甘酸っぱくておいしい!人気のみかんはどれ?ブランドみかんランキング!

冬に欠かせない味覚は、何と言っても甘酸っぱいみかんですよね。小さめのみかんならいくつでも食べてしまいます。しかも、みかんはビタミンも豊富なので、たくさん食べれば風邪をひきにくい丈夫な体になりそうです。冬になると箱買いして、常備しておきたくなります。 ここでは、人気のブランドみかんのランキングをご紹介したいと思います。美味しいみかんはどのブランドなのか調べて美味しそうなみかんが見つかったら、ぜひ取り寄せてみてください!

一般的なみかんの品種「温州みかん」とは?

小ぶりで鮮やかなオレンジ色をした「いつものみかん」は温州みかんという品種です。でも、温州みかんってどんな品種なのか、知っているようで知らないと思いませんか?温州みかんとはどのような品種なのでしょうか?

温州みかんは鹿児島県の長島が原産地と考えられています。英語で温州みかんのことを「Satsuma Mandarin」と呼ばれることからも、わかります。では、温州みかんの「温州」とは何のことなのでしょう?温州とは、中国の温州地方から伝来したということではなく、中国のみかんの生産地である温州にあやかってつけられたものと言われています。

温州みかんは江戸時代の初期に、中国の浙江省から伝えられた早橘(ソウキツ)や慢橘(マンキツ)などの柑橘類から偶然に発生した品種と考えられています。その後、九州だけで生産されてきましたが、明治から大正時代に掛けて日本全国に広まりました。

みかんの種類には有田みかんや愛媛みかんなど色々なものがありますが、これらはどれも品種としては温州みかんです。しかし、店頭に並ぶ際には温州みかんという品種名ではなく、産地やブランド名を出して販売することが多くなっています。

早生みかんって何?

みかんは出荷時期によって、極早生(ごくわせ)、早生(わせ)、中生(なかて)、晩生(おくて)と分類されます。それぞれの出荷時期は、極早生は10月上旬から11月上旬、早生は11月中旬から12月下旬、中生と晩生は普通みかんとも呼ばれ12月上旬から1月下旬です。

このように、出荷時期によって呼び名が変わるんですね。早生みかんなどの出荷時期を正しく知っておくと、友達に聞かれた時などに正確に答えることができますよ。

箱買いみかんの上手な保存法を教えます!

みかんを箱買いした時の悩みあるあるに、「すぐにみかんが腐ったりカビたりしてしまう」ということがあると思います。1㎏ずつくらいの袋でみかんを買うと割高ですし、毎日家族で食べることを考えると箱買いしたいですよね。でも、箱買いすると、箱の中ですぐにみかんが腐ったりカビたりしてしまいます。そんな時には、どうすれば良いのでしょうか?箱買いみかんの上手な保存法をお教えします。

買ったらすぐにチェック!傷んでいるみかんを先に食べよう!

みかんを箱買いしたその時が大事です。すぐに箱の中のみかんをチェックしましょう。
傷んでいるみかんがあると、そのみかんからカビや腐りが周りにどんどん移っていきます。ですから、傷みかかったみかんがあれば、先に食べてしまいましょう。そうすることで、箱買いみかんの寿命をだいぶ伸ばすことができるんですよ。

箱からみかんを全て出して下に新聞紙やキッチンペーパーを入れる

みかんチェックが終わったら、次に、箱の中の全てのみかんを外に出してください。そして、箱の中に、くしゃくしゃにした新聞紙やキッチンペーパーを敷き詰めます。この新聞紙やキッチンペーパーがクッションとなり、みかんを守ってくれるのです。

箱の下の方にあるみかんは、押しつぶされて傷むのが早まります。そして、下の方のみかんから知らない間に腐ったりカビたりしてきて、いつの間にか全体に傷みが回ってくるのです。そこで、クッションを敷くことで、下の方にあるみかんを守ってあげることができます。

ヘタを下にしてみかんをおく

箱にみかんを戻す際には、ヘタの部分を下にしておくのがポイントです。そうすることで、みかんが傷みにくくなるんですよ。

密封しないで風通しが良く直射日光が当たらない場所に保存する

箱にみかんを戻したら、蓋はしないでください。蓋をすると箱の中の風通しが悪くなって、みかんが傷みやすくなります。また、直射日光があたることでも、みかんは傷みます。直射日光が当たらず風通しが良い場所に、蓋を開けて保存しておきましょう。

三日に一回は下にあるみかんを上に移動する

そして、三日に一回は、箱の下の方にあるみかんを上に移動してください。よく、箱買いみかんを混ぜる人がいますが、これは正解なのです。下の方にあるみかんが傷みやすいので、定期的に上下を入れ替えてあげることで、傷みが進むのを防ぐことができるんですよ。ついでに、傷んでいるみかんがあれば、先に食べてしまってくださいね。

