乾燥肌におすすめの化粧水30選!たっぷりの潤いで肌をしっかり保湿しよう

Description
年中肌が乾燥している乾燥肌の方は、スキンケアをしてもなかなか乾燥肌が改善されないという方も多いのではないでしょうか?肌の乾燥は、元々の肌質に加え20代30代と年齢を重ねていくとより乾燥しがちになってきます。そこで今回は、乾燥肌の方におすすめの市販やデパコスの化粧水30選をご紹介します。乾燥肌の方の為に作られている化粧水は、保湿力に優れているので肌がしっかり潤います。化粧水の選び方もご紹介するので、乾燥肌に合う化粧水でスキンケアを行い美肌を手に入れましょう!

潤いのある肌に!乾燥肌におすすめ人気化粧水をご紹介!

 (282407)

スキンケアをする際に重要なのが保湿ですが、自分の肌質によってスキンケアの仕方を変えることが最も大切なポイントになります。特に乾燥肌の方は保湿をすることで肌が柔らかくなり、乾燥によるシワやたるみ、くすみがなくなります。保湿で重要なのは化粧水を肌にたっぷり使用することですが、どんな化粧水が乾燥肌に合っているのか分からないという方も多いのではないでしょうか?

乾燥肌とは?

では一般的に「乾燥肌」とはどのような肌のことを言うのでしょうか?乾燥肌は、肌の水分と油分が不足している状態で、入浴後や洗顔後に肌がつっぱたりカサカサしたりする肌の事です。乾燥肌になるとシワやたるみの原因になってしまうので、スキンケアできっちり保湿しなければなりません。今回は、乾燥肌におすすめの化粧水30選をご紹介していきます。合わせて乾燥肌に合う化粧水の選び方や使い方、20代や30代と年齢別でおすすめの化粧水の選び方などをご紹介します。

乾燥肌におすすめの化粧水の選び方

乾燥肌の化粧水の選び方のポイントはいくつかあります。選び方としては、乾燥肌に効果的な美容成分で選ぶこと、20代前半、20代後半、30代と年代別での選び方などがあります。乾燥肌でも頬は乾燥するけどTゾーンはテカるといった混合肌や、外部刺激に弱い敏感性乾燥肌など色々なタイプがあるので、まずは選び方のポイントからご紹介していきます。

選び方①乾燥肌に効果的な美容成分で選ぶ

選び方のポイント1つ目は、乾燥肌に効果的な美容成分で選ぶことです。化粧水に「高保湿」や「濃厚」などが書かれていても、肌が乾燥してしまうということはありませんか?高保湿と謳っている化粧水でも、実際に成分をチェックすると乾燥肌に効果的な成分がごくわずかしか含まれていない場合があります。乾燥肌の化粧水の選び方のポイントは、「セラミド」「コレステロール」「アミノ酸」「スクワラン」などの成分をチェックすることです。

選び方②20代前半

選び方のポイント2つ目は、年代別で選ぶことです。「25歳はお肌の曲がり角」と言われますが、25歳までの肌は比較的イキイキしていて肌悩みが少なく、メイクをしなくてもすっぴんで十分な肌です。そんな20代前半の乾燥肌の方には、肌を安定させるような刺激が少なくたっぷり使えるプチプラなどの大容量化粧水がおすすめです。20代前半の乾燥肌には、美容成分よりもたっぷり水分を肌に補うことが重要です。

選び方③20代後半

20代後半の乾燥肌の方の化粧水の選び方のポイントは、美容成分がたっぷり含まれているかどうかをチェックすることです。20代後半はアラサーと呼ばれる年齢に差し掛かっています。アラサーになると肌悩みが増えてきてきっちりスキンケアを行わないと、毛穴が黒ずんできたり小じわが出てきてしまいます。20代後半の乾燥肌の方は、化粧水に美容成分がしっかり含まれているかをチェックしましょう。

選び方④30代

30代の乾燥肌の方の化粧水の選び方のポイントも、20代後半と同じく保湿に加え美容成分が含まれている化粧水を選ぶことです。30代になると若い頃に浴びた紫外線の影響でシミやそばかすが増えてくる年齢。そこで美白成分などが入った化粧水を使うのもおすすめです。シミやそばかすの生成を抑制する化粧水なら30代になっても若々しい肌を保つことが出来ます。

乾燥肌の化粧水の使い方

乾燥肌の方の化粧水の選び方のポイントをご紹介しましたが、重要なのは乾燥肌に合ったスキンケア方法です。スキンケア方法を間違っているといつまで経っても肌は乾燥したままで、化粧水の効果が感じられません。スキンケアをしているのに常に乾燥してしまうという方は、スキンケア方法が間違っているのかもしれません。そこで、乾燥肌のスキンケアの方法をご紹介していきます。

ポイント①化粧水は洗顔直後に

乾燥肌の方のスキンケアのポイント1つ目は、洗顔直後に化粧水を使う事です。洗顔した後はタオルで顔を拭くため水分が蒸発しやすい状態です。洗顔後水気を拭き取る際は、タオルでゴシゴシ洗うのではなくタオルを優しく顔に押し当てて少し水気を取り、すぐに化粧水を使います。すぐに化粧水を使うのが難しい方は、簡単に使えるミスト化粧水などで先に肌を保湿しておくのもおすすめです。

ポイント②人肌の温度にしてなじませる

乾燥肌の方のスキンケアのポイント2つ目は、化粧水は人肌の温度にしてから馴染ませることです。化粧水の保管場所によっては化粧水が冷えすぎてしまっている場合があります。化粧水は人肌くらいの温度にしてから馴染ませる方が浸透率が上がり、より効果が感じられます。化粧水を手のひらで少し温めてから使用するようにしましょう。
156 件
着用アイテム