結婚式のバッグの選び方やマナーは?定番はおしゃれなクラッチバッグ

Description
結婚式のバッグのおしゃれな選び方やマナーについてまとめました。結婚式のバッグはおしゃれなだけでなく色や形のマナーを守ることも大切です。年代別に結婚式に人気のバッグブランドもチェックして、マナーを守ったおしゃれを楽しみませんか?結婚式には通常のバッグ以外におしゃれなサブバッグを持っていくのが一般的です。サブバッグのマナーも把握して、人気ブランドのおしゃれな結婚式バッグを取り入れていきましょう。

結婚式のバッグ選びのマナーとポイント♡

Bloom Blossom Bouquet · Free photo on Pixabay (82443)

結婚式のコーディネートはマナーを守ることが大切です。コーディネートでマナーが守れていないと、非常識な人に見られてしまう場合があるので気をつけましょう。結婚式のコーディネートの中でも気をつけておきたいのがバッグ。色や柄など、バッグのデザインによってコーディネート全体の印象も決まってくるのでしっかりとマナーを守れるように意識してみましょう。おしゃれな人気のブランドバッグを持って、素敵な結婚式の着こなしを楽しんでいきませんか?

ドレスに合わせてバッグもフォーマルに♡

結婚式のコーディネートは全体的にシックでフォーマルなスタイルであることがマナーです。結婚式にカジュアル過ぎる装いで出席するのはマナー違反。ワンピースなど、フォーマル感のあるおしゃれな服装にしていきましょう。そんな服装に合わせて、結婚式用のバッグもフォーマルに決めるのがマナーです。人気ブランドのおしゃれなフォーマルバッグを持っていけば、ワンランク上の結婚式の着こなしを楽しめるのではないでしょうか。

パーティーバッグには何を入れる?

結婚式に持って行くパーティーバッグは小ぶりなデザインが多いので、中に入れる物を厳選していくことも大切です。物を入れすぎてバッグがパンパン、ということにならないように必要最低限のアイテムをバッグに入れるようにしてみてください。結婚式のパーティーバッグには携帯電話、財布、リップ、ミラー付きのメイク直しパウダー、ハンカチ、ご祝儀を入れておくのが一般的です。財布はバッグに入るように結婚式用のミニ財布を持っておくと便利ではないでしょうか。

定番はおしゃれなクラッチバッグ

結婚式用のパーティーバッグと言ってもさまざまな種類があります。結婚式の定番バッグとして挙げられるのがクラッチバッグ。片手で持つことができるクラッチバッグは収納力もあるので、おしゃれな結婚式用のバッグとして人気を集めています。華やかなデザインの人気ブランドのクラッチバッグを持って行けば素敵な結婚式のコーディネートになるのではないでしょうか。結婚式用のバッグを選ぶときは、まずはクラッチバッグをチェックしてみましょう。

覚えておこう!結婚式のバッグのマナー

Restaurant Table Setting · Free photo on Pixabay (82446)

いくらおしゃれなバッグだったとしても、結婚式のマナーを守っていなければ意味がありません。色や柄など、結婚式に持っていくバッグのマナーを守ってコーディネートに組み込んでくことでマナーが守られたおしゃれな着こなしを楽しめるのではないでしょうか。フォーマルな結婚式の場にふさわしいバッグを選ぶことができるように、色や柄など基本的な結婚式用のバッグのマナーについてチェックしていきましょう。

小ぶりサイズがよりフォーマル

結婚式のバッグでフォーマル感を出したい場合は、小ぶりのデザインを意識してみましょう。バッグは小ぶりであるデザインの方がフォーマルなため、きっちりとした正式な結婚式には小ぶりなサイズを意識したバッグにするとマナーにふさわしいのではないでしょうか。逆に大き過ぎるバッグはフォーマル感が薄れてマナー違反と見られる場合もあるため気をつけてください。

ブランドの大きなロゴ入りはNG

大きなブランドのロゴが入ったバッグは結婚式に持って行くのはやめておきましょう。高級ブランドのロゴだったとしてもフォーマル感がなくなり、カジュアルなバッグという印象を持たれてしまいます。また、ブランドのロゴが大きく入っているバッグは下品な雰囲気にも見えてしまうのではないでしょうか。ブランド物を強調するバッグを持つことでフォーマルな場にふさわしくない自己主張が感じられてしまうため、周囲の人に引かれる可能性があります。そうならないようにブランドロゴ入りのバッグはやめておきましょう。

置き場所にもマナーがある

結婚式のバッグは置き場所にもマナーがあるため注意をしておいてください。結婚式場の椅子に背もたれがある場合は、バッグは背中の後ろ、背もたれの部分に置いておきます。背もたれの部分が空いている椅子の場合はバッグは膝の上に置いておきましょう。バッグの置き場所に困らないようにバッグハンガーを携帯しておくのも一つの方法です。バッグを簡単に掛けておけるので、背もたれが空いた椅子でも安心。こうした工夫をしながらバッグの置き場所のマナーにもこだわっていきましょう。

入りきらない荷物はサブバッグに入れてクロークへ

小ぶりなサイズの結婚式用のバッグだと、どうしても荷物が入りきらない場合があります。結婚式には、替えのストッキングや足が痛くなったとき用の普段使いの靴、応急グッズなどさまざまな物を持って行く場合がほとんど。そういった荷物はサブバッグに入れておきましょう。サブバッグに荷物を入れたらクロークに預けておきます。結婚式が終わってからクロークでサブバッグをもらい、二次会会場へ向かうのが一般的。サブバッグがあると足りない物もしっかり携帯できるので便利です。

サブバッグにも気を配ろう

結婚式に持って行くサブバッグに紙袋を使っている方も多いのではないでしょうか。しかし、サブバッグに紙袋を使うのはマナー違反。サブバッグにもフォーマル感を持たせることが大切になります。ブランドのロゴ入り紙袋でもサブバッグにはふさわしくないので気をつけましょう。サブバッグもシックな色味で上質な生地を使ったデザインにしてフォーマル感を出していきましょう。バッグやドレスの色とサブバッグを合わせておくと、おしゃれな着こなしを楽しむことができます。

結婚式のバッグの選び方

Bouquet Celebration Color · Free photo on Pixabay (82448)

結婚式用のバッグには色々なマナーがあり、きっちりと守っておくことで常識的な結婚式のコーディネートに仕上げることができます。結婚式用のバッグで気をつけておきたいのが色や柄。色や柄によってバッグの印象が大きく左右されるため、注意しておきましょう。また、サブバッグも同じようなマナーが当てはまるのでサブバッグを選ぶ場合もこの基準を大切にしてみてください。おしゃれでマナーを守ったバッグを持って結婚式に出かけましょう。

どんな色や素材を選ぶといいの?

68 件
着用アイテム