グラデーションカラーは黒髪ベースでおしゃれに!旬なカラーは?

Description
暗めやアッシュ、ピンクなど黒髪ベースのグラデーションカラーをまとめました。ブリーチなしの暗め黒髪ベースでもおしゃれなグラデーションカラーは可能。ストレートロングやボブなど、髪型に合わせた暗め黒髪ベースのグラデーションカラーを楽しんでみませんか?グラデーションカラーを取り入れれば、黒髪でもおしゃれな印象になります。アッシュやピンクを始めとしたブリーチなしの暗め黒髪グラデーションカラーをチェックしていきましょう。

黒髪ベースのグラデーションカラーのヘアスタイルを紹介

「おしゃれなヘアカラーにしたい!」という場合におすすめしたいのがグラデーションカラー。グラデーションカラーにすれば一気に垢抜けた印象になり、素敵なヘアスタイルを気軽に楽しめます。グラデーションカラーと一口に言っても様々な種類がありますが、黒髪ベースの暗めグラデーションカラーなら初心者でも取り入れやすいのではないでしょうか。黒髪ベースの暗めグラデーションカラーには色々なメリットがあるので、黒髪をベースとしたグラデーションカラーにしていきましょう。
今回は、黒髪ベースのおしゃれなグラデーションカラーについてまとめました。ピンク系やアッシュ系など、グラデーションカラーの作り方によって全く違った風合いの黒髪グラデーションになるので自分好みのカラーを見つけていきましょう。ミディアムストレートやボブ、ロングといった髪の長さ別に黒髪ベースのグラデーションカラーをご紹介するので、自分の髪型にぴったりなグラデーションカラーを楽しんでみてください。「垢抜けたいなあ」と思った時にぴったりな黒髪グラデーションカラーを取り入れましょう。

話題のグラデーションカラーとは?

そもそも、グラデーションカラーとはどういったものなのでしょうか。InstagramなどのSNSでヘアサロンの画像を見てみると、グラデーションカラーのヘアスタイルに出会う事が多いのではないでしょうか。グラデーションカラーとはその名前の通り、徐々にグラデーションをつけてカラーリングをする事です。髪の中間辺りから毛先にかけてグラデーションカラーを入れるのが一般的。暗めのグラデーションカラーはもちろんのこと、明るめのカラーもグラデーションなら派手になり過ぎない事から人気を集めています。
グラデーションカラーの作り方は色々ありますが、黒髪ベースのグラデーションカラーなら取り入れやすいのではないでしょうか。グラデーションカラーを入れる事で地味になりがちな黒髪も一気におしゃれな雰囲気になります。「黒髪だから全体的に重たく見えてしまう…」という方にもグラデーションカラーはおすすめ。おしゃれな黒髪ベースのグラデーションカラーを目指してみてはどうでしょうか。

暗め黒髪ベースのグラデーションカラーの魅力とは

カラーリングのトレンドにもなっている黒髪ベースのグラデーションカラーですが、どのような所に魅力があるのかチェックしていきましょう。黒髪ベースのグラデーションカラーが人気を集めているのは様々な魅力があるからです。「ちょっとしたおしゃれを楽しみたいな」という時にも黒髪ベースのグラデーションカラーが最適。ミディアムストレートやボブ、ロングなど様々な髪型に合わせやすいのでグラデーションカラーにしたい時は黒髪ベースでカラーリングをしてみてはいかがですか。

ブリーチなしでもグラデーションカラーはできる

Hair Color Coloring · Free photo on Pixabay (139516)

