合コンの自己紹介のコツ!気になる男性と距離を縮める必勝テクニック!

Description
初めて合コンに参加する方や、まだ合コンという場に慣れていない方にとって、フルネームや趣味をアピールする自己紹介は緊張する場面です。合コン参加者の視線が集中するので、合コンの中で自己紹介の場面が最も緊張する、という女性も多いのではないでしょうか。今回は、合コンの自己紹介で悩んでいる方に向けて、自己紹介のコツや気になる男性との距離を縮めるテクニックをまとめました。具体的な例文も紹介しているので、合コンの自己紹介をどうしようか悩んでいる方は参考にしえ下さい。

失敗しない合コンの自己紹介を紹介!

Cocktails Socializing People - Free photo on Pixabay (248947)

彼氏が欲しい時、たまに遊べる男友達が欲しい時に合コンに参加する女性は多いでしょう。出会いの場となる合コンですが、初めて合コンに参加する女性や合コンにまだ慣れていない女性の中には、「どんな自己紹介をすれば男性陣に好印象を与えられるのだろう」と悩んでいる方も多いはず。合コンで気になる男性との距離を縮める為に、好印象を与えやすい自己紹介のコツやテクニックを押さえておきませんか?
今回は合コンで好印象を与えやすい自己紹介と例文、自己紹介で上手に喋るコツや男性と距離を縮める自己紹介のテクニックなどをまとめました。合コンの自己紹介の仕方で悩んでいる方、今までとは違う自己紹介をしたい、気になる男性との距離を縮めたいと考えている女性は必見です。

自己紹介で自分の印象が決まる

Beer Party Toast - Free photo on Pixabay (249039)

自己紹介は合コンに参加する以上は避けて通れないものです。あまり話す事が得意でない方は、合コン参加者の注目が集まる自己紹介を早く終わらせたくて、小声や早口で喋ったり、フルネームや年齢など最低限の自己紹介だけで済ませていませんか?合コンに限らず、人と人の出会いは第一印象が重要な上、初めて会った時に付いたイメージは簡単に払拭されません。ですので、合コンに参加する際は「自己紹介が勝負の鍵」と言っても過言ではないのです。
合コンの自己紹介で大切なのは、男性陣に自分の好印象を残すこと。人は誰しも第一印象で恋愛対象か否かをジャッジしているものですので、合コンでは自己紹介に力を入れていきましょう。人前で話す事が苦手という女性も、笑顔で話す事を忘れずに。緊張して下を向いたまま話していては、男性陣に好印象を与える事は出来ません。合コンでの自己紹介は恋愛に繋がるとも考えられますので、今回ご紹介する自己紹介のコツや例文などを参考にしてみて下さい。

合コンにふさわしい身だしなみを

合コンで男性は女性の自己紹介や話術以外に、身だしなみにも注目しているものです。しかし、合コンだからといって、気合を入れて派手な服装をすれば良いという訳ではありません。まず大切なのは、身だしなみから清潔感が感じられる事。これは合コンに限った話ではありませんが、服装や髪型、メイクがごちゃごちゃしていると、男性は一歩引いてしまいます。
他にも胸の谷間や足など、過度な露出は避けたほうがベターです。合コンで遊び相手を探している場合は別として、彼氏を探しているのに露出が多い服装をしていると、どうしても軽そうな印象を男性に与えてしまいます。そこで、合コンにおすすめなのがワンピースや膝丈のスカートです。鎖骨や足首など、女性らしい部分を覗かせると更に男ウケがアップします。

合コンで好印象な自己紹介と例文

Wine Champagne A Toast - Free photo on Pixabay (249038)

合コンの自己紹介で男性に好印象を与える事は決して難しくありません。しかし、単にフルネームや年齢、職業や趣味といった、当たり障りの無い自己紹介だと印象に残りにくいのも事実です。そこで、合コンで男性に好印象を与える自己紹介のコツや例文から見ていきましょう。

フルネームの後にあだ名も紹介する

Girl Beauty Charm - Free photo on Pixabay (249139)

合コンの自己紹介の時、「私の名前は○○です。趣味は○○で~」といったように、フルネームのみを語っていませんか?覚えやすいフルネームの場合は別ですが、基本的に初対面の方のフルネームを覚えるのは難しいものです。尚且つ、合コンのように複数人が一気に自己紹介をする場だと、フルネームを覚えてもらうは至難の技。そこで、おすすめの自己紹介テクニックが「フルネームの後にあだ名も紹介する」というものです。
普段からあだ名で呼ばれているなら、「私の名前は○○で、皆から△△って呼ばれてます。」といったように、フルネームの直後に普段から呼ばれているあだ名を紹介すると、合コンでもあだ名で呼ばれる可能性が高くなります。他にも、自分の苗字や名前で語呂の良いあだ名を考えてフルネームの後に紹介すると、自己紹介後の会話に繋げやすくなります。このように、フルネーム+あだ名を紹介して他の参加者と差を付けていきましょう。

マニアック過ぎない趣味を言う

People Girl Alone - Free photo on Pixabay (249140)

合コンの自己紹介でフルネームと年齢の次に欠かせない趣味の紹介ですが、マニアックな趣味を紹介すると男性陣を困らせてしまうだけでなく、会話が広がりにくいので注意が必要です。仮にマニアックな趣味が一番好きだとしても、合コンの場では会話のネタになりそうな趣味を紹介するのがベター。例えば、音楽が好きな事を紹介する時の例文は、「趣味は音楽鑑賞で、休日は好きなアーティストのライブに行く事もあります」といったもの。敢えて好きなアーティストを言わない事で、その後の会話の糸口になります。

所属を分かりやすく伝える

Notebook Work Girl - Free photo on Pixabay (249141)

合コンで自己紹介をする際は、学生やフリーターならば自分のアルバイト先を、会社員として働いているならば会社名や職種といった所属を伝える場面もあります。男性の印象に残りづらい例文は、「事務仕事をしています」や「販売の仕事をしています」といった、曖昧で仕事内容を想像しづらいもの。合コンで男性の印象に残りたい時、その後の会話を広げたい時におすすめのテクニックが、「所属を分かりやすく・親近感が沸くように伝える」といったものです。
そんな時におすすめなのは、「携帯電話の料金や使い方の問い合わせ窓口のコールセンターに勤務しています」といった例文や、「運送会社の事務仕事をしていて、配送の手配もしています」といった例文、「目が悪くて自分も眼鏡を使用しているので、眼鏡屋で販売員をしています」といった例文。このように、自己紹介で自分の所属を伝える時は曖昧な内容ではなく、分かりやすくて話が広がりそうかどうかを考えましょう。

合コンの自己紹介で上手く喋るコツ

New Year'S Eve 2019 Day - Free photo on Pixabay (249018)

合コンで好印象な自己紹介と例文を押さえたら、次は合コンの自己紹介で上手に喋るコツをチェックしていきましょう。話すのが苦手な方や初めて合コンに参加する方にとって、参加者全員の視線が集まる合コンの自己紹介は最も緊張する場面と言っても過言ではありません。自己紹介の場面で緊張して上手く喋れないと好印象を与えられないだけでなく、上手く喋れなかった事で自己嫌悪に陥りテンションが下がってしまうことも。そんな最悪の事態を避ける為にも、合コンの自己紹介で上手く喋るコツを見ていきましょう。

自己紹介はあくまでつかみ

85 件
着用アイテム