黒スキニーのダメージ入りは1年中使える!簡単に自分でも作れちゃう!

Description
困った時の黒スキニーパンツ。その中でも取り分けて使い勝手の良いダメージパンツのおすすめコーディネート、そして実は簡単に自分でも作れてしまうダメージ加工のポイント、手順やコツをご紹介します。その他ちょっとした小物やアクセサリー、ヘアーメイクで黒スキニーパンツのイメージをガラッと変える事が出来るので、もう黒スキニーパンツを普段から履きこなしている方も気分転換に試してみて下さい。

ダメージ黒スキニーコーデは1年中楽しめる♡

何かと重宝されるダメージ黒スキニーパンツ。クローゼットに1本は置いてあるアイテムで、人によっては黒スキニーパンツだけで何本も持っている人も居るかと思います。季節や年度が変わると流行カラーが色々と変わりますが、ベーシックな黒色はどんな時でも着回ししやすく、ついついヘビーローテーションしてしまいます。そんな1年を通して楽しめるダメージ黒スキニーパンツの魅力についてご紹介します。

ダメージ入り黒スキニーの魅力とは?

ダメージ黒スキニーコーデの最大の魅力といえば何と言っても足長効果です。ダメージ黒スキニーパンツは元々細身に見えるような作り方をしてますが、黒色の持つ色の効果で簡単に細く見えます。黒色は「収縮色」「後退色」とも呼ばれており目の錯覚により同じ位置にあるものより細く見えたり、遠ざかって見える傾向があります。そんな黒色だけでは単調になりがちなので自分なりのオリジナルダメージ黒スキニーの穴の作り方で楽しみましょう。

ダメージの穴の大きさによっても印象が変わる!

ダメージ黒スキニーを作る上で最も気になるポイントは穴の作り方ではないでしょうか。大きすぎたから駄目だとか小さすぎたからどうだというものではなく、それぞれ相手に与える印象に違いが出るということなので、もし失敗したとしても落ち込む必要はないです。基本的にダメージ黒スキニーにキレイ目コーデを合わせるおしゃれが多い方は小さめの穴、逆にダメージ黒スキニーにカジュアルコーデを合わせるおしゃれが多い方は大きめの穴を開けると持っている服と合わせやすいです。

NGな柄や色・組み合わせは?

Cross Delete Remove · Free vector graphic on Pixabay (88999)

定番のアイテムがゆえに余りNGが無いと思われがちなダメージ黒スキニーパンツですが、トップスも定番を持ってくると面白みの無い簡単コーデになってしまう点は注意したい所です。そうならないためにもコーデのバランスと着こなしが重要です。そしてボトムスがダメージ黒スキニーパンツなのに、トップスにも黒色を持ってくると上で書いた足長効果もトップスとボトムでギャップが生まれないので薄れてしまいます。

ダメージ黒スキニーの上手な取り入れ方

ダメージ黒スキニーを履いた際一番重要なことは「相手にどう見られたいか」だと思います。穴の大きさの作り方によってイメージがだいぶ変わってきますし、トップスに持ってくる色のバランスによっても印象が変わります。例えば足長効果を最大限に生かすのなら、ダメージ黒スキニーパンツにオーバーサイズの白色のスウェットを合わせれば、視覚効果とスキニーパンツの持つ本来のすらっとしたラインによって簡単にスタイル良く見せることが出来ます。

春夏のダメージ黒スキニーコーデ

白Tシャツ×ダメージ黒スキニー

春夏はアクティブになる季節。そんな季節には動きやすくかつ可愛いコーデにしたいと思われる方も多いと思います。おすすめのコーデはシンプルな白Tシャツにダメージ黒スキニーパンツを合わせて、1枚ブルゾンを羽織るスタイルです。春先は急に冷え込む事も多いのでブルゾンは持っていて損はないと思います。迷彩柄のユニセックスのブルゾンにダメージ黒スキニーパンツを合わせて、彼氏とのデートの時にはペアルックコーデを楽しんでみるのもおすすめです。

オーバーサイズTシャツ×ダメージ黒スキニー

オーバーサイズTシャツは今や定番と言えるおしゃれ。そんなゆるっとしたシルエットのトップスにはダメージ黒スキニーのようなスッキリしたボトムスで合わせると、より女の子らしさが出てフェミニンな雰囲気になります。今はどんなブランドからもオーバーサイズTシャツは出ていますが、どういった物を選べばいいのでしょうか?ポイントは試着してから購入することです。パッと見ただけでは分かりづらいので、元のサイズより2~3サイズ上げたものを何枚か持って試着する事をおすすめします。

トレンチコート×ダメージ黒スキニー

春先の冷え込む朝晩にはトレンチコートのようなサッと羽織れるものが大活躍。着る機会も多いトレンチコートですが、コーディネートではマンネリ化しがちになります。そんなエレガントで上品なトレンチコートにはダメージ黒スキニーのようなカジュアルなものを持ってきてはいかがでしょうか。トレンチコート自体は元々末広がりなシルエットなので、ダメージ黒スキニーのようなボトムスは合いますが、そこにダメージを入れることでギャップもプラスしてみましょう。

秋冬のダメージ黒スキニーコーデ

ニット×ダメージ黒スキニー

秋冬に1番と言っても過言ではないほど重宝するのがニット、そんなニットとダメージ黒スキニーパンツの組み合わせは簡単かつ定番かもしれません。ダメージ黒スキニーパンツはどんなニットにも合いますが、モコモコなちょっとオーバーサイズのニットを合わせると足長効果をグッと際立たせてくれます。絶妙なグレージュカラーのニットはダメージ黒スキニーパンツとの相性も良く、明るい色合いなので足元がスッキリみえます。

ジージャン×ダメージ黒スキニー

73 件
着用アイテム