ビューラーの人気おすすめランキング!種類や選び方も詳しく紹介

Description
ビューラーはデカ目を作るのに欠かせないアイテムですが、ビューラーが上手く使えていない人が多いようです。ビューラーが上手く使えない原因はビューラーの選び方にありました。この記事では、ビューラーの選び方のポイントや、人気のおすすめ商品をランキングで紹介しています。また、ビューラーの正しい使い方やワンポイントを合わせて紹介しています。人気のおすすめビューラーランキングを参考にビューラーを新調してみませんか?

ビューラーのおすすめ人気ランキングをご紹介!

Eyelash Curler Eyelashes Schmink · Free photo on Pixabay (132898)

デカ目を作るのに欠かせないアイテムがビューラーですが、ビューラーを難しいと感じた事のある人は多いのでは無いでしょうか?その理由はまぶたを挟んで上手くカールさせられなかったり、根元からカールしなくて理想のデカ目になれなかったりと様々ですが、ビューラーが上手く使えない原因は、ビューラーの選び方を間違っている場合がほとんどです。
どんな選び方でビューラーを購入すればいいのか、ビューラー選びのポイントと共に、世の女性が愛用している人気のビューラーをランキング形式で詳しく紹介して行きましょう。最後には、デカ目を作れる正しいビューラーの使い方を紹介しているので、この記事を読んで理想のデカ目を作ってください。ビューラーの選び方や人気商品を紹介する前に、まずは、ビューラーについておさらいしておきましょう。

ビューラーって何?

Beautiful Close-Up Eye · Free photo on Pixabay (134080)

ビューラーとはまつげを挟んで上向きにカールさせるメイク道具のひとつで、正式な名称を『アイラッシュカーラー』と言います。日本ではビューラーで通って居ますが、ビューラーは商標名であって正式な名称ではありません。主に上まつげを上向きにカールさせる事で、デカ目に見せる効果を得るための道具です。

ビューラーの種類

ビューラーについて知らないと言う女性は居ないでしょうが、ビューラーには様々な種類がある事はご存知ですか?主に上まつげをカールさせるためのビューラーもあれば、ポイント使いの部分用ビューラー、下まつげ専用のビューラー、電熱線で熱を加えてより強いカールを実現するビューラーまで、一口にビューラーと言っても様々な種類があります。そんなビューラーの種類と特徴を詳しく説明しましょう。

オーソドックスタイプ

一般的に流通している種類のビューラーがオーソドックスタイプのビューラーです。金属やプラスチックなどで作られたフォルムに、はさみのようにハンドルに指をかけて、ハンドルをつまむように動かしてまつげをカールさせる種類のビューラーです。流通数が多い分価格も安く、眼の幅に合わせた商品展開が魅力の種類になります。

スプリングタイプ

オーソドックスタイプのビューラーにスプリングを取り付けた種類のビューラーです。オーソドックスの種類に比べて少なめの力でもしっかりカールを作れる種類になります。力を入れずにしっかりカールさせられる分、まつげへの負担が軽減出来る種類になります。

部分用

オーソドックスタイプのビューラーに比べて小さめのフォルムで作られているのが部分用ビューラーと呼ばれる種類です。オーソドックスタイプのビューラーでカールし切れなかった余り部分をカールさせるのに使ったり、下まつげのカールに使うなど、ポイント毎に使うのにおすすめの種類となっており、短いまつげもしっかりカールさせられる種類になります。

ホットビューラー

熱の力でまつげを強くカールさせる種類のビューラーになります。まつげを挟んで熱を加える種類と、コームタイプの2種類があり、コームタイプのビューラーはまつげが痛み難く、はさむ種類のホットビューラーは初心者でも簡単にカールさせられます。ホットビューラーは熱の力でまつげにクセを付けるので、キープ力に長けた種類のビューラーになります。

ビューラー選び方のポイント

ビューラーの種類について分かった所で、どの種類のどんなビューラーを選べば良いか、ビューラーを選ぶ際のポイントを紹介しましょう。ビューラーの種類と、ビューラーを選ぶポイントを押さえて、自分に合ったビューラーを見つけてください。

選び方①目のサイズに合った幅を選ぶ

Eye Blue Iris · Free photo on Pixabay (134088)

