【巻き髪】初心者でも簡単なやり方!長さ別のゆるふわな巻き方を紹介

Description
初心者でも簡単にゆるふわに仕上がる巻き髪のやり方についてまとめました。巻き髪のやり方がわからない場合は、初心者でもやりやすい簡単な巻き方を学んでいきましょう。コテを使った巻き方も、長さ別の簡単なやり方を把握しておけば初心者でもゆるふわ巻き髪に仕上げられます。「初心者だけどゆるふわ巻き髪を作りたい!」という場合は、長さ別にコテを使った簡単なやり方・巻き方をチェックしておきましょう。

【巻き髪】初心者でも簡単なやり方!長さ別のゆるふわな巻き方を紹介

「ゆるふわで可愛い髪型にしたい!」という場合におすすめなのが巻き髪。巻き髪にする事によってゆるふわで女性らしい雰囲気を演出する事が出来るのが魅力です。「でも、巻き髪のやり方は難しいのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、実は巻き髪のやり方は簡単。初心者でも簡単なやり方・巻き方を覚えておけば、理想のゆるふわヘアスタイルに仕上げられます。憧れのゆるふわ巻き髪を目指して、簡単なやり方を取り入れてみませんか?
今回は、巻き髪の簡単なやり方や巻き方のコツについてご紹介します。巻き髪と一口に言っても色々な巻き方があるので、自分に合ったやり方を活用していくのがおすすめ。初心者でも簡単な巻き髪のやり方なら、思い立った時にすぐにゆるふわヘアスタイルを作れるのではないでしょうか。可愛い巻き髪のやり方についてチェックしていきましょう。

巻き髪は可愛い!

色々なヘアアレンジのやり方がありますが、女性らしい雰囲気に仕上げたい場合にぴったりなのはやはり巻き髪ではないでしょうか。ゆるふわに仕上がる巻き髪は、女子力アップに一役買ってくれる便利なアレンジ。デートシーンで男性ウケの良いヘアスタイルを楽しみたい時にも巻き髪がおすすめです。ゆるふわな巻き髪にしているだけで「可愛いな」と周りの人が思ってくれるはず。「可愛い髪型にしたい!」「いつもとは違うゆるふわ感を出したい」という場合は、巻き髪にチャレンジしてみませんか?

初心者でも簡単に巻き髪を作れる

Brunette Curly Hair Girl · Free photo on Pixabay (124941)

「巻き髪はやり方が難しそうだからチャレンジ出来ない…」という巻き髪初心者の方もいるかもしれません。しかし、巻き髪は思ったよりもとても簡単なやり方で出来ます。基本的な巻き方を覚えていれば、初心者でも簡単にゆるふわな巻き髪に出来るのでチャレンジしてみませんか?「難しそうだから」という理由でやっていないと、いつまで経っても巻き髪アレンジが出来るようになりません。憧れのゆるふわアレンジを楽しむ為に初心者でも簡単な巻き方を学んでいきましょう。
巻き髪には色々なパターンがあり、髪の長さによってもぴったりな巻き方は異なるのがポイント。自分の髪の長さに合わせた巻き方であれば、簡単におしゃれな巻き髪を作れます。ショートやボブの長さだったとしても、巻き髪を作るだけでゆるふわで可愛いヘアアレンジが楽しめるので、ぜひ普段のアレンジに取り入れてみませんか?初心者の方におすすめしたい巻き髪の巻き方についてご紹介します。

基本的な巻き髪のやり方!

まずは、巻き髪の基本的なやり方をチェックしていきましょう。巻き髪を作る上で大切になるのが基本的な巻き方を把握しておく事です。闇雲に巻き髪を作ろうとしても失敗して髪がぐちゃぐちゃになってしまった、という事になりかねないので気をつけてください。巻き髪を作るのに必要になるのがコテです。コテには色々なサイズがあるので、自分が作りたい巻き髪に合わせたコテを使うのがおすすめ。コテが細ければ細かな巻き髪に、コテが太ければ大きめのウェーブを作れます。
初心者の場合、26mm〜32mmのコテを使うと良いと言われています。これくらいのサイズなら簡単にコテを使ってゆるふわな巻き髪に仕上げられるので、これを基準にコテを選んでみてください。ショートやボブの長さの方は26mm、ミディアムやロングの人は32mmの方が使いやすいとされているので、長さにも合わせてコテを使っていくようにしましょう。

