おすすめの香水のつける場所は?現在の流行りの位置やマナーを学ぼう!

Description
香水は自分で楽しむだけでなく、周囲にの人をも引き付けることが出来る魅力的なアイテムです。しかし、香りに関しては人によってすき好みもありますし、また香りに関するマナーを守る必要があります。そこで、香水をつけるのにふさわしい場所や場所別のつける量、さらには香水に関するマナーもチェックしていきましょう。また、シーン別でおすすめの人気香水についてもチェックしてみましょう。

香水はつけ方と場所で印象が変わる!付け方のポイント

良い香りに包まれると気分が上がるものです。そんな香りを楽しむための香水を女性であれば一度はつけたことがあるのではないでしょうか。香水はちょっと体につけるだけで、つけている本人も良い気分になれますし、香水をつけることで男性の気を引くことも出来てしまうというなんとも魅力的なアイテムです。しかし、香水をつける際にはいくつか気を付けておくべきポイントがあります。

ポイント1♡スプレーする量に気をつける

まずは香水のスプレーする量についてです。香水の匂いは自分が良いと思っていても、人によっては匂いがきつすぎて不快に感じる場合もあるかもしれません。それはほとんどの場合、香水をスプレーする量を間違っていることが多いでしょう。香水は少量でも十分に香る物ですから、決して沢山つける必要はありません。また、スプレーする体の場所によっても量を調整する必要があるのです。
香水を上半身に付ける場合は、香水のスプレーボトルを1プッシュから2プッシュするくらいの量にしておきましょう。逆に、下半身に香水をつける場合は上半身よりも多めで、5プッシュから7プッシュくらいの量を目安にスプレーすると良いようです。

ポイント2♡香りが出る時間を把握する

2つ目のポイントは香水が香りを放つ時間についてです。香水は体にスプレーしたその時に香っているイメージがありますが、実は香水本来が持つ香りを感じられるのは、香水をスプレーしてから30分経った頃です。例えば、出かける直前に香水をスプレーするのではなく、香水を付けてから諸々の準備をして家を出るなどすると良いでしょう。人と会う時に、香水の良い香りをちょうど感じられるタイミングに調整しましょう。

ポイント3♡つけなおす時は時間をあける

なんとなく香水の匂いが薄くなってきたと感じる場合は、出先などで香水をつけ足すこともあるでしょう。しかし、自分が「香りが弱い」と感じていても、意外と周囲の人はその香りを感じ取ったりしているものです。香水は付けてから5時間ほどで香りが薄まると言われてきます。ですから、香水を付け直す場合は、香水を最初に付けてから5時間以降を目安にしましょう。それよりも前に付けてしまうと香りがきつくなります。

ポイント4♡つけすぎた時の対処法

次に、香水をつけすぎた時の対処の仕方についてです。香水を体に少量付けようと思ったのに、スプレーのためにたくさん出てしまった、という経験は誰しもあるのではないでしょうか。香水をつけた直後でまだ肌表面に香水が付いている状態であれば、水で洗い流してしまえばOKです。香水が乾いてしまった場合には、アルコールで拭き取るとすっきりきれいに香りを抑えることが出来ます。
香水を自宅で付け過ぎたという場合は、コットンなどにアルコールを含ませて、それで香水をつけた場所をふき取るだけで良いです。また、出先で香水をつけ直す際に付け過ぎたという場合には、携帯用のアルコール除菌ウェットティッシュなどを活用すると良いでしょう。その他にも、無香料のハンドクリームをつけるなどの方法も効果があるそうです。

香水をつける場所【上半身】

次に香水をつける場所についてです。香水をつける場所は人によって違うかもしれません。まずは上半身で香水をつけるのにおすすめの場所について見て行きましょう。具体的な香水の付け方や注意点などをチェックしましょう。

つける場所...耳の後ろ・うなじ

耳の後ろやうなじにつける場合についてです。香水をつける場所として良いとされているのは、太い血管が通っている場所だと言われています。耳の後ろやうなじなどの場所には太い血管が通っているため、香水をつけるのに適した場所だということなのです。耳の後ろやうなじに香水をつける場合は、その場所に直接香水をシュッと吹きかけるのではなく、香水を指などに付けてからつける方法がおすすめです。

つける場所...腕・ひじの内側

腕やひじの内側にも太い血管が通っているので、香水をつける場所としておすすめです。腕やひじは、耳の後ろなどと違って良く動かす体の部位なので、より香水の香りが放たれやすい場所だと言われています。そこから放たれる香りだと、周囲の人も香りを感じやすいはずです。腕に付ける場合に注意するポイントは、紫外線に当たるような場所につけないことです。色素沈着などの恐れがあるので注意しましょう。

つける場所...手首

香水をまず手首につけるという人は多いのではないでしょうか。手首にスプレーでシュッと吹きかけたら、手首をこすり合わせてそのあと耳の後ろにつける方法をしていませんか?実はこの付け方は間違いだと言われています。手首をこすり合わせることによって、香水本来の香りが飛んでしまうからです。手首に付ける場合は、香水をスプレーではなく1滴ずつ丁寧につけるようにしましょう。つける量は少量で十分です。

香水をつける場所【下半身】

香水は上半身に付ける人が多いと思われますが、実は下半身につけることも間違いではありません。下半身に香水をつける場合はどこにどのようにつけると良いのかチェックしましょう。

つける場所...お腹・胸元

72 件
着用アイテム