市販ヘアカラーアッシュ系おすすめランキング!髪の毛が傷まないコツは?

Description
数あるヘアカラーの中でアッシュカラーが注目を集めている事はご存知でしょうか。アッシュカラーは透明感があり、外国人風に仕上がる事で人気急上昇中のヘアカラー。更に市販のヘアカラーでもアッシュ系のカラーが数多く発売されており、自宅で簡単にアッシュカラーを楽しめるようになりました。今回は市販ヘアカラーのアッシュ系カラーに注目し、色味の系統に分けておすすめの市販ヘアカラーのランキングや、ヘアカラーで髪が痛まないコツなどもご紹介致します!

おすすめの市販ヘアカラーアッシュ系をご紹介

ドラッグストアなどで良く目にする市販のヘアカラー。市販のヘアカラーだけでも数多くのカラーが発売されており、いざヘアカラーを購入しようとしてどれにしようか悩んでしまった経験はありませんか。その幅広いカラーバリエーションの中で、現在注目されているのが「アッシュ系カラー」だと言われています。アッシュ系は暗めの色から明るいカラーもあり、年齢を問わずトレンドとして多くの人に取り入れられています。

アッシュ系ってどんな色?

そんなトレンドカラーのアッシュですが、実際どの様な色かはご存知でしょうか。アッシュとは直訳すると「灰色」と言う意味です。しかし同じ灰色を表す「グレー」とは少しニュアンスが違い、ねずみ色や鉛色という表現になります。またヘアカラーにおいてのアッシュカラーは、少しくすんだ感じのある青みががったグレーだと言われています。

市販ヘアカラーアッシュ系の失敗しない選び方

アッシュカラーと言っても暗めのブルーグレー系や、ピンク系まで発売されており、市販ヘアカラーのアッシュ系だけでも豊富なカラーバリエーションで、どれを選ぶべきか悩んでしまいがちです。いざヘアカラーを購入しに行った時に困ってしまわないよう、ここでは市販ヘアカラーアッシュ系の失敗しない選び方のコツついてご紹介致します。

肌色に合わせる①イエローベース

まず最初の選び方としておすすめするのが、「自分の肌色に合わせたアッシュカラーを選ぶ」です。ヘルシーで元気な印象を与えるイエローベース肌におすすめなのは、黄色がかった暖色系のカラーです。その為、イエローベースの方にはピンク系やベージュ系などの比較的明るめのカラーがおすすめと言えます。

肌色に合わせる②ブルーベース

続いて、知的でクールな印象を与えるブルーベース肌の方におすすめのカラーは、ブルーやグレーなどの寒色系です。市販のヘアカラーを選ぶ際は、スモーキーアッシュや深い青みのあるブルー系のアッシュカラーなどがぴったりですので、悩んでしまった場合は是非参考にしてみて下さい。

なりたいイメージで選ぶ

自分の肌色に馴染むアッシュカラーを選ぶ事もおすすめですが、自分が「こうなりたい!」と思うイメージで選ぶ事も大切です。いくら似合うカラーだと言われても、なりたいイメージとかけ離れていては、折角のヘアカラーチェンジも楽しくなくなってしまいます。「こんな髪色にしたい」と予めイメージをしておけば、悩む事なく市販のヘアカラーを選べるのではないでしょうか。

希望の色より暗めを選ぶ

市販のヘアカラーアッシュ系を選ぶ際に注意したい点として、「希望の色より暗めを選ぶ」です。その理由として、アッシュカラーは他のカラーに比べて色落ちしやすく、最初は良くても徐々に好みのカラーと違う色合いに変化してしまうからです。アッシュ系のカラーを楽しみたいからと、色がしっかりと出る明るいカラーを選んでしまいがちですが、色が抜ける事を考慮して、暗めのカラーを予め選んでおくのもアッシュカラーを長く楽しむコツの1つと言えるでしょう。

市販ヘアカラーアッシュ系で髪を傷めないコツ

「ヘアサロンと違って、市販のヘアカラーを使うと髪が傷んでしまいそう」と、市販のヘアカラーは髪へダメージを強く与えてしまうように思いがちです。しかしながらちょっとしたケアのコツで髪を傷まないようにしながら、美しいヘアカラーが自宅で楽しめます。ここでは市販のヘアカラーアッシュ系で髪を傷まないように使用するコツをご紹介致します。

カラーリング後はしっかりすすぐ

Shower Head Water Drop Of · Free photo on Pixabay (130293)

ヘアカラーは髪と頭皮に少なからずダメージを与えてしまいます。その為カラーリングを終えた後は、しっかりと髪をすすぐようにする事もコツです。頭皮や髪にヘアカラーの薬剤が残ったままになってしまうと、髪の傷みだけでなく頭皮に痒みやかぶれなどの症状が出る可能性も考えられます。カラーリング後はシャワーで流したお湯に色が付かないくらい、しっかりとすすぐ事を意識し、髪が傷まないように気を付けながらカラーリングを楽しむようにしましょう。

専用のシャンプー・トリートメントを使う

カラーリングで髪を傷まないようにケアするコツとして、専用のシャンプー・トリートメントを使う事もおすすめです。カラーリングにはアルカリ剤が含まれており、そのままアルカリが髪に付着したままだと、色落ちの原因となってしまいます。その為、アミノ酸系シャンプーなどの酸性に近いシャンプーを取り入れるようにするのがおすすめです。シャンプーはしっかり泡立てて、頭皮を中心に揉みほぐすように使う事が、髪を傷めないでヘアカラーをセルフで使うコツですので、覚えておきましょう。

ぬるま湯で洗う

また、シャンプーやトリートメントを行う際は、ぬるま湯で洗うのも髪を傷めないコツの1つです。シャンプーの時、お湯が熱すぎると髪のキューティクルが剥がれてしまいます。そうなるとツヤのないバサバサした髪になってしまいますので、傷まないように38度くらいのぬるめのお湯でシャンプーやトリートメントを行うようにしましょう。

優しく乾かす

82 件
着用アイテム