【美白】肌を白くする方法!効果的な徹底ケアで目指せマシュマロ肌!

Description
日焼けした小麦色の肌もヘルシーで魅力的ですが、ここ最近はずっと美白ブームが続いています。肌をもっと白くしたいという女性が多く、美白化粧品や美白メイクへの関心度は高いです。こちらでは、肌を白くする方法についてご紹介します。食べ物や生活習慣、メイクやスキンケアなど普段の生活を見直したり、少し工夫することで、美白ケアが出来ます。肌を白くする方法をチェックして、もっと魅力的な女性になりましょう。
まず、トマト1/2個を2㎝角に切ります。卵1個とマヨネーズ大さじ1/2、醤油少々、牛乳大さじ1はボウルで混ぜ合わせます。フライパンにバターを溶かし、トマトを炒めて塩コショウで味付けします。そこに卵を流し入れてオムレツにします。お好みでベーコンやチーズなどを入れても美味しいです。簡単ですが、美白効果のあるレシピなのでおすすめです。

美白になる方法【メイク】

Lipstick Lipgloss Lip Gloss · Free photo on Pixabay (148713)

美白になる方法は沢山ありますが、効果が出るのを待てないという方もいるはずです。そんな方は、メイクを変えて肌を白く見せるのがおすすめです。もちろんメイクなので、一時的な美白にしかなりません。食べ物やスキンケアなどの美白の方法と並行して、美白メイクをするのがいいでしょう。こちらでは、美白になるメイクの方法をご紹介していきます。また、メイクをしっかりとすることで紫外線予防もしましょう。

メイクで肌の色をカバーする

Based Texture Black Background · Free photo on Pixabay (148716)

美白メイクの方法は、肌の色をメイクでカバーすることがポイントです。肌の色をカバーといっても、単純にファンデーションの色のトーンを上げるだけでは不自然な美白になってしまいます。自然に肌をトーンアップさせるためには、透明感を出すメイクをしましょう。肌のくすみをカバーし、血色のいい肌をメイクで作ることによって、自然な美白メイクに仕上がります。
くすみを飛ばすパール入りの化粧下地や、血色感を出すピンク系の化粧下地を使いましょう。化粧下地の使い方は、おでこ、頬、鼻、顎、目回りにのせて手でトントンと肌に馴染ませながら伸ばしていきます。目回りはくすみが出やすいので、しっかりと化粧下地でカバーすることが大切です。化粧下地を使うことで、肌のトーンアップだけでなく、肌の凹凸をカバーしてファンデーションのノリを良くすることが出来ます。

メイク方法①コントロールカラー・コンシーラーを使う

Cosmetics Makeover Foundation · Free photo on Pixabay (148717)

美白メイクの方法はベースメイクがポイントです。コントロールカラーやコンシーラーを上手に使って、自然な美白メイクに仕上げましょう。コントロールカラーとは、肌の色を整えるコスメです。コントロールカラーの色味は、自分の肌の色に合わせて選びましょう。赤みのある肌の場合は、グリーン系やブルー系のコントロールカラーを使うことで赤みを消して白肌に近づけます。
くすみが気になる肌の場合は、ピンク系のコントロールカラーを使って血色感をプラスしましょう。黄みがかった肌の場合は、パープル系のコントロールカラーを使うと透明感のある白肌になります。ナチュラルな仕上がりでトーンアップしたい時はベージュやイエロー系のコントロールカラーがおすすめです。
化粧下地とコントロールカラーが兼用になったコスメもあるので、使いやすいものを選びましょう。シミやクマなどはコンシーラーを使ってカバーしましょう。目回りがくすんでいると肌の色も暗く見えてしまうので、ファンデーションを塗る前にしっかりと肌の色を整えることが大切です。

メイク方法②パウダーファンデーションを使う

Cosmetics Make Up Makeup · Free photo on Pixabay (148721)

美白に見せるメイク方法では、ファンデーション選びも大切です。ファンデーションを選ぶ時、単純に明るい色のファンデーションを選ぶだけでは、顔が白浮きして見えてしまいます。メイクで美白に見せる方法は、パール入りのパウダーファンデーションを使うことです。
パール入りのファンデーションは肌にのせるとツヤっぽく見せることが出来るので、自然にトーンアップした肌を演出します。ファンデーションの色味自体は自分の肌の色に合わせて選びましょう。白浮きせずに、美白メイクが出来るはずです。

日焼け予防・紫外線対策のメイクをする

Pier Jetty Ocean · Free photo on Pixabay (150638)

メイクをする時は、日焼け予防や紫外線対策をすることも大切です。ファンデーションを肌に塗るだけでも日焼け予防や紫外線対策にはなりますが、SPFやPAの表記のある化粧下地やファンデーションを使うと、しっかりと日焼け予防や紫外線対策が出来るはずです。
ベースメイクとは別に、日焼け止めを使って紫外線対策するのもおすすめです。毎日肌に塗る習慣を付けることで、日焼け予防や紫外線対策になって美しい肌を保つことが出来ます。美白ケアをしっかりしても、日焼け予防をしないで紫外線を浴びてしまうと意味がありません。紫外線を防いで日焼け予防し、美白効果をアップさせましょう。

美容液成分配合の化粧品を使う

Leaf Mint Herb · Free photo on Pixabay (150644)

美白ケアをする時は、美白美容成分入りのクリームがおすすめです。美白美容成分が配合されたクリームはメラニンの生成を予防、メラニンの排出、メラニンの還元などの効果があるので、効率的に美白することが出来ます。
美白美容成分で有名なビタミンC誘導体は、壊れやすいビタミンCを吸収しやすくしたもので、肌にしっかりとビタミンCを届けて、メラニンの生成の予防や還元、新陳代謝を促して皮脂分泌をコントロールして、ターンオーバーを整える効果があります。こういった美白美容成分はクリームだけでなく、化粧下地やファンデーションに含まれているものもあります。メイクで美白を目指すなら、美白美容成分配合のコスメを選びましょう。

美白にするおすすめコスメ

Portrait Woman One · Free photo on Pixabay (148732)

毎日メイクをする女性なら、ファンデーションで紫外線を防いで日焼け予防しましょう。紫外線や日焼け予防だけでなく、肌にのせた時に自然にトーンアップ出来るファンデーションがおすすめです。こちらでは、紫外線や日焼け予防が出来て、美白メイクが出来るおすすめのファンデーションをご紹介します。
136 件
着用アイテム