浴衣に似合うピアスの選び方のポイント!おすすめデザインで合わせるコーデ

Description
夏祭りや花火大会に浴衣を着て行く時に、ピアスをつけて良いのか悩んだ事がある女性は多いでしょう。ピアスなどのアクセサリー類はNGというイメージが強い浴衣ですが、そんなことはありません。ポイントを押さえてピアスを選ぶことで、浴衣コーデに華やかさがプラスされます。今回は、浴衣に合うピアスの選び方やデザイン、ピアスを合わせたおすすめコーデ、ピアスの手作り方法の種類をご紹介します。浴衣に合うピアスを選び、浴衣姿をより美しくさせましょう!
ピアスの手作りに慣れてきた方、もっと自分好みのピアスを作りたいと考えている方におすすめなのは、レジンを使ってピアスを手作りする方法です。レジンとは樹脂のことで、レジン液をパーツに塗って乾かす事で固まります。そして、固まった後は穴を開けたり削ったりと加工も簡単で、多くの方がレジンを使ってアクセサリーを手作りしています。
そんなレジン液には「エポキシレジン」と「UVレジン」の2種類があります。エポキシレジンは、2種類の液を混ぜ合わせる事で固まります。エポキシレジンのメリットは、手芸店などで安価で購入出来るということ。しかし、物によってはベタついたり変色しやすいというデメリットもあり、自分が思い描く作品にならなかった、という声も多く見られます。
一方のUVレジンは紫外線に当てることで硬化する特性があり、一般的にレジンと呼ばれているタイプはこちらのようです。100円ショップのハンドメイドキットに入っているレジンはUVレジンで、UVライトを使用すると数分で硬化します。どちらのレジンでもピアスを手作り出来ますが、UVレジンの方が思い描いた通りに完成しやすいと言えます。

浴衣にもぴったり♪折り紙ピアスの作り方/広島 あとりえChikuTaku(ちくたくの手芸塾)

レジンを使ったピアスの作り方を紹介している動画も多いので、浴衣に合うピアスを手作りしようと考えている方は、動画を参考にしてみましょう。オリジナリティ溢れる、自分だけのピアスを作る事が出来るはずです。

浴衣もピアスで彩ってみて♡

今回は、浴衣にピアスをして良いのかという疑問に関する答え、浴衣に合うピアスの選び方やデザイン、おすすめのコーデ、ピアスの手作り方法の種類をご紹介して参りました。浴衣を着る際は、小ぶりでチェーンが短めのピアスを選ぶと失敗を避けられるでしょう。ピアスの手作りも難しくないので、自分好みのピアスを作ってみても良いかもしれません。ピアスを上手に取り入れて、浴衣コーデを華やかに彩りましょう。
68 件
着用アイテム