一人暮らしにおすすめ。メーカー別小型冷蔵庫の特徴と選び方

一人暮らしに欠かせない家電。中でも冷蔵庫は毎日使うものです。一人暮らしにおすすめなのは小型冷蔵庫。でも種類がたくさんあって、どれを選べばよいのか迷ってしまいます。買ってから後悔しないように、メリットとデメリットを理解して買うようにしましょう。

hidden-thumbnail

小型冷蔵庫の需要

はじめての一人暮らし。家電や家具など、揃えないといけないものがたくさんあります。中でも冷蔵庫は毎日使うものなので、使いやすさやデザインにもこだわりたいところ。

一人暮らしにおすすめなのは小型冷蔵庫です。人気があるので多くのメーカーから発売されており、それぞれに特徴もあります。自炊をするかしないかでも冷蔵庫の選び方は変わってくるので、買った後に後悔しないように自分にあったものを選ぶようにしましょう。

小型冷蔵庫の特徴とメリット

小型冷蔵庫は、大型冷蔵庫とは違った特徴があります。一人暮らしに小型の冷蔵庫がおすすめな理由も含めて説明していきます。

圧倒的コストパフォーマンス

はじめての一人暮らしは出費が多くなりがち。買わないといけないものがたくさんあって、家電にまで手が回らないことも。そんなときは低コストの小型冷蔵庫がおすすめです。

冷蔵庫は高額なイメージですが、一番小さいサイズなら1万円から買うことができます。電気代は小さいほうが安いと思われがちですが、そんなことはありません。

もし自炊をする予定なら、少し大きめの方がよいでしょう。古い冷蔵庫は電気代が高くなってしまうので、新しいものを購入するほうが電気代を抑えることができます。

コンパクトサイズで省スペース

部屋があまり大きくないときや、キッチンが狭いときにはコンパクトサイズの冷蔵庫がおすすめ。上にものが置けるタイプのものもあるので、ちょっと物を置きたいときに便利です。

自炊をする予定のない場合は、1ドアのものがよいでしょう。飲み物を冷やしておけるので、キッチン以外でも活躍してくれます。

小型の冷蔵庫の注意点は、夏の暑いときに何回もドアを開け閉めしていると冷却機能が低下してしまうこと。最低限の開け閉めだけするようにしましょう。

2ドアには冷凍庫搭載

冷蔵庫でよく見るのが、2ドアタイプのものです。1ドアはデザイン性が豊富なのに対して、2ドアタイプには冷凍庫が搭載されています。自炊を考えている場合には、2ドアタイプがおすすめです。

冷凍庫と冷蔵庫がばらばらになっているので、ドアの開け閉めによる冷却機能の低下が抑えられます。休みの日に作り置きしたおかずを冷凍保存できるのも魅力的ですね。

小型冷蔵庫のデメリット

小型冷蔵庫はメリットだけではありません。大型冷蔵庫とは違ったデメリットもあるので、買ったあとに後悔しないように知っておきましょう。

霜取りの必要性

直令式の小型冷蔵庫は、1か月に1回霜取りが必要です。これをしないと、分厚い霜のかたまりができてしまいます。ものを詰め込みすぎていたり、ドアがきちんと閉まっていないとできやすくなるので注意しましょう。開け閉めによる温度変化も霜の原因の一つです。

霜取りが不要なタイプもあります。ファン式は霜ができないので、霜取りをしたくない人はファン式の冷蔵庫がおすすめ。大きな塊になった霜は硬くて取りにくいので、こまめに霜取りをしましょう。

容量が小さい

小型冷蔵庫の最大のデメリットは、容量が小さいことです。必要最低限しか入らないので、買い置きしておくことができません。1ドアタイプの冷蔵庫は、途中から自炊をしようと思ったときに買い替える必要もでてきます。

大型冷蔵庫よりも冷却機能が劣ってしまうので、何回も開け閉めするときや人数が増えてきたときにも買い替えを考えましょう。

静音性が低いものが多い

冷蔵庫の音が気になることがあります。特に直冷式の小型冷蔵庫は、気になるくらいの騒音が出ます。音に敏感な人は注意が必要。ドアの開け閉めのあとは、温度を下げるために特に音が大きくなります。

間冷式の冷蔵庫は、直冷式よりも音が小さめ。ですが、値段が高くなってしまうので低予算で購入を考えているなら直冷式になってしまいます。冷蔵庫の騒音に悩まされるのが嫌なら、少し高くても間冷式の冷蔵庫を買うようにしましょう。

