フケが気になる時のおすすめシャンプー11選!乾燥やかゆみを軽減するアイテム

Description
フケと乾燥を防止してケア出来るおすすめシャンプーランキングや、フケ&かゆみ対策に人気のシャンプーの選び方をまとめました。フケや乾燥、かゆみが気になる時は、ドラッグストアで購入出来る人気シャンプーランキングを参考にするのがおすすめ。自分に適したシャンプーの選び方を取り入れれば、フケやかゆみを防止し、乾燥をケアしやすくなります。おすすめの人気シャンプーランキングからフケやかゆみ、乾燥ケア対策が出来るお気に入りを見つけましょう。

フケが気になる時におすすめの人気シャンプーをご紹介

「フケやかゆみが気になる…」「頭皮が乾燥しがち」という場合は、シャンプーを変えてみると良いかもしれません。フケやかゆみ、乾燥などは頭皮に何らかのトラブルが起きている為に現れやすくなる為、日常的に使用しているシャンプーがその原因となっているかもしれません。自分の頭皮に合ったシャンプーを使うことで乾燥を防止し、フケやかゆみ対策が出来るようになります。フケやかゆみなどの頭皮トラブルは放って置くと悪化してしまう可能性もあるので、乾燥を防止出来るようなおすすめのシャンプーで対策しましょう。
今回は、フケやかゆみ、乾燥が気になる方におすすめしたい人気のシャンプーランキングをまとめました。フケやかゆみ、乾燥などを防止して対策が出来るシャンプーはドラッグストアでも手に入るタイプも沢山あるので「どのシャンプーを選んで良いのか分からない!」と感じる場合も多いのではないでしょうか。そんな時は、フケ対策が出来る人気のおすすめシャンプーランキングが要チェック。おすすめランキングを見ておけば、ドラッグストアで人気のシャンプーの中からフケ対策が出来るシャンプーが見つかるはずです。

シャンプーしてるのにフケ・かゆみが!原因は乾燥?

Skin Care Modeling Model · Free photo on Pixabay (143907)

「毎日シャンプーしているのに、フケやかゆみが出てきてしまう…」という事はありませんか?頭皮を健やかな状態にする為にはシャンプーが欠かせませんが、シャンプーの選び方や洗髪の仕方、生活習慣によって乾燥を引き起こし、フケやかゆみの原因になってしまう事があります。頭皮が過度に乾燥するとターンオーバー機能が鈍るのがポイント。ターンオーバー機能が鈍ると、古い角質が増えてしまい、それがフケとなって現れます。フケが沢山出てくると頭皮の菌が増殖し、それが炎症を起こしてかゆみの原因に。
このように頭皮の乾燥による悪循環によって、フケやかゆみが現れてしまう場合があります。冬などの乾燥しやすい時期にフケやかゆみが現れやすくなるのに加えて、シャンプーの選び方や使い方によっても頭皮の乾燥は引き起こされる可能性があるので気をつけてください。また、湿ったフケや大きなフケなど、明らかに異常なフケがで始めたら頭皮に菌が異常繁殖している場合があります。頭皮が炎症を起こし、酷いかゆみを引き起こす事もあるので、そういう時は病院に相談しましょう。通常のフケやかゆみならシャンプーで対策します。

フケ・かゆみ対策シャンプーの選び方

Massage Therapy Essential Oils · Free photo on Pixabay (143908)

頭皮のフケやかゆみといったトラブルは乾燥が原因である事が多くありますが、日常的に使うシャンプーの選び方を工夫する事で乾燥を防止し、フケやかゆみ対策をする事が出来ます。「最近、フケが多くなってきたような気がする」「頭皮のかゆみが気になる」といった場合は、現在使っているシャンプーを見直すのがおすすめ。シャンプーによっては洗浄力が高過ぎて頭皮の乾燥を促進し、フケやかゆみの原因となってしまう事があります。そうならないようにフケやかゆみ対策が出来るシャンプーの選び方を取り入れましょう。
基本的なシャンプーの選び方を把握しておけば、ドラッグストアなどで並んでいる沢山のシャンプーの中からフケ・かゆみを防止するシャンプーを選びやすくなります。フケやかゆみを防止するシャンプーを活用出来れば、健やかな頭皮の状態をキープしやすくなるのではないでしょうか。フケやかゆみが気になると日常生活にも支障をきたす場合があるので、シャンプーの選び方を重視してみてください。

