アイラインの上手な引き方!初心者でも簡単きれいに仕上がる方法は?

Description
初心者でも簡単にできるアイラインの引き方についてまとめました。一重や二重、奥二重など目のタイプに合わせたアイラインの引き方なら初心者でも綺麗な目元に仕上げられます。リキッドやペンシルなどアイラインの種類も把握した引き方にするのがおすすめ。目じりのアイラインの引き方を工夫すれば、初心者もたれ目やつり目など好みの目元になれます。一重や二重、奥二重に合わせた初心者にぴったりなアイラインの引き方をチェックしましょう。

初心者必見!失敗しないアイラインの引き方を伝授

メイク初心者の場合、アイラインの引き方が分からず思った通りのアイメイクに仕上がらないということはよくあるのではないでしょうか。綺麗なアイメイクに仕上げるためには、アイラインの引き方のコツを把握しておくことが大切です。一重や二重、奥二重など自分の目の形に合ったアイラインの引き方をチェックして、初心者でも理想の目元になれるように工夫していきましょう。

鏡で見ているはずなのになぜかよれるアイライン

アイラインを引いている時、鏡を見ているのになぜかアイラインがよれてしまうということはありませんか?目元のメイクはとても細かいので、初心者でアイラインの引き方に慣れていないとなかなか上手にアイラインを引けないということは起こりがちです。鏡をしっかり見ていたとしても結果的になぜかよれてしまった、ということはあるのではないでしょうか。
アイラインを引いた直後はとても綺麗な状態だったのに、時間が経過するごとにアイラインがよれてしまった、ということもありませんか?アイラインの引き方が間違っていると、時間が経過することによってアイラインがよれてしまうこともあります。こうしたことが起こらないように、メイクをする時点でアイラインの引き方を把握しておくことが重要なポイントではないでしょうか。

自分の思う目をアイラインで表現できない

理想の目元に近づくためにアイメイクをしているのに、なかなか思った通りの目元にならないということもアイライン初心者ではよくあるのではないでしょうか。アイラインの引き方が間違っているとイメージしているような目元に仕上がらないことはよくあるため、アイメイクが仕上がって鏡を見てみたら理想の目元とはほど遠いということになってしまうかもしれません。
可愛いたれ目になりたい、色気のあるキャットアイになりたいなどアイメイクをするときは自分のイメージを確定してアイラインのメイクをしていく引き方が初心者にはおすすめ。闇雲にアイラインを引いていても、思った通りの目元にはなれないかもしれません。一重や二重、奥二重など自分の目の形にぴったりなアイラインの引き方を把握しておけば、「こうなりたかった!」という自分の理想に近づけるのではないでしょうか。

引き方のコツさえ覚えれば初心者でも簡単

このように、アイメイクにおいてアイラインの引き方はとても大切なポイントになります。たれ目やキャットアイなど、なりたい目元になるためには目じりを始めとしたアイラインの引き方を学んでおきましょう。アイラインの引き方のちょっとしたコツを押さえるだけで自分が理想としている目元に近づくことができるので、初心者でアイメイクをするときはアイラインの引き方の基礎から把握してみてはいかがですか。
今回は、初心者でも簡単なアイラインの引き方についてご紹介します。アイラインの引き方はコツさえ覚えておけば初心者でも気軽に理想の目元に近づくことができるのが魅力。たれ目になりたい、一重を二重のようにパッチリと見せたいなど、どんな自分になりたいのかイメージしながらそれにぴったりなアイラインの引き方をチェックしてみてください。初心者でも簡単なアイラインの引き方についてまとめました。

初心者が知っておきたいアイラインの種類と特徴

まずは、初心者が知っておきたいアイラインの種類と特徴についてチェックしていきましょう。アイラインを一口に言っても、ペンシルやジェルなど、使用するアイライナーの種類によって異なる雰囲気に仕上げることができます。自分が使いやすいアイライナーを見つけることも初心者が綺麗にアイラインを仕上げることができる引き方のコツ。ペンシルを始めとしたアイライナーの種類についてご紹介します。

