リップティントとは?口紅との違いやティント=落ちないを徹底検証!

Description
リップティントとはどういったコスメなのか口紅との違いやメリット&デメリットについてまとめました。リップティントとは発色が良い事から人気を集めていますが、塗り方によっては落ちにくいなどのデメリットが出てくる場合があります。口紅との違いを把握して、発色が良く落ちにくいリップティントのメリットを発揮させていきましょう。落とし方や塗り方、口紅との違いなど、リップティントとはどういった物なのかに関する基本情報をご紹介します。

リップティントとは?口紅との違いや人気の秘密を徹底検証!

Portrait Girl In The Black Long - Free photo on Pixabay (282207)

「いつまでも落ちにくリップメイクを楽しみたい」という場合に役立つのがリップティント。リップティントは落ちにくい事で知られており、食事をしたり、ドリンクを飲んだりしても綺麗な発色を保つ事が出来ると人気を集めています。メイク直しが出来ない時や、発色をいつまでも楽しみたい場合には、口紅よりもリップティントを使うのがおすすめ。人気のリップティントを使えば、好みの発色でおしゃれなリップメイクを楽しむ事が出来るのではないでしょうか。リップティントの基本的な使い方をチェックして役立てていきましょう。
今回は、リップティントと口紅の違い、落ちにくい塗り方、メリット&デメリットについてまとめました。リップティントと口紅には大きな違いがあるので、用途に合わせてリップティントと口紅を使い分けるのがおすすめです。発色が良く落ちにくいリップティントですがメリットの他にデメリットもある為、そういった事も把握しながら活用する事が大切。リップティントの落とし方も学んで、普段のメイクにリップティントを活用してみませんか?人気のリップティントを使って、魅力的な唇に仕上げてみてください。

リップティントとは?

リップティントとは、そもそもどういった物なのでしょうか。リップティントとは、韓国発祥のコスメ。美容大国として知られる韓国で生まれたリップティントは、理想的なリップの発色を楽しめる事から日本でも人気を集めるようになりました。口紅とは基本的な成分が異なる為、発色や色持ちなどに大きな違いがあります。リップティントの良さを生かした使い方をする事で、綺麗な発色をキープしやすいくなるのがポイント。食事をした後にも発色を保ちたい場合は口紅よりもリップティントを使うのがおすすめです。
日本でのリップティントの人気を受けて、様々なブランドから多種多様なリップティントが誕生しました。その為、ドラッグストアのコスメコーナーなどでも「リップティント」という言葉を目にする事が多くなったのではないでしょうか。口紅と並んでリップティントが置いてあると「どういった違いがあるのだろう?」と気になる方も多いはずです。リップティントと口紅の特性の違いやメリット&デメリットを把握して、どちらも効果的に活用する事が出来るようにしていきましょう。

リップティントとは?口紅との違い【口紅の特徴】

Lipstick Lipgloss Lip Gloss - Free photo on Pixabay (175940)

口紅とリップティントは似たような見た目なので、どこに違いがあるのか分かりにくい場合があります。リップメイクに使えるのは同じですが、口紅とリップティントとでは基本的な成分に違いがあるので、発色やテクスチャーなどの仕上がりが変わってくるのが特徴。リップティントと口紅のメリットとデメリットを把握しておく事によって、自分のメイクにはどちらを使った方が良いのか判断しやすくなります。口紅とリップティントの違いを具体的に見ていきましょう。

着色料は顔料=唇に色を塗る

Lipstick Cosmetics Makeup - Free photo on Pixabay (175941)

まずは、口紅の基本的な情報についてチェックしていきましょう。口紅に使われている成分は、基本的に顔料になります。口紅は顔料をベースにしているので、唇に色を塗るという感覚で使うのが口紅の特徴。唇の上に口紅を塗る事によって色を乗せ、リップメイクをしていきます。ラフに塗りたい時は口紅を直塗りする事も多いですが、丁寧に塗る場合はリップブラシを使って輪郭を描きながら使うパターンもあるので、仕上げたい雰囲気に合わせて口紅の使い方を変えていきましょう。

発色が良い

Girl Woman Smile - Free photo on Pixabay (175943)

顔料がベースとなっている口紅は、発色が良いのも特徴です。口紅を唇に塗る事によって口紅のカラーにする事が出来るので、綺麗な発色を楽しめるのが嬉しいポイント。しっかりと発色したい場合は赤系などの強めの色の口紅を使うのがおすすめです。コーラル系の口紅も発色が良いタイプなら、ナチュラルな血色感を与える事が出来るのではないでしょうか。口紅ブランドによっても発色の度合いが異なるので、好みの発色になるような口紅を選んでみてください。理想の仕上がりになる口紅があれば、理想のリップメイクを楽しめます。

種類・色が豊富

Lipstick Make Up - Free photo on Pixabay (175942)

口紅は顔料をベースとしているので、色の種類が豊富なのも魅力です。口紅のコーナーを見てみると、赤い口紅やピンク系の口紅、ブラウン系、ベージュ系といったように、バリエーション豊かな口紅が各ブランドから揃っている事が分かるのではないでしょうか。様々な色が揃っているからこそ、お好みに合わせて口紅の色を変えられるのが嬉しいポイントです。大人っぽくしたい時は赤みのあるブラウンやシックなベージュ系、可愛らしくしたい場合はピンク系といったように、なりたい自分に合わせて口紅を選んでみてください。
口紅には、マットタイプやシアータイプといったように仕上がり具合の異なる種類も色々あります。しっかりと発色させたい場合はマットタイプの口紅がおすすめ。マットタイプの口紅は発色が良いので、見たままの色を乗せやすくなっています。敢えてツヤを出さない事で大人っぽさを演出する事が出来るのも魅力。ナチュラルに仕上げたい時は、シアータイプが最適です。透明感とツヤ感を与えられるシアータイプの口紅は男性ウケも良いのでデートにもぴったり。メイクにふさわしいテクスチャーを取り入れていきましょう。

リップティントとは?口紅との違い【リップティントの特徴】

口紅の成分は顔料がベースになっており、唇に色を塗るのが基本的な使い方である事が分かりました。また、様々なカラーバリエーションが揃い、仕上がりの違いによって種類を選べるのも口紅の魅力。それでは、リップティントは口紅とどういった違いがあるのでしょうか。口紅とリップティントは見かけが同じように見えるので「仕上がりも同じでは?」と思う方も多いかもしれません。しかし、リップティントは口紅とは大きく異なる特徴があるので、それを踏まえた上でどちらが良いのか判断してみてください。

ティントの意味

「リップティントのティントってどのような意味?」と疑問に思う方も多いかもしれません。リップティントは英語で「Lip tint」と表記します。「tint」とは、英語で「染める」という意味です。その為、リップティントは唇を染めるコスメと言えるでしょう。口紅は色を塗るのが基本となっていましたが、リップティントの場合は唇を染める事によって発色させるのが大きな違いです。このようにリップティントと口紅とでは、発色させる方法がベースから異なるのが最大の違いと言えるのではないでしょうか。

韓国発祥

リップティントが生まれたのは韓国です。韓国ではこれまでにBBクリームやクッションファンデーションなど様々な人気コスメが生まれてきましたが、リップティントのそのうちの一つ。美意識の高い女性が多い韓国だからこそ、リップティントのような便利な人気コスメが次々と生み出されているのではないでしょうか。リップティントが韓国で人気を集めるようになってから日本でも話題になり、韓国コスメブランドのリップティントを取り入れる人が急増。リップティントは瞬く間に日本でも定番のコスメとなりました。
129 件
着用アイテム