シミを消したい人必見!確実に効果のある自宅で出来る方法を紹介!

Description
簡単に自宅でシミを消したい時にぴったりなスキンケアや、おすすめのプチプラ化粧品をまとめました。顔のシミを消したい場合は、肌に効くスキンケア方法を取り入れる事が大切です。自宅のスキンケアでも簡単な方法で顔のシミを消したいという願いを叶えてくれるので、肌に合った化粧品を活用してみましょう。自宅で簡単に出来るスキンケア方法や、シミを消したい肌に効くプチプラ化粧品をご紹介します。

シミを消したい人のための改善方法を紹介!

Woman Grown Up Portrait · Free photo on Pixabay (162566)

年齢を重ねる毎に「肌に出来たシミが気になる…」という事はありませんか?目の周りなど、気づかないうちに肌に出来ているシミはなるべく早めにスキンケアで消しておく事が大切になります。肌に出来たシミを放置していると、いつの間にか顔中にシミが出来ていた、という事にもなりかねません。肌にシミが出来たとしても、薄いうちであれば自宅でスキンケアをする事で簡単にシミを消す事が出来ます。シミを消したいという気持ちがあるのであれば、簡単な方法で自宅で出来るスキンケア対策をしていきましょう。
今回は、顔に出来たシミを消したい時にぴったりな簡単なスキンケア方法や、肌のシミに効くおすすめのプチプラ化粧品をまとめました。シミを消したいと感じている時は、自分のシミの種類を把握して、ぴったりのスキンケア方法を自宅で取り入れる事が大切になります。簡単なスキンケア方法であれば、自宅でも続けやすいのではないでしょうか。また、プチプラで肌のシミに効く化粧品を活用していくのも重要なポイント。使い続けやすくシミに効く優秀プチプラ化粧品で、顔に出来たシミを消していきましょう。

「自宅でシミを消したい」は叶う?

Hygiene Cleanliness Skincare · Free photo on Pixabay (162568)

鏡を見てみると、いつの間にか顔にシミが出来ていた、という事はありませんか?「シミは1度出来たら自宅ではなかなか消す事が出来ないだろうな」と感じている方もいるかもしれませんが、出来たばかりのシミであれば自宅のスキンケアで対策する事が出来ます。シミを消したいと感じたら、なるべく早めに自宅で簡単に出来るスキンケア方法を取り入れていきましょう。普段のスキンケアにシミに効く化粧品を取り入れるだけで、シミを消したいという気持ちを叶えてくれる可能性が高くなります。
シミを消したいと思っている時に思い浮かべるのがレーザーによる美容施術かもしれませんが、まだ薄いシミであれば簡単なスキンケア方法で十分な効果を期待する事が出来るので、是非取り入れていきましょう。プチプラ化粧品であれば、日常的なシミのスキンケアにも気軽に活用する事が出来るのではないでしょうか。肌に出来たシミに効くプチプラ化粧品は色々な種類があるので、自分の肌にぴったりな化粧品を選んで自宅でのスキンケアに役立ててみてください。

シミが消えるメカニズム

Model Female Girl · Free photo on Pixabay (162569)

そもそも、どうしてスキンケアなどによってシミを消す事が出来るのでしょうか。シミが消えるメカニズムには肌のターンオーバーが大きく影響しています。人の肌は周期的にターンオーバーが行われるのが特徴。ターンオーバーが行われると新しい肌細胞が生まれ、古い肌細胞は角質となります。角質となった古い肌細胞はアカとなり、自然に落ちていくのが正常なターンオーバーの流れ。古い肌細胞が落ちていく事によってシミの原因となるメラニンも落ちていくので、通常であればターンオーバーと共にシミは消えていきます。
正常なターンオーバーが出来ていれば周期的にシミは無くなるという流れが出来ている為、若いうちはシミが出来にくい状態にあります。しかし、年齢を重ねる毎に肌のターンオーバーの周期が遅くなり、顔に出来たシミの原因であるメラニンが残りやすくなるのが問題。また、古い肌細胞から出来た角質をアカに変える酵素の働きも鈍ると言われており、シミが残りやすくなります。正常なターンオーバーが出来ていればシミは自然と薄くなりますが、加齢によってこの機能が低下する為、ターンオーバーを促進する事が大切になります。