手順①:利き手でコテを持ちクリップを開く

まずは、コテの電源を入れて温めます。コテが熱すぎると髪にダメージを与えてしまいますし、冷たいと巻き髪がすぐに取れてしまうのがポイント。初心者の場合、170度くらいの温度でコテを使うと良いとされています。
コテが温まったら、利き手で持ちましょう。綺麗な巻き髪を作る場合、利き手を使った方がやりやすいです。利き手でないと上手く巻けない可能性があるので気をつけてください。利き手でコテを持ったら、クリップを開きます。このクリップの部分で髪を挟み、巻くのが基本的な使い方。この状態で巻き髪作っていきます。

手順②:髪の中間辺りをクリップで挟む

適量の毛束を取ったら、中間辺りをコテのクリップで挟みましょう。巻き髪を作る場合、毛先からクリップで挟む巻き方をする方もいるかもしれませんが、この巻き方はNG。毛先から巻くと髪にダメージを与えやすくなると言われているのに加えて、巻き髪も綺麗に作れません。巻き髪を作る場合は髪の中間から巻くようにするのが基本のやり方です。

手順③:コテを回転させて髪を一周巻きつける

コテのクリップで髪を挟んだら、一回転させます。これで、巻きをつける事が出来ました。髪を一周巻きつけたらクリップを緩めてコテをスライドさせます。

手順④:手順③を何度か繰り返して毛先まで巻く

コテをスライドさせたら再びクリップで挟み、回転させます。そして、クリップを緩めてスライドさせ、また回転させましょう。この工程を続ける事で巻き髪が作られてきます。巻いて、スライドさせて、巻いて、スライドさせて…といったように同じ工程を続けるだけなので初心者の方も簡単に綺麗な巻き髪が作れるのではないでしょうか。

手順⑤:レバーを緩めながらクリップを下に抜く

毛先まで髪を巻く事が出来たら、完了です。レバーを緩めてコテのクリップを下に向けて抜いたらOK。続いて、他の毛束を取って同じように巻いていきましょう。基本的に同じ作業を繰り返すだけなので、基本の巻き方さえ覚えていればとても簡単にゆるふわな巻き髪に仕上がります。
全体を巻いたら、髪が冷めるまでしばらく待ってください。すぐに髪をほぐすとカールがすぐに取れてしまいます。冷めてから髪をほぐし、ワックスなどのスタイリング剤を揉み込んでカールを定着させましょう。仕上げにスプレーを吹きかけてキープ力を高めたら完成です。一度チャレンジしてみると、そこまで難しいやり方ではない事が分かるのではないでしょうか。ぜひ、理想のゆるふわ巻き髪を目指して挑戦してみてください。

長さ別!巻き髪のやり方【ボブ・ショート編】

基本のやり方を覚えたら、次は髪の長さ別の巻き方について見ていきましょう。ショートやボブ、ミディアム、ロングといった髪の長さにぴったりな巻き方を取り入れる事でおしゃれな巻き髪に仕上げる事が出来ます。まずは、ショートやボブの長さにおすすめの巻き方をまとめました。ショートやボブの長さでもこなれ感のある素敵な巻き髪に仕上がるようにやり方をチェックしてみてください。

巻き髪のやり方①清楚なワンカール

2分でわかる!ふんわりワンカールボブのアイロンの巻き方

清楚な雰囲気にしたい場合におすすめなのがワンカールのやり方。ショートやボブの長さの場合、毛先をワンカールにしすると上品な印象に仕上げられます。ワンカールをする場合、まずは綺麗なストレートヘアに整えておいてください。そのほうがワンカールにした時の巻き髪が引き立ちます。スタイリング剤で髪を整えたら、横に向けたコテを毛先に入れて半回転させましょう。このように毛先にワンカールを作っていき、前髪もワンカールさせたら完成です。

巻き髪のやり方②ゆるふわなツイスト巻き

【巻き髪講座】ウェーブ&ツイスト巻き【ボブ編】

ボブやショートの長さでゆるふわな巻き髪にしたい場合は、ツイスト巻きにしてみましょう。ツイスト巻きは、毛束をねじるようにして巻くのがポイント。毛束をねじってから巻く事によってゆるふわな巻き髪に仕上げる事が出来ます。ボブやショートヘアで華やかな印象にしたい場合にもぴったり。動画も参考にしながらツイスト巻きにチャレンジしてみてください。

巻き髪のやり方③クールな外ハネウェーブ巻き

【ヘアアレンジ】めちゃめちゃ簡単外ハネ!【ストレートアイロン】

クールな巻き髪を楽しみたい時におすすめしたいのが外ハネです。毛先を外ハネにするだけで、トレンド感のあるおしゃれな髪がに仕上げられるのが嬉しいポイント。外ハネのやり方はとても簡単です。毛先にコテやストレートアイロンを入れたら、外側に向かって半回転させましょう。こうする事で、綺麗な外ハネが作れます。外ハネを作ったら、ウェット系のワックスでスタイリングをしてください。濡れ感を出す事で外ハネが引き立ち、簡単なのにおしゃれなヘアスタイルに仕上がります。

長さ別!巻き髪のやり方【ミディアム・ロング編】

続いて、ロングやミディアムの長さの方にぴったりな巻き髪のやり方についてご紹介します。ロングやミディアムくらいの長さになったら、巻き髪のやり方のバリエーションもグッと増えるのではないでしょうか。ゆるふわなロング&ミディアムの髪型は男性ウケもバッチリ。モテる髪型にしたい場合に巻き髪のやり方を覚えて挑戦してみませんか?

