。また、日に焼けるとすぐに赤くなるのもブルーベースの特徴。黒くならず、赤みが出るだけで終わるタイプがブルーベースには多いです。全体的に青白い印象の顔色で、ほんのりとピンク味を感じられるのも特徴なので自分の肌を見てみましょう。
ブルーベースと一口に言っても、冬タイプと夏タイプに分ける事が出来ます。ブルーベース冬タイプとブルーベース夏タイプとでは、また異なった特徴があるのでしっかりと把握しておきましょう。ブルーベース冬タイプとブルーベース夏タイプについては、詳しい特徴やおすすめのメイクテクニックを後述しているので、参考にしてみてください。

イエロベース肌との違いは?

ブルーベースの対極として挙げられるのがイエローベースです。ブルーベースとイエローベースとでは、どういった違いがあるのかについても見ていきましょう。イエローベースとは、その名前の通り黄色味がかった肌色の事を指します。イエローベースかどうか判断する為には、自分の手首の血管を見てみましょう。血管が緑っぽく見えたら、イエローベースという事になります。この他に、イエローベースの方は日に焼けた時に黒くなりやすいのが特徴。ブルーベースは肌が赤くなりますが、イエローベースは黒く焼けた状態になります。
このようにイエローベースとブルーベースとでは、肌の特徴に大きな違いがあります。ブルーベースの人がイエローベースに似合うメイクをしたり、イエローベースの人がブルーベースに似合うメイクをするとチグハグな印象になってしまうので気をつけましょう。それぞれに似合うメイクテクニックを知っていれば、透明感のある美肌に仕上げられるので自分の肌色に最適な方法を取り入れてみませんか?

ブルーベース肌のメイクテクニック

Makeup Brush Cosmetics Make · Free photo on Pixabay (125452)

ブルーベースの人に似合うおすすめのメイクテクニックについて学んでいきましょう。色白で青みがかった肌色が特徴的なブルーベースの人は、メイクテクニックを駆使する事で透明感のある美肌になる事が出来ます。ベースメイクやアイシャドウ、リップメイクなどの色を工夫して透明感をアップさせていくようにしてみてください。ぴったりのメイクテクニックを取り入れれば、いつもより素敵な自分に変身できるはずです。

ベースメイクはピンクオークル系で血色をよく見せる

ブルーベースの人が気を付けておきたいのがベースメイクの方法。ブルーベースの人はベースメイクを間違えると血色が悪い印象になってしまいます。そうならない為に、ベースメイクにはピンクオークル系を使っていきましょう。下地に使うのはピンクがおすすめ。ピンクの下地を仕込んでおく事で、ナチュラルな血色感を出せます。また、肌の赤みやニキビ跡が気になる方はグリーンの下地をスポットで使ってカバーしてみてください。ファンデーションはピンクオークル系を使って明るく透明感のある美肌に仕上げます。

アイメイクは色のコントラストをはっきりとさせる

Cosmetics Make Up Makeup · Free photo on Pixabay (125469)

ブルーベースの人は、白目の部分がクリアな白である事が多いので、アイメイクでは白目を際立たせるようなアイメイクの方法を取り入れてみましょう。白目の透明感を際立たせるのにおすすめなのが、黒のマスカラやアイラインです。白と対照的な色を使う事によってコントラストが生まれ、白目を綺麗に見せる事が出来ると言われているので、テクニックとして活用してみてはいかがですか。ナチュラルにしたい場合は、ブラウンとブラックの中間くらいの色を使うのもおすすめです。

アイシャドウの色選びのポイント

アイシャドウの色選びについてもこだわっていきましょう。ブルーベースの方に似合うアイシャドウとしておすすめしたいのが、ピンクやパープルといった色味です。柔らかな風合いのピンクやパープルのアイシャドウはブルーベースの透明感をアップし、美肌に仕上げられるのが嬉しいポイント。クールに仕上げたい場合は、シルバーやネイビーといった寒色系で仕上げても素敵になります。シルバーのラメ入りなら華やかなパーティーシーンにもぴったり。ブルベースに似合うおすすめのアイシャドウで美肌を際立たせましょう。

一重さんは横幅を意識しグレーやパープルなどがおすすめ

Background Beautiful Beauty · Free photo on Pixabay (125455)

一重のブルーベースの場合は、グレーやパープルのアイシャドウを使うのがおすすめです。ピンクなどの色を使うとまぶたが腫れぼったく見えてしまう可能性がある為、このような色で全体を引き締めるようにするメイクテクニックが良いのではないでしょうか。一重は縦のラインを強調する事によって魅力的な目元に見せる事が出来るので、そこを意識してみましょう。

チークとリップを同じ系統にする

チークやリップは、同系色でまとめるのがおすすめです。チークとリップが異なる色合いだと全体的にチグハグな印象になってしまう為、気を付けてください。リップとチークを統一する事でバランスが生まれ、まとまりのあるメイクを楽しむ事が出来ます。最近はリップとチークの両方で使える便利なコスメも出てきているので、時短メイクにしたい場合はそういったコスメを使うテクニックも取り入れてみましょう。

チーク・リップの色選びのポイント

Lipstick Lipgloss Lip Gloss · Free photo on Pixabay (125458)

ブルーベースに似合うリップやチークの色としておすすめしたいのがローズピンクやベビーピンクといった色味です。これらの色味は青みがかったピンクになっているので、ブルーベースとの相性ぴったり。ナチュラルな血色感を与え、美肌に見せてくれるのが魅力です。また、エレガントな雰囲気を感じられる仕上がりになるのも嬉しいポイント。リップやチークにもこだわって、透明感のあるブルーベースの美肌を手に入れていきましょう。

ブルーベース肌の夏タイプ向けメイクアイテム

69 件
着用アイテム