常温保存なら2週間から1か月持つ

常温で箱のままみかんを保存するなら、2週間から1か月くらいは持ちます。ですから、これくらいの期間に食べきれる量を買うのも、みかんを腐らせない大事なポイントですね。

みかんが傷み出したら冷凍保存する

それでも、みかんが傷んできたらどうすれば良いのでしょうか?大量に傷んでしまってすぐに食べきれないのであれば、冷凍するのも良い方法です。皮つきのままみかんを冷凍庫に入れてください。そうすることでみかんが長持ちしますし、美味しい冷凍ミカンを味わうこともできますね。冷凍すれば、最大で3か月間は持ちますから、おすすめですよ。

人気のブランドみかんランキング!

では、人気のブランドみかんのランキングをご紹介したいと思います。どのブランドもとても美味しいみかんばかりです。いろいろ取り寄せてみて、味くらべをしてみるのも面白いかもしれませんね。

1位 国華園 和歌山産 有田みかん 9kg1箱

Amazon┃国華園 和歌山産 有田みかん 9kg1箱 蜜柑 みかん

出典:http://amzn.asia/d/aRmGJ2m

 

みかんの生産量日本一の和歌山県からお届けする、有田みかんです。有田みかんと言えば、みかんの有名ブランドですね。潮風を受けてたっぷり蓄えられたミネラルが、独特のまろやかなみかんの旨味を引き出しています。たっぷり9㎏入っているので、長く楽しめるでしょう。

2位 愛媛県 宇和島産 極早生みかん 小玉 10kg ご家庭用

Amazon┃愛媛県 宇和島産 極早生みかん 小玉 10kg ご家庭用

出典:http://amzn.asia/d/dOdGQpn

 

みかんの生産量が多く有名なみかん産地である、愛媛県宇和島産の極早生みかんです。みかんは小玉になるほど甘くておいしいような気がしますよね。このみかんは小玉で、約10㎏も入っています。訳あり商品なのでお値段がお安くなっているのもうれしいですね。

3位 熊本県産 こだわり温州みかん 5kg

Amazon┃熊本県産 こだわり温州みかん 5kg 本当のミカンの味を楽しみませんか?露地みかん【九州 熊本】

出典:http://amzn.asia/d/8R0tuMt

 

露地栽培の美味しい熊本産温州みかんです。有明海からの潮風を受ける自然環境豊かなみかん畑で育ちました。土をシートで被うことで雨水の吸収を極力抑え、木にストレスをかけることで甘みを増しました。甘くておいしい熊本県産のみかんを、ぜひお召し上がりください。

4位 瀬戸香(せとか) 約1.2kg4~12個入

Amazon┃瀬戸香(せとか) 約1.2kg4~12個入

出典:http://amzn.asia/d/esvzNDY

 

酸味と甘みが強く、程よい歯ごたえのみかんブランド「せとか」です。栽培が非常に難しく熟練した栽培者でも簡単に育てることができないため、価格が非常に高いことで有名です。時期によって、佐賀県産、広島県産、愛媛県産、和歌山県産から適した産地の商品をお届けします。

5位 極早生温州みかん(青みかん) 5kg 有機JAS (佐賀県 佐藤農場) 産地直送

Amazon┃極早生温州みかん(青みかん) 5kg 有機JAS (佐賀県 佐藤農場) 産地直送

出典:http://amzn.asia/d/7WgjMex

 

佐賀県産の、青みかんはいかがでしょうか?オレンジ色ではない緑色の部分が多いみかんを見ると、とてもすっぱそうなイメージがありますよね。でも、食べてみると意外と甘く、見た目とのギャップにびっくりします。佐賀県もみかんの産地として有名です。農薬や化学肥料を一切使っていないので、安心して食べられますよ。

6位 産地直送 和歌山 【訳あり】みかん 小玉 中玉(3S〜Mサイズ) 5kg

Amazon┃産地直送 和歌山 【訳あり】みかん 小玉 中玉(3S〜Mサイズ) 5kg(傷あり、サイズ不揃い、ご自宅用) 【固定サイズになる場合あり】

出典:http://amzn.asia/d/80fTJoK

 

和歌山県から産地直送でお届けする、訳ありみかんです。5㎏でこのお値段なのは、小玉や中玉などみかんの大きさが不ぞろいで傷ありのみかんも入っているからです。品種の指定もありません。訳ありだからこそ、たくさんのみかんを安くたくさん食べることができるのです。ご自宅用にどうぞ。

まとめ

みかんの産地やブランドは、いろいろなものがありましたよね。甘いみかんを食べると幸せな気持ちになりますし、何よりビタミンが豊富で体に良いのがうれしいです。沢山みかんを食べて、寒い冬を乗り切ってください!

    関連するトピックス