アミノ酸系洗浄成分のものを選ぶ

フケやかゆみを防止する為のシャンプーの選び方としておすすめしたいのが、アミノ酸系シャンプーです。シャンプーは大きく3つに分けられるのが特徴。アミノ酸系シャンプー・高級アルコール系シャンプー・石鹸系シャンプーです。このシャンプーの種類の中で最も洗浄力が優しく、頭皮のケアをしやすいと言われているのがアミノ酸系シャンプー。アミノ酸系シャンプーは低刺激なので、乾燥してフケやかゆみが出やすくなっている頭皮を優しくケアしながら洗い上げる事が出来ます。
アミノ酸系シャンプーは、塩化アルキルトリメチルアンモニウムやベタイン、グルタミン、イミダソリといった成分が含まれたシャンプーの事を指します。アミノ酸系シャンプーの選び方で迷った時はパッケージを確認して、これらの成分が含まれているシャンプーかどうか確認してみてください。アミノ酸系シャンプーは頭皮の水分量を保つ働きも期待出来るので、頭皮の乾燥を防ぎながらフケやかゆみを防止してケアをしたい時に最適。フケ&かゆみ防止対策の為にアミノ酸系シャンプーを活用してみましょう。

硫酸系洗浄成分のものは避ける

フケやかゆみが気になる時のシャンプーの選び方で注意しておきたいのが、硫酸系成分が含まれたシャンプーは避けるという事です。硫酸系成分が含まれたシャンプーとは、高級アルコール系シャンプーや石鹸系シャンプーの事。これらのシャンプーは洗浄力が高い一方で頭皮に刺激を与え、乾燥やかゆみ、フケを引き起こす可能性があるのでおすすめ出来ません。乾燥して頭皮が敏感になっている方は硫酸系成分を含んだシャンプーを使う事で更にフケやかゆみが出てくる可能性があるので、シャンプーの選び方に気をつけてください。
「頭皮がベタベタしてフケやかゆみも気になる…」という皮脂性の方は、さっぱりと洗い上げられる硫酸系成分を含んだシャンプーを優先した選び方をしてしまいがちですが、この選び方もNG。皮脂性の方が硫酸系成分を含んだシャンプーを使うと頭皮に必要な皮脂も洗い流してしまうので、頭皮を保護する為に更に皮脂が過剰に分泌されてしまう可能性があります。皮脂性の方もアミノ酸系シャンプーを取り入れる選び方がおすすめ。日常的にしっかりとシャンプーでケア対策をしておけば、頭皮のベタつきも防止出来るはずです。

ノンシリコンのものを選ぶ

Girl Hair Blowing · Free photo on Pixabay (143911)

「アミノ酸系シャンプーで頭皮のケア対策をしているのに、フケやかゆみが消えない」という方は、アミノ酸系シャンプーの中でもノンシリコンタイプを取り入れる選び方がおすすめです。シリコンは髪の毛をコーティングしてサラサラとした状態にしてくれますが、頭皮の刺激となってフケやかゆみを引き起こす原因になっているかもしれません。ノンシリコンタイプのアミノ酸系シャンプーであれば、頭皮への影響を最低限にする事が出来るのではないでしょうか。
アモジメチコンやシリカ、シクロメチコン、シリルといった成分がシャンプーに含まれる主なシリコンになります。ノンシリコンシャンプーを取り入れたい時は、これらの成分が含まれていないタイプのシャンプーを基準にする選び方にしてみてください。ノンシリコンのアミノ酸系シャンプーはドラッグストアでも購入出来るので、気軽にフケ・かゆみ対策をして頭皮をケアしたい時にぴったり。ドラッグストアでシャンプーのパッケージを確認する選び方で自分の頭皮に最適なシャンプーを選んでいきましょう。

フケが酷い場合は薬用シャンプーを選ぶ

「どのようにしても、やっぱりフケやかゆみが治らない…」という時は、薬用シャンプーを取り入れる選び方も1つの方法です。フケが発生する原因の1つが菌の増殖。マラセチア菌や真菌といった菌が頭皮に異常繁殖する事によって、フケやかゆみが起きやすくなると言われています。そういった菌を除菌・殺菌する成分が含まれた薬用シャンプーであれば、フケやかゆみのケアと防止対策になるのではないでしょうか。頭皮を清潔な状態に保っていれば、フケやかゆみは出てこないはずです。
薬用シャンプーはドラッグストアでも多く取り扱っているので、フケやかゆみが気になる時のケア対策として活用してみましょう。日常的に薬用シャンプーを使っていれば、フケやかゆみの予防にもなります。ドラッグストアで薬用シャンプーもチェックして、フケ&かゆみ予防対策に役立ててみてはいかがですか。

頭皮のフケの状態に合わせて選ぶ

Morning Girl Beautiful · Free photo on Pixabay (143914)

頭皮に合わせたシャンプーの選び方も重要になります。自分がどういったタイプの頭皮の状態なのか把握しておけば、自ずとシャンプーの選び方も明確になるのではないでしょうか。フケやかゆみが起きやすい頭皮の状態として、乾燥性と皮脂性の2種類が挙げられます。頭皮が乾燥した状態によってフケが出てくる場合と、皮脂が過剰分泌される為にフケが発生する場合があるので、自分がどちらの頭皮の状態なのか確認してみてください。フケや頭皮の状態をチェックして、ぴったりのシャンプーの選び方を取り入れてみましょう。

①乾性フケの場合

100 件
着用アイテム