おすすめの香水のつける場所は?現在の流行りの位置やマナーを学ぼう!

Description
香水は自分で楽しむだけでなく、周囲にの人をも引き付けることが出来る魅力的なアイテムです。しかし、香りに関しては人によってすき好みもありますし、また香りに関するマナーを守る必要があります。そこで、香水をつけるのにふさわしい場所や場所別のつける量、さらには香水に関するマナーもチェックしていきましょう。また、シーン別でおすすめの人気香水についてもチェックしてみましょう。

香水はつけ方と場所で印象が変わる!付け方のポイント

良い香りに包まれると気分が上がるものです。そんな香りを楽しむための香水を女性であれば一度はつけたことがあるのではないでしょうか。香水はちょっと体につけるだけで、つけている本人も良い気分になれますし、香水をつけることで男性の気を引くことも出来てしまうというなんとも魅力的なアイテムです。しかし、香水をつける際にはいくつか気を付けておくべきポイントがあります。

ポイント1♡スプレーする量に気をつける

まずは香水のスプレーする量についてです。香水の匂いは自分が良いと思っていても、人によっては匂いがきつすぎて不快に感じる場合もあるかもしれません。それはほとんどの場合、香水をスプレーする量を間違っていることが多いでしょう。香水は少量でも十分に香る物ですから、決して沢山つける必要はありません。また、スプレーする体の場所によっても量を調整する必要があるのです。
香水を上半身に付ける場合は、香水のスプレーボトルを1プッシュから2プッシュするくらいの量にしておきましょう。逆に、下半身に香水をつける場合は上半身よりも多めで、5プッシュから7プッシュくらいの量を目安にスプレーすると良いようです。

ポイント2♡香りが出る時間を把握する

2つ目のポイントは香水が香りを放つ時間についてです。香水は体にスプレーしたその時に香っているイメージがありますが、実は香水本来が持つ香りを感じられるのは、香水をスプレーしてから30分経った頃です。例えば、出かける直前に香水をスプレーするのではなく、香水を付けてから諸々の準備をして家を出るなどすると良いでしょう。人と会う時に、香水の良い香りをちょうど感じられるタイミングに調整しましょう。

ポイント3♡つけなおす時は時間をあける

なんとなく香水の匂いが薄くなってきたと感じる場合は、出先などで香水をつけ足すこともあるでしょう。しかし、自分が「香りが弱い」と感じていても、意外と周囲の人はその香りを感じ取ったりしているものです。香水は付けてから5時間ほどで香りが薄まると言われてきます。ですから、香水を付け直す場合は、香水を最初に付けてから5時間以降を目安にしましょう。それよりも前に付けてしまうと香りがきつくなります。

ポイント4♡つけすぎた時の対処法

次に、香水をつけすぎた時の対処の仕方についてです。香水を体に少量付けようと思ったのに、スプレーのためにたくさん出てしまった、という経験は誰しもあるのではないでしょうか。香水をつけた直後でまだ肌表面に香水が付いている状態であれば、水で洗い流してしまえばOKです。香水が乾いてしまった場合には、アルコールで拭き取るとすっきりきれいに香りを抑えることが出来ます。
香水を自宅で付け過ぎたという場合は、コットンなどにアルコールを含ませて、それで香水をつけた場所をふき取るだけで良いです。また、出先で香水をつけ直す際に付け過ぎたという場合には、携帯用のアルコール除菌ウェットティッシュなどを活用すると良いでしょう。その他にも、無香料のハンドクリームをつけるなどの方法も効果があるそうです。

香水をつける場所【上半身】

次に香水をつける場所についてです。香水をつける場所は人によって違うかもしれません。まずは上半身で香水をつけるのにおすすめの場所について見て行きましょう。具体的な香水の付け方や注意点などをチェックしましょう。

つける場所...耳の後ろ・うなじ

耳の後ろやうなじにつける場合についてです。香水をつける場所として良いとされているのは、太い血管が通っている場所だと言われています。耳の後ろやうなじなどの場所には太い血管が通っているため、香水をつけるのに適した場所だということなのです。耳の後ろやうなじに香水をつける場合は、その場所に直接香水をシュッと吹きかけるのではなく、香水を指などに付けてからつける方法がおすすめです。

