ビューラーの人気おすすめランキング!種類や選び方も詳しく紹介

Description
ビューラーはデカ目を作るのに欠かせないアイテムですが、ビューラーが上手く使えていない人が多いようです。ビューラーが上手く使えない原因はビューラーの選び方にありました。この記事では、ビューラーの選び方のポイントや、人気のおすすめ商品をランキングで紹介しています。また、ビューラーの正しい使い方やワンポイントを合わせて紹介しています。人気のおすすめビューラーランキングを参考にビューラーを新調してみませんか?

ビューラーのおすすめ人気ランキングをご紹介!

Eyelash Curler Eyelashes Schmink · Free photo on Pixabay (132898)

デカ目を作るのに欠かせないアイテムがビューラーですが、ビューラーを難しいと感じた事のある人は多いのでは無いでしょうか?その理由はまぶたを挟んで上手くカールさせられなかったり、根元からカールしなくて理想のデカ目になれなかったりと様々ですが、ビューラーが上手く使えない原因は、ビューラーの選び方を間違っている場合がほとんどです。
どんな選び方でビューラーを購入すればいいのか、ビューラー選びのポイントと共に、世の女性が愛用している人気のビューラーをランキング形式で詳しく紹介して行きましょう。最後には、デカ目を作れる正しいビューラーの使い方を紹介しているので、この記事を読んで理想のデカ目を作ってください。ビューラーの選び方や人気商品を紹介する前に、まずは、ビューラーについておさらいしておきましょう。

ビューラーって何?

Beautiful Close-Up Eye · Free photo on Pixabay (134080)

ビューラーとはまつげを挟んで上向きにカールさせるメイク道具のひとつで、正式な名称を『アイラッシュカーラー』と言います。日本ではビューラーで通って居ますが、ビューラーは商標名であって正式な名称ではありません。主に上まつげを上向きにカールさせる事で、デカ目に見せる効果を得るための道具です。

ビューラーの種類

ビューラーについて知らないと言う女性は居ないでしょうが、ビューラーには様々な種類がある事はご存知ですか?主に上まつげをカールさせるためのビューラーもあれば、ポイント使いの部分用ビューラー、下まつげ専用のビューラー、電熱線で熱を加えてより強いカールを実現するビューラーまで、一口にビューラーと言っても様々な種類があります。そんなビューラーの種類と特徴を詳しく説明しましょう。

オーソドックスタイプ

一般的に流通している種類のビューラーがオーソドックスタイプのビューラーです。金属やプラスチックなどで作られたフォルムに、はさみのようにハンドルに指をかけて、ハンドルをつまむように動かしてまつげをカールさせる種類のビューラーです。流通数が多い分価格も安く、眼の幅に合わせた商品展開が魅力の種類になります。

スプリングタイプ

オーソドックスタイプのビューラーにスプリングを取り付けた種類のビューラーです。オーソドックスの種類に比べて少なめの力でもしっかりカールを作れる種類になります。力を入れずにしっかりカールさせられる分、まつげへの負担が軽減出来る種類になります。

部分用

オーソドックスタイプのビューラーに比べて小さめのフォルムで作られているのが部分用ビューラーと呼ばれる種類です。オーソドックスタイプのビューラーでカールし切れなかった余り部分をカールさせるのに使ったり、下まつげのカールに使うなど、ポイント毎に使うのにおすすめの種類となっており、短いまつげもしっかりカールさせられる種類になります。

ホットビューラー

熱の力でまつげを強くカールさせる種類のビューラーになります。まつげを挟んで熱を加える種類と、コームタイプの2種類があり、コームタイプのビューラーはまつげが痛み難く、はさむ種類のホットビューラーは初心者でも簡単にカールさせられます。ホットビューラーは熱の力でまつげにクセを付けるので、キープ力に長けた種類のビューラーになります。

ビューラー選び方のポイント

ビューラーの種類について分かった所で、どの種類のどんなビューラーを選べば良いか、ビューラーを選ぶ際のポイントを紹介しましょう。ビューラーの種類と、ビューラーを選ぶポイントを押さえて、自分に合ったビューラーを見つけてください。

選び方①目のサイズに合った幅を選ぶ

Eye Blue Iris · Free photo on Pixabay (134088)

ビューラーの選び方で一番重要なポイントとなるのが、眼の幅です。日本人の目の幅は平均的に30mm程となります。ビューラーの幅は33mm~39mmが展開されており、自分に合うかどうかを見極めるには実際に使って見る他ありません。見極めポイントは、「ビューラー一回でまつげ全体がカール出来ない」場合はそのビューラーはあなたに合っていないと考えられます。

選び方②カーブの形で選ぶ:一重・奥二重・切れ長目

161 件
着用アイテム