おすすめの2ドア式小型冷蔵庫

家電を選ぶときには、信頼できるメーカーを選びたいところ。霜取りが不要なところも選ぶポイントです。一人暮らしで自炊を考えているのなら、迷わず2ドア式を選ぶようにしましょう。

SHARP つけかえどっちもドア 137L SJ-D14D

出典: http://amzn.asia/ayCoKoH

シャープ SHARP 冷蔵庫 137L(幅48cm) つけかえどっちもドア ホワイト系 SJ-D14D-W

大手メーカーのSHARPの冷蔵庫は、プラズマクラスターが付いているのできれいな空気で食品を新鮮なまま保存することができます。ドアが左右どちらからでも開くので、部屋のレイアウトに困らないところも魅力的です。

容量は冷蔵庫91L/冷凍庫46Lで省スペースでありながら、たくさん保存することができます。自炊するなら、たっぷり容量が安心ですね。

MITSUBISHI 2ドア冷蔵庫146L MR-P15C

出典: http://amzn.asia/hARdUpU

三菱 146L 2ドア冷蔵庫(サファイヤブラック)【右開き】MITSUBISHI MR-P15C-B

MITSUBISHIの冷蔵庫は、ラウンドカットが施されておりデザイン性が高い冷蔵庫になっています。冷凍庫が2段になっているので、収納力も抜群。

容量は冷蔵庫100L/冷凍庫46Lで冷蔵庫が大きめになっています。こちらのタイプも自炊対応なので、料理が好きな人におすすめのタイプです。

Panasonic 138L NR-B14AW

出典: http://amzn.asia/2gBVUyS

パナソニック 138L 2ドア冷蔵庫(シルバー)【右開き】Panasonic NR-B14AW-S

こちらの冷蔵庫は、お手入れが簡単なガラストレイが採用されています。カテキン抗菌・脱臭フィルターが付いているので、清潔に使うことができます。

冷凍庫が34Lと大き目なので、作り置きをするときにとても役立ちます。もちろん、まとめ買いをするときにもおすすめです。

TOSHIBA GR-M15BS

出典: http://amzn.asia/7dwT16E

東芝 153L 2ドア冷蔵庫(ピュアブラック)【右開き】TOSHIBA GR-M15BS-K

スタイリッシュなデザインで見た目を重視するならこの冷蔵庫。省エネ性も高いので、気になる電気代も節約できます。

冷蔵庫110L/冷凍庫43Lで冷蔵庫が上についているので、取り出しやすくなっています。

1ドア式小型冷蔵庫のおすすめ

1ドア式小型冷蔵庫で重視したいのが、静音性とコストパフォーマンス。部屋に置くなら、デザイン性も重視したいですね。

Electrolux 45L ERB0500SA-RJP

出典: http://amzn.asia/a4NrnwS

エレクトロラックス 45L 1ドア冷蔵庫(直冷式)Electrolux ERB0500SA-RJP

コンパクトでおしゃれなデザインを選ぶならこれ。直冷式のわりに23dbと音が静かなのが特徴です。見た目以上に収納力もあるので、ジュースやデザートなどを入れておくには十分な大きさです。2Lのペットボトルが入れられるのもおすすめポイントです。

Peltism(ペルチィズム) 35LClassic black

出典: http://amzn.asia/5PDg2ZG

省エネ35リットル型小型冷蔵庫 Peltism(ペルチィズム) Classic black 左開き Proシリーズ ミニ冷蔵庫 電子冷蔵庫 小型冷蔵庫 ペルチェ冷蔵庫

Peltism(ペルチィズム)は小型冷蔵庫に特化したメーカー。このメーカーの冷蔵庫は、電子冷蔵庫を採用しています。気になる騒音も、14~20dbと小型冷蔵庫の中でも音が小さめ。冷蔵庫の音が気になるなら、この冷蔵庫にしましょう。

Abitelax 46L AR-509E

出典: http://amzn.asia/af0cTzf

アビテラックス 46L 1ドア冷蔵庫(直冷式)ホワイトストライプ【右開き】Abitelax AR-509E

直冷式のこの冷蔵庫は、環境に優しいノンフロンタイプです。気になる音は24db。音がうるさいといわれている直冷式の中では静かです。コストパフォーマンスを考えると、損はしない冷蔵庫です。

小型冷蔵庫は性能や機能を了解して購入しよう

小型冷蔵庫には直冷式や間冷式、電子式があります。それぞれメリットとデメリットがあるので、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶようにしましょう。まずは自炊をするかどうかを考えて、大きさを決めるとよいでしょう。

冷蔵庫は大きな買い物です。後悔のないように選びたいですね。

    関連するトピックス

    関連するキーワード