【美白】肌を白くする方法!効果的な徹底ケアで目指せマシュマロ肌!

Description
日焼けした小麦色の肌もヘルシーで魅力的ですが、ここ最近はずっと美白ブームが続いています。肌をもっと白くしたいという女性が多く、美白化粧品や美白メイクへの関心度は高いです。こちらでは、肌を白くする方法についてご紹介します。食べ物や生活習慣、メイクやスキンケアなど普段の生活を見直したり、少し工夫することで、美白ケアが出来ます。肌を白くする方法をチェックして、もっと魅力的な女性になりましょう。

目指せマシュマロ肌!簡単に美白にする方法を紹介

Woman Blond Portrait · Free photo on Pixabay (148690)

白い肌の女性は透明感があって美しく見えるものです。日焼けした小麦色の肌もヘルシーな印象で魅力的ですが、美白ブームが続いているのでもっと肌を白くしたいという女性も多いはずです。日焼けでなく、元々肌が黒い女性は美白を諦めてしまうこともあるかもしれませんが、肌は努力次第で美白することが出来ます。美白の方法を知る前に、まずは肌が黒くなってしまう原因についてチェックしていきましょう。

肌が黒くなる原因

Fashion Sun Hat Protection · Free photo on Pixabay (148840)

肌が黒くなる一番の原因は紫外線です。紫外線を浴びると、肌の奥にあるメラノサイトが反応してメラニン色素を沢山作ってしまいます。メラニン色素は紫外線から皮膚を守る働きをしているのですが、色素が濃いために肌が赤くなったり黒くなってしまいます。これが日焼けする時の仕組みです。
日焼けした肌はターンオーバーで生まれ変わって元の白い肌に戻っていくのですが、紫外線を浴び続けることによって日焼けからのターンオーバーが追いつかずに、肌が色素沈着を起こしてしまうことがあります。つまり、日焼けだけでなくシミになってしまうということです。紫外線を浴び続けると肌への負担が大きいので、きちんと対策しなければ日焼けして肌が黒いだけでなく、シミが増えてしまうのです。
Young Woman Sea · Free photo on Pixabay (148841)

また、メラニン色素というのは人によって持っている分量に違いがあるので、元々肌が黒い人はメラニン色素の量が多いということになります。メラニン色素の量は遺伝です。肌が黒く見える理由は、紫外線だけでなく肌の状態から来ている場合もあります。
肌が乾燥して潤いがなくなると、肌の透明感がなくなりくすんだ状態になります。また、血行の悪い状態の時も肌がくすんで黒く見えてしまうこともあるようです。肌の水分量と油分量が整っていないと、元々肌が白い女性であっても肌の色がトーンダウンすることがあります。

美白になる方法【食べ物】

Vegetables Pepper Tomatoes · Free photo on Pixabay (148693)

肌にいい食事を心掛けることも美白の方法の一つです。食事は毎日摂るものなので、美白にいい栄養素を意識して摂ることで肌の状態が変わってきます。少しの意識で簡単に美白効果を感じることが出来るので、ぜひ実践してみましょう。こちらでは、食べ物を意識した美白方法をご紹介していきます。美白だけでなく、健康にもいい食べ物なのでチェックしましょう。

美白に効く栄養素

Food Kitchen Cook · Free photo on Pixabay (148855)

美白の方法は積極的に美白に効果のある栄養素を摂取することです。美白に効果のある栄養素は、ビタミンC、ビタミンE、セラミド、L-システイン、リコピン、エラグ酸、β-カロチンなどです。ビタミンCやビタミンEは美白だけでなく、美容ビタミンとして注目されています。ビタミンCはメラニンの元であるチロシナーゼを阻害する働きがあるので、シミやそばかすの予防になります。
ビタミンEは肌のターンオーバーを促進し、血液循環を促すので潤いのある美しい肌を保ちます。セラミドは保湿作用が高いので、肌が潤いくすみが目立たなくなります。メラニンの生成も抑えるので美白効果のある栄養素です。L-システインはメラニンの生成を抑えたり、メラニン色素の排出を促すので、肌の色素沈着を防ぐ働きがあります。
リコピンは肌の酸化を防いで美白効果をもたらします。エラグ酸は紫外線による肌荒れを防ぎ、メラニンの生成を抑えます。β-カロチンは肌の炎症のケアやメラニンの色素沈着を防ぐ働きがあります。このように、それぞれの栄養素に美白への効果があるので、積極的に摂取することで美しい肌を手に入れましょう。

