顔の乾燥をどうにかしたい!肌トラブルを防ぐ対策や保湿アイテムを紹介!

Description
肌の乾燥の保湿対策や原因についてまとめました。皮膚の角質層まで乾燥していると顔が痒くなったり、ガサガサとした状態になったり、色々な肌トラブルが現れやすくなります。保湿クリームを使うなどの対策をしておかないと、どんどん顔の乾燥が酷くなってしまう可能性があるので気をつけましょう。乾燥の原因を把握し、皮膚の角質層までしっかりと保湿対策をしておけば、乾燥知らずの綺麗な顔の状態を保つ事が出来るようになります。

顔の乾燥による肌トラブルを防ぐ方法を紹介

「顔が乾燥してガサガサしている…」と感じたら、早めに対策をするのがおすすめ。顔の乾燥を放っておくと、いつの間にか老け顔になってしまうかもしれません。いつまでも若々しい肌を保つ為には皮膚の角質層までしっかりと保湿を行い、乾燥状態にしない事が大切になります。顔の乾燥をしっかりと防ぐように対策をしておけば、ハリとツヤのある肌を保てるようになるので、保湿スキンケアの方法にこだわってみませんか?簡単な保湿対策で顔の乾燥を防ぎ、憧れの美肌に近づいていきましょう。
今回は、顔の乾燥の原因や対策方法についてまとめました。「保湿クリームを使って皮膚に潤いを与えるようにしているのに顔の乾燥がなかなか治らない」「乾燥のせいで皮剥けがしている」といった場合も、正しい方法で保湿を行っていけば顔の乾燥を改善する事が出来ます。諦めずに対策を行って、潤いとハリのある顔になれるように頑張ってみてください。

乾燥は肌トラブルの主な原因

Sad Depressed Depression - Free photo on Pixabay (258066)

顔が乾燥していると、様々な肌トラブルの原因になってしまいます。メイクをしている時に「今日は化粧ノリがあまり良くないな」と感じる事はありませんか?そんな時は、顔が乾燥している可能性が高いです。顔が乾燥している為に皮膚がカサつき、ファンデーションがノリにくくなっているのではないでしょうか。顔の乾燥は化粧ノリが悪くなるだけでなく、更に良くない影響を皮膚に与える場合があります。顔の乾燥状態が進むと、肌に赤みが出たり、皮剥けが出来たりといった事になってしまうので要注意です。
「顔の乾燥が酷くなっているから、もう対策のしようがない」と諦めてしまう事があるかもしれませんが、保湿をちゃんと行っていけば顔の乾燥状態を改善する事が出来るので、諦めずに対策をしていきましょう。日々のスキンケアや食事、生活習慣など、顔の乾燥の原因になるような事がないようにこだわってみてください。乾燥知らずの潤い肌を目指して、顔のケアを行っていきましょう。

顔が乾燥する主な原因

Woman Solitude Sadness - Free photo on Pixabay (258067)

まずは、顔の乾燥の原因となる事をチェックしていきましょう。顔が乾燥してしまうのには何らかの原因があり、それが積み重なる事で皮膚の角質層の潤いが失われてしまいます。日常生活の中で何気なく行っている事でも実は顔の乾燥を酷くしていた、という事もあり得るので気をつけましょう。原因を把握しておけば、「ここを気をつけておけば良いんだ」と注意しておくべきポイントがはっきりしてきます。顔の乾燥の原因を取り除いていく事で保湿対策もしやすくなるのではないでしょうか。
顔の乾燥対策の為に良かれと思ってやっている事も実は乾燥を促進していた、という事もあります。皮膚の負担にならないようなスキンケアを続けていく為にも、顔の乾燥の原因になるような事に心当たりがあったら普段の生活習慣を見直してみましょう。

①肌への刺激(かゆみや肌荒れ)

Makeup Beauty Skincare - Free photo on Pixabay (258068)

