【骨格診断】ウェーブタイプに似合うコーデは?服の選び方のポイントも紹介

Description
最近ファッション誌などでも取り上げられることが増えている骨格診断。ストレートタイプ、ウェーブタイプ、ナチュラルタイプとそれぞれのタイプによって、似合う服の選び方やおすすめのコーディネートがあります。ここでは、骨格診断がウェーブタイプの人の服の選び方や、似合うコーディネートのポイントを解説します。自分の骨格タイプをチェックする方法もご紹介しますので、自分自身をより魅力的に見せられる服装をしてみましょう。

ウェーブタイプに似合うコーデ知りたくない?

自分の骨格のタイプを知ろう

洋服を買う時やコーディネートを考える時、可愛らしい雰囲気やかっこいい雰囲気といった好きなテイストだったり、好きな色や好きなブランドなど、人によってさまざまなポイントがあることでしょう。最近、服の選びかたのポイントとして「骨格診断」が注目を集めています。ファッション雑誌などでも骨格診断の特集が組まれることが増えて、自分の骨格タイプに合わせて洋服を選ぶという人が増えているのではないでしょうか。
骨格診断によって分類される骨格のタイプは、「ストレートタイプ」「ウェーブタイプ」「ナチュラルタイプ」の三種類です。筋肉のハリがあってグラマラスなスタイルのストレートタイプ、上半身が華奢で柔らかい印象のウェーブタイプ、骨や関節が目立ち肉感の少ないナチュラルタイプと、三つの骨格タイプにはそれぞれ異なる特徴があり、ボディーラインだけでなく肌の質感やハリ感まで異なると考えられています。

骨格タイプを知っておくことのメリット

骨格診断によって分類されるそれぞれの骨格タイプによって、体の特徴が異なるため、同じ洋服を着ても見え方が違ってきます。つまり、骨格タイプによって綺麗に着こなしやすい洋服と、体の特徴が悪目立ちして着こなしにくい洋服があるのです。自分の骨格タイプを知っておくことの最大のメリットは、自分にとって得意な洋服と苦手な洋服を知ることが出来て、自分を魅力的に見せるコーディネートの選び方が身につくことでしょう。
可愛らしい雰囲気が好きだから、パフスリーブやフレアスカートなどのアイテムを着たり、かっこいい雰囲気が好きだから、ライダースジャケットやスキニーパンツなどのアイテムを着たり、このような服の選び方も悪くはありません。しかし骨格診断の観点から見ると、もしかしたら自分の体形の弱点を目立たせるようなコーディネートをしてしまっているという可能性もあります。客観的に見て自分をスタイル良く美しく見せるために、ぜひ骨格診断を知っておきましょう。

【骨格診断】自分の骨格タイプのチェック方法

全身がうつる鏡かカメラを用意

自分の骨格タイプを知るためにはプロに骨格診断してもらわなければいけないと思っている人もいるかもしれませんが、自宅でのセルフチェックでも簡単な骨格診断なら可能です。まずは自宅で簡単に、自分の骨格タイプをチェックしてみましょう。用意するものは、全身を一度に映せる鏡か、カメラです。骨格診断は全身のバランスを見て判断していくので、自分の全身の姿を見るための鏡かカメラが必要です。スマホ用の三脚などがあると、写真を撮るのが簡単でおすすめです。

おへその位置と体のラインがわかる服を着用

自分の骨格タイプを確認する際、ゆったりしたオーバーサイズの服を着ていると分かりにくくなってしまいます。骨格診断をする際には、おへその位置が分かりやすいトップスとボトムスを選び、なおかつ体のラインが分かりやすい服を着ましょう。骨格診断では二の腕や太もものライン、おへそや腰、バストの位置、首の長さや関節の大きさなど全身の様々なパーツをポイントにして骨格タイプを判断します。
そのため、診断を分かりやすくするためには体の特徴が見えやすい服を着ておくことが大切です。自室で一人で診断するなど、人の目が気にならない環境であれば、下着姿や水着姿になって診断するのも分かりやすくて良いでしょう。体にフィットするトレーニングウエアなどもおすすめです。

前・後ろ・横から全身を見るまたは撮影する

自分の全身が映せる鏡やカメラと骨格診断に適した服装が用意出来たら、いよいよ診断をしていきます。自分の全身を、前・後ろ・横と三方向から観察します。チェックのポイントとしては、首の長さ、上半身の厚さ、バストトップの高さ、鎖骨や肩甲骨の目立ち、二の腕の弾力、腰の位置、手首の形、ヒップライン、太ももの太さ、膝の骨の大きさ、膝下の太さなど上から下まで様々なところを見ていきます。

ウェーブタイプの特徴は?

ウェーブタイプの特徴①:上半身が華奢

ここからは、骨格診断の結果が「ウェーブタイプ」の人の体の特徴を解説していきます。まず、ウェーブタイプは上半身が華奢という特徴があります。胸板が薄めで二の腕にあまりハリが無く、横から見ると上半身が薄い印象があります。また、首が長めでバストトップが低いという特徴も、上半身が華奢に見える要因でしょう。ウェーブタイプはいわゆる日本人体型で、これらの特徴から、太ると「洋ナシ体型」になりやすいタイプです。

ウェーブタイプの特徴②:腰の位置が低め

ウェーブタイプは腰の位置が低めで、ヒップラインがあまり上がらず平面的という特徴があります。ヒップラインはボトムスのシルエットと大きく関係するポイントなので、骨格診断に合わせた似合う洋服の選び方においてとても重要です。また、ウェーブタイプは比較的太ももが細めで、膝の骨が出ている人が多いです。膝が出ているので、その上に脂肪が付きやすいという特徴もあります。

ウェーブタイプの特徴③:筋肉よりも脂肪がつきやすい

筋肉のハリが目立つストレートタイプとは対照的に、ウェーブタイプは筋肉よりも脂肪の方が目立ちやすいという特徴があります。二の腕や太ももなど、肉感のあるところを触った時に、筋肉のハリよりも脂肪の柔らかさを感じやすいのがウェーブタイプです。また、手首を断面にした時に円ではなく楕円形になるという特徴もあります。

ウェーブタイプの特徴④:肌質はしっとりソフト

64 件
着用アイテム