キャンメイクのコンシーラーで悩み解決!プチプラで超優秀なおすすめの色や使い方

Description
プチプラコスメブランドのキャンメイクから発売されている全4種類のコンシーラーについて詳しくご紹介!それぞれのコンシーラーの特徴や、おすすめの使い方、どのようなお悩みをカバーするのに向いているのかということを解説していきます。キャンメイクからは今話題のグリーンコンシーラーも発売されているので、ぜひ1度チェックしてみて下さい。最後にはコンシーラーの正しい使い方や、お悩み別のおすすめキャンメイクのコンシーラーをご紹介しています。

プチプラなのに優秀♡キャンメイクのコンシーラーが人気

Cosmetics Makeover Foundation · Free photo on Pixabay (94965)

プチプラコスメの定番ブランドである「キャンメイク」のコンシーラーが、とても優秀で人気となっていることをご存知でしょうか?キャンメイクからは、スティックコンシーラー、パレットコンシーラー、リキッドコンシーラーなどの複数のコンシーラーが登場しています。赤みを抑えてくれると人気のグリーンコンシーラーなど、おすすめのカラーが揃っているのでコンシーラーのシリーズごとにご紹介していきます。

キャンメイクのコンシーラーが使えるって知ってる?

まずは、キャンメイクのコンシーラーの特徴についてご紹介します。キャンメイクのコンシーラーが人気な理由は、なんといっても「プチプラ」である事です。シミ・そばかす・くま・肌の赤みなど様々な肌の悩みをカバーしてくれるコンシーラーですが、一方で「自分にあったコンシーラーが見つからない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そんな時に、プチプラで試せるというのは嬉しいポイントです。

キャンメイクのコンシーラーは4タイプ

キャンメイクから発売されているコンシーラーは全4種類です。中でも人気なのは、カラーが豊富で、使い方も簡単なスティックタイプのコンシーラー「カラースティックモイストラスティングカバー」と、使い方によってシミ・そばかす・クマといったあらゆる肌の悩みをカバー出来る「カラーミキシングコンシーラー」です。どちらのタイプも、「自分の肌に合わせた使い方が出来る」というのがポイントです。
キャンメイクからは、従来のコンシーラーのようなリキッドタイプのコンシーラーも2種類発売されています。軽い付け心地の「ハイライト&リタッチコンシーラーUV」と、グリーンコンシーラーもランナップしている「カバー&ストレッチコンシーラーUV」です。どちらも頑固なくまをしっかりカバーしてくれるだけではなく、UVカットも出来るのでシミやそばかすでお悩みの方にもおすすめです。

肌の悩みに合わせて使いこなそう

コンシーラーは、ただ単に「肌の色に合ったものを選べば良い」という訳では無いのが悩みどころです。いくらカバー力があると謳っているコンシーラーでも、肌のお悩みに合っていなければシミやそばかす、くまを隠すどころか逆に目立たせてしまうことにも繋がります。そうならないためにも「コンシーラーの正しい使い方」や「コンシーラーの正しい選び方」を知っておく必要があります。
シミ・そばかす・くまなど、どのお悩みでも注意したいのは厚塗りをしたり自分の肌色より明るい色のコンシーラーを選ぶなど、間違った使い方をしてしまうとコンシーラーを塗った部分が「白浮きしてしまう」ということです。そうならないためにも、時にはお悩みに合わせてコンシーラーを使い分ける必要があります。お悩みに合わせた詳しいコンシーラーの使い方は、最後にご紹介します。

【キャンメイク】カラースティックモイストラスティングカバー

キャンメイクのコンシーラーの中でも1、2を争う人気があるのが、「カラースティックモイストラスティングカバー」というコンシーラーです。使いやすいスティックタイプのコンシーラーで、全6色が発売されているのでハイライトからシェーディングまで、幅広い使い方ができるのが特徴です。クレヨンタイプのようなテクスチャですが、伸びが良いので薄付きに仕上がるのも嬉しいポイントです。(価格:580円)

密着・保湿・カバー力の高いスティックコンシーラー

厚塗りになりにくいというのがスティックタイプのメリットですが、プチプラだとカバー力がイマイチな物もあります。その点、このコンシーラーはしっかりと肌に密着して高いカバー力を発揮します。また、保湿成分を配合しているので乾燥が気になる人にもおすすめです。使い方はとても簡単!気になる部分に乗せた後に、軽く指で叩き込むように馴染ませるだけで肌のお悩みをしっかりカバーしてくれます。

[01]イエローベージュ

「01番」のイエローベージュは、カラースティックモイストラスティングカバーの中でも一番、白い色です。肌に乗せた時もハッキリと「白い」とわかる色味なので、「コンシーラーとして使う」という使い方よりも「ハイライトとして使う」の使い方のほうが合っているかも知れません。先端が斜めにカットされているスティックコンシーラーなので、鼻筋にハイライトを入れるような使い方も簡単に出来ます。

[02]ナチュラルベージュ

「02番」のナチュラルベージュは、少しピンク味がかかったようなベージュカラーになっています。こちらも、シミ・そばかす・くまと言った肌のお悩みをカバーするという使い方よりは、顔のトーンを整えるような使い方がおすすめです。スティックコンシーラーでピンポイントで使うことも簡単に出来るので、01番と同様にハイライトのような使い方や、顔に立体感を持たせたい時などにおすすめのコンシーラーです。

[03]ベージュオークル

「03番」のベージュオークルは、少し暗めのベージュカラーになっています。スティックのカラーだけで見ると、少し暗すぎると感じるかも知れませんが肌にしっかり馴染ませるような使い方をすると、違和感なく使えるカラーです。他のコンシーラーでは「白浮きしてしまう」とお悩みのシミやそばかすをカバーするのにおすすめのカラーです。また、くまの中でも「茶くま」でお悩みの方にはおすすめのカラーです。

[04]アプリコット

90 件
着用アイテム