鼻の下の乾燥を治す方法と化粧時の注意点!潤い保湿対策方法や原因は?

Description
鼻の下の乾燥の原因や化粧をする時の対策方法についてまとめました。鼻の下が乾燥すると赤みやひび割れ、皮むけの原因となりメイクがしづらくなってしまうので乾燥対策は大切なポイント。しっかりと原因を把握して対策をしておけば、鼻の下の乾燥による赤みやひび割れで化粧がしづらいということも少なくなるのではないでしょうか。皮むけやひび割れの対策をしながら鼻の下の乾燥による赤みを取り、メイクしやすい肌にしていきましょう。

なんとかしたい鼻の下の乾燥…

肌の中でも乾燥していると困るのが鼻の下。鼻の下が乾燥することで赤みが出たり、ひび割れや皮むけの原因になったらとても大変なのではないでしょうか。鼻の下が乾燥しているのに対策をしないでそのまましておくと、赤みがひどくなる場合があるため鼻の下のひび割れや皮むけを防ぎたい場合には鼻の下の乾燥の原因を知って治していくことが大切になります。そんな鼻の下の乾燥について詳しくチェックしていきましょう。

鼻の下が乾燥して化粧やメイクが楽しめない

鼻の下の乾燥によってさまざまな弊害が起きてしまいます。まずあげられるのが、メイクや化粧がしにくくなってしまうことではないでしょうか。鼻の下が乾燥していると、赤みが気になってメイクや化粧で隠そうとすることがよくあります。しかし、鼻の下が乾燥しているところに無理にメイクや化粧をすることによって鼻の下の乾燥が悪化してひび割れや皮むけの原因になるかもしれません。
こうした問題が起こるのが嫌で、メイクや化粧を思い切り楽しむことができない方も多いのではないでしょうか。また、鼻の下が乾燥して赤みがあると全体的な肌も綺麗に見えにくくなるため、他の人と会うのも億劫になってしまうかもしれません。メイクや化粧を十分に楽しむためにも鼻の下の乾燥対策をしていくことが重要なポイントになります。

赤みやひび割れ…皮むけなどのトラブルも

Sea Pier Female Alone · Free photo on Pixabay (69626)

鼻の下の乾燥が進めば進むほど、赤みや皮むけ、ひび割れといった現象も出てくるため気をつけましょう。鼻の下に赤みが出てきたら乾燥がかなり進んでいるということになるため、赤みが出てきた時点で対策をしていくことが大切です。それでも放置しておくと、次第に鼻の下がひび割れたり皮むけしたりといったことになるかもしれません。
鼻の下がひび割れて皮むけしたとしても無理に皮を取らないようにしましょう。鼻の下が乾燥した状態で皮むけを促進してしまうと、さらに赤みやひび割れを引き起こす原因となってしまうかもしれません。また、鼻の下の皮膚が薄くなって乾燥も治りにくくなってしまいます。鼻の下の乾燥はこのようなトラブルを起こしやすいため、しっかりと原因を把握して対策していくことが大切ではないでしょうか。

鼻の下が乾燥する原因は?

それでは、そもそもなぜ鼻の下が乾燥するのでしょうか。いつの間にか鼻の下が乾燥している時には何かしらの原因があるため、しっかりと原因を把握しておくことが大切になります。鼻の下の乾燥の原因を知らないために対策法もわからないとなかなか治すこともできないため、鼻の下の乾燥の原因をチェックして、どうやって対策をしていけば良いのか知っておくようにしていきましょう。

そもそも皮脂腺が少ないため乾燥しやすい

顔の肌の中でも、鼻の下の部分はもともと皮脂腺が少ないと言われています。皮脂腺が少ないということは、油分や水分によって鼻の下を保護するバリア機能が他の部分よりも弱いため、一度乾燥が起こると鼻の下の乾燥がひどくなってしまうのではないでしょうか。特に乾燥肌や敏感肌の方は皮脂腺が少ない鼻の下が乾燥しやすい傾向にあります。
元から皮脂腺が少なくて乾燥しやすい鼻の下なのに、肌全体が乾燥肌や敏感肌になることでさらに乾燥を引き起こしやすくなるため注意が必要です。鼻の下が乾燥することによってさまざまな外部の刺激に反応しやすくなり、乾燥肌や敏感肌の方が鼻の下の乾燥の原因となってしまうのではないでしょうか。乾燥しやすい鼻の下だからこそ、日々のスキンケアで乾燥しないように気をつけておくことが大切です。