ペンシルライナー

まずアイライナーの種類として挙げられるのがペンシルアイライナーです。ペンシルアイライナーは鉛筆のように削るタイプと繰り出すタイプの2種類があり、鉛筆タイプのペンシルアイライナーはナチュラルな風合いに仕上げることができるのが魅力。自分で削らなくてはならないので手間ですが、その分自分がアイラインを書きやすいように調整できるので、ペンシルタイプは初心者の方にもおすすめのアイライナーです。
こちらは繰り出しタイプのペンシルアイライナーです。繰り出すタイプは自分で削る必要がないので、手間がかからないのが嬉しいポイント。鉛筆タイプのアイライナーと同じようにナチュラルな質感に仕上げることができ、初心者でも使いやすいアイライナーとなっています。引き方も簡単なので、アイラインがなかなか上手に引けないというときに取り入れてみると良いかもしれません。

リキッドライナー

続いて挙げられるのが、リキッドアイライナーです。リキッドアイライナーは、筆ペンのような形をしたアイライナー。アイライナーの先が細くなっているので、細かなアイラインの引き方を取り入れたいときに役立つのではないでしょうか。細い線を引きやすく、目じりのアイラインも綺麗に仕上げられるためリキッドアイライナーも人気を集めています。
ペンシルタイプのアイライナーだと細い線を描きにくい、という場合もリキッドアイライナーが良いのではないでしょうか。ペンシルタイプはナチュラルな雰囲気に仕上げられるのが魅力ですが、ペンシルの形をしているためなかなか細い線を引きづらいと感じる方も多いのではないでしょうか。目じりのアイメイクを綺麗に仕上げたい、細かなアイメイクを仕込んでいきたい、という場合はペンシルではなくリキッドにすると良いかもしれません。

ジェルライナー

アイライナーの種類として最後に挙げられるのがジェルアイライナーです。ジェルアイライナーは、ジェルをベースとしたアイライナーのこと。ジェルをベースとしているのでアイラインが落ちにくく、3種類の中でも特に水や皮脂に強いと言われています。アイラインを絶対に落としたくない、にじませたくないという場合にはジェルアイライナーを使うと良いのではないでしょうか。
ジェルアイライナーは、繰り出しタイプになっているものと筆とジェルのセットになっているものの2種類があります。アイラインを引くための筆とジェルがセットになっているタイプは、筆にジェルをとって直接まぶたに描く引き方だとアイラインが濃くなりすぎる可能性があるため気をつけましょう。一度手の甲でジェルアイライナーを馴染ませてからアイラインを入れる引き方だと綺麗に仕上がりやすくなります。それが手間な場合は繰り出しタイプのジェルアイライナーを使うのがおすすめ。

初心者におすすめ!アイラインの引き方のコツ

ペンシルやリキッド、ジェルといったようにアイライナーにはそれぞれ異なる種類と特徴があることがわかりました。アイラインの綺麗な引き方を取り入れる場合は、ペンシルやリキッドを始めとしたアイライナーの特徴を知った上で基本的な引き方を把握しておくことが大切になります。ペンシルやリキッドの特徴を生かしたアイラインの引き方で初心者でも理想の目元に近づけるようにしてみましょう。

一発で書かずに3箇所程度に分けて引く

アイラインの引き方で気をつけておきたいのが、アイラインを一気に引こうとしないこと。初心者の場合、目頭から目じりにかけて一気にアイラインを引こうとしてしまうかもしれませんが、そうすると細かな部分が描きにくくなり、結果的に綺麗なアイラインになりません。初心者でも綺麗なアイラインにするためには、目じり・黒目の上、目頭の3箇所に分ける引き方を取り入れるのがおすすめです。
まずは、目じりのアイラインを引きましょう。たれ目など、自分がなりたい雰囲気に合わせて目じりのアイラインの形を変えていくのが引き方のコツ。目じりにアイラインを描いたら、黒目の上の部分から目尻にかけてアイラインを引きます。目じりから黒目のラインをつなぐことができたら目頭の方へラインを伸ばしていき、アイラインの完成。このように目じりからポイントを分けるアイラインの引き方で綺麗に仕上げていくようにしましょう。

