メイク基本のやり方!初心者向けの大人ナチュラルに仕上げるテク!

Description
初心者でも簡単なナチュラルメイクの簡単な基本のやり方をまとめました。ナチュラルメイクのやり方はベース・アイシャドウ・チーク・眉の基本に忠実な基本テクを取り入れる事が大切。20代や30代の年代別に最適なナチュラルメイクの基本のやり方を押さえておけば簡単に素敵なメイクに仕上げられます。ナチュラルなベース・チーク・眉・リップ・アイシャドウの基本のやり方をチェックして初心者でも簡単なナチュラルメイクを楽しみましょう。

初心者向け基本メイクと大人ナチュラルメイクのテクを紹介!

Make Up The End Of Eye Shadow - Free photo on Pixabay (176028)

男性からも女性からも好感度の高いナチュラルメイクは、基本のやり方を押さえておく事が大切になります。メイクのやり方が間違っているとナチュラルとは程遠い印象になってしまう事があるので気をつけましょう。眉メイクやベースメイク、リップメイク、アイシャドウなど、それぞれのポイント毎にしっかりとメイクのテクニックを把握しておく事で理想のナチュラル感を出せるようになるのではないでしょうか。メイク初心者だったとしても簡単な基本ポイントを覚えておくだけでナチュラルメイクを楽しめます。
今回は、初心者でも簡単なナチュラルメイクの基本のやり方やテクニックをまとめました。20代や30代といった年代毎にメイクのやり方を変えていくのがナチュラルに仕上げるポイント。年齢に合わせたメイクのやり方によって、ナチュラルで魅力的な雰囲気に仕上げる事が出来ます。メイクの印象を左右する眉やアイシャドウのメイク、素肌感を出す為のベースメイク、男性ウケもバッチリなリップメイクのやり方をそれぞれポイント毎にチェックして魅力的なナチュラルメイクに仕上げていきませんか?

ナチュラルメイクの魅力とは?

ナチュラルメイクの魅力は、自然な風合いに仕上げられるという事です。濃すぎるメイクは、いかにも「メイクをした感」が残ってしまい、ゲバゲバしい印象になってしまうのが問題。しかし、何もメイクをしていないと20代・30代の肌のお悩みをカバーする事が出来ません。そんな時に取り入れておきたいのがナチュラルメイクのやり方。ナチュラルメイクはお悩みをカバーしながらもケバケバしくならず、素肌感を残した雰囲気に仕上げられるのが嬉しいポイントです。自然な仕上がりなのにすっぴんよりも魅力がアップ出来ます。
あまりにも気合を入れ過ぎて濃いメイクになると相手に引かれてしまう事があります。相手から「メイクが濃い」と思われないように、どういったやり方であればナチュラルなメイクに仕上げる事が出来るのか基本のテクニックを覚えておきましょう。基本のテクニックさえ学んでおけば、初心者でも簡単にナチュラルメイクを楽しむ事が出来るようになります。素肌感のあるナチュラルなベースメイクやツヤのあるリップメイク、血色感が魅力的なチークといったメイクのやり方を取り入れていきましょう。

初心者がやりがち!メイクがうまくいかない原因

Blindfolded Blind Hair - Free photo on Pixabay (176029)

メイク初心者が自己流でメイクをした場合「何だか思っていた仕上がりと違う…」と感じる事があるのではないでしょうか。そんな時は、メイクの基本的なやり方が間違っているのかもしれません。メイク初心者だからこそ、色々とやってしまいがちなNGポイントが沢山あります。ベースメイクやアイシャドウ、眉メイク、チークなどでNGポイントを積み重ねていくと、いつの間にかナチュラルとは真逆なメイクになっている事がよくあるので気をつけてください。メイク初心者が知っておきたいNGメイクのやり方をご紹介します。

NGなやり方①ベース&ファンデーションの厚塗り

メイク初心者がやってしまいがちな失敗として挙げられるのが、ベースメイクの厚塗りです。ベースメイクでは下地やファンデーション、パウダーなどを使用しますが、ここでファンデーションを塗りすぎるのはNG。ファンデーションは肌のムラをカバーするのに必要なベースコスメですが、厚塗りをすると不自然なベースメイクに仕上がってしまいます。
ファンデーションは薄付きでベースメイクをするのがおすすめ。下地でしっかりとベースを作り、コンシーラーやパウダーも活用したベースメイクのやり方ならファンデーションを厚塗りしなくても理想の肌に仕上げる事が出来ます。ナチュラルなベースメイクで大切になるのは素肌感。厚塗りを避けて、自然なベースメイクにしていきましょう。