除毛による刺激

Sundress Summer Dress Girl · Free photo on Pixabay (86993)

鼻の下に産毛があると気になって除毛をする方も多いのではないでしょうか。女性も産毛を取るために男性同様鼻の下の除毛処理をすることはよくあるため、それが鼻の下の刺激となって乾燥を引き起こしているかもしれません。鼻の下の除毛をすること自体は悪くありませんが、その後のケアをしっかり行わないことで刺激が乾燥につながり、鼻の下の状態が悪くなってしまうのかもしれません。
鼻の下に産毛があるとメイクや化粧ノリが悪くなったり、見た目が気になったりするためも除毛しておく方もたくさんいますが肌に不必要に力を入れたり、切れにくい除毛カミソリを使ったりすることによって鼻の下の刺激の原因となってしまいます。そうならないために、除毛をする場合は優しく行って鼻の下の乾燥の原因を取り除いていきましょう。

鼻のかみすぎ

風邪をひいた時や花粉症の時は鼻をかむことが多くなるのではないでしょうか。最初は良かったとしても、鼻をかむ頻度型高まれば高まるほど、鼻の下に赤みが出てきます。鼻の下に赤みが出ているということは、鼻の下が乾燥しているサイン。この状態が続いていくことによって、赤みがひどくなったり皮むけやひび割れの原因となる場合があります。
鼻をかむことによって鼻の下の乾燥を引き起こす原因は、ティッシュの摩擦です。鼻を強くかむとそれを拭き取るためにティッシュで鼻の下をこすることがあるかもしれませんが、これが刺激となって赤みや乾燥の原因となるため気をつけましょう。鼻をかむことが多い人は、摩擦が起きないようなタイプのティッシュを使うなど原因を取り除く対策をしていくことがおすすめです。

ホルモンバランスの乱れ

Woman Desperate Sad · Free photo on Pixabay (69639)

鼻の下の乾燥はホルモンバランスの崩れも原因となる場合があります。生理前など、ホルモンバランスが崩れやすい時期は肌のターンオーバー機能なども鈍りがちになるのではないでしょうか。新しい皮膚を作る機能が弱まることによって、もともと乾燥しがちだった鼻の下の状態が悪くなってしまうということもあり得ます。
ホルモンバランスの乱れによって、鼻の下が乾燥すると赤み以外にもニキビの原因になってしまうことがあるかもしれません。鼻の下にニキビができると、メイクや化粧をするのも大変ではないでしょうか。肌荒れを隠すためにメイクや化粧を厚くすることで刺激となり、さらに鼻の下の乾燥の原因となる可能性もあるため注意が必要です。

肌に合っていないスキンケア

肌のために良かれと思ってやっていても、スキンケア用品が肌に合っていなければ意味がありません。肌に合わないスキンケアを使うことによって肌全体に悪影響を及ぼし、鼻の下の乾燥の原因になる場合があります。使用中に肌に異変を感じた場合は、自分に合わないスキンケア用品を使っているのではないかと見直してみるのも一つの方法ではないでしょうか。
鼻の下の乾燥を引き起こしやすい乾燥肌や敏感肌の方の場合は、保湿を十分に行うことができないスキンケア用品を使い続けていると、乾燥をケアすることができずに赤みやひび割れといったトラブルを引き起こす原因になってしまうかもしれません。セラミドやヒアルロン酸といった保湿成分をしっかりと含んだスキンケア用品を使用し、鼻の下の乾燥をケアしていくことも重要なポイントになります。

鼻の下の乾燥を治す方法と対策

どんなに気をつけていたとしても、さまざまな原因によって鼻の下の乾燥は引き起こされてしまいます。そんな時もしっかりと対策を立てておけば鼻の下の乾燥を改善することができるので、乾燥を感じた場合は早めに対策をしていきましょう。鼻の下の乾燥は、簡単な対策によってケアをすることができるので、ぜひ取り入れてみてはいかがですか。

しっかりと保湿する

鼻の下の乾燥でまず行っておきたいのが保湿です。肌の保湿はしっかりとやっているつもりでも、鼻の下はついつい忘れてしまっている、ということはありませんか?目元や口元、頰など肌の気になる箇所だけでなく、鼻の下も保湿をするように日常的なスキンケアで心がけていくようにしましょう。日々のスキンケアによって、鼻の下の乾燥も対策をすることができます。

