結婚式でコサージュの付け方や位置・色の選び方は?おすすめのデザインも紹介

Description
結婚式のお呼ばれでコサージュをつける場合のマナーについてまとめました。結婚式のお呼ばれコーデで華やかさを出したいときはコサージュをつけるのがおすすめですがマナーを守ることが大切。ゴールドやベージュなど結婚式にふさわしいコサージュを取り入れてマナーを守った結婚式コーデを楽しみませんか?コサージュなしの場合のネックレスやブローチの付け方のマナーも含めて、結婚式コーデをチェックしていきましょう。

結婚式で華やかさを出すならコサージュがおすすめ!

お呼ばれ結婚式で活用できるコサージュとは?

People Couple Man · Free photo on Pixabay (57296)

結婚式で華やかなお呼ばれコーディネートを楽しみたい時におすすめなのがコサージュ。コサージュとは、花をモチーフにしたアクセサリーのことでドレスに合わせるのにもぴったりな華やかなデザインが多いのが魅力です。結婚式のお呼ばれコーディネートでは華やかさもプラスすることが大切。コサージュを1つ取り入れるだけで全体がパッと明るくなります。

お呼ばれ結婚式でマナーを守らないと印象ダウン

Girl Sad Desperate · Free photo on Pixabay (57298)

お呼ばれ結婚式でコサージュをつける時に気をつけておきたいのがマナーです。華やかさをプラスしてくれるコサージュですが、つける色や場所を間違えると思わぬマナー違反になってしまうことがあるため気をつけましょう。せっかくの結婚式で「あの人、マナー違反では?」と言われてしまうのは悲しいのでコサージュに関してもマナーを守ることが大切です。

結婚式でコサージュをつけるときにマナーをチェックしよう

Marriage Celebration People · Free photo on Pixabay (57299)

今回は、お呼ばれ結婚式でコサージュをつける場合のマナーについてまとめました。基本的なマナーをしっかりと押さえておけば、おしゃれにコサージュをつけて結婚式に向かうことができます。ゴールドやベージュなど、結婚式につけるコサージュにぴったりな色やデザインについてもご紹介するのでぜひ参考にしてみてはいかがですか。

お呼ばれ結婚式でコサージュをつける時のマナー

左側の胸の鎖骨あたりにコサージュをつけるのがおすすめ

お呼ばれ結婚式でコサージュをつける場合におすすめなのが左側の胸の鎖骨あたりです。なるべくドレスの高めの位置につけることによってコサージュが全体に華を添えておしゃれにバランスを取ることができるのがポイント。右胸の鎖骨あたりでも良いですが、人の視線はもともと右側に行きやすいので反対側の左胸につけることでよりコサージュを目立たせることができます。

コサージュの花を上向きにすると顔がパッと明るくなる

コサージュはなるべく花の向きが上向きになるようにつけるのがおすすめ。花が下の方を向いているとせっかくのコサージュが目立たず、だらしない印象も与えてしまいます。上向きにすることでコサージュが顔まわりをパッと明るく見せてくれるのではないでしょうか。コサージュをつける位置が難しい時は他の人につけてもらうのも1つの方法です。

お呼ばれ結婚式のコサージュは12cmを目安に

お呼ばれ結婚式でコサージュのマナーを守るためには大きさにもこだわっておきましょう。基本的には控えめな大きさのコサージュが結婚式にはふさわしいと言われています。コサージュは大きくても12cmくらいのものを結婚式のコーディネートに取り入れていきましょう。このくらいの大きさのコサージュなら上品にまとまります。

ベージュやゴールド系のデザインのコサージュが結婚式にぴったり

結婚式のコサージュにおすすめの色は、ベージュやゴールドといった馴染みやすい色です。ゴールドの場合はキラキラしすぎないベージュ寄りのゴールドにするのがポイント。ベージュやゴールドの他に肌馴染みが良い色として淡いピンク色などもおすすめです。こうした馴染みやすい色を使うことで素敵に仕上げるのではないでしょうか。

ゴールドやベージュ以外ならシルバーやブルーもおすすめ

ゴールドやベージュ系以外の色であれば、ブルーやシルバーといったコサージュも結婚式につけるのには良いのではないでしょうか。ブルーやシルバーはシックで大人の雰囲気を演出したい時にぴったり。年齢を重ねた女性でも甘くなりすぎずコサージュをつけることができます。スタイリッシュな印象を与えたい時にも最適なコサージュの色ではないでしょうか。

結婚式用のドレスと同系色のデザインのコサージュも素敵

ベージュやゴールドなどいろいろなコサージュがありますが、結婚式用のドレスとの相性を考えることも大切です。結婚式用のドレスと合わないとコサージュが浮いてしまうので気をつけましょう。ベージュのドレスにはゴールドやピンクベージュのコサージュ、紺色のドレスにはシルバーや淡いベージュのコサージュなどドレスに合わせてみてください。

サテンやシルクなどの素材のコサージュが結婚式に最適

64 件
着用アイテム