リキッドライナーなら目を閉じ気味に引く

リキッドアイライナーを使う場合は、目を閉じ気味にしてアイラインを入れる引き方が初心者にはおすすめ。細い線を描くことができるリキッドアイライナーは目を開いた状態だと描きにくい場合があるため、閉じ気味にする引き方を取り入れてみましょう。
鏡でアイラインの形をチェックしながらリキッドアイライナーで描いていく引き方なら目を閉じ気味にしていたとしても綺麗なアイラインに仕上げることができます。細い線を描くことができるアイライナーだからこそ、こうしたアイラインの引き方が初心者には良いのではないでしょうか。

ペンシルライナーならまぶたを持ち上げて引く

リキッドではなくペンシルアイライナーの場合は、まぶたを持ち上げて描くアイラインの引き方が初心者にはおすすめ。まぶたを持ち上げることでペンシルのラインが描きやすくなります。ペンシルアイライナーでなかなか綺麗にアイラインを引くことができない場合は、この引き方のコツを取り入れてみてはいかがですか。

アイラインをきれいに仕上げるには目じりに注意!

アイラインを描いて理想の目元になるためには目じりのアイラインの引き方に注意をするのがポイント。目じりのアイラインの引き方によって目元の印象が変わってくるので、綺麗なアイラインを引くためにも目じりのアイラインの引き方をチェックしましょう。

たれ目にしたいなら目じりは下げる

たれ目にしたい場合におすすめのアイラインの引き方は、目じりの部分を数ミリはみ出して下げて描く方法です。目じりから少しはみ出したアイラインの引き方によってたれ目に見せることができるので、たれ目になりたい場合は取り入れてみてはいかがですか。
しっかりとたれ目を演出したい、という場合は上まぶただけでなく下まぶたにもアイラインを入れる引き方がおすすめ。たれ目にするためには上まぶたの目じりにアイラインを入れたら、下まぶたの目じりの部分にも数ミリアイラインを入れましょう。目尻からはみ出した部分と下まぶたのラインを繋げることでたれ目を強調できます。

ネコ目にしたいなら目じりは跳ね上げる

たれ目ではなく猫目にしたい場合は、目じりの部分は跳ね上げる引き方にするのがおすすめ。目じりから数ミリはみ出しながら跳ね上げる引き方にすることで、綺麗なキャットラインになります。
目じりを跳ね上げるアイラインの引き方をしたい場合は、リキッドアイライナーを使うのがおすすめ。リキッドタイプであれば細くアイラインを書けるので初心者でも気軽にキャットラインを楽しめます。

目の形別!初心者におすすめのアイラインの引き方

一重や二重、奥二重といったように目のタイプに合わせてアイラインの引き方を変えることも大切です。初心者でも簡単なアイラインの引き方を一重・二重・奥二重別にチェックしましょう。

初心者さんにおすすめのアイラインの引き方【一重編】

一重を美しく見せる!ナチュラルな愛されアイメイク【アイシャドウ・アイライン】

目が小さくみられがちな一重の場合、アイラインの引き方を工夫することで一重の愛されメイクに仕上げられます。一重のコンプレックスを解消できる一重用のアイラインの引き方動画をチェックして一重メイクに取り入れてみてはいかがですか。

初心者さんにおすすめのアイラインの引き方【奥二重編】

【奥二重メイク】”塗っても埋もれる”まぶたのいかし方伝授!デカ目テク

一重と同じように奥二重もアイラインを描きにくいと感じる場合が多いのではないでしょうか。一重と同様に奥二重の場合もアイラインの引き方を工夫するのがおすすめ。奥二重に最適なアイラインの引き方動画をチェックして、魅力的な奥二重に見せていきましょう。

初心者さんにおすすめのアイラインの引き方【二重編】

【二重くっきりメイク】たったこれだけでデカ目に?〜アイドルメイク術〜 Double Eye Lids

二重の場合もアイラインの引き方を工夫することで、さらに魅力的な目元に仕上げることができます。二重メイク動画からパッチリとした目元になるためのメイク術を学んでみてはいかがですか。

コツを覚えて綺麗なアイラインを引こう!

一重や奥二重、二重とそれぞれにぴったりのアイラインの引き方を把握することで、理想の目元に仕上げやすくなります。ペンシルやリキッドなどアイライナーの種類の特徴を知るのも大切なポイント。初心者でも簡単なアイラインの引き方をチェックして、魅力的なアイメイクを楽しんでみてはいかがですか。
66 件
着用アイテム