【巻き髪】初心者でも簡単なやり方!長さ別のゆるふわな巻き方を紹介

Description
初心者でも簡単にゆるふわに仕上がる巻き髪のやり方についてまとめました。巻き髪のやり方がわからない場合は、初心者でもやりやすい簡単な巻き方を学んでいきましょう。コテを使った巻き方も、長さ別の簡単なやり方を把握しておけば初心者でもゆるふわ巻き髪に仕上げられます。「初心者だけどゆるふわ巻き髪を作りたい!」という場合は、長さ別にコテを使った簡単なやり方・巻き方をチェックしておきましょう。

【巻き髪】初心者でも簡単なやり方!長さ別のゆるふわな巻き方を紹介

「ゆるふわで可愛い髪型にしたい!」という場合におすすめなのが巻き髪。巻き髪にする事によってゆるふわで女性らしい雰囲気を演出する事が出来るのが魅力です。「でも、巻き髪のやり方は難しいのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、実は巻き髪のやり方は簡単。初心者でも簡単なやり方・巻き方を覚えておけば、理想のゆるふわヘアスタイルに仕上げられます。憧れのゆるふわ巻き髪を目指して、簡単なやり方を取り入れてみませんか?
今回は、巻き髪の簡単なやり方や巻き方のコツについてご紹介します。巻き髪と一口に言っても色々な巻き方があるので、自分に合ったやり方を活用していくのがおすすめ。初心者でも簡単な巻き髪のやり方なら、思い立った時にすぐにゆるふわヘアスタイルを作れるのではないでしょうか。可愛い巻き髪のやり方についてチェックしていきましょう。

巻き髪は可愛い!

色々なヘアアレンジのやり方がありますが、女性らしい雰囲気に仕上げたい場合にぴったりなのはやはり巻き髪ではないでしょうか。ゆるふわに仕上がる巻き髪は、女子力アップに一役買ってくれる便利なアレンジ。デートシーンで男性ウケの良いヘアスタイルを楽しみたい時にも巻き髪がおすすめです。ゆるふわな巻き髪にしているだけで「可愛いな」と周りの人が思ってくれるはず。「可愛い髪型にしたい!」「いつもとは違うゆるふわ感を出したい」という場合は、巻き髪にチャレンジしてみませんか?

初心者でも簡単に巻き髪を作れる

Brunette Curly Hair Girl · Free photo on Pixabay (124941)

「巻き髪はやり方が難しそうだからチャレンジ出来ない…」という巻き髪初心者の方もいるかもしれません。しかし、巻き髪は思ったよりもとても簡単なやり方で出来ます。基本的な巻き方を覚えていれば、初心者でも簡単にゆるふわな巻き髪に出来るのでチャレンジしてみませんか?「難しそうだから」という理由でやっていないと、いつまで経っても巻き髪アレンジが出来るようになりません。憧れのゆるふわアレンジを楽しむ為に初心者でも簡単な巻き方を学んでいきましょう。
巻き髪には色々なパターンがあり、髪の長さによってもぴったりな巻き方は異なるのがポイント。自分の髪の長さに合わせた巻き方であれば、簡単におしゃれな巻き髪を作れます。ショートやボブの長さだったとしても、巻き髪を作るだけでゆるふわで可愛いヘアアレンジが楽しめるので、ぜひ普段のアレンジに取り入れてみませんか?初心者の方におすすめしたい巻き髪の巻き方についてご紹介します。

基本的な巻き髪のやり方!

まずは、巻き髪の基本的なやり方をチェックしていきましょう。巻き髪を作る上で大切になるのが基本的な巻き方を把握しておく事です。闇雲に巻き髪を作ろうとしても失敗して髪がぐちゃぐちゃになってしまった、という事になりかねないので気をつけてください。巻き髪を作るのに必要になるのがコテです。コテには色々なサイズがあるので、自分が作りたい巻き髪に合わせたコテを使うのがおすすめ。コテが細ければ細かな巻き髪に、コテが太ければ大きめのウェーブを作れます。
初心者の場合、26mm〜32mmのコテを使うと良いと言われています。これくらいのサイズなら簡単にコテを使ってゆるふわな巻き髪に仕上げられるので、これを基準にコテを選んでみてください。ショートやボブの長さの方は26mm、ミディアムやロングの人は32mmの方が使いやすいとされているので、長さにも合わせてコテを使っていくようにしましょう。

手順①:利き手でコテを持ちクリップを開く

まずは、コテの電源を入れて温めます。コテが熱すぎると髪にダメージを与えてしまいますし、冷たいと巻き髪がすぐに取れてしまうのがポイント。初心者の場合、170度くらいの温度でコテを使うと良いとされています。
コテが温まったら、利き手で持ちましょう。綺麗な巻き髪を作る場合、利き手を使った方がやりやすいです。利き手でないと上手く巻けない可能性があるので気をつけてください。利き手でコテを持ったら、クリップを開きます。このクリップの部分で髪を挟み、巻くのが基本的な使い方。この状態で巻き髪作っていきます。

手順②:髪の中間辺りをクリップで挟む

適量の毛束を取ったら、中間辺りをコテのクリップで挟みましょう。巻き髪を作る場合、毛先からクリップで挟む巻き方をする方もいるかもしれませんが、この巻き方はNG。毛先から巻くと髪にダメージを与えやすくなると言われているのに加えて、巻き髪も綺麗に作れません。巻き髪を作る場合は髪の中間から巻くようにするのが基本のやり方です。

手順③:コテを回転させて髪を一周巻きつける

コテのクリップで髪を挟んだら、一回転させます。これで、巻きをつける事が出来ました。髪を一周巻きつけたらクリップを緩めてコテをスライドさせます。

手順④:手順③を何度か繰り返して毛先まで巻く

コテをスライドさせたら再びクリップで挟み、回転させます。そして、クリップを緩めてスライドさせ、また回転させましょう。この工程を続ける事で巻き髪が作られてきます。巻いて、スライドさせて、巻いて、スライドさせて…といったように同じ工程を続けるだけなので初心者の方も簡単に綺麗な巻き髪が作れるのではないでしょうか。

手順⑤:レバーを緩めながらクリップを下に抜く

毛先まで髪を巻く事が出来たら、完了です。レバーを緩めてコテのクリップを下に向けて抜いたらOK。続いて、他の毛束を取って同じように巻いていきましょう。基本的に同じ作業を繰り返すだけなので、基本の巻き方さえ覚えていればとても簡単にゆるふわな巻き髪に仕上がります。
全体を巻いたら、髪が冷めるまでしばらく待ってください。すぐに髪をほぐすとカールがすぐに取れてしまいます。冷めてから髪をほぐし、ワックスなどのスタイリング剤を揉み込んでカールを定着させましょう。仕上げにスプレーを吹きかけてキープ力を高めたら完成です。一度チャレンジしてみると、そこまで難しいやり方ではない事が分かるのではないでしょうか。ぜひ、理想のゆるふわ巻き髪を目指して挑戦してみてください。

長さ別!巻き髪のやり方【ボブ・ショート編】

66 件
着用アイテム