美白に良くない栄養素

Coffee Cafe Mug · Free photo on Pixabay (148868)

美白に効果のある栄養素もあれば、美白に良くない栄養素もあります。美白に良くない栄養素は、カフェイン、糖分、アルコールなどです。いずれも日常的に摂取しがちな栄養素です。まず、カフェインは珈琲や紅茶などに含まれる成分で、色素沈着やシミを作る原因になることがあります。
糖分はたまに摂る分なら問題ありませんが、過剰摂取してしまうと血液がドロドロになって肌がくすみやすくなったり、肌にあるコラーゲンを分解してしまってシワやたるみを作ってしまうことがあります。甘いものが好きな方は注意するようにしましょう。
アルコールを摂取する時はアルコール分解に活性酸素が発生するのですが、この活性酸素がメラニンの生成を促してしまいます。また、糖分同様にコラーゲンを分解してしまうこともあります。急に摂取することを辞めるのは難しいですが、いつもより分量を減らすことを意識するといいでしょう。

おすすめレシピ①アセロラとグレープフルーツのスムージー

Smoothies Juice Fruits · Free photo on Pixabay (148701)

美白を意識した栄養素を摂取するためにおすすめのレシピが、「アセロラとグレープフルーツのスムージー」です。アセロラとグレープフルーツはビタミンCが多く含まれているので、美白だけでなく、美肌効果も期待出来ます。特にアセロラはビタミンCの保有量が多いので、シミやそばかす予防、コラーゲン生成、乾燥による肌荒れ予防などの効果があります。作り方はとても簡単です。
まずはアセロラ完熟果汁100%を50g、グレープフルーツを1/2個用意します。グレープフルーツの皮を剥き、滑らかになるまでミキサーにかけます。アセロラ完熟果汁をコップに入れて、その後からミキサーにかけたグレープフルーツを入れましょう。これで「アセロラとグレープフルーツのスムージー」の完成です。朝の忙しい時間でも簡単に作ることが出来て、美白効果も期待出来るのでおすすめのレシピです。

おすすめレシピ②トマトオムレツ

Omelette Restaurant · Free photo on Pixabay (148707)

美白に効果のあるリコピンはトマトに多く含まれています。リコピンは加熱することで体内に吸収されやすくなります。美白効果のあるレシピとして「トマトオムレツ」がおすすめです。冷蔵庫にあるもので簡単に作ることが出来ます。
まず、トマト1/2個を2㎝角に切ります。卵1個とマヨネーズ大さじ1/2、醤油少々、牛乳大さじ1はボウルで混ぜ合わせます。フライパンにバターを溶かし、トマトを炒めて塩コショウで味付けします。そこに卵を流し入れてオムレツにします。お好みでベーコンやチーズなどを入れても美味しいです。簡単ですが、美白効果のあるレシピなのでおすすめです。

美白になる方法【メイク】

Lipstick Lipgloss Lip Gloss · Free photo on Pixabay (148713)

美白になる方法は沢山ありますが、効果が出るのを待てないという方もいるはずです。そんな方は、メイクを変えて肌を白く見せるのがおすすめです。もちろんメイクなので、一時的な美白にしかなりません。食べ物やスキンケアなどの美白の方法と並行して、美白メイクをするのがいいでしょう。こちらでは、美白になるメイクの方法をご紹介していきます。また、メイクをしっかりとすることで紫外線予防もしましょう。

メイクで肌の色をカバーする

Based Texture Black Background · Free photo on Pixabay (148716)

美白メイクの方法は、肌の色をメイクでカバーすることがポイントです。肌の色をカバーといっても、単純にファンデーションの色のトーンを上げるだけでは不自然な美白になってしまいます。自然に肌をトーンアップさせるためには、透明感を出すメイクをしましょう。肌のくすみをカバーし、血色のいい肌をメイクで作ることによって、自然な美白メイクに仕上がります。
くすみを飛ばすパール入りの化粧下地や、血色感を出すピンク系の化粧下地を使いましょう。化粧下地の使い方は、おでこ、頬、鼻、顎、目回りにのせて手でトントンと肌に馴染ませながら伸ばしていきます。目回りはくすみが出やすいので、しっかりと化粧下地でカバーすることが大切です。化粧下地を使うことで、肌のトーンアップだけでなく、肌の凹凸をカバーしてファンデーションのノリを良くすることが出来ます。

メイク方法①コントロールカラー・コンシーラーを使う

Cosmetics Makeover Foundation · Free photo on Pixabay (148717)