つける場所...腕・ひじの内側

腕やひじの内側にも太い血管が通っているので、香水をつける場所としておすすめです。腕やひじは、耳の後ろなどと違って良く動かす体の部位なので、より香水の香りが放たれやすい場所だと言われています。そこから放たれる香りだと、周囲の人も香りを感じやすいはずです。腕に付ける場合に注意するポイントは、紫外線に当たるような場所につけないことです。色素沈着などの恐れがあるので注意しましょう。

つける場所...手首

香水をまず手首につけるという人は多いのではないでしょうか。手首にスプレーでシュッと吹きかけたら、手首をこすり合わせてそのあと耳の後ろにつける方法をしていませんか?実はこの付け方は間違いだと言われています。手首をこすり合わせることによって、香水本来の香りが飛んでしまうからです。手首に付ける場合は、香水をスプレーではなく1滴ずつ丁寧につけるようにしましょう。つける量は少量で十分です。

香水をつける場所【下半身】

香水は上半身に付ける人が多いと思われますが、実は下半身につけることも間違いではありません。下半身に香水をつける場合はどこにどのようにつけると良いのかチェックしましょう。

つける場所...お腹・胸元

下半身で香水をつける場所としておすすめなのが、お腹や胸元です。お腹や胸元は体の中でも比較的体温が高い場所なので、香水をつけることで香りがふんわりと漂いやすいと言われています。また、どちらかと言うと自分自身で香水の香りを楽しむ場合につける場所としておすすめです。ただ、体温が高い分汗もかきやすいので、夏にお腹や胸元に香水をつけるのは避けましょう。そしてつける量も少しにするのがおすすめです。

つける場所...太ももの内側・膝の裏

下半身では、太ももの内側や膝の裏なども香水をつける場所としておすすめです。ほんの少し香りを漂わせたいという場合には、体温が比較的低いこのような場所に香水をつけると良いです。香水をつけてから時間が経つと、徐々に香水の香りが下半身部分から上に上がってきて、ふんわりと香水の香りを感じることができます。香水のきつい香りが苦手だという人は、太ももの内側や膝の裏に少量つけて楽しむと良いでしょう。

香水を控えるべき場所

次に香水をつけるのにふさわしくない場所について見て行きましょう。香水は良い香りのする魅力的なアイテムですが、人によっては香りが好きではないと感じる場合もあるでしょうし、香水をつけるのを控える場所やシチュエーションもしっかり把握しておく必要があります。さもないとマナー違反になってしまう可能性もあるので要注意です。

オフィス

オフィスは多くの人が出入りする場所ですから、香水の香りを好まないという人も大勢いるはずです。また、最近では「スメルハラスメント」と言って、匂いなどで周囲に迷惑をかける行為などが問題になったりもしています。オフィスだと会議などで狭い空間で話し合いをすることもあるでしょうから、その場所で香水の匂いが漂ってしまうと人によっては不快に感じてしまいますから、オフィスでは控えるのが無難です。

レストラン

レストランも香水をつける場所としてはNGです。レストランというとおしゃれをして行く場所ですから、ついつい香水も付けてしまいがちです。しかし、レストランは食事を楽しむところです。当然味だけでなく食事の香りも楽しむ場所でもありますから、そこに香水の匂いが漂ってしまうと邪魔になってしまいます。また、一緒にワインを楽しむ場合は、香水の匂いでワインの香りが分からなくなるので、味わえません。

アウトドア

アウトドアなどの時にも香水をつけて行くべきではありません。ただし、これはマナーの問題ではありません。アウトドアの場合は虫が多い場所に行くことも多いです。香水をつけていると、香水の匂いで周囲の虫を刺激してしまう可能性があるのです。それによってケガをしてしまう可能性もありますから、身を守るためにもアウトドアに香水をつけて行くのはやめておきましょう。