シミを消したい人はまずタイプ別の原因解析から

Skin Care Modeling Model · Free photo on Pixabay (162570)

シミと一口に言ってもその種類には色々あります。自分がどういったタイプのシミを消したいと感じているのか、まずは種類をチェックしていきましょう。自分のシミの種類を把握していないと、顔に出来たシミを消したいと思っていても最適なスキンケアをする事が出来ないかもしれません。効率的にシミを消したいのであれば、シミの種類を把握してぴったりなスキンケア方法を取り入れていくようにしましょう。最適な簡単スキンケア方法を活用していけば、気になるシミを消したいという思いを叶えやすくなります。

タイプ①日光黒子

Spring Tree Flowers · Free photo on Pixabay (162572)

一般的に多いと言われているのが、日光性黒子と呼ばれているこのタイプのシミです。日光性黒子は、その名前の通り日差しから出てくる紫外線が原因となるシミ。紫外線によってメラニンが生成され、それが顔のシミの要因となります。正常なターンオーバーが行われていれば日光性黒子は古い肌細胞と共に薄くする事が出来ますが、ターンオーバーの機能が鈍っていると古い肌細胞が残りやすくなり、メラニンによって出来たシミも消えにくくなるので、日々のスキンケアによってターンオーバー機能を正常化する事が大切なポイントです。

タイプ②雀卵斑(ソバカス)

Adult Dark Eye · Free photo on Pixabay (162573)

続いて挙げられるシミのタイプが雀卵斑。雀卵斑とは、所謂ソバカスの事です。雀卵斑は遺伝性の物が多く、頰や鼻の頭などに細かな斑点状のシミが出来るのが特徴。3歳頃から顔に雀卵斑が現れるようになり、一般的には雀卵斑に関しては遺伝なので通常のスキンケアでは薄くする事は出来ないと言われています。雀卵斑は思春期に入る頃に濃くなるので、気になる方もいるかもしれません。親族にもソバカスのある人が多くいるのであれば、頰や鼻などに出来た細かなシミは雀卵斑と考えて良いでしょう。

タイプ③炎症後色素沈着

Acne Pores Skin · Free photo on Pixabay (162574)

炎症後色素沈着は、ニキビや肌荒れなどによって炎症が起きた後に色素が沈着して出来るシミの事を指します。ニキビやかぶれが出来た時に適切に対処をしていないと、いつの間にか色素沈着してシミになってしまうので気をつけましょう。肌荒れをしっかりとスキンケアによって対処していけば炎症後色素沈着も出来にくくなるので、シミを増やしたくない時は予防策も大切です。
また、炎症後色素沈着は肌に合わない化粧品を使った事による炎症でも起きやすくなるので注意が必要。敏感肌の方は、使用する化粧品が肌に合っているかどうか確認してから使うようにしてください。

タイプ④肝斑

Woman Solitude Sadness · Free photo on Pixabay (162575)

肝斑は、女性の顔に出来やすいと言われているシミのタイプです。頬骨にかけて出来やすいシミであり、ホルモンバランスの乱れが原因とされているのが特徴。妊娠などを契機に頬骨の周辺にシミが出来始めたら肝斑である可能性があるかもしれません。また、紫外線を浴びる事によって肝斑は濃くなりやすいとも言われています。シミを消したい時に用いられる事が多いレーザー治療ですが、肝斑に関してはレーザーによって悪くなる可能性があると言われているので、日々のスキンケアで対策するのがおすすめです。

自宅で改善!シミを消したい人に効くスキンケア

Fashion Woman Lovely · Free photo on Pixabay (162576)

129 件
着用アイテム