美白メイクの方法はベースメイクがポイントです。コントロールカラーやコンシーラーを上手に使って、自然な美白メイクに仕上げましょう。コントロールカラーとは、肌の色を整えるコスメです。コントロールカラーの色味は、自分の肌の色に合わせて選びましょう。赤みのある肌の場合は、グリーン系やブルー系のコントロールカラーを使うことで赤みを消して白肌に近づけます。
くすみが気になる肌の場合は、ピンク系のコントロールカラーを使って血色感をプラスしましょう。黄みがかった肌の場合は、パープル系のコントロールカラーを使うと透明感のある白肌になります。ナチュラルな仕上がりでトーンアップしたい時はベージュやイエロー系のコントロールカラーがおすすめです。
化粧下地とコントロールカラーが兼用になったコスメもあるので、使いやすいものを選びましょう。シミやクマなどはコンシーラーを使ってカバーしましょう。目回りがくすんでいると肌の色も暗く見えてしまうので、ファンデーションを塗る前にしっかりと肌の色を整えることが大切です。

メイク方法②パウダーファンデーションを使う

Cosmetics Make Up Makeup · Free photo on Pixabay (148721)

美白に見せるメイク方法では、ファンデーション選びも大切です。ファンデーションを選ぶ時、単純に明るい色のファンデーションを選ぶだけでは、顔が白浮きして見えてしまいます。メイクで美白に見せる方法は、パール入りのパウダーファンデーションを使うことです。
パール入りのファンデーションは肌にのせるとツヤっぽく見せることが出来るので、自然にトーンアップした肌を演出します。ファンデーションの色味自体は自分の肌の色に合わせて選びましょう。白浮きせずに、美白メイクが出来るはずです。

日焼け予防・紫外線対策のメイクをする

Pier Jetty Ocean · Free photo on Pixabay (150638)

メイクをする時は、日焼け予防や紫外線対策をすることも大切です。ファンデーションを肌に塗るだけでも日焼け予防や紫外線対策にはなりますが、SPFやPAの表記のある化粧下地やファンデーションを使うと、しっかりと日焼け予防や紫外線対策が出来るはずです。
ベースメイクとは別に、日焼け止めを使って紫外線対策するのもおすすめです。毎日肌に塗る習慣を付けることで、日焼け予防や紫外線対策になって美しい肌を保つことが出来ます。美白ケアをしっかりしても、日焼け予防をしないで紫外線を浴びてしまうと意味がありません。紫外線を防いで日焼け予防し、美白効果をアップさせましょう。

美容液成分配合の化粧品を使う

Leaf Mint Herb · Free photo on Pixabay (150644)

美白ケアをする時は、美白美容成分入りのクリームがおすすめです。美白美容成分が配合されたクリームはメラニンの生成を予防、メラニンの排出、メラニンの還元などの効果があるので、効率的に美白することが出来ます。
美白美容成分で有名なビタミンC誘導体は、壊れやすいビタミンCを吸収しやすくしたもので、肌にしっかりとビタミンCを届けて、メラニンの生成の予防や還元、新陳代謝を促して皮脂分泌をコントロールして、ターンオーバーを整える効果があります。こういった美白美容成分はクリームだけでなく、化粧下地やファンデーションに含まれているものもあります。メイクで美白を目指すなら、美白美容成分配合のコスメを選びましょう。

美白にするおすすめコスメ

Portrait Woman One · Free photo on Pixabay (148732)

毎日メイクをする女性なら、ファンデーションで紫外線を防いで日焼け予防しましょう。紫外線や日焼け予防だけでなく、肌にのせた時に自然にトーンアップ出来るファンデーションがおすすめです。こちらでは、紫外線や日焼け予防が出来て、美白メイクが出来るおすすめのファンデーションをご紹介します。
日焼けや紫外線予防が出来て、簡単に美白メイク出来るコスメは、THREEの「コンプリートハーモニーファンデーション」です。クリームのような柔らかいテクスチャーのリキッドファンデーションで、内容量は28g、価格は6500円です。SPF35・PA+++なので、しっかりと紫外線を予防します。美容成分が含まれているのでハリのある肌に仕上げます。パール配合なので、自然にトーンアップして美白に見せることが出来ます。
エトヴォスの「タイムレスフォギーミネラルファンデーション」も、美白メイクにおすすめのファンデーションです。SPF50+・PA++++なので、しっかりと紫外線予防することが出来ます。紫外線吸収剤不使用のノンケミカル処方ファンデーションで、内容量は10gで価格は4600円です。美容成分が配合されているので肌馴染みが良く、塗るだけで簡単にしっとりとした柔らかい肌を作ることが出来ます。