保湿効果の高いティッシュを利用する

鼻をたくさんかむ人の場合は、保湿効果のあるティッシュを使うのがおすすめ。普通のティッシュの場合は、鼻をたくさんかむことによって摩擦が起きて鼻の下の赤みや皮むけ、ひび割れといった原因になってしまいます。肌に優しく、刺激になりにくい保湿系のティッシュであればたくさん鼻をかむ人でも乾燥を防げるのではないでしょうか。

必要以上に触らない

鼻の下が乾燥していると、どうしても気になって触ってしまうことがあるのではないでしょうか。しかし、鼻の下に赤みや皮むけができている場合は頻繁に触るのはNG。触ることによって鼻の下に刺激を与え、さらに状態を悪化させてしまうかもしれません。ひび割れて皮むけができていたとしても、皮はむかないようにすることも大切。治るまでは鼻の下にはなるべく触れないようにしましょう。

自分に合ったスキンケアを行う

自分の肌に合ったスキンケアを行うのも重要なポイント。乾燥肌の方は、乾燥が進むごとに肌を保護するために余計な皮脂が分泌されるため、自分のことをオイリー肌と思いがちです。オイリー肌と思い込んでさっぱりタイプの化粧水を使っていると十分な保湿がなされず、鼻の下の乾燥の原因となってしまうので気をつけてください。自分の肌のタイプを把握して、最適なスキンケアを取り入れることが効果的な対策になります。

除毛前は皮膚を柔らかくする

鼻の下の産毛が気になって処理したい場合は、除毛前に皮膚を柔らかくするようにしておきましょう。クリームやオイルを馴染ませて、除毛カミソリによる刺激をなるべく少なくするのが鼻の下の乾燥の予防対策になるのではないでしょうか。また、除毛をした後は化粧水やクリーム、オイルでしっかりとケアをしておくことも鼻の下の対策には効果的です。

鼻の下を保湿する際の注意点

Marriage Flower Purple Flowers · Free photo on Pixabay (87007)

鼻の下の乾燥対策をしたい場合は、注意点を把握しておくことも大切になります。基本的なポイントをチェックしておくことによって、鼻の下の乾燥をケアすることができるようになるため、ぜひ注意してみましょう。

化粧をする前に保湿する

鼻の下の乾燥がきになる場合は、メイクをする前にしっかりと保湿をしておきましょう。メイクをする前に保湿しておかないと、その後に保湿をしにくくなってしまうため、メイク前の保湿は大切なポイント。保湿を十分にしておくことで化粧崩れも防げるので、意識してスキンケアをしてみましょう。

鼻の下が少しペタっとするくらいまで保湿する

鼻の下はもともと皮脂腺が少なく乾燥しやすい箇所なので、乾燥が気になるときはぺとっとした質感になるまで十分に保湿をすることが大切になります。少し多めに化粧水や乳液を使うことで鼻の下の乾燥の対策になるので、しっかりと保湿をしていきましょう。

鼻の下の乾燥を防ぐアイテム

鼻の下の乾燥が気になる場合は、しっかりと対策できるようなアイテムを取り入れていくのがおすすめ。日常的に取り入れていけば、鼻の乾燥が気になる場合もすぐに対処できるのではないでしょうか。鼻の下の乾燥にはオイルなどがおすすめなので、身近で手に入れられるアイテムを活用していきましょう。

無印良品のホホバオイル

人気商品としておすすめなのが無印良品のホホバオイルです。ホホバ種子を使ったナチュラルなオイルで、肌に優しいのが嬉しいポイント。水分を保持する機能があるとされているため、鼻の下が乾燥した時に使うのに良いのではないでしょうか。鼻の下以外にも全身に使えるため、日々のボディケアに役立ちます。

オロナインH軟膏

オロナインH軟膏もおすすめのアイテム。オロナインH軟膏には保湿効果を期待することができるので、鼻の下の乾燥対策にぴったりです。ただし、オロナインH軟膏は白いクリーム状なので、寝る前など他の人に見られないようなシーンで使うのがおすすめ。

クリネックスローションティシューエックス

頻繁い鼻をかむことで鼻の下が乾燥してしまうかたは、クリネックスのローションティシューエックスを使ってみてはいかがですか。植物性のグリセリンが含まれているので鼻の下を保湿しながら鼻をかむことができます。

鼻の下の乾燥を防いで肌に自信を持とう!

鼻の下の乾燥が気になる時は早めに対策をするようにしておきましょう。原因を把握して、しっかりと保湿をしていけば鼻の下の乾燥を治しやすくなります。放っておくと鼻の下の乾燥が進んでメイクや化粧がしづらい状態になってしまうので気をつけてください。
68 件
着用アイテム