病院

病院も香水をつけて行くのを控えた方が良い場所と言えます。病気を患っている人は特に匂いに敏感である場合があります。それは、病院という場所が密閉された空間だからです。お見舞いなどで病院を訪れる際には、香水を付けずに行くのが良いでしょう。健康体でなければ香りを心地い良いと感じられないですし、病気の場合は香水の匂いで具合が悪くなる場合も考えられます。入院している人のことを考えて控えましょう。

葬儀場

お葬式に香水をつけて行くのはマナー違反です。お葬式という場所は決しておしゃれをして行く場所とは違いますから、そういった意味でも避けるべきです。また、お葬式ではお香がたかれていますが、その香りが参列者を清めたり故人に対して供えるという意味があるため、その香りを邪魔する香水をつけて行くことはマナー違反になってしまうのです。お葬式のマナーは特に注意した方が良いでしょう。

シーン別おすすめ香水!

次に女性がつけるのにおすすめの香水を紹介しましょう。香水は本当にたくさんの種類があります。実際に店頭に行って匂いを確かめてみても、だんだん香りが分からなくなってきてしまい、どれにするか決めかねる場合もあるでしょう。男ウケする香水や女性ウケする香水の他に、オフィスに着けて行くのにふさわしい香水も紹介します。

デートにおすすめ♡男性ウケのいいモテ香水

まず男性ウケする香水のおすすめは、ランバン エクラ ドゥ アルページュです。こちらはフローラルムスクの香りで程よい甘さを感じられる香りです。男ウケするのはもちろんですが、男性だけでなく女性からも良い香りだと好感を持たれる香水です。しかも、こちらの香水は「運命の男性を引き寄せる香水」とも言われており、それ目的でつける若い女性もかなり多いようです。また値段が比較的お手頃なのも魅力的です。
圧倒的に男性からの支持が高いのが、クロエ オードパルファムです。女性からの支持が多いのはもちろんですが、男性もこの香りが好みだと感じる人はかなり多いようです。こちらの香水が人気のポイントは、香りが変化する点です。付けた直後はみずみずしい香りがしているのですが、その後は石鹸のさわやかな香りに変わります。このさわやかな香りが男性からも女性からの支持されているようなのです。

女子会におすすめ♡気合いを入れる時の為の香水

男ウケする香水も大事ですが、女性からも好まれる香りを付けたいものです。女性に好まれる香水でおすすめなのは、ミュウミュウオードパルファムです。良い香りの中に刺激のあるスパイス系の香りが入っているのも女性から好まれるタイプの香りのようです。こちらの基本の香りはスズランやローズと言った花の香りなので、どの女性でも良い香りと思うような香りです。
女性に好まれる香水としておすすめなのが、パルファム ジバンシイジャルダン プレシュー オーデトワレです。女性はジャスミン系の香りが好きな人が多いですが、こちらの香水はジャスミンと紅茶の香りがミックスされたような香りがする香水です。それだけでなく、フローラル系の香り、ウッディの香りと香りが徐々に変化していくのもまた魅力的です。

上品な香りがおすすめ♡オフィスにもつけていける香水

オフィス向けの香水となれば、控えめな香りで男性からも女性からもウケが良い香水である必要があります。そこでおすすめなのが、ロクシタンのトラスヴァーベナオードトワレです。こちらはさわやかなピュアシトラスの香りの香水で、誰しもが良い香りと感じることが出来るでしょう。実際、女性だけでなく男性ファンも多い香水だそうです。さわやかな香りなので、オフィスでもそこまで気にならないはずです。
次におすすめなのが、サルヴァトーレフェラガモのインカント チャーム オードトワレ です。こちらはフローラル系の香りの香水なので、まさに万人受けしやすい香水と言って良いでしょう。また、香りの変化も楽しめ、フルーツ系の香りからジャスミン系の香り、さらにホワイトムスクの香りに変わるとあって、色々な香りを楽しむことが出来ます。

香水でいい香りがする女性になろう!

香水をつけていると心が癒されたりする効果もあります。香水に関するマナーやつける場所などをしっかり押さえた上で、香水について詳しく見て行くことにしましょう。
72 件
着用アイテム