美白になる方法【スキンケア】

Hygiene Cleanliness Skincare · Free photo on Pixabay (148733)

メイクを落とした時、朝起きた時に必ず行うスキンケアは、怠るとすぐに肌に影響を及ぼします。反対に、毎日きちんとスキンケアを行うと結果がついてくるものです。毎日行うスキンケアに美白クリームなどをプラスして美しい白肌になりましょう。こちらでは、スキンケアで美白する方法についてご紹介します。

美白クリームで保湿・保護

美白の方法には、スキンケアに美白クリームをプラスすることがおすすめです。美白クリームは美白効果のある成分だけでなく、保湿や保護の効果があるので、乾燥を予防して潤いのある肌になります。美白クリームの保湿効果でくすみが消えやすくなるので、肌も自然にトーンアップしていきます。美白クリームは色々なメーカーから販売されていますが、美白に効果的な美容成分が含まれているクリームを選ぶのがポイントです。
美白クリームで注目すべき美容成分は、リノール酸、アルブチン、プラセンタ、ビタミンC誘導体です。リノール酸は必須脂肪酸のひとつで、保湿、抗炎症、美白効果が期待出来ます。アルブチンにはシミの原因になるメラニンの生成を抑える効果があります。
プラセンタは新陳代謝を活発にして、ターンオーバーのリズムを整えます。ビタミンC誘導体には、メラニンの生成の予防や還元の働きがあります。このように、美白に効果のある成分が含まれた美容クリームを使えば、効率的に美白することが出来るはずです。美白クリームを購入する時は、美容成分についてもチェックしましょう。1日で美白になる方法はないので、美白クリームを毎日のスキンケアにプラスして継続しましょう。

パックをする

普段のスキンケアに美白クリームと共にプラスして欲しいのが美白パックです。美白パックは2つのタイプがあります。クリーム状の美白パックを肌に塗って時間を置いて洗い流すタイプ、シートマスクになったタイプです。クリームタイプの美白パックは洗い流す手間がありますが、分量を調整しやすく、コスパのいいスキンケアです。
シートマスクタイプの美白パックは簡単に扱うことが出来て、お泊りなどにも使うことが出来ます。クリームタイプに比べるとコスパが少し高めです。美白パックは使いやすさも大切ですが、美白クリーム同様に美容成分にも注目しましょう。
美白クリームに効果的な美容成分が配合されていれば、肌の保湿だけでなく、くすみが取れたり、肌のトーンアップが期待出来ます。美白クリームと美白パックを普段のスキンケアにプラスして、美白効果を実感しましょう。

ピーリングをする

ピーリングはサロンなどで行う施術のイメージが強いですが、セルフスキンケアとして簡単にピーリングすることも出来ます。ピーリングには、毛穴の汚れや肌の古い角質を取り覗いて滑らかな肌にする効果があります。古い角質が無くなることで、肌のターンオーバーが整って美しい肌になります。
ピーリングはくすみがなくなり、肌の色もトーンアップするので、美白の方法としてもおすすめです。ピーリング後に、美白美容成分の配合された美容液やクリームを使うことで、肌に美白美容成分が浸透しやすくなります。反対に、肌表面に古い角質が残った状態では美容成分が中々浸透しないので注意しましょう。
セルフスキンケアとしてピーリングを行う時は、生理前や生理中などは避けましょう。この時期は肌が敏感になっているので、ピーリングを行うと肌荒れを起こしてしまうことがあります。ピーリングの頻度も数週間に1度など、ピーリング剤に定められた適切な期間で行うようにしましょう。

美白にするおすすめスキンケアグッズ

Filipendula Ulmaria Meadowsweet · Free photo on Pixabay (148744)

