唇が荒れる原因は?乾燥を防ぐにはワセリンやはちみつでリップケア!

Description
唇が荒れる原因や乾燥した唇を保湿ケアする方法についてまとめました。口紅やリップの使い方によっても唇が荒れる原因になるため、ワセリンなどで保湿ケアをして唇の乾燥を防ぐことが大切です。唇の荒れを防ぐことができるリップクリームなどを取り入れていけば、保湿ケアがしっかりとなされた潤い唇になれるのではないでしょうか。口紅などが原因で唇が荒れがちな時にぴったりな保湿ケアをして乾燥知らずのリップを目指していきましょう。

がさがさして痛い…なんとかしたい唇の荒れ

Neck Black And White Beauty · Free photo on Pixabay (84390)

唇が乾燥して荒れるとガサガサとした質感になって痛いと感じることがよくあるのではないでしょうか。唇の乾燥がひどくなるごとに荒れもひどくなり、ひび割れや血が出てしまう、といったことになりやすくなってしまいます。唇の乾燥や荒れを感じる場合は早めの保湿ケアが大切。しっかりとリップケアをすることができていれば、荒れ知らずの唇に近づくことができます。荒れた唇はそれだけでも印象がダウンしてしまうので、乾燥にぴったりな保湿リップケアを取り入れてモテ唇を目指していきましょう。

乾燥で口紅がキレイに着かない

Lipstick Lipgloss Lip Gloss · Free photo on Pixabay (84392)

唇が荒れると口紅が綺麗にのらない、ということが起こりやすくなります。乾燥して荒れた唇の状態だとガサガサとした表面になっているので、口紅の色が上手くのらないのではないでしょうか。せっかくお気に入りの口紅を使おうとしても唇が荒れていることで綺麗に発色することができなかったらもったいないです。日々のリップケアを怠っていると口紅を塗るのも困難なくらいに荒れてしまう場合もあるので、メイクを楽しむためにも乾燥を防いで保湿ケアをしておくことが潤いのある唇になるために必要なのかもしれません。

実は唇は荒れやすい部位

唇は、実は思っている以上に荒れやすい部位です。料理を食べたり、メイクをしたり、紫外線を浴びたり、唇は日常的にさまざまな刺激にさらされているのがポイント。知らない間に積み重ねられた唇へのダメージが乾燥や荒れとなって現れて、ガサガサとした状態になってしまうと言われています。荒れやすい部位だからこそ、唇の日常的な保湿ケアは必要不可欠。肌のケアはちゃんとしていても唇の保湿はあまりしていない、ということになると唇だけ縦じわが目立つ乾燥状態になってしまうかもしれません。

唇が荒れる原因とは?

Girl Model Pink · Free photo on Pixabay (84393)

唇の乾燥を感じる場合は、なぜ荒れてしまうのか原因を把握しておくことが大切になります。唇が荒れる原因を知っておけば、それを気を付けておくことで日常的にリップケアを行うことができるのではないでしょうか。唇が荒れる原因にはさまざまなことがあります。意外なことも唇が荒れる原因となる場合があるため、自分がそういったことをやっていないかどうかチェックしてリップケアをしていくようにしてみましょう。

口呼吸

口呼吸が多い人は唇が乾燥しやすくなると言われています。口で呼吸することによって唇に乾燥した空気がかかりやすくなり、荒れる原因となるため気を付けましょう。起きているときはもちろんのこと、寝ている間も口呼吸になりやすい場合があるため注意が必要です。朝、起きた時に異様に唇が乾燥していたり荒れている場合は口呼吸をしている可能性があるかもしれません。口呼吸になっていないかチェックしてみてはいかがですか。

唇をなめる癖

唇が乾燥しているからといって唇をなめるのはやめておきましょう。唇をなめる癖があると、荒れやすくなってしまいます。唇をなめた直後は潤っているように感じられるかもしれませんが、すぐに乾燥してさらに荒れやすくなってしまう場合があるので注意が必要。唇が乾燥していると感じている場合はなめるのではなくリップクリームなどでケアをすることで荒れのない綺麗な唇をキープしやすくなります。唇が乾燥しやすい時期こそリップクリームなどの保湿ケアアイテムを欠かさず持ち歩くようにしましょう。

