結婚式でベージュのドレスを選んだ人必見!注意点やNGポイントを紹介!

Description
結婚式のお呼ばれで着ていくドレスはシックで華やかなものがふさわしいです。そのため黒などベーシックな色を選んでおくと無難なのですが、ベージュドレスを選ぶのも大人っぽくて上品な雰囲気になります。結婚式は色々なマナーがあるので失礼のない服装にしようとすると地味になってしまいがちです。しかしここで華やかなベージュドレスのコーデが完成するとぐっ雰囲気が上品になるでしょう。今回は結婚式でベージュドレスを着る時のポイントや注意点を調査しました。

結婚式でベージュのドレスを着たい!

結婚式のお呼ばれファッションでベージュの上品なドレスを選ぶと、大人っぽい雰囲気のコーデになります。ベージュは落ち着いている色ですがショール・バッグ・ネイルなど小物にも使えますし色々な組み合わせが楽しめるでしょう。難しい色でもあるかも知れませんが、パールやラメなどを組み合わせて華やかなするとお呼ばれにぴったりのファッションになります。今回はベージュドレスを着る時のコーデのポイントや注意点などを調査しました。

マナーとしては問題無し

結婚式ではお呼ばれするゲストのマナーなどもあります。良く知られている事では、花嫁が結婚式で身に着ける白い衣装や、花飾り・冠に見えるアクセサリーをつけるのは避けるなどでしょう。ここで注意なのが薄い色のベージュドレスです。きちんとコーデしているつもりでも遠目に見たり写真に写ると白のドレスに見える場合があるので、白に見えないかをきちんと確認しておきましょう。ショール・バッグ・ネイルも同じで、ベージュでも白に見えるのはNGです。

「膨張色」であることに注意

ベージュドレスを着る時には、ベージュが膨張色というのも頭に置いておきましょう。結婚式の時に履くストッキングはベージュを選ぶのがマナーとされていますが、ドレスの色と同じになってしまって地味な感じのコーデにならないようにするのもポイントです。対策としては、ジャケットやショールなどの色を黒やネイビーなどの締め色にするなど、全体的なコーデを引き締める色を使うのがおすすめです。

結婚式でベージュのドレスを着る時の注意点

結婚式で華やかなベージュドレスのコーデが完成すると、落ち着いているのに上品で可愛い雰囲気になります。ベージュは肌なじみが良くて合わせやすい色のイメージがありますが、自分の肌の色と合わせてみて血色が良く見えるかは必ず確認しておきましょう。ベージュの色味によっては顔色が悪く見えたり顔色が暗く見える事があります。顔色が悪く見えるのであれば、ネイル・バッグ・ジャケット・ショールなどの小物で取りいれた方が良いかも知れません。

ベージュカラー一色にならないように注意

全体的な組み合わせがベージュカラー一色になってしまうと結婚式にふさわしくない地味なコーデになってしまいます。フォーマルな場では華やかなファッションをするのも大切なので、色と質感がストッキングと同じようなドレスを着るのは避けておきましょう。ドレスの色のバランスを見ながら、ジャケットやショールでラメやビーズ素材を取り入れて、豪華な質感にするのも良いかも知れません。
ストッキングの色とショール・ジャケットの色が同じようなアイテムを選ぶとコーデが難しくなります。ジャケットはドレスに合うボレロタイプのものや、華やかなデザインが入っているものが良いでしょう。ベージュといっても色々なバリエーションがありますので、華やかな雰囲気になるものを選んでおきましょう。

質感やデザインによっては安っぽく見えることも

ベージュドレスは顔色が良く見えるもの・華やかな雰囲気になるものを選ぶのがポイントですが、質感やデザインによっては安っぽく見えるものがあります。ベージュドレスを選ぶ時に質感や色の雰囲気をきちんと判断する自信がない場合は、価格が安いものは避けた方が良いかも知れません。ベージュのストッキングをつけて試着してから、安っぽく見えないのを確認した後に購入するのが安全です。できればバッグやネイルも合わせて試着してみるのをおすすめします。

地味コーデになりすぎないように

結婚式で無地のベージュドレスを着るとだと地味になりやすいので、ショールやジャケットを組み合わせて華やかにする方法もあります。ドレスの生地を無地にするのではなく、よく見ると上品な模様の入っているものなどを選ぶのも良いかも知れません。また黒のレースが組み合わされたデザインだったり、光沢のある生地のドレスを選ぶなどすると可愛くなりやすいです。ストッキングはできるだけ肌色に近いものが良いですが、ドレスは肌色に近い色味のものを選ぶと失敗する可能性が高くなります。

小物を上手に使ったコーデを意識

無地のベージュドレスでも、組み合わせる小物で華やかさを演出する事もできます。ラメの入ったショールやボレロデザインのジャケットを組み合わせると、それだけでも華やかさが増してきます。ネイルや髪型を思い切り華やかにして、落ち着いたベージュドレスとバランスをとる方法もあるでしょう。カラフルなストッキング・タイツを使って華やかさを演出するのは結婚式にはふさわしくないので避けておきましょう。

結婚式でベージュのドレス:NGポイントは…

ベージュドレスを着た時にNGとなりがちで特に注意しておきたいのは、ベージュなのに白に見えてしまう場合がある点です。白に見えるシチュエーションは色々とあって「屋外に出た」「撮影後の画像」「強い照明が当たる」「暗いベージュの服の人の隣にいる」などがあります。そんなつもりではないのに、常識のない人だと思われかねないので、ベージュドレスを選ぶ時には十分注意しておきましょう。

角度や写真によっては白っぽく見えてしまう

ベージュドレスは写真で白に見える場合があるのですが、こちらも色々な理由が考えられます。単純に記念撮影の時などの照明があたって白に見える場合もありますが、スマホやデジカメなどで撮った場合も照明があたると白っぽくなります。結婚式場は間接照明が置かれている事も多いですし、影と光のコントラストでドレスが白に見える場合もあるでしょう。
69 件
着用アイテム