美白する方法の中でも関心度が高いのがスキンケアでしょう。美白スキンケアは様々な商品が出ているので、どれを購入すればいいか悩むかもしれません。美白スキンケアを選ぶ時は、美白に有効な美容成分が含まれているかどうかをチェックしましょう。美白の方法でピーリング剤を使う時には、肌に負担のないタイプのピーリング剤がおすすめです。
美白に効果のある美容成分が入ったスキンケアでおすすめなのが、HAKUの「メラノディープモイスチャー」です。内容量は100gで価格は4500円です。メトキシサリチル酸カリウム塩、アセンヤクエキス、濃グリセリン、Sヒアルロン酸、アセチル化ヒアルロン酸など、美白に効果のある美容成分が含まれたジェル状のスキンケアです。メラニンの生成を抑え、しっかりと保湿することで滑らかでトーンアップした肌を作ります。
シートマスクを使った方法で簡単に美白したいなら、キールズの「キールズDSクリアリーホワイトニングマスク」がおすすめです。6シートで価格は7200円です。美白美容成分アクティブC、ヒアルロン酸が配合されたシートマスクで、パックするだけで簡単に肌がトーンアップします。美白美容液約1本分が配合されたシートマスクなので他のパックに比べるとコストはかかりますが、美白効果は期待出来ます。
美白の方法にピーリングを選ぶのなら、オルビスの「アクアピーリングジェル」がおすすめです。内容量は120gで価格は1750円です。海洋深層水配合の水ベースとアンズ果汁が配合されたピーリング剤で、肌にのせて優しくマッサージするだけで、簡単に肌の汚れや古い角質を取り除くことが出来ます。定期的に行うことで、簡単に肌のくすみが改善されるのでおすすめです。

美白になる方法【サプリ】

Pill Gel Capsule Medicine · Free photo on Pixabay (148750)

食事やスキンケアに気を付けても、肌に必要な美容成分を摂取しきれないこともあります。そんな時はサプリを取り入れるのがおすすめです。美白効果のあるサプリは沢山出ていますが、美容成分に注目して効果のあるサプリを見つけましょう。こちらでは、美白におすすめのサプリや選び方、飲み方をご紹介します。

美白効果のあるサプリの成分

Cosmetic Skincare Female · Free photo on Pixabay (148751)

美白効果のあるサプリの選び方としては、サプリに配合された美容成分をしっかりとチェックする事が大切です。具体的には、肌のターンオーバー促進するL-システイン、メラニンの生成を抑えるL-シスチン、コラーゲン生成をサポートするアスコルビン酸などが配合されたサプリがおすすめ。美白サプリを選ぶ時は成分表を見ると選びやすくなります。また、継続しやすい価格の美白サプリであることもポイントです。

サプリはこんな人におすすめ!

美白サプリを使ったことがない方は、自分に効果のあるアイテムなのかが気になるはずです。美白サプリは美白スキンケアで効果を感じられない方、スキンケアで肌荒れしてしまう方、紫外線を浴びる機会が多い方、シミが増えたと感じる方、簡単に美白ケアをしたい方におすすめです。
美白サプリは、体内から美白にしていくので、スキンケアのように肌荒れしてしまうことがありません。また、美白に効果的な美容成分を摂取することでシミを改善すえるだけでなく、シミ予防にもなります。美白効果だけでなく、代謝が整うサプリもあるのでおすすめです。

サプリを飲むときの注意点

Mug Cup Tee · Free photo on Pixabay (151703)

サプリは飲むだけの簡単な美白方法ですが、正しい飲み方をすることが大切です。美白サプリは医薬品とそうでないものがあります。医薬品になっている場合は、既定の量と飲むタイミングを守って摂取しましょう。
医薬品でないサプリは指定がなければ1日の摂取量を守り、好きなタイミングで飲みます。おすすめは肌の再生力が高まる、22時から2時の間にサプリを摂ることです。就寝前に飲む習慣をつけるといいかもしれません。また、注意したいのが飲み忘れです。飲み忘れした分を合わせて2回分摂取するようなことがないようにしましょう。飲み忘れた分はそのままにして、1回分を飲むように気を付けましょう。

美白にするおすすめサプリ

Drugs Medicinal Omega 3 · Free photo on Pixabay (148754)

美白サプリは種類が多いので、どれにしようか悩んでしまう方も多いです。飲むだけなので簡単な美白ケアであるサプリですが、効果がないと飲むのが嫌になってしまうかもしれません。こちらでは、おすすめの美白サプリをチェックしていきましょう。
サプリで簡単に美白を手に入れたいという方におすすめなのが、ヴィジョンステイトの「マスターホワイト」です。120粒で価格10000円と少しコストがかかりますが、プロテオグリカン、アスタキサンチン、L-シスチン、ヒアロコラーゲン、エラスチン、セラミド、ザクロ果皮エキス・アセロラ・ビタミンEなどの美容成分が含まれた贅沢なサプリです。美白だけでなく、美肌になっていくことを実感出来ます。
手軽な価格の美白サプリなら、DHCの「エルシスホワイト240」がおすすめです。180錠で価格は1762円なので、継続しやすい価格の美白サプリです。美白に効果のあるL-システインやビタミンCが配合されていて、シミやそばかすの原因になるメラニンの生成を抑えます。L-システインは肝臓を元気にする働きもあるので、美白だけでなく全身の倦怠感なども改善されます。
コストパフォーマンスのいい美白サプリでおすすめなのが、資生堂ビューティーフーズの「ピュアホワイト 」です。240粒で価格は4000円です。クコの実エキス、ビタミンC、ビタミンEが配合されたサプリで、シミやくすみが改善して肌に透明感が出ます。美白だけでなく、肌に潤いが出て美肌になる効果もあるのでおすすめです。

