浴衣にアイロンをかける簡単な方法!ピシッと仕上げるコツや洗い方・干し方を調査

Description
浴衣のアイロンのかけ方やたたみ方についてまとめました。アイロン不要と思われがちな浴衣ですが、適切な温度でのりやスチームを使ったかけ方なら綺麗に仕上げることができます。アイロンなしとアイロン有りとでは浴衣の仕上がりが全く違うので、アイロンは不要と思わず正しいかけ方とたたみ方を把握して綺麗にしておきませんか?スチームやノリの付け方、温度をチェックして浴衣にアイロンをかけていきましょう。

実は必要?浴衣にアイロン

浴衣を着る時に悩みがちなのがその後のお手入れです。普段あまり着ない浴衣だからこそ、「どんなお手入れをすれば良いのかな?」と心配に思うことも多いのではないでしょうか。浴衣は適切なお手入れをすることによって綺麗な状態をキープすることができるので、浴衣を着る前に知っておくことが大切。アイロン不要と思われがちな浴衣ですが、実際のところはどうなのでしょうか。アイロンのかけ方やたたみ方を把握することで浴衣をお手入れし、綺麗な浴衣を次も楽しめるようにしていきましょう。

浴衣を着た後は洗って干すだけ…そんな人も多い?

浴衣を着たあとは洗濯をしてアイロンなしでしまうことが多いのではないでしょうか。普段あまり着ない浴衣だからこそ「アイロンをかけたらダメなのかな?」と思ってあえてアイロンをかけない方も多そうです。しかし、アイロン不要と思われがちな浴衣ですが実はアイロンをかけることが大切なポイント。アイロンなしのままで浴衣をしまうと、次に着用する時に思ったような型にならないかもしれません。アイロンなしでしまうという人が多い浴衣ですが、アイロンをかけた方が良いことをまずは把握しておきましょう。

浴衣にアイロンをかけるとビシッとお洒落に

不要と思われがちなアイロンですが、なぜアイロンをかけた方が良いのかと言うと型を綺麗に保つことができるからです。洗濯をして干した後についてしまったシワなどは、そのままにしておくと浴衣の型崩れに繋がってしまうため注意が必要。しまう前に正しいアイロンのかけ方でお手入れをしておくことで、次に着るときも綺麗な状態で浴衣を楽しむことができるようになります。
せっかく浴衣を着るなら、ビシッとした型の綺麗な状態で着たいのが本音。お手入れの時に正しいアイロンのかけ方を取り入れていけば、誰から見ても素敵な浴衣姿を披露することができるようになります。「アイロンはなし」とは言わず、正しいかけ方でアイロンを活用していきましょう。

浴衣にアイロンをかけるのは難しそう…

「浴衣にアイロンをかけるのは大切なことは分かっているけれども、難しそうだからできれば浴衣はアイロンなしで済ませたい…」と感じている方も多いのではないでしょうか。一見すると難しそうに思われる浴衣のアイロンのかけ方ですが、実は簡単なポイントを押さえておけば初心者でも綺麗に浴衣にアイロンをかけることができるようになります。アイロンの温度はスチームの使い方、のりの活用方法などをチェックして、アイロンのかけ方と浴衣のたたみ方を学んでいきましょう。

そもそも浴衣にアイロンをかけてもいいの?

浴衣にアイロンが不要と考えていた方の中には「そもそも浴衣はアイロンをかけてはいけないからアイロンなしにしていた」という場合も多いのではないでしょうか。そもそもの話、浴衣にアイロンをかけても良いのでしょうか。お気に入りの浴衣だからこそ、アイロンをかけて良いのかどうかは気になるところです。せっかくアイロンをかけたのに浴衣の色が変わったり、生地が悪くなってしまったりするともったいないためアイロンをかけない方も多いかもしれません。浴衣にアイロンとかけて良いのかどうかチェックしましょう。

基本的にはアイロンをかけても問題なし!

アイロンをかけても良いのかどうか不安に思われがちな浴衣ですが、基本的に浴衣にアイロンをかけても大丈夫だと言われています。普段あまり着用しない浴衣だからこそ、デリケートな素材と考えがちですがアイロンがOKなタイプの浴衣であるかどうかは洗濯表示を見ればすぐにわかるのでチェックしておきましょう。洗濯表示の中にはアイロンを使っても良いかどうか、アイロンの温度はいくつまで大丈夫かなどが表示されているため、適切なアイロンの温度にするためにも洗濯表示を確認しておいてください。

近年の浴衣は丈夫な素材でできている

浴衣と言うとデリケートな素材で作られていると考える方が多いのではないでしょうか。しかし、最近の浴衣は利便性を考慮して丈夫な素材で作るパターンが多くなりました。近年、浴衣の生地には麻や綿、ポリエステルといったように普段着用している洋服と同じような素材が使われていることがほとんどです。そのため、アイロンがけや洗濯に関してもそこまで神経質にならなくてもアイロンをかけることが可能。正しいアイロンのかけ方や温度設定の方法、のりの付け方などをチェックして、綺麗な状態に仕上げていきましょう。

超簡単!浴衣のアイロンのかけ方

Iron Old House Work · Free photo on Pixabay (90279)

アイロン不要と思われがちな浴衣ですが、実はアイロンなしではなくアイロンをかけた方が良いということがわかりました。アイロンをかける場合は、正しいかけ方を把握しておくことが大切です。浴衣にアイロンをかけるときは温度はどうするのか、スチームのかけ方はどうなのか、のりの使い方をどうすれば良いのかなど浴衣にアイロンをかける時に知っておきたいポイントを押さえて、正しいアイロンのかけ方を取り入れていきましょう。基本的なかけ方やたたみ方を知っておけば、綺麗な状態で浴衣を保存することができます。

当て布をする

浴衣のアイロンをかける前に取り入れておきたいのが当て布です。当て布をしない状態で黒や紺などの色が濃い浴衣にアイロンをかけると、テカリが出てしまうことがあるため気をつけましょう。浴衣を裏返してアイロンをかける方法もありますが、当て布をした方が簡単なのでこのアイロンのかけ方を取り入れてみてはいかがですか。アイロンをかける時に色落ちをする可能性があるので、当て布をするのは白いタオルや手ぬぐい、大判のハンカチなどを使いましょう。

まずは細かいところからアイロンをかける

浴衣にアイロンを使うときは細かなところから当てていくかけ方がおすすめです。最初に細かなところをアイロンしておくことで、全体を綺麗に整えやすくなるのがポイント。襟元から前身頃から順番にアイロンをかけていき、背中や袖といった部分にアイロンをかけていきましょう。この時にスチームを使ったかけ方を取り入れると、パリッとした浴衣の仕上がりになります。

折り目をつけるようにアイロンをかける

脇や肩といった浴衣の部分はアイロンで折り目をつけるように当てていきます。折り目をつけるようにアイロンをかけることで、浴衣の型を綺麗に仕上げることができるので折り目を意識していきましょう。ぴっちりと折り目をつけるようにアイロンをかけていくことで初心者でも簡単に綺麗に仕上げることができるので、ぜひ意識してみてください。

熱をしっかりと取る

アイロンをかけた終わったら、熱が冷めるまで待ちましょう。熱が冷めていない状態でたたんだり閉まったりすると、浴衣が傷んでしまう原因となります。しばらく放置しておくことで熱が冷めて、アイロンでつけた折り目などの形も定着するので、アイロンをかけ終えた後は時間を置いて待つことが重要なポイント。これで浴衣のアイロンがけの完了です。
70 件
着用アイテム