NGなやり方②くっきり眉を描く

初心者がやってしまいがちなメイクのNGポイントとして続いて挙げられるのが濃すぎる眉です。アイブロウで眉を濃く描き過ぎると、眉だけが浮いて不自然な印象になるので気をつけましょう。ナチュラルに仕上げる為には、自眉の形を生かして自然にアイブロウで描いていくのがテクニック。眉の形を無理に変えたり、アイブロウを入れ過ぎたりすると全体のバランスが崩れてしまいます。
メイクの印象を決める大切なポイントでもある眉は、なるべくふんわりと肌に馴染むように描いていく事が大切。濃過ぎず、丁度良い眉メイクを心がけてみてください。

NGなやり方③濃いアイシャドウ

パッチリとした目元になりたいという気持ちが強くてアイシャドウを濃く塗り過ぎていませんか?アイシャドウは濃く塗れば塗るほど不自然な印象を与えてしまうので、なるべくナチュラルにアイシャドウのカラーを乗せていく事が大切になります。濃過ぎるアイシャドウはゲバゲバしい印象も与えてしまうので、アイシャドウのカラーを調整しながらメイクをしていくのが基本のテクニック。また、アイシャドウの色選びも重要なポイント。自分の肌の色に合ったアイシャドウを選び、濃くなりすg内容にメイクをするようにしてください。

NGなやり方④よれよれアイライン

メイク初心者はアイラインを描くのが上手くいかず、よれよれになってしまう事があるのではないでしょうか。折角アイラインを引いたとしてもよれよれになっていると不自然な目元になってしまうので注意が必要。アイラインは細く、スッキリと綺麗に描いていく事でナチュラルなアイメイクに仕上げる事が出来るようになります。メイク初心者だと最初はアイラインを描くのが大変かもしれませんが、徐々に慣れてくればアイラインも簡単に描けるようになるので練習してみましょう。
また、ナチュラルなアイラインにする為にはアイシャドウとの色の組み合わせも考えてみましょう。最近は様々なカラーのアイライナーが出ているので、使用するアイシャドウに合った色味を使うとナチュラルでパッチリとした目元に仕上げる事が出来るようになります。

NGなやり方⑤まつ毛がダマになっている

マスカラを付ける時、まつ毛の上でダマになっていることはありませんか?もしマスカラがダマになっているのであれば、メイクの仕方が間違っている可能性があります。マスカラ液が多過ぎるとダマが出来る原因となる為、マスカラを使う時は縁の部分で余計なマスカラ液を落とすなどの工夫が必要。また、マスカラを塗った後にコームで整えてダマを取るようにするとナチュラルな仕上がりになります。
自然な風合いに仕上げたい時は、ロングタイプのマスカラを選ぶのがおすすめ。ボリュームタイプはダマになりやすい傾向があるので、長さを出す事が出来るロングタイプでナチュラルメイクを楽しんでみてください。

NGなやり方⑥チーク&リップのやりすぎ

リップやチークの塗り過ぎもメイクをする上では気をつけておきたいポイントです。濃過ぎるリップを沢山塗っているとナチュラル感が薄れ、リップの印象だけが悪目立ちしてしまうのが問題。リップだけが浮き出て見えると不自然なメイクになってしまいます。
リップだけでなくチークの塗り過ぎにも気をつけてください。はっきりとした発色のチークは塗り重ねる毎に濃くなり、不自然な仕上がりになります。濃過ぎるチークはまるで芸人のような雰囲気になってしまうので注意しましょう。リップもチークもナチュラルな血色感を出すのがメイクのテクニック。ナチュラルメイクでは、濃過ぎず、薄過ぎないバランスの取れたリップ&チークを目指すのがポイントです。

【初心者向け】簡単!ナチュラルメイクの基本手順

116 件
着用アイテム