美白になる方法【美容クリニック】

Door Entry Hospital · Free photo on Pixabay (148758)

美白の方法として、美容クリニックを利用するのもおすすめです。美容クリニックは費用はかかりますが、セルフケアと違って手間がなくて簡単です。美容クリニックで出来るのは、美白点滴や美白注射です。こちらでは、美白点滴や美白注射がどんなものなのかをご紹介します。

美白点滴を受ける

美白点滴は別名「白玉点滴」と呼ばれていて、継続することで美白になる効果があります。白玉点滴にはビタミンCとグルタチオンが配合されていて、抗酸化作用やメラニンの生成を抑える効果があります。価格は美容クリニックにもよりますが、1回8000円~30000円で時間は30分から1時間で終わります。継続することが大切ですが、1回でも化粧ノリがよくなったり、肌の調子が良くなる効果を感じることが出来るようです。

美白注射を受ける

Diabetes Insulin Syringe · Free photo on Pixabay (148764)

美白注射も点滴同様、継続することで美白効果を実感することが出来ます。白玉注射やシンデレラ注射と呼ばれることもあるようです。美容クリニックによって、取り扱っている美容成分は多少異なるようですが、一般的にはビタミンCやプラセンタエキスなどが配合されています。抗酸化作用やメラニンの生成を抑えます。継続することでくすみやシミの改善に繋がるようです。価格は1回5000円~10000円くらいです。

美白になる方法【その他】

Sleep Bed Woman · Free photo on Pixabay (151752)

美白になる方法は、スキンケアやサプリなどのお金をかけるものだけではありません。普段の生活習慣を見直すことで、美肌や美白効果を得ることも出来ます。こちらでは、美白になるために意識すべき生活習慣をご紹介します。簡単な方法ばかりなので、習慣づけるようにチェックしましょう。

質の良い睡眠をとる

美白や美肌のためには、質のいい睡眠をとることが大切です。人は寝ている間に成長ホルモンを分泌し、代謝を整えます。肌のターンオーバーを促す時間でもあるので、睡眠をしっかりととることで、美しい肌になることが出来ます。
反対に、睡眠不足になると肌がくすんでしまうことがあるので注意しましょう。質のいい睡眠をとるためには、睡眠前にストレッチをしたり、ハーブティーなどを飲んで、体をリラックスさせることが大切です。また、寝具を清潔なものにして、きちんとベットメイキングすることで、毎日快適な睡眠を得ることが出来ます。

入浴する

Bathroom Window Space · Free photo on Pixabay (148772)

入浴にも美白効果があります。入浴すると、体が温まって血行が良くなるため、体内の老廃物が流れやすくなり代謝も改善します。代謝が改善されると、肌のターンオーバーのリズムも整うので美白効果を実感できるはずです。くすみが消えて、化粧ノリがよくなる効果もあります。また、入浴することで体の疲れが取れてリラックス出来るので、睡眠の質も向上します。

日焼け防止ファッションをする

日焼け防止ファッションを取り入れるのも大切です。日傘、ネックカバーやストール、サングラスやマスクなどです。日差しが強くないと感じる季節でも紫外線は降り注いでいます。紫外線防止を心がけることで、シミやそばかすなどの予防になります。美白を目指すのであれば、美白ケアだけでなく予防もしっかりと行いましょう。

効果的なケアをして美白美人になろう♡

Model Woman Conceptual · Free photo on Pixabay (148778)

美白になるための方法についてご紹介しました。美白ケアには色々な種類がありますが、肌を白くするためには、紫外線をきちんと予防することが大切です。予防をしっかりと行った上で、適切な美白ケアを行いましょう。美白ケアはただ白いだけでなく、肌の透明感をアップさせます。正しい美白ケアで美白美人になりましょう。
136 件
着用アイテム