【美白】肌を白くする方法!効果的な徹底ケアで目指せマシュマロ肌!

Description
日焼けした小麦色の肌もヘルシーで魅力的ですが、ここ最近はずっと美白ブームが続いています。肌をもっと白くしたいという女性が多く、美白化粧品や美白メイクへの関心度は高いです。こちらでは、肌を白くする方法についてご紹介します。食べ物や生活習慣、メイクやスキンケアなど普段の生活を見直したり、少し工夫することで、美白ケアが出来ます。肌を白くする方法をチェックして、もっと魅力的な女性になりましょう。

目指せマシュマロ肌!簡単に美白にする方法を紹介

Woman Blond Portrait · Free photo on Pixabay (148690)

白い肌の女性は透明感があって美しく見えるものです。日焼けした小麦色の肌もヘルシーな印象で魅力的ですが、美白ブームが続いているのでもっと肌を白くしたいという女性も多いはずです。日焼けでなく、元々肌が黒い女性は美白を諦めてしまうこともあるかもしれませんが、肌は努力次第で美白することが出来ます。美白の方法を知る前に、まずは肌が黒くなってしまう原因についてチェックしていきましょう。

肌が黒くなる原因

Fashion Sun Hat Protection · Free photo on Pixabay (148840)

肌が黒くなる一番の原因は紫外線です。紫外線を浴びると、肌の奥にあるメラノサイトが反応してメラニン色素を沢山作ってしまいます。メラニン色素は紫外線から皮膚を守る働きをしているのですが、色素が濃いために肌が赤くなったり黒くなってしまいます。これが日焼けする時の仕組みです。
日焼けした肌はターンオーバーで生まれ変わって元の白い肌に戻っていくのですが、紫外線を浴び続けることによって日焼けからのターンオーバーが追いつかずに、肌が色素沈着を起こしてしまうことがあります。つまり、日焼けだけでなくシミになってしまうということです。紫外線を浴び続けると肌への負担が大きいので、きちんと対策しなければ日焼けして肌が黒いだけでなく、シミが増えてしまうのです。
Young Woman Sea · Free photo on Pixabay (148841)

また、メラニン色素というのは人によって持っている分量に違いがあるので、元々肌が黒い人はメラニン色素の量が多いということになります。メラニン色素の量は遺伝です。肌が黒く見える理由は、紫外線だけでなく肌の状態から来ている場合もあります。
肌が乾燥して潤いがなくなると、肌の透明感がなくなりくすんだ状態になります。また、血行の悪い状態の時も肌がくすんで黒く見えてしまうこともあるようです。肌の水分量と油分量が整っていないと、元々肌が白い女性であっても肌の色がトーンダウンすることがあります。

美白になる方法【食べ物】

Vegetables Pepper Tomatoes · Free photo on Pixabay (148693)

肌にいい食事を心掛けることも美白の方法の一つです。食事は毎日摂るものなので、美白にいい栄養素を意識して摂ることで肌の状態が変わってきます。少しの意識で簡単に美白効果を感じることが出来るので、ぜひ実践してみましょう。こちらでは、食べ物を意識した美白方法をご紹介していきます。美白だけでなく、健康にもいい食べ物なのでチェックしましょう。

美白に効く栄養素

Food Kitchen Cook · Free photo on Pixabay (148855)

美白の方法は積極的に美白に効果のある栄養素を摂取することです。美白に効果のある栄養素は、ビタミンC、ビタミンE、セラミド、L-システイン、リコピン、エラグ酸、β-カロチンなどです。ビタミンCやビタミンEは美白だけでなく、美容ビタミンとして注目されています。ビタミンCはメラニンの元であるチロシナーゼを阻害する働きがあるので、シミやそばかすの予防になります。
ビタミンEは肌のターンオーバーを促進し、血液循環を促すので潤いのある美しい肌を保ちます。セラミドは保湿作用が高いので、肌が潤いくすみが目立たなくなります。メラニンの生成も抑えるので美白効果のある栄養素です。L-システインはメラニンの生成を抑えたり、メラニン色素の排出を促すので、肌の色素沈着を防ぐ働きがあります。
リコピンは肌の酸化を防いで美白効果をもたらします。エラグ酸は紫外線による肌荒れを防ぎ、メラニンの生成を抑えます。β-カロチンは肌の炎症のケアやメラニンの色素沈着を防ぐ働きがあります。このように、それぞれの栄養素に美白への効果があるので、積極的に摂取することで美しい肌を手に入れましょう。

美白に良くない栄養素

Coffee Cafe Mug · Free photo on Pixabay (148868)

美白に効果のある栄養素もあれば、美白に良くない栄養素もあります。美白に良くない栄養素は、カフェイン、糖分、アルコールなどです。いずれも日常的に摂取しがちな栄養素です。まず、カフェインは珈琲や紅茶などに含まれる成分で、色素沈着やシミを作る原因になることがあります。
糖分はたまに摂る分なら問題ありませんが、過剰摂取してしまうと血液がドロドロになって肌がくすみやすくなったり、肌にあるコラーゲンを分解してしまってシワやたるみを作ってしまうことがあります。甘いものが好きな方は注意するようにしましょう。
アルコールを摂取する時はアルコール分解に活性酸素が発生するのですが、この活性酸素がメラニンの生成を促してしまいます。また、糖分同様にコラーゲンを分解してしまうこともあります。急に摂取することを辞めるのは難しいですが、いつもより分量を減らすことを意識するといいでしょう。

おすすめレシピ①アセロラとグレープフルーツのスムージー

Smoothies Juice Fruits · Free photo on Pixabay (148701)

美白を意識した栄養素を摂取するためにおすすめのレシピが、「アセロラとグレープフルーツのスムージー」です。アセロラとグレープフルーツはビタミンCが多く含まれているので、美白だけでなく、美肌効果も期待出来ます。特にアセロラはビタミンCの保有量が多いので、シミやそばかす予防、コラーゲン生成、乾燥による肌荒れ予防などの効果があります。作り方はとても簡単です。
まずはアセロラ完熟果汁100%を50g、グレープフルーツを1/2個用意します。グレープフルーツの皮を剥き、滑らかになるまでミキサーにかけます。アセロラ完熟果汁をコップに入れて、その後からミキサーにかけたグレープフルーツを入れましょう。これで「アセロラとグレープフルーツのスムージー」の完成です。朝の忙しい時間でも簡単に作ることが出来て、美白効果も期待出来るのでおすすめのレシピです。

おすすめレシピ②トマトオムレツ

Omelette Restaurant · Free photo on Pixabay (148707)

美白に効果のあるリコピンはトマトに多く含まれています。リコピンは加熱することで体内に吸収されやすくなります。美白効果のあるレシピとして「トマトオムレツ」がおすすめです。冷蔵庫にあるもので簡単に作ることが出来ます。
136 件
着用アイテム