ニキビを隠すおすすめコンシーラー25選!カバーしやすい色や選び方&塗り方!

Description
ニキビやクマ、しみなどを隠すことが出来るアイテムといえばコンシーラーですよね。コンシーラーには、グリーンやオレンジ、ベージュなど様々なカラーがあります。今回は、ニキビやニキビ跡を隠すおすすめのコンシーラー25選のランキングをご紹介します。プチプラやデパコス、敏感肌の方向けのコンシーラーや薬用コンシーラーなど様々な種類のコンシーラーがあるので是非チェックして下さい。また選び方や塗り方が分からないという方に、自分に合ったコンシーラーの選び方や基本の塗り方もご紹介していきます。

ニキビ跡を隠すおすすめの人気コンシーラーをご紹介!

大切な日や勝負の日に突然ニキビが出来てしまった!という事はありませんか?ニキビは突然出来てしまう物で、赤みが出たりボコボコしているのでファンデーションだけでは隠しきれません。そんな時のお助けアイテムといえばコンシーラーです。コンシーラーを一つ持っておくと、突然のニキビにも対応出来るので助かります。
便利なアイテムだと分かっているコンシーラーですが、店頭に並んでいるコンシーラーは、オレンジやグリーン、イエロー、ベージュなど様々なカラーのコンシーラーがあり、グリーンやイエローはどういった時に使うのか分からない方も多いはずです。そこで今回は、おすすめのコンシーラー25選やグリーンやイエロー、ベージュコンシーラーの使い方やコンシーラーの選び方と塗り方をご紹介します。

コンシーラーとは?

コンシーラーとはベースメイクに取り入れられるコスメで、主に目の下のクマやくすみ、ニキビやニキビ跡、そばかすなどを隠す際に使われます。ファンデーションに加えてコンシーラーを使用することで、クマやくすみ・ニキビといった肌悩みをより綺麗にカバー出来ます。現在ではたくさんの種類のコンシーラーがあり、それぞれの肌悩みに合わせて選ぶことが出来ます。

コントロールカラーとの違いは?

コンシーラーはコントロールカラーとよく似ているようにも思われますが、コンシーラーは部分用でコントロールカラーは化粧下地として用いられます。コントロールカラーにもグリーンやブルーなど色味がたくさんありますが、コントロールカラーは色によって肌を明るく見せたり、くすみを飛ばしたりするのに対しコンシーラーはニキビなど部分的に使うものです。

ニキビ跡を隠すコンシーラーの選び方

最近はかなり多くの種類のコンシーラーがあり、コンシーラーにもたくさんのタイプがあります。どんなコンシーラーを選べば良いのか選び方に迷う方も多いかと思いますが、コンシーラーを選ぶ時は肌の悩みに合わせて色やテクスチャーを見て選ぶことが大切です。そこで、コンシーラーの色の種類やタイプ、どんな肌悩みにどんなコンシーラーが合うのか、コンシーラーの選び方をご紹介していきます。

ニキビの症状で色を選ぶ

まずコンシーラーの選び方で重要なポイントが、ニキビの症状によって色を選ぶことです。コンシーラーにはグリーンやイエローなどカラーコンシーラーが多くあります。ニキビは年齢やニキビの種類によってニキビの症状が変わってきますが、ニキビの種類によってグリーンやイエローのコンシーラーを使い分けることが重要になります。自分のニキビは赤くなるのか白くなるのかで、グリーン、イエロー、ベージュどのコンシーラーを選べば良いのか選び方が分かります。

症状①赤いニキビにはグリーン

コンシーラーの色の選び方のポイントとして、ニキビが赤くなって出来るという方はグリーンのコンシーラーがおすすめです。赤いニキビとは対照的なグリーンのコンシーラーを使うと、グリーンの色味でニキビをカバーすることで赤みが消えます。グリーンのコンシーラーで赤ニキビをカバーした後に、更にベージュのコンシーラーを重ねるとより綺麗に隠すことが出来ます。小鼻周りの赤みが気になる際もグリーンのコンシーラーが使えます。

症状②白いニキビにはイエロー

コンシーラーの色の選び方のポイントとして、ニキビが白くなって出来るという方はイエローのコンシーラーがおすすめです。肌の色から浮いてしまう白ニキビは、肌に馴染むカラーであるイエローのコンシーラーを使って、白ニキビを目立たなくします。またイエローのコンシーラーは茶色のクマなどにも使用することが出来ます。

症状③ニキビ跡には暗めのイエローベージュ

コンシーラーの色の選び方のポイントとして、ニキビ跡が気になるという方は暗めのイエローベージュのコンシーラーがおすすめです。ニキビを潰してしまったりすると、ニキビ跡が出来てしまうことがあります。そんなニキビ跡には少し暗めのイエローベージュのコンシーラーで、ニキビ跡を目立たなくします。その後にリキッドのファンデーションを重ねるとより綺麗にニキビ跡がカバー出来ます。

目的に合わせてタイプを選ぶ

コンシーラーの選び方のポイントとして、目的に合わせて選ぶこともポイントです。コンシーラーにはスティックタイプ、クリームタイプ、リキッドタイプ、ペンシルタイプといった種類があります。それぞれ肌悩みなどの目的に合わせて使い分けると、より綺麗にカバーすることが出来るのでコンシーラー選びの際の参考にして下さい。それではそれぞれのタイプはどんな目的に合うのかをご紹介していきます。

目的①カバー力重視ならスティックタイプ

コンシーラーのタイプの選び方のポイントとして、カバー力を重視する方はスティックタイプのコンシーラーを選ぶようにしましょう。スティックタイプはテクスチャーが固めなので肌に塗るとフィットして動きにくいのでヨレにくく、ニキビなどをしっかりとカバーすることが出来ます。濃いニキビが出来てしまった時やなかなか隠れないニキビ跡にはスティックタイプをおすすめします。
151 件
着用アイテム