40代におすすめのファンデーションとは?保湿・UV対策が最重要

20代、30代の頃に使っていたファンデーションが合わなくなってきていませんか。40代の肌の場合、保湿、UV対策がしっかりできるファンデーションを使う必要があります。今の自分に合うファンデーションを見つけましょう。

hidden-thumbnail

20代・30代と40代の肌の違い

20代の肌

20代の肌の天敵は思春期ニキビに引き続きでき続ける大人ニキビです。他の年代とは違い、潤いとハリはしっかりしているのですが、脂っぽくなりがちです。脂の分泌が多いことから毛穴のひらきで悩む人も多いのが20代の特徴です。20代の場合は、ファンデーションで保湿を気にする必要はありません。

20代の肌で気にしなくてはならないのは油脂による化粧崩れです。20代の肌用に作られているファンデーションの多くは化粧崩れしにくいように作られています。その分、この年代向けのファンデーションは保湿力が低く、また強いクレンジング剤を使わなくては落ちないものが多いです。

30代の肌

20代の後半から30代の前半は、油脂の分泌が穏やかになるために大人ニキビはできにくくなりますが、代わりに乾燥が気になるという人も増え始めます。このため30代向けのファンデーションには保湿がしっかりしているものもあります。肌の調子に気を使う人や敏感肌の人は、この時期にUV対策と保湿ができるファンデーションに切り替えることが多いです。

しかし多くの場合、30代の人が気にするのは肌の老化とシミの増加、肝斑、肌色のくすみなどです。もっと若く見られたい、肌のくすみを隠したい、などの要求があるため30代向けのファンデーションには保湿やUV対策にはあまり力が入っていない、カバー力重視のファンデーションも多いです。

40代の肌

40代は肌の状態に個人差が大きいのが特徴です。シミやそばかすなどに悩んでいるという人もいれば、シワやくすみ、たるみに悩んでいるという人もいます。そして、シミ、しわ、くすみ、たるみ、など目につく部分に気を使いそこをケアしようとする人が多いのも40代の特徴です。

40代の肌のもっとも大きな特徴は、30代よりもさらに保湿力が低く乾燥しがちだということです。油脂の分泌力が落ち、肌のターンオーバーも20代30代の頃とは違いゆっくりになります。20代の油脂の多い肌でも崩れないようにと作られたファンデーションや30代のくすみやシミをカバーしたいという要求に沿って作られたファンデーションを使い続けてしまうと40代の肌はダメージを受けてしまいます。

肌の悩みに合ったファンデーション選び

しみが増えた

しみの多くは紫外線によるものです。クレンジングで肌を激しくこすったり、刺激の強いファンデーションや化粧下地を使うことで増えてしまうこともあります。UV対策がしっかりとられていて弱いクレンジング剤でも落とすことができるようなファンデーションに切り替えると、しみの増加を抑えることができます。

しみを増やすとされているのは紫外線のB波です。日焼けを起こすタイプの紫外線です。UV対策の表示に書かれているSPFはこのB波を防ぐ力を示しています。SPF50は「普段10分で日焼けする人の場合、500分で日焼けする程度に紫外線を防ぐ」という意味合いです。日常使いならSPFは30程度が目安です。

肌がくすんでいる

肌のくすみは血行が悪くなっていることが原因だとされています。肌色がくすんでいるからしっかりファンデーションを塗り込む、という対処を繰り返すと肌荒れにつながります。くすみが気になるときは、運動をする、生姜などの血行をよくするものを食べる、などの対策をとりましょう。

40代の肌は20代、30代に比べてターンオーバーが緩やかになっています。このため一度ダメージを受けると治りが遅いです。普段のスキンケアやファンデーションのダメージがなかなか抜けないために肌から透明感が失われてくすんで見えるという場合もあります。この場合は、カバー力は妥協して保湿に優れたファンデーションを選ぶことで徐々に改善されます。

毛穴が目立つ

毛穴が目立つ原因は、20代の場合は油脂の分泌が多く毛穴に汚れがたまることで毛穴が開くためです。しかし40代の毛穴の開きの原因は肌のたるみです。毛穴が目立つち始めると20代のころの習慣で洗顔をしっかりしよう、としてしまうかもしれません。

40代の肌は保湿力も落ちていますしターンオーバーも緩やかになってしまっているために過度な洗顔は大変なダメージになってしまいます。毛穴が目立つ場合は、ファンデーションでカバーしましょう。光拡散効果のあるパウダーなどが入ったファンデーションを使うと毛穴が目立たなくなります。

また、たるみ自体も防いでいかなくてはなりません。肌のたるみの原因のひとつは紫外線です。紫外線のA波は、肌を赤くしたり炎症を起こさせたリはしませんが、長い時間を掛けて肌の弾力を失わせてしまいます。日焼け止めやファンデーションなどのPAという表示は紫外線A波を防ぐ成分が入っているかどうかを示しています。+が最も弱く++++が最も強い防御力です。普段使いなら++程度がおすすめです。

ファンデーションが崩れる原因紫外線

時間が経つとTゾーンがテカっている

20代の場合は、肌の水分量も油脂の量も自体が非常に多いためにファンデーションが崩れやすいです。Tゾーンは脂の分泌が最も多いのでここから崩れやすいです。40代の肌は本来テカるほど油脂は多くありません。

40代の肌でファンデーションのTゾーンがテカって崩れてくる原因となっているのは、乾燥です。肌の水分が少なくなると肌を守るために油脂が多く分泌されます。脂対策として20代と同じように洗顔をしたり、さっぱり系の化粧品を使ったり崩れにくいファンデーションを使ったりすると肌が荒れてしまいます。