「グラデーションカラーってブリーチをしなくてはいけないのでは?」と思う方も多いかもしれません。カラーリングの発色が良くなるブリーチですが、髪にダメージを与えてしまうのが問題。ブリーチなしでカラーリングが出来れば髪へのダメージを軽減する事が出来ます。黒髪ベースのグラデーションカラーにすればブリーチなしで綺麗に仕上げられるのが嬉しいポイント。黒髪をベースとしつつ、ブリーチなしの状態でカラーリングをすればしっかりとコントラストを引き出せるのでブリーチなしでも十分おしゃれになります。
黒髪ベースで明るめのブリーチなしグラデーションカラーにすれば、黒髪とカラーリングとのコントラストが鮮明になり、個性を感じられるヘアスタイルに仕上がります。ブリーチありのグラデーションカラーよりブリーチなしのグラデーションカラーの方が黒髪ベースを活かせるのではないでしょうか。暗めのグラデーションカラーもブリーチなしで行うと光が当たった所だけうっすらとカラーを出せるのが魅力。ブリーチなしならほんのりとグラデーションカラーを感じられ、他とは違う黒髪ベースのカラーリングを楽しめます。

カラーに飽きたらすぐ色を変えられる

ブリーチなしで黒髪ベースのグラデーションカラーにした場合、カラーに飽きたらすぐに変えられるのも大きな魅力です。黒髪ベースでグラデーションカラーにすれば、カラーリングをするのは一部なのですぐにカラーを変える事が可能。全体をカラーリングすると色をすぐに変えるのは難しくなってしまうかもしれませんが、黒髪ベースのグラデーションカラーならそういった事も出来るのでとても便利です。
色々なカラーリングを楽しみたい方やすぐにカラーリングに飽きてしまう方は黒髪ベースのグラデーションカラーにすると良いかもしれません。様々なタイプのグラデーションカラーにチャレンジする事が出来るので、ヘアスタイルの楽しみが増えそうです。黒髪ベースのグラデーションカラーで一歩先のおしゃれを満喫してみてください。

髪が傷みにくく経済的

Save Piggy Bank Money · Free photo on Pixabay (139520)

「黒髪ベースだったとしてもカラーリングは髪が傷みそうで心配だな…」という方にもグラデーションカラーはおすすめ。髪の中間から毛先の一部分だけにグラデーションカラーを入れるので、全体をカラーリングするよりも髪へのダメージを抑える事が出来ます。ベースの黒髪を活かしているので、カラーリングによる傷みが最小限になるのが嬉しいポイント。カラーリングによるダメージが気になる時はグラデーションカラーを取り入れてみてはいかがですか。
黒髪ベースのグラデーションカラーは、実はとても経済的。黒髪の一部分をカラーリングするので、全体をカラーリングするよりもカラー代を抑える事が出来ます。おしゃれなグラデーションカラーを楽しみながらカラー代を抑えられるのはとても魅力的ではないでしょうか。ブリーチなしの黒髪グラデーションカラーなら、更にカラー代を抑える事が出来ます。カラー代を抑えられれば次のグラデーションカラーにも気軽にチャレンジする事が可能。色々なパターンの黒髪グラデーションカラーを楽しんでみてください。

暗めのグラデーションカラーなら会社でもOK

Notebook Work Girl · Free photo on Pixabay (139521)

「会社の規則が厳しいからカラーリングをするのは難しいかな」という時も暗めのグラデーションカラーなら大丈夫なのではないでしょうか。黒髪ベースでなかったとしても、全体的に暗めのグラデーションカラーにすれば派手にならず、会社でもOKなパターンがほとんどです。
光に当たった時にほんのりと暗めのグラデーションカラーが出る程度にしておく事で落ち着いた印象なのにおしゃれ感も感じられるヘアスタイルに仕上げられるのが魅力。黒髪ベースもしくは暗めのグラデーションカラーにして、オフィスでもおしゃれな髪色を満喫してみましょう。黒髪ベースでも垢抜けた印象に見せやすくなります。

グラデーションカラーならレングスも自由自在

黒髪ベースのグラデーションカラーは色々なレングスとも合わせやすくなっています。ミディアムストレートやボブ、ロングなどバリエーション豊かなレングスと相性ぴったりなので自分の髪型に最適な黒髪ベースのグラデーションカラーを楽しむ事が出来るのではないでしょうか。ボブやミディアムストレート、ロングといったようにレングスの違いによってグラデーションカラーの仕上がりも変わってくるのでお好みのレングスで黒髪ベースのグラデーションカラーを楽しんでみてはいかがですか。
90 件
着用アイテム