巻き髪のやり方①初心者でもやりやすい波巻き

モテたい人のための波巻き講座

初心者でもやりやすい巻き髪のやり方としておすすめなのが波巻きです。波巻きは色々な巻き方の中でも比較的簡単なので、初心者でも気軽に取り入れられるのではないでしょうか。まず、コテを横向きにして髪の毛先を内巻きにします。内巻きにしたら、コテを上にスライドさせて、外巻きにしてください。こうする事で簡単に波巻きの出来上がり。動画も参考にして、可愛い波巻きに仕上げてみてはいかがですか。

巻き髪のやり方②お洒落なミックス巻き

【1日とれない巻き髪の作り方】これでMIX巻きをマスターしよう! Curling Hair

「ゆるふわで可愛い巻き髪にしたい!」という場合にぴったりなのがMIX巻きです。MIX巻きとは、フォワード巻きとリバース巻きを組み合わせた巻き髪の事。リバース巻きとフォワード巻きを交互に行う事で、ゆるふわなMIX巻きが出来上がります。
まずは、髪の中間部分にコテを入れて内巻きにしてください。コテをスライドさせて内巻きを毛先まで作っていきます。次の毛束では、外巻きにしていきましょう。このようにフォワード巻き・リバース巻きを交互にやっていく事でMIX巻きに仕上がっていきます。違う巻き方を組み合わせるだけなのにこなれ感のあるヘアスタイルを作れるのが嬉しいポイント。女性らしさを感じられる髪型になります。

巻き髪のやり方③可愛いゆるふわ巻き

【世界一わかりやすい#1】ゆるふわ巻き髪講座♡プチプラのあや流【初心者さんも】ミディアム〜ロング

ゆるふわで可愛い巻き髪は多くの女性の憧れ。そんな巻き髪の作り方もとても簡単です。スタイリング剤を髪全体に馴染ませてから、コテを使って巻いていきましょう。最初はコテを縦向きにして巻き、毛先が近づいてきたら横向きにしてスライドさせるのがポイント。こうする事でゆるふわで可愛い巻き髪に仕上がります。動画も見ながらゆるふわ巻きを作ってみましょう。

長さ別!巻き髪アレンジのやり方を紹介

基本的な巻き方を覚えたら、色々なアレンジも楽しんでみませんか?巻き髪を作った上でアレンジを加えると、さらにおしゃれな髪型になります。髪の長さ別におすすめのヘアアレンジをチェックしていきましょう。

【ショート】まとめ髪アレンジ

ショートへアでも、予め巻き髪を作っておけばこなれ感のあるおしゃれなまとめ髪を楽しめます。まずは、全体をゆるく巻いておきましょう。それからゴムで一つ結びを作ります。結ぶ時は後れ毛を出すのを忘れないようにしてください。結んでからトップの髪を引き出してふんわりと仕上げるのがポイント。事前に巻いてあるのでゆるふわ感を演出しやすく、大人可愛いまとめ髪になります。

【ミディアム】ローポニーアレンジ

ミディアムの髪の長さならローポニーアレンジがおすすめ。髪を巻いたら、サイドから編み込みをしていきます。編み込みをした毛束を一つにまとめ、ローポニーを作りましょう。巻いてある事でゆるふわな質感を出しやすく、バックスタイルもおしゃれなヘアアレンジが出来上がります。

【ロング】ハーフアップアレンジ

ロングヘアは、巻き髪を作ってゆるふわなハーフアップアレンジにしてみませんか?髪を巻いてから、編み込みを組み合わせたハーフアップを作ります。毛束を引き出してトップをふんわりとさせていくとおしゃれなヘアスタイルの完成。ロングヘアならではのガーリーなアレンジになります。

巻き髪のやり方を覚えて可愛くヘアアレンジしよう!

難しそうに見える巻き髪ですが、実は初心者でも簡単なやり方で気軽に取り入れる事が出来ます。巻き髪が簡単に作れたら、ヘアアレンジの幅も広げられるのではないでしょうか。髪の長さに合わせてぴったりな巻き髪を作ってみませんか?巻き髪でおしゃれなヘアスタイルを楽しみましょう。
66 件
着用アイテム