口紅やリップクリームが合っていない

口紅やリップクリームが合っていないのも唇の荒れにつながります。唇が乾燥するタイプの口紅は日常的につけていると唇が荒れる原因となるため注意してみてください。ティントリップタイプの口紅は唇の色素を染めるのが特徴なので乾燥しやすく、荒れる原因になる可能性が高いと言われています。口紅を付ける場合は、保湿成分が含まれているタイプを選ぶなど工夫が必要。また、保湿ケアに使うリップクリームも唇に合っていないと荒れる原因となるので用心して選んでみてください。

口紅がきちんと落ちていない

クレンジングをする時、口紅を落とし忘れるということはありませんか?肌のメイクはしっかりとクレンジングができているのに、口紅を落とすのだけはおざなりになって唇が荒れる原因となってしまうかもしれません。口紅がきちんと落ちているかどうかクレンジング後に確認しておくことで唇が荒れる原因を取り除くことができます。口紅をクレンジングした後は唇が乾燥しやすくなっているので、しっかりと保湿ケアをすることも大切なポイント。

水分不足

慢性的な水分不足になることも唇が荒れる原因になると言われています。人間の体の大部分は水分でできているため、水分補給がしっかりできていないと唇だけでなく肌全体の乾燥や荒れにつながってしまうのではないでしょうか。水分が足りていないと感じている場合は意識して取るようにしてみましょう。ただし、冷たい水を飲み続けていると内臓が冷えてしまうため、常温か白湯を飲むのがおすすめ。きちんと水分補給を行えていれば、唇だけでなく肌の調子を保つのにも役立つと言われています。

食生活の乱れ

Pizza Food Italian · Free photo on Pixabay (84394)

唇の荒れは食生活も影響している場合があります。ビタミンBやビタミンC、ビタミンAなどのビタミン類は皮膚の粘膜を正常に維持し、肌細胞の生まれ変わりをサポートするために必要な栄養素。毎日の食事の中でこれらの栄養が足りていないと、慢性的に唇が荒れやすい状態になってしまいます。ファストフードやコンビニ弁当ばかり食べていたり、偏食になったりしていると唇だけでなく肌全体が荒れる原因となるため食生活を見直して必要な栄養を摂取できるようにしてみましょう。

日焼け

日焼けも唇の荒れの原因になることをご存知ですか?肌の日焼け止めはしっかりと対策していたとしても、唇はついつい忘れがちではないでしょうか。唇も他の肌と同じように紫外線の影響を受け、日焼けしてしまうことがあります。日焼けすることで唇が乾燥し、荒れる原因となるため気を付けましょう。リップクリームや口紅に日焼け止めの効果がある物を選ぶなど、日常的なケアの中に唇の紫外線防止対策を取り入れていくと良いのではないでしょうか。

ストレス

ストレスによる精神的な負担も唇が荒れやすくなる状態を作ると言われています。ストレスが溜まった状態が続くと免疫力が落ち、さまざまな外的刺激のダメージを受けやすくなるとされているため気を付けましょう。免疫力が落ちると唇だけでなく肌荒れの原因にもなるので注意してみてください。また、緊張状態が続くとビタミンや水分が不足しやすい状態になるとも言われているため、なるべくリラックスした状態を作ることも大切になります。

主な原因は「乾燥」「摩擦」

このように唇が荒れるのにはさまざまな原因があることがわかりました。その中でも主な原因としてあげられるのが乾燥と摩擦です。口呼吸や水分不足、日焼けなどで乾燥が引き起こされると、唇は荒れやすくなるため気を付けましょう。また、過度な摩擦を与えることも唇が荒れる原因となります。口紅を落とすためにゴシゴシと唇をこすったりするのはNG。リップケアは優しく丁寧に行うことで唇の荒れを防ぐことができるので心がけてみてください。
61 件
着用アイテム