ビューラーの選び方で一番重要なポイントとなるのが、眼の幅です。日本人の目の幅は平均的に30mm程となります。ビューラーの幅は33mm~39mmが展開されており、自分に合うかどうかを見極めるには実際に使って見る他ありません。見極めポイントは、「ビューラー一回でまつげ全体がカール出来ない」場合はそのビューラーはあなたに合っていないと考えられます。

選び方②カーブの形で選ぶ:一重・奥二重・切れ長目

Girl Flowers Pink Blue · Free photo on Pixabay (134091)

ビューラーを使う際に悩ましいのが一重や奥二重、切れ長目ですが、こうしたまつげに瞼が被ってしまっている人には、一重・奥二重用のビューラーがおすすめです。一重・奥二重用のビューラーは、まぶたを押し上げてまつげの根元を露出させる設計になっているので、カールさせ難い一重や奥二重・切れ長目の人でも簡単にカールさせられます。まぶたの形状もビューラーの選び方の重要なポイントになるので、自分のまぶたの形状にあったビューラーを選びましょう。

選び方②カーブの形で選ぶ:二重・丸目

People Girl Beauty · Free photo on Pixabay (134092)

眼の幅と同様にビューラーの選び方で重要になるポイントが、まぶたのカーブです。日本人のまぶたは大体20Rとなっており、ビューラーは18R~22Rが展開されており、数字が高いほどカーブが緩くなって行きます。自分に合っているか見極めるポイントは「まぶたを挟むか」がポイントになります。ビューラーを使っていて、まぶたを挟むようであれば、そのビューラーはあなたに合っていないと考えましょう。最初は安物のビューラーで自分に合う幅とカーブを見つけると良いでしょう。

選び方③可動域で選ぶ

ビューラーの選び方で基準となるのが、ビューラーのまつげを挟む部分の稼動域も参考にしましょう。稼動域が広ければ、その分まつげを挟みやすくなります。全開にした時にビューラーのフォルムが視界に入らず、鏡でチェックしやすくなるメリットもあります。ビューラーの選び方のポイントとして、まつげを挟む部分の稼動域も気を付けて見ましょう。

選び方④ゴムの固さで選ぶ

ビューラーの選び方で重要なポイントが、まつげをカールさせるゴムの固さです。ビューラーのゴムが柔らかいと上手くカールしない場合もあります。ゴムが固ければ固い程、弱い力でもまつげをカールさせられるので、ゴムの素材は固めのビューラーがおすすめです。逆に、力強くハンドルを締めてしまう人は、ゴムの素材を柔らかくするとまつげへの負担軽減になります。

選び方⑤接触部分の素材で選ぶ

ビューラーの選び方で極めて重要となるポイントがビューラー自体の素材です。特に金属アレルギーの人は、少なくともまぶたとの接触部分の素材がプラスチックになっているビューラーを選ぶ必要があります。金属アレルギーでない人は、水洗いが出来て清潔に保てるステンレス製のビューラーを選ぶと良いでしょう。

選び方⑥替えゴムがあるものを選ぶ

ビューラーの選び方に替えゴムの有無があります。ステンレスやプラスチックが素材となっているビューラー本体は差ほど劣化は見られない物の、ゴム部分は傷みやすく劣化しやすいパーツです。劣化したら交換するか新調しなければならなくなりますが、替えゴムの有無によってはコストパフォーマンスに違いが出て来ます。劣化しやすいパーツが別売りで販売されているビューラーがあれば、そちらを選んだ方が断然お得です。

ビューラーおすすめ人気ランキング【一重・奥二重・切れ長目】

デカ目に近づけるアイテムビューラーの種類や選び方のポイントが分かった所で、ビューラーの人気商品をランキング形式で紹介して行きましょう。様々な種類のあるビューラーの中でも、悩みがダントツに多い一重・奥二重の人におすすめのビューラーを紹介します。

おすすめ人気ランキング5位:マキアージュ エッジフリー アイラッシュカーラー

一重・奥二重・切れ長目にも使えると人気を集めているのがマキアージュの『エッジフリー アイラッシュカーラー』です。金額は税込み価格で1,080円とプチプラで、替えゴムは2個入りで162円とコスパの面でも優れたビューラーとなっています。切れ長目でも使えるエッジフリー構造により、目の幅が広い人でも全てのまつげをしっかり挟んでカールさせられるとして人気を集めて居ます。ただ、カールが浅めなので、まぶたの掘りが少ない人におすすめのビューラーとなります。

