くせ毛にパーマをかけるメリットやデメリット!アレンジ方法や簡単なスタイリング法

Description
くせ毛にパーマをかける時におすすめの方法やスタイリング剤についてまとめました。広がるくせ毛の場合は、ストレートパーマや縮毛矯正をかける方も多いかもしれませんが、エアウェーブなどのパーマでカールを出すのもおすすめの方法です。広がるくせ毛も上手にパーマをかけることでショート以外の髪型も楽しめるのではないでしょうか。広がるくせ毛にパーマをかけた後におすすめのワックスを使ったスタイリング方法などもチェックしましょう。

悩みを抱えがちなくせ毛

広がるためスタイリングがしづらい

Girl Sad Desperate · Free photo on Pixabay (53007)

生まれつきのくせ毛だとスタイリングに苦労することが多いのではないでしょうか。頑固なくせ毛は広がることが多いので、綺麗なストレートヘアにしたくてもうねったり、広がったりといったようにスタイリングが難しいのが問題。また、全体がくせ毛になっているのではなく一部分だけくせ毛になっている場合など人によってくせ毛のタイプはさまざまです。

くせ毛が煩わしくてショートヘアばかりになる

Hairdressing Cutting Hair Haircut · Free photo on Pixabay (53008)

ロングヘアにしてみたいと思っていても、くせ毛で広がるために諦めてショートカットにしてしまう方も多いのではないでしょうか。ショートカットであればくせ毛が広がる可能性が低くなるので、くせ毛が煩わしい時はヘアサロンでショートカットを勧められることもよくあります。そんなくせ毛でもショートではなくロングヘアを楽しめるようになる救世主がパーマ。パーマを上手に活用すれば、ショート以外の理想の髪型に近づけるかもしれません。

くせ毛にぴったりなパーマを取り入れよう

Fashion Beautiful Woman · Free photo on Pixabay (53009)

今回は、くせ毛と相性が良いパーマについてご紹介します。サラサラのストレートヘアになれるパーマや、おしゃれなくせ毛ヘアスタイルを楽しめるパーマなど自分にぴったりなパーマを見つけていくことがくせ毛と上手に付き合うポイント。パーマをかけるメリットやデメリット、スタイリング方法もチェックしてくせ毛にパーマを取り入れてみましょう。

広がるくせ毛に!縮毛矯正とストレートパーマはどちらが良い?

くせ毛からストレートヘアに変われる縮毛矯正とストレートパーマ

Girl Model Pink · Free photo on Pixabay (53012)

広がるくせ毛の方がストレートヘアになりたい時におすすめなのが縮毛矯正かストレートパーマ。どちらもくせ毛の対処法としてよく聞く言葉ですが、縮毛矯正とストレートパーマとではどういった点がことなるのでしょうか。サラサラのストレートヘアになれる縮毛矯正とストレートパーマのメリットとデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

縮毛矯正は半永久的にストレートヘアを保てるのがメリット

Young Girl Pretty · Free photo on Pixabay (53024)

縮毛矯正の場合、熱の効果を使ってくせ毛をストレートの状態にしていきます。熱を当ててしっかりとくせ毛を直していくため、半永久的にストレートヘアの状態を保ちやすいのが縮毛矯正の嬉しいポイント。頑固なくせ毛でもしっかりと矯正することができるので、広がるくせ毛に長年悩んできた人におすすめです。

高度な技術がいるため縮毛矯正をする美容室選びは慎重に

Barber Shop Chair · Free photo on Pixabay (53013)

縮毛矯正は高度な技術を要するため、縮毛矯正をする美容院はしっかりとしたところを選びましょう。せっかく縮毛矯正をかけてもちゃんとできていなければくせ毛の状態にすぐに戻ってしまうかもしれません。ストレートヘアを維持するためにも美容院選びは大切なポイントになります。

くせ毛にダメージを与えやすいのが縮毛矯正のデメリット

Beautiful Woman Hair · Free photo on Pixabay (53014)

縮毛矯正はくせ毛に熱を当ててストレートの状態にしていくため、髪の毛全体に負担をかけやすいのがデメリットです。縮毛矯正をすることで髪の毛にダメージが与えられるので縮毛矯正をした時は美容院でしっかりトリートメントしてもらいましょう。縮毛矯正後も髪のトリートメントをきっちり行うのがおすすめです。

縮毛矯正は髪の毛がボリュームダウンしやすい

Girl Sad Portrait · Free photo on Pixabay (53015)

縮毛矯正はしっかりとしたストレートヘアに変えていくので、ボリュームダウンしやすいのもデメリットです。それまではくせ毛で広がる状態だったのがストレートになることでぺったんこな髪型の印象になってしまうかもしれません。ボリューム感を残せるように縮毛矯正していきましょう。

ヘアチェンジしにくいのも縮毛矯正のデメリット

Portrait Girl Hair · Free photo on Pixabay (53016)

縮毛矯正は髪の毛にダメージを与えやすいので、くせ毛をストレートにした後にすぐにヘアチェンジするのはおすすめできません。ヘアカラーやパーマなどでさらに髪にダメージを与えてしまいます。頻繁に髪型を変えたいという方は気をつけておきましょう。

広がるくせ毛を気軽に直せるのがメリットのストレートパーマ

64 件
着用アイテム