顔の乾燥の原因となるのが、肌への刺激です。肌への刺激として気をつけておきたいのがメイクの時の摩擦。ファンデーションを塗る時に肌を擦り過ぎるなど、メイクによる摩擦は意外と沢山あります。アイラインを引く時に力を入れ過ぎていると瞼の皮膚に負担がかかり、乾燥の原因に。瞼の周辺は特に皮膚が薄いのでデリケートに扱う事が大切になります。また、肌に合わないコスメを使う事も肌の刺激となり、顔が乾燥しやすくなるので気をつけましょう。
洗顔やクレンジングも要注意。汚れを落とす為にゴシゴシと顔を擦っていると刺激となり乾燥が進んでしまいます。スキンケア用の化粧品も肌に合わないと皮膚に刺激を与え、乾燥の原因になる事も。化粧品の成分をチェックし、肌への刺激になるような物が入っていないか確認しましょう。これらの肌への負担が積み重なる事で肌荒れやかゆみといった症状が出る場合があります。日常的に顔の乾燥が気になる、肌荒れがしやすい、という場合は毎日のメイク方法・洗顔&クレンジング方法・スキンケア用化粧品を見直してみてください。

②食事や生活習慣の乱れ(吹き出物や肌の黒ずみ)

Christmas Cookies - Free photo on Pixabay (258069)

食事や生活習慣の乱れは、顔だけでなく肌全体に悪影響を与えます。スキンケアで肌に潤いを与える事も大切ですが、体の内側から皮膚に必要な栄養を取る事も大切なポイント。スナック菓子やファストフードなどばかり食べていると、肌を作るのに必要な栄養を十分に取ることが出来ません。脂っこい物が多い食生活だと毛穴の皮脂詰まりや黒ずみの原因になります。栄養バランスが崩れる事で乾燥が進み、顔に吹き出物が出やすくなるので気をつけましょう。バランスの良い食事を続ける事で体の内側から綺麗になる事が大切です。
睡眠時間が足りていないなどの生活習慣の乱れにも要注意。人は寝ている間に成長ホルモンが分泌され、肌のターンオーバーが行われます。しかし、睡眠時間が十分でないと成長ホルモンの分泌が少なくなり、肌のターンオーバー機能も低下。古い角質が積み重なり、乾燥だけでなく黒ずみやくすみの原因になります。毎日十分の睡眠を取る事、三食の栄養バランスを整えるだけでも肌の状態は改善する事が出来るのではないでしょうか。

③過度のストレスと疲労(肌荒れや化粧ノリが悪くなる)

Student Typing Keyboard - Free photo on Pixabay (258070)

仕事や勉強が忙しくて過度なストレスと疲労が蓄積されていませんか?こうしたストレスや疲労も顔の乾燥を促進する原因になります。ストレスや疲労が溜まると自律神経が乱れ、正常な体の機能の働きが阻害されてしまうのが問題。体の巡りが悪くなり、必要な栄養が全体に行き渡りにくくなります。疲れている時やストレスが溜まっている時に吹き出物が出てきてしまう事があるのは、これが原因。乾燥しやすく、肌荒れが出やすい状態になってしまいます。
ストレスや過労はホルモンにも悪影響。女性ホルモンの働きが乱れると、肌荒れだけでなくイライラや血行不良の原因にもなるので注意が必要です。肌が荒れる事で化粧ノリも悪くなってしまうのも大きな問題。身体的にだけでなく精神的にも落ち着いた状態になる事がハリと潤いのある顔を保つのに効果的です。なるべくストレスや疲労を溜めないようにしてください。

④間違った入浴(刺激によるかゆみや肌荒れ)

Modern Minimalist Bathroom Bath - Free photo on Pixabay (258071)

間違った入浴方法が顔の乾燥を促進してしまう事があります。体を洗う時に肌の刺激になるようなボディソープを使っていませんか?ボディタオルで体を擦り過ぎるのも肌への悪影響に繋がってしまいます。ボディソープは保湿が出来るタイプを選ぶ、肌への摩擦を軽減するボディタオルを使うといった事を意識するだけでも肌の乾燥状態を改善する事が出来るので気をつけてみましょう。お風呂に入る時は温度に注意。温度が高過ぎるお風呂だと肌の乾燥を進めてしまいます。お風呂に入る時は40度以下にするのがおすすめ。
40度以上だと知らない間に肌が乾燥してしまう可能性が高くなります。入浴時間は15分内に収めておくと、お風呂に入っている間の乾燥を防ぐ事が出来るので長風呂にも気をつけてみてください。入浴後の肌のケアが間違っているのも乾燥の原因になります。肌に水分を与えたら、油分で蓋をするのが基本のケア方法。化粧水などで顔に水分を与えても油分で蓋をしないとすぐに蒸発して乾燥してしまいます。乳液やクリームを使って保湿をしましょう。

顔の乾燥で起きる肌トラブル

Woman Desperate Sad - Free photo on Pixabay (258072)

119 件
着用アイテム