おすすめ人気ランキング4位:資生堂 アイラッシュカーラー 213

ビューラーで人気を誇る資生堂のビューラーが4位となりました。本体のみの価格で800円とプチプラで、替えゴムは2つ入りで280円とコスパ良好な商品です。日本人の顔に合うように設計されたフォルムで一重のみならず、逆さまつげにも使えるビューラーとしてカール力に優れたビューラーです。長年愛用者が絶えず不動の人気を誇る商品として安定感のある品質を誇るビューラーと言えるでしょう。

おすすめ人気ランキング3位:シュウ ウエムラ アイラッシュ カーラー

一重・奥二重でも簡単にキレイなカールが出来るとしてシュウ ウエムラの『アイラッシュカーラー』が3位となりました。値段は1,500円で替えゴムは1つ付属されており、値段もお手ごろ価格ですが、使い辛さがややネックとなるビューラーです。ビューラーの選び方でも紹介した通り、ビューラーの稼動部分の開閉幅が広いビューラーが使い易いのですが、シュウ ウエムラのビューラーは開閉幅がやや狭く、使い辛いと言うレビューが見受けられます。
ただ、品質の高さからまぶたへのフィット感に優れており、一重・奥二重のまぶたをしっかりと持ち上げて根元からカールさせるビューラーとして人気が集まっており、リピーターも多く排出されています。マスカラを着けなくてもしっかりカールする点は品質の高さがうかがえる代物です。

おすすめ人気ランキング2位:スック アイラッシュカーラー

一重・奥二重に人気のビューラーとしてスックの『アイラッシュカーラー』が2位にランキングしました。1位でなかった理由は値段が2,160円と安いながらも、ネット通販でしか購入出来ない点が順位を落とした要因となっいます。替えゴムも2本で600円とコスパが良くない点が不評となっています。しかし、一重・奥二重でもデカ目効果は抜群で、品質としては高い水準でまとまっています。
ビューラーの稼動上部分が特殊な作りになっており、やや脹らんだ形状でまぶたをしっかり持ち上げて、まつげを根元からしっかり挟んでカールさせる構造になっています。使い方にややコツが入る物の、慣れれば使い勝手の良さにリピーターが続出しているようです。マスカラと併用してもまつげが抜けたいも高評価されている一重・奥二重におすすめのビューラーです。

おすすめ人気ランキング1位:アイプチ フィットカーラー

一重・奥二重に一番人気のビューラーはアイプチの『フィットカーラー』でした。まぶたがかぶさって根元からカールさせられない一重・奥二重を研究して作られたビューラーなので、稼動域の上部分でしっかりまぶたを持ち上げて、ゴム部分でまつげを目頭から目尻にかけてしっかり挟んでカールさせる構造になっています。付属品として替えゴムが2つ付いて税抜き価格2,400円と言う点も人気を集めているようです。
商品評価では、眼瞼下垂でも使えるビューラーとして高評価を得ており、無理なく目のラインにフィットし、まつげの根元から持ち上げられると話題になっています。ゴム部分の色がカラフルで女性心をくすぐる点も人気の要因となっているようです。また、マスカラと併用してもビューラーまつげが引っ付かず、抜けなくなったと言うレビューもあります。ビューラーの中でも使い易さとフィット感に優れたビューラーと言えるでしょう。

ビューラーおすすめ人気ランキング【二重・丸目】

一重・奥二重・切れ長目の人におすすめのビューラーを紹介しました。続いては二重・丸目の人におすすめの人気ビューラーを紹介しましょう。二重・丸目の人に人気のビューラーはまぶたの形状に合うかどうかが重要視されているようです。二重・丸目におすすめのビューラーをランキング形式で詳しく紹介して行きましょう。

おすすめ人気ランキング5位:シュウ ウエムラ アイラッシュ カーラー

一重・奥二重でランキングインしたシュウ ウエムラの『アイラッシュカーラー』がこちらでもランキングインする結果となりました。本体価格がやや高めながら、しっかりとしたフォルムで長年愛用出来る点や、少しの力でしっかり持続するカールが作れる点が人気を集めて居るようです。ネックとなるのが、やや使い方に慣れが必要な点ですが、慣れれば愛用者の絶えないビューラーでもあります。

