浴衣のクリーニングは着るたびに出した方が良い?料金の相場や日数も調査

Description
浴衣をクリーニングする時に知っておきたい情報をまとめました。値段の相場や仕上がりまでの日数などを把握しておけば、急ぎで浴衣をクリーニングに出すときも安心です。浴衣にシミがついてしまった場合におすすめのクリーニング店もご紹介するので、仕上がりにこだわりたい時に活用してみてはいかがですか。浴衣のクリーニングは実店舗以外にネットでも依頼できます。浴衣をクリーニングに出す時のポイントも押さえ、理想的な仕上がりになるようにしていきましょう。

浴衣のクリーニングはみんなどうしてる?

浴衣を着て楽しんだ後に気になるのがクリーニング。普段あまり着ない浴衣だからこそ、着た後のクリーニングの方法についてよく知らない方も多いのではないでしょうか。お気に入りの浴衣はしっかりと適切なクリーニングを行って来シーズンも着られるようにしておくことが大切になります。
そこで、今回は浴衣のクリーニングに関する情報をまとめました。浴衣は自宅でクリーニングが出来るのか、外注する場合はネットでもクリーニングを注文することが出来るのかなど詳しくまとめました。適切なクリーニングで浴衣を来シーズンも気持ち良く着られるような仕上がりにしていきましょう。

浴衣って洗えるの?

そもそも、浴衣は自宅でクリーニングすることは出来るのでしょうか。クリーニングが出来るかどうかは浴衣の洗濯表記を見てみましょう。洗濯表記に洗濯マークか手洗いマークが付いていれば、自宅でのクリーニングは可能。もし、付いていないのであれば専門のクリーニング店に浴衣をだす必要があります。最近は自宅でクリーニングしやすい素材を使っている浴衣も多いので、洗濯表記を見てみると自宅でクリーニング可能となっている場合が多いかもしれません。その場合は、洗濯表記に従って適切に浴衣をクリーニングしましょう。

自宅でも洗えるけどちょっと面倒

洗濯表記によっては自宅でクリーニング出来る浴衣もありますが、そうだったとしても「自宅で浴衣をクリーニングするのは面倒だな」と感じる方も多いのではないでしょうか。普段クリーニングし慣れていない浴衣を自分でクリーニングするとなると気をつけなければならないことが多いように思えてハードルが高くなります。
「もし、自宅で浴衣をクリーニングして失敗したらどうしよう」と心配になる方も多いかもしれません。自宅で気軽にクリーニング出来るタイプの浴衣もありますが、お気に入りの高価な浴衣はやはり気になってしまいます。

プロにまかせて安心の仕上がりを

浴衣のクリーニングに自信がない場合は、クリーニングのプロに任せるのがベストです。クリーニングのプロであれば浴衣も扱い慣れているので、適切な仕上がりにしてくれるのではないでしょうか。自分で浴衣をクリーニングして失敗するリスクを負うよりもプロに任せた方が気持ちも楽になります。プロにクリーニングを任せるとしても、浴衣をどのタイミングでクリーニングに出せば良いのか、必要な日数や値段はどのくらいなのかなど基本的な情報を知っておくことが大切。浴衣のクリーニングについて詳しく学んでいきましょう。

浴衣のクリーニングのタイミングは?

浴衣をクリーニングに出す時に迷うのがタイミング。どのくらいのタイミングで浴衣をクリーニングに出せば良いのか気になる方も多いのではないでしょうか。ワンシーズン中に一度着た浴衣はすぐにクリーニングに出さなければならないのか、シミがついてしまった場合はどのようなクリーニングに出せば良いのかといったことなど、浴衣のクリーニングに関する疑問はたくさんあります。そんな疑問を解消できるように、浴衣をクリーニングに出すタイミングやどういったクリーニングに出せば良いのかなどをチェックしていきましょう。

浴衣って一度着たら洗うの?

Iron Old · Free photo on Pixabay (105669)

浴衣を着た後にすぐにクリーニングに出せば良いのかどうか悩む方も多いかもしれません。結論から言うと、一度着た浴衣はすぐにクリーニングに出す必要はないとされています。浴衣に食べ物の大きなシミがついてしまったり、汗のシミが取れない様子であればすぐにクリーニングに出した方が良いですが、そうでない場合は浴衣を一度着ただけではクリーニングに出さなくてもOK。もし、シーズン中にまた浴衣を着る予定があるのなら、自宅で保管しおきましょう。
浴衣をクリーニングに出さない場合は、脱いだ後にハンガーにかけて風通しの良いところで陰干ししておきましょう。こうすることで浴衣に溜まった湿気を取ることができます。浴衣の下に着用した下着類は汗がついている場合がほとんどなので自宅でクリーニングをして下さい。このようにしておいて、次に着るまでに綺麗な状態をキープしておけば浴衣をクリーニングに出さなくても全く問題ありません。

浴衣の大半は「汗汚れ」だから水洗い

Drops Of Water Liquid · Free photo on Pixabay (105670)

浴衣をクリーニングに出す時に気になるのがどんなタイプのクリーニングを頼めば良いのかということです。通常、コートやデリケートな洋服をクリーニングに出す場合はドライクリーニングを頼む場合が多いのではないでしょうか。ドライクリーニングは一般的に油性の汚れを落とすクリーニング方法です。
一方で、浴衣についた汚れのほとんどは水性の汗汚れ。そのため、ドライクリーニングでは思ったような浴衣の仕上がりにならないかもしれません。浴衣についた水性の汚れを落とすには水洗いのクリーニングを選択するのがおすすめです。浴衣を出すクリーニング店で水洗いを受け付けているかどうかを事前に確認してみてください。

食べこぼしや化粧で汚してしまったらシミ抜きを

浴衣を着てお祭りへ出かけた場合、屋台グルメを楽しむことが多くあります。そんな時に気づかないうちに食べ物でシミをつけていませんか?食べ物のシミは浴衣を着ている時には気づかなくても脱いだ後にシミに気づいて残念な気持ちになることがほとんど。また、汗でメイクが崩れた場合は化粧品によるシミも出来やすくなります。そんな時はクリーニング店でシミ抜きを頼んでください。プロによって浴衣のシミ抜きクリーニングをしてもらえば、綺麗な仕上がりにすることができます。

シーズン終わりは収納前にクリーニング

浴衣をワンシーズン中に何度か着て楽しんだ後は、収納前にクリーニングに出しましょう。浴衣をクリーニングに出さずにそのまま収納してしまうと、長期間収納している間に付着した汗が黄色いシミになったり、気づかなかった汚れが取れにくいシミとなって現れる可能性があります。そのため、シーズン終わりには必ず浴衣をクリーニングに出してください。
一度しか着ていない場合も、そのシーズンでもう浴衣を着ることはないと分かっているのであれば念の為クリーニングに出すのがおすすめです。万全の状態で翌シーズンも浴衣を着られるようにしましょう。
72 件
着用アイテム