肌がすぐ乾燥する

Tゾーンはテカっていてファンデーションは脂のせいで崩れているような感じがする、にもかかわらず肌が乾燥する、というのが40代の肌トラブルの特徴です。40代の場合は脂をしっかりとることに重点を置く必要はありません。乾燥の方に対処しましょう。

化粧品はさっぱり系のものや脂が多い肌向けのものは避け、保湿がしっかりされているしっとり系のものを選ぶようにしてみましょう。また、ファンデーションを厚塗りにしてカバーしようとすると、メイク落としに強いクレンジング剤を使用しなくてはならなくなり、肌荒れの原因を作ってしまいます。がっちりとカバーするのではなく、フェイスパウダーをはたく、など光拡散作用を使って肌色を補正するようにすると肌への負担が減り、少しずつ調子が上がって来ます。

40代におすすめ!プチプラファンデ

メディアクリーム ファンデーション

[amazonjs asin=”B00EJ419EY” locale=”JP” title=”カネボウ media(メディア) クリームファンデーション OC-C1(自然な肌の色)”]

ファンデーションを見直さなくてはならない。40代に相応しいファンデーションにしなくては。と考えると、高いものを使わなくてはいけないのかと思うかもしれません。しかし、選び方に気を付ければプチプラのファンデの中にも40代の肌にも合うがたくさんあります。

メディアクリームファンデーションはプチプラファンデーションですが、肌の潤いを守りながら肌色を補正してくれます。SPF25、PA++とUV対策にもなります。

ちふれUVリキッド ファンデーションN

[amazonjs asin=”B00VX7B6FM” locale=”JP” title=”ちふれ化粧品 UV リキッド ファンデーション 33 自然な普通肌色 30ML”]

ちふれもプチプラながらよい商品をたくさん出しているメーカーです。ちふれUVリキッドファンデーションは、化粧下地、フィニッシュパウダーが不要です。カバー力はやや低いですが、SPF33、PA++とUV対策はしっかりしていますし、化粧落としも強いクレンジング剤を使用する必要がありません。使いやすいですし、値段も手ごろです。普段使いにおすすめのファンデーションです。

インテグレート ビューティーフィルター ファンデーション

[amazonjs asin=”B07478V4ZC” locale=”JP” title=”資生堂 インテグレート ビューティフィルター ファンデーション SPF15 PA++ 9g 1″]

光拡散効果を持ったパウダーで肌色を補正するタイプのファンデーションです。40代で、毛穴が気になるという人におすすめのファンデーションです。パウダーで光が乱反射して毛穴が見えにくくなります。

カバー力の強いもので毛穴を埋めてしまうという方法で毛穴を隠すと、化粧崩れを起こしやすくなり、クレンジングにも手間がかかります。パウダーの場合は、化粧が崩れにくく、崩れても上からはたけば直せます。クレンジングも楽です。インテグレートビューティーフィルターファンデーションはパウダータイプで薄づきです。SPF15・PA++、長時間外出しない日であれば充分なUV対策効果を持っています。

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール

[amazonjs asin=”B010P8STHM” locale=”JP” title=”MacchiaLabel 薬用クリアエステヴェール 13ml (ナチュラル)”]

成分の半分以上が美容液成分でできているファンデーションです。リキッドタイプですが、ジェルのようなやわらかいテクスチャーで薄づきです。プチプラの商品の中ではテクスチャーに高級感があるタイプのファンデーションです。リキッドには色も付いていますが、色で補正するというよりは、微粒子パウダーで光を拡散させて肌色を綺麗に見せてくれるファンデーションです。乾燥が気になる、という人におすすめです。

リキットタイプなので、パウダーのように気軽に化粧直し、という訳にはいきません。しかし、乾燥のせいで化粧が崩れてくる、という方の場合は乾燥から守ってくれる美容液がたっぷり入ったタイプのファンデーションを使った方が崩れにくいです。PF35、PA+++と紫外線対策にもなります。

レブロン カラーステイメイクアップ

[amazonjs asin=”B00EL3E7B0″ locale=”JP” title=”レブロン カラーステイメイクアップ180″]

40代の肌の悩みを解消するためには薄づきのファンデーションを使って、こまめに化粧直しをした方がよいです。カバー力の強いものはクレンジング剤も強いものを使わなくてはならなくなります。毎日の強いクレンジング剤でのクレンジングはターンオーバーが緩やかになっている肌には負担になってしまいます。

とはいえ、働いている人の場合は、化粧崩れは困ってしまいますよね。こまめに化粧を直すことができない人におすすめなのがレブロンカラーステイメイクアップです。これはリキッドタイプのファンデーションです。崩れにくいカバー力が強いファンデですが、ゼニアオイエキス 、マドンナリリー根エキス 、乳酸桿菌・エリオジクチオンカリホルニクム発酵エキス 、 シムビジウムグランジフロルム花エキス 、 ヒアルロン酸Naなど、保湿成分がたっぷり配合されています。時間が経つほどに肌になじむようなテクスチャーです。

年齢肌に合わせてファンデを選びましょう

20代は脂肌と大人ニキビ、30代はしみやくすみ、40代はターンオーバーの衰えからくる肌荒れと、年代によって肌のトラブルは変わってきます。40代の場合は、しみやくすみをしっかりカバーしたい、という欲求は押さえて、肌にダメージを与えないような、また乾燥を防いでくれるようなファンデーションを選ぶようにすべきです。保湿成分がたっぷり入っていてUV対策ができるファンデーションを選ぶのがおすすめです。

    関連するトピックス