おすすめ人気ランキング4位:資生堂 アイラッシュカーラー

資生堂の『アイラッシュカーラー』は購入しやすい点とコスパに優れた面で高い人気を誇るビューラーとなっています。このビューラーの販売価格は税込みで1,080円、替えゴムが2個入りで162円となっています。しっかりとした作りの本体なので数年使っても劣化が無く、替えのゴムで清潔に使える点が愛用者の心を掴んで離さないようです。

おすすめ人気ランキング3位:パナソニック まつげくるん ナチュラルカール EH-SE10P

パナソニックが販売しているメイクアイテム『まつげくるん ナチュラルカール』が3位となりました。『まつげくるん ナチュラルカール』は単3電池1本で簡単に使えるホットビューラーとなっており、充電いらずですぐに使える点や、オーソドックスタイプのビューラーにはない持続力が魅力のビューラーになります。価格は税込みで1,831円とビューラーとしては高い部類に入りますが、長年愛用出来る品質の高さでコスパの面では良好と言えるでしょう。
やや人気が劣る原因として考えられるのは、コームタイプのビューラーであるために、キレイなカールに仕上げるのにややコツが要る点が考えられます。しかし、熱の力を利用して、ダマになったマスカラを溶かして整えるなど、カールさせるだけではない機能性の高さはコツの有無を考慮しても好評と言えるパフォーマンスを持って居ます。

おすすめ人気ランキング2位:マキアージュ エッジフリー アイラッシュカーラー

一重・奥二重・切れ長目におすすめの人気ビューラーでランキングインした、マキアージュの『エッジフリー アイラッシュカーラー』がこちらでは2位と言う結果になりました。資生堂のアイラッシュカーラーよりやや人気は劣る物の、人気を二分する程に愛用者の多いビューラーでもあります。その理由は、資生堂のアイラッシュカーラーがまぶたのカーブがややきつめなのに対し、マキアージュの『エッジフリー アイラッシュカーラー』が緩やかなカーブを描いている点でしょう。
まぶたの形は人によって異なるため、まぶたの形状に合ったビューラーを選ぶときつめの物か緩めの物のどちらかと言う事になります。また、エッジフリーと言う点でまつげを一度でカールさせられるのもこのビューラーの魅力となっているようです。少しの力でしっかりまつげがカールするので、不器用な人でも使い易いと評判になっています。

おすすめ人気ランキング1位:資生堂 アイラッシュカーラー 213

一重・奥二重・切れ長目におすすめの人気ビューラーでもランキングインした資生堂の『アイラッシュカーラー 213』がこちらでも不動の人気を誇るようです。本体価格は税込み864円とプチプラなのに、確かな品質で長持ちするので10年愛用していると言う愛用者がおり、替えゴムは2個入りで108円と長持ちする本体と合わせて非常にコスパが優れたビューラーです。
金額も去る事ながら、ゴムが固めの素材で作られており、しっかりカールさせられるのも魅力のひとつ。日本人の靭帯構造に合わせて作られているので、ほとんどの女性の顔にフィットして、しっかりまつげをカールさせる構造となっているのがこのビューラーの最大の魅力と言えるでしょう。何より、ほとんどの店舗で取り扱われている商品と言う点も、買い易さの面で人気を集める要因となっています。

ビューラーおすすめ人気ランキング【直毛】

一重・奥二重・二重・切れ長目・丸目別におすすめのビューラーを紹介しましたが、ビューラーで悩みが絶えないといえば、やはり頑固な直毛でしょう。力いっぱいビューラーを閉じても上がらない直毛におすすめのビューラーはホットビューラーです。どんなに頑固な直毛でも上げられるホットビューラーの人気商品をランキング形式で紹介しましょう。

おすすめ人気ランキング3位:パナソニック まつげくるん EH-SE60

コームが360度回転するのが特徴のパナソニックの『まつげくるん EH-SE60』が3位となりました。手元のボタンでコームの回転方向を変えられるので、持ち手に合わせて回転を変えて好みのカールをさせられます。コームが細く数回に分けてカールさせる必要がある物の、まつげを斜めに流して切れ長に見せるカールや、全体をふんわりとカールさせるボリューム感のあるまつげにするなど、様々なスタイルが楽しめるビューラーになります。
付属のブラシで本体を清潔に保てて、直毛には勿論、一重の人や、まつげが短めの人でもしっかり根元からカールさせられるとして人気を集める商品となって居ます。使えるようになるまで時間が掛からないので、朝の忙しい時間にパッと使えるのも魅力のひとつです。

