スヌードの巻き方とアレンジ方法!スヌードを使ったおしゃれコーデ!

Description
スヌードと言えば冬の防寒アイテムの定番となりつつあります。しかし、巻き方がワンパターンになりがちという悩みを持っている人もいるかもしれません。そこで、スヌードのおすすめ巻き方について見て行きましょう。シンプルで簡単な巻き方から、ひと手間加えたスヌードの巻き方までご紹介します。また、スヌードを使ったおしゃれな冬コーデを、スヌードの素材別にチェックしていきましょう。

スヌードの巻き方とおしゃれなコーデ術をご紹介!

冬の防寒具は色々ありますが、中でもおしゃれに防寒出来るスヌードが、多くの女性からの人気を集めているようです。おしゃれなスヌードをよりおしゃれにコーデの取り入れる方法や、おすすめの巻き方などをチェックしていきましょう。

スヌードとは?

まずスヌードについてです。スヌードとは冬の防寒具の1つで、首元に巻くアイテムです。スヌードは輪っかの形をしているのが特徴で、布も比較的厚めなので、しっかりと首元を覆ってくれるため、冬の冷たい風などから首元をしっかり守って温めてくれます。
元々は、スコットランドの未婚女性が頭に巻いていた網状のヘアバンドのことをスヌードと呼んでいたようです。そして、日本では同じく首元を覆う防寒具の1つにネックウォーマーがありますが、ネックウォーマーのことを英語圏ではスヌードと言っているようなので、英語圏においては同じ種類にくくられるようです。

マフラーとの違いは?

スヌードと聞くと、マフラーと一体何が違うのかという疑問が頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。マフラーもスヌードも首元に巻く物で、防寒具であるということは同じです。ただ、形状が大きく異なります。マフラーは長方形の細長い物ですが、スヌードは輪っかになっています。素材は両方ともウール素材の物が多いですが、スヌードにおいてはファー素材物も多く出ています。

スヌードの選び方を解説!

次に、スヌードを買う時の上手な選び方について見て行きましょう。スヌードと言っても色々なデザインの物や素材の物がありますから、普段の自分の服装にマッチするようなスヌードを身に着けるのが良いでしょう。選び方のポイントを押さえて行きましょう。

顔や体形に合わせて長さで選ぶ

スヌードを選ぶ時、まずデザインで選ぶ人が多いです。しかしスヌードは首元に巻く物なので、それによって顔の印象が変わったり、顔の雰囲気によって似合うスヌードが異なったりします。また、体型によっても似合うスヌードの形は変わってきます。まずは、自分の顔の形や体型に合うスヌードを選ぶのが大前提なのです。

①丸顔さん

まず丸顔さんにおすすめのスヌードの選び方です。丸顔さんは顔が丸いのが特徴で、かわいい印象の人が多いです。しかし、そんな顔の形にコンプレックスを持っている人も多いです。丸顔さんの場合は、長めのデザインのスヌードがおすすめです。長めの物を首に巻くことによって、縦のラインを強調してくれるので、丸顔をスヌードでカバーすることが出来ます。巻き方もそのまま首にかけるような巻き方がおすすめです。

②面長さん

次に、面長さんにおすすめのスヌードの選び方です。面長さんは顔が縦に長いので、それをスヌードでカバーします。そのためには、丸顔タイプの選び方とは真逆で、短めのスヌードを選ぶと良いでしょう。縦にボリュームを出さないようにすることで、縦のラインを強調せずに済みます。また、顎のあたりを隠すような巻き方をすることで、顔の縦ラインをカバー出来るので、面長さんでも小顔に見せることが出来ます。

③スレンダーさん

スレンダーな体型の人は特にスヌードで体型カバーをする必要はないでしょう。よりスタイル良くスレンダーに見せるために、長めのスヌードを選ぶと良いでしょう。巻き方もそのまま首に巻く巻き方をすれば、縦のラインが強調されるので、スレンダーな人がさらに細くすらりと見えるでしょう。

④ふくよかさん

少々ふくよかな人は、スヌードの長さを慎重に選びましょう。長い物を選んで縦長効果を出せばよいと思いがちですが、実はそれだと逆効果なのです。長めのスヌードをそのままの巻き方で首に巻いてしまうと、ボリュームが出過ぎてしまう可能性があります。また、短すぎると首元が詰まった印象になるのでこれもNGです。長すぎず短すぎずといったスヌードを選び、ボリュームを出しすぎないようにしましょう。

⑤小柄さん

102 件
着用アイテム