クッションファンデって下地は必要なの?美肌になれる使い方を紹介!

Description
クッションファンデに下地が必要なのか、よれない使い方や塗り方についてまとめました。下地の機能も持ち合わせたクッションファンデならカバー力が高く、簡単な仕上げでメイク直しが必要のない肌になれます。おすすめのクッションファンデの使い方や塗り方を取り入れて、よれない肌作りに役立てませんか?クッションファンデに下地が必要なのか否か、カバー力の高いおすすめのクッションファンデも含めてチェックしていきましょう。

クッションファンデの使い方や下地について紹介!

「ナチュラルに綺麗な肌に仕上げたい!」という場合におすすめなのがクッションファンデーション。クッションファンデーションなら簡単な使い方や塗り方で理想の肌に仕上げられると評判です。そんなクッションファンデーションで気になるのが下地や仕上げのパウダーは必要なのかという事。下地や仕上げがクッションファンデーションには必要なのか把握しておけば、カバー力が高くメイク直しの必要もない美肌へと近く事が出来るのではないでしょうか。
今回はクッションファンデーションに下地や仕上げは必要なのか、使い方と塗り方を含めてまとめました。カバー力の高いおすすめのクッションファンデーションについてもご紹介します。カバー力の高いクッションファンデーションを正しい使い方・塗り方で活用すれば、よれない綺麗な肌をナチュラルに作る事が可能に。「簡単に美肌になりたいな」という方は、クッションファンデーションを塗り方を学んで毎日のメイクに役立てませんか?クッションファンデーションについて詳しくチェックしていきましょう。

クッションファンデとは?

使い方や塗り方の前に、そもそもクッションファンデーションとはどういったものなのか見ていきましょう。クッションファンデーションとは、リキッドファンデーションが染み込んだスポンジがコンパクトの中に入っているタイプのファンデーションの事。リキッドファンデーションでありながらパウダーファンデーションのような使い方で取り入れられるのが特徴です。クッションファンデーションをパフに馴染ませたら肌につける塗り方で簡単にベースメイクが完成する所が嬉しいポイント。
クッションファンデーションの中には下地機能の他に紫外線カットや保湿などの機能を持ち合わせているタイプもあり、下地を含めたオールインワンファンデーションとして人気を集めています。韓国でクッションファンデーションが人気になったのをきっかけに日本でも広まるようになり、新たなファンデーションのタイプとしてクッションファンデーションが定着。様々なブランドからクッションファンデーションが出ており、下地や仕上げを必要としないタイプも続々と登場するようになりました。

クッションファンデの魅力

クッションファンデーションの魅力について具体的に見ていきましょう。クッションファンデーションが韓国だけでなく日本でも人気を集めるようになったのには、色々な理由があります。クッションファンデーションには毎日のメイクに役立つ魅力があり、そこに惹かれて多くの女性がクッションファンデーションを活用するようになりました。クッションファンデーションの魅力をチェックして、憧れの美肌を目指してみましょう。

魅力①時短メイクができる

Time Timer Clock · Free photo on Pixabay (147722)

クッションファンデーションの魅力は、時短メイクが出来るという事です。クッションファンデーションには下地や紫外線カット、保湿など様々な機能が備わっている為、下地を塗らなくても綺麗な肌を作れると評判。クッションファンデーションの種類によっては下地だけでなく仕上げ機能を持ち合わせたタイプもあるので、それを使えば、クッションファンデーションを塗るだけで下地下地から仕上げまであっという間に完成します。時間がない時もクッションファンデーションがあれば安心です。
「きっちりよれないようにメイクがしたいな」と思っても、下地を塗って、仕上げのパウダーを乗せて、といった事をしている時間がない時もあるのではないでしょうか。そんな時は下地や仕上げ機能があるクッションファンデーションの出番です。カバー力が高く、よれないクッションファンデーションであれば長時間メイク直しをしなくても安心です。正しい使い方や塗り方でクッションファンデーションのカバー力を生かしていきましょう。

魅力②手を汚さずにメイクできる

クッションファンデーションは手を汚す事なくメイクが出来るのも嬉しいポイント。通常、リキッドファンデーションの場合は手の甲に取って指やパフで塗るのが一般的ですが、それだと手が汚れてしまう事があります。クッションファンデーションはスポンジに染み込んだファンデーションをパフにつけて塗れば良いので、手を汚さずにメイク出来るのではないでしょうか。「なるべく手を汚したくない!」という場合は、クッションファンデーションをパウダーファンデーション感覚で取り入れる使い方をしてみましょう。

魅力③メイク直しが簡単にできる

Make Up Beauty Products Cosmetics · Free photo on Pixabay (147724)

クッションファンデーションはコンパクトに入っている事がほとんどなので、ポーチに入れて持ち運びやすくなっています。メイク直しをしたい時はポーチから取り出してパフでささっとメイク直ししたい箇所にクッションファンデーションを馴染ませる塗り方でOK。パフを使えばクッションファンデーションが手につく心配もないので、外出先のメイク直しで活躍してくれます。下地から仕上げまで出来るクッションファンデーションであれば、時間を取らないので、すぐにメイク直しをしたい場合にもおすすめ。
クッションファンデーションではなくリキッドファンデーションを持ち運ぶと、いつの間にかキャップが外れていたり、中身が出ていたり、といった事が起こりかねません。そういった事を防ぎながらメイク直しようとして使えるのがクッションファンデーションの魅力です。「外出先でもパパッとメイク直しがしたい!」という場合はカバー力が高くよれないクッションファンデーションをメイク直しに使ってみましょう。

魅力④保湿効果がある

クッションファンデーションは保湿効果もあるタイプが多くあります。乾燥しがちなシーズンは、ファンデーションを塗っていても肌がカサカサになってしまいがちですが、保湿効果を含んだクッションファンデーションであれば安心。しっとりとした潤いのある肌をクッションファンデーションで作る事が出来ます。クッションファンデーションをつけながらスキンケアをするような感覚で活用出来るのが嬉しいポイント。保湿効果のあるクッションファンデーションはメイク直しの時に気になる感想を防いでくれます。

魅力⑤カバー力がある

クッションファンデーションはカバー力が高いよれないファンデーションとしても知られています。ひと塗りでしっかりとしたカバー力を発揮してくれるので、クッションファンデーションを塗っておけば長時間よれないと評判。なるべくメイク直しの頻度を落としたい場合や、よれないカバー力が欲しい時にもクッションファンデーションがおすすめです。
クッションファンデーションが毛穴など肌の気になる箇所を綺麗に隠し、理想の肌へ導いてくれるのではないでしょうか。カバー力の高いクッションファンデーションでよれない理想の肌を手に入れていきましょう。

クッションファンデのよれない使い方・塗り方のポイント

Cosmetics Make Up Makeup · Free photo on Pixabay (147728)

クッションファンデーションの魅力を活かす為には、使い方や塗り方にこだわる事が大切になります。クッションファンデーションの塗り方や使い方が間違っていると、思ったような効果が出ないかもしれません。クッションファンデーションは簡単な塗り方で取り入れられるので、メイク初心者でも安心です。クッションファンデーションの効果を実感出来る使い方をしていきましょう。
70 件
着用アイテム