おすすめ人気ランキング2位:グッズマン ハリウッドアイズ ホット・アイラッシュカーラー

コームタイプのホットビューラー『ハリウッドアイズ ホット・アイラッシュカーラー』が2位となりました。この商品の魅力は、温度制御チップを搭載した徹底した温度管理にあります。ホットビューラーで心配になるのが火傷ですが、この商品は高温にならないように設計されているため、火傷の心配も無く、適温を保ちます。
適温になった事が一目で分かるようになっており、カールさせるのに根元と毛先の6秒で扇状の美しいカールを実現出来ます。眺めのコームでまつげ全体をしっかりキャッチするので、2段回のカールで簡単にカールさせられるのが人気を集める要因となっているようです。ホットビューラー特有の持続力も健在のおすすめ商品です。

おすすめ人気ランキング1位:パナソニック まつげくるん ダブルヒーター EH-SE10P

二重・丸目におすすめの人気ビューラーでもランキングインしたパナソニックの『まつげくるん ダブルヒーター』が直毛におすすめの人気ビューラーでもランキングインする結果となりました。やはり人気の秘訣は圧倒的なコスパです。長年愛用出来て、乾電池1本で3週間程度使えるパフォーマンスは他には無い魅力です。
名前にあるダブルヒーターで他の製品よりも高い温度でまつげをカールさせるので、持続力に優れ、短い時間でキレイなカールが作れる点も人気となる要因で、高温であっても火傷の心配無く使える点は高品質の名に相応しい設計です。どんなに上がらないまつげでも上げられるデカ目効果の高いビューラーです。

コーム付ビューラーおすすめ人気ランキング【扇状に広げる】

まつげが上がるとデカ目に見えますが、扇状に広がるまつげはデカ目効果も勿論ですが、世の女性が憧れて止まない理想のまつげとも言えます。ビューラーでもコーム付きの物を使えば簡単に扇状に広がるまつげを実現出来ます。最後に理想の扇状に広がるビューラーを紹介しましょう。

おすすめ人気ランキング3位:エクセル スプリングパワーカーラー N

エクセルが販売する『スプリングパワーカーラー N』はその名にある通り、スプリングが設計された少ない力でしっかりカールさせられるビューラーになっています。目の幅が広めの切れ長目でも使える39mm幅が採用されており、緩やかなカーブを描くフォルムなので、大半の女性の顔にフィットする形状になっています。
ゴムには弾力性の高い素材が使われており、まつげが横方向にも広がる分、理想の扇型に仕上がってデカ目効果も抜群です。一回でまつげ全体をしっかりキャッチして、スプリングでしっかりカールさせるので、忙しい朝のメイクにもおすすめのメイクアイテムです。

おすすめ人気ランキング2位:カービングアイラッシュカーラー

カーブのきつい物と緩い物の丁度中間にあたるカーブが特徴の『カービングアイラッシュカーラー』が扇状に広がるとして2位にランキングしました。金額は1,173円とリーズナブルな価格設定となっており、資生堂ではまつげが挟めない、マキアージュではまぶたを挟んでしまう人におすすめのビューラーです。
幅は38mmとやや広めの設計となっているので、一回のビューラーでまつげ全体をしっかりカールさせつつ、扇状に広げてデカ目にしてくれます。目を開けた際のまぶたの形にフィットする設計となっているので、目を開いたまま使えるのが人気を集める要因となっているようです。また、特殊な設計により、3回のカールがやり易いように設計されているのも魅力のひとつなっているようです。

おすすめ人気ランキング1位:パナソニック まつげくるん セパレートコーム EH-SE50P

ここまで紹介してきた中でいくつかランキングインしていたパナソニックのまつげくるんシリーズから『まつげくるん セパレートコーム』が1位となりました。コームタイプのホットビューラーの中でもまつげをカールさせつつ、扇状に広げるのに特化したタイプのビューラーで、カール力はやや劣るもの、しっかりと広がってデカ目を実現するビューラーとなります。
価格はオープン価格で最安値は楽天の1,880円となります。ダブルヒーターを搭載しているので従来の製品よりも高い温度でまつげを広げつつしっかりカールさせてくれます。使用可能になるまでの時間も短いので忙しい朝でもしっかりまつげを広げて、カールさせ、夕方まで持続してくれるビューラーの中でも優れた性能を持っていると言えます。

ビューラ―の使い方

ここまで、様々な形状と理想のまつげに分けてビューラーを紹介してきましたが、どんなに品質の良いビューラーを手に入れても正しい使い方が出来なければ宝の持ち腐れになってしまいます。ビューラーの選び方を踏まえて購入したビューラーで理想のまつげを実現するために、正しいビューラーの使い方をおさらいしておきましょう。

①マスカラの前に使う

マスカラを付けてから、またはビューラー→マスカラ→ビューラーの順に使用している人が多く居ます。しかし、マスカラの後にビューラーを使ってしまうと、マスカラがビューラーに引っ付いてはがれたり、キレイに広がったまつげがくっついてしまう原因になってしまいます。ビューラーはマスカラを付ける前に使い、マスカラをした後はビューラーをしないようにしましょう。

②正しい持ち方をする

ビューラーの正しい持ち方は、親指と中指をリングの中に入れて、中指に添えるように人差し指をリングの外に置くのがビューラーの正しい持ち方になります。この持ち方を間違えると、ビューラーが不安定になり、カールが曲がってしまったり、まつげがビューラーの外に漏れてキレイなカーブが付けられない原因となってしまうので、正しい持ち方をしっかり覚えておきましょう。

③一気にカールを付けようとしない

【メイク初心者必見】根元からしっかり上がるビューラーの使い方

まつげへの負担を考慮して一回で全てカールさせようとする人が多いのでは無いでしょうか?それではキレイなカールは作れません。一気にカールを付けるのではなく、根元→睫の半分くらいの位置→毛先の順に3回に分けてカールさせるとキレイなカールになります。この時、ビューラーの上部分をまぶたに引っ付けて、そのビューラー上部分を軸に持ち手部分を持ち上げるようにすると、まつげが歪む事なくキレイにカール出来ます。

④無理にまつげを引っ張らない

なかなかカールが付かないとつい引っ張ってしまう人も少なくありません。しかし、ゴムで挟んだままビューラーを引っ張ると、まつげが抜けてしまう原因になります。ひどい場合は痛みを伴ったり、まつげがごっそり抜けてしまう事もありますので、ビューラーで挟んだまま、まつげを引っ張らないよう細心の注意を払ってください。

⑤清潔に保つ

ビューラーは目の周りのメイクに使う道具です。目はとても繊細でちょっとした菌が入るだけでも炎症を起こしてしまいますので、使った後はティッシュや除菌シートなどで清潔に保って使いましょう。ステンレス製のビューラーであれば週に1回程度ぬるま湯で洗浄すると、清潔に保てます。

⑥デカ目に見せる方法

ビューラーでもしっかりデカ目効果は発揮出来ますが、もっとしっかりとしたデカ目にしたい場合はホットビューラーがおすすめです。ホットビューラーは熱の力で睫をカールさせる力に優れており、普通のビューラーよりもデカ目に見せられます。また、持続力にも優れているので、ここぞと言う場面ではホットビューラーでデカ目にしましょう。

⑦直毛まつ毛をカールにする方法

プロ直伝! 劇的にまつ毛をあげるビューラーの使い方

直毛まつげの悩みと言えば、ビューラーを使ってもまつげがカールしない、カールしてもすぐに下がってくると言うもの。そんな直毛まつげでも簡単にカールさせる裏業が、洗顔後にドライヤーの冷風で下から上に風を当てて乾かし、ベビーパウダーをまつげに付けて完全に水分を飛ばします。ビューラーを使う前にライターで暖めると、直毛でも上向きカールが実現できます。ホットビューラーがある場合は、ライターで暖めずにホットビューラーを使いましょう。

⑧マツエクをしている人

マツエクをしている人は基本的にビューラーはNGです。しかし、どうしてもビューラーで上向きカールのまつげにしたい場合は、挟まないタイプのホットビューラーを使いましょう。挟まない分、まつげへの負担が軽減されるので、抜ける心配なく使えます。ただ、コームタイプのビューラーと言えど、まつげには負担が掛かるのでどうしてもビューラーが使いたい時だけ使うようにしましょう。

自分にあったビューラーで魅力的なまつげになろう♡

ビューラーはデカ目を作るのに欠かせないアイテムですが、自分に合っていないビューラーや、合っていても使い方を間違えるとデカ目効果は得られません。この記事をしっかり読んで、自分に合ったビューラーの選び方や正しい使い方で理想のまつげを目指しましょう。
161 件
着用アイテム