30代からのおすすめファンデーション。品のある大人キレイ肌へ。

30代は、20代より何かと衰えを感じる年齢。ですが、それをカバーしてくれる、高機能ファンデーションもたくさん出ています。20代では出せない大人の「気品」。30代から気品漂う、大人キレイ肌を目指して、ファンデーションを選んでみませんか?

キレイ大人肌へ、30代におすすめのファンデーション

20代とは違い、ハリ、ツヤなどが徐々に減り、日頃の疲れも出てきやすくなる30代。ここで「若い時と比べて、何が失われているの?」と、肌の状態をちゃんと知りたいもの。

どうキレイになりたいの?と美しさを引き立たせる、お肌づくりのポイントも大切。「最近、お化粧が浮いている感じだな…もしかしたら、使っているファンデーションが合わなくなってきたのかも。」などと、感じることもしばしば。

ここで、年齢に相応しい肌作りのために、化粧をする時に感じやすいお悩みを、もう一度振り返ってみましょう。

30代で感じる肌の悩み

肌は25歳を境に、潤いやツヤなどが減ってくるといわれています。30代の今からしっかりスキンケアすれば、10、20年後に大きな差が出てきます。自分の肌状態をしっかり確認し、しっかり対策をしましょう。

ハリが低下してきた

乾燥と紫外線がハリが低下する大きな原因。ハリとは、表皮、真皮、皮下組織の3つの構造から成り立っています。

特に、表皮の下の「真皮」という部分に、いつまでも維持してほしいコラーゲンが網目状に張り巡らされており、エラスチンが網のつなぎ目の役割を果たし、網の中にあるのがヒアルロン酸となります。この3つの成分が張っている状態が、お肌のハリといわれる役割です。

加齢、ストレスから発生される活性酸素や、ホルモンバランスの乱れなどからも失われてしまいます。

シワが気になる

年齢を重ねたり紫外線を浴びてしまうことで、ハリの役割のコラーゲンが減少することが原因。コラーゲンとエラスチンは線維質になっており、上記の原因が重なると、これらの線維が固く、壊れやすくなります。肌が崩れ、シワができやすくなる恐れが。

紫外線はコラーゲンを分解してしまう酵素を出し、ハリを失わせるのです。「まだ30代だから」と対策を先延ばしにしては、10年後に大きな差が出てきます。

紫外線対策はしっかりしたほうがよさそう。

肌がくすむ

紫外線、毛穴の汚れもくすみの原因ですが、肌をキレイにしてくれる「ターンオーバーの乱れ」があるのかも。ターンオーバーは、28日周期で行われることが、肌を一番美しく保てるといわれています。

ですが、年齢を重ねれば周期も遅くなり、30代は40日となっています。年齢通りのターンオーバーが来れば正常な証拠。周期が乱れると聞くと、遅くなるとイメージしがちですが、実は早く来てしまうことで乱れてしまうとか。

洗顔のしすぎなどでバリア機能が低下してしまい、傷んだ細胞が急激に修復しようとするため、早めのターンオーバーが来てしまうのだそう。

ファンデーションの種類と特長

大人の肌には、大人の肌に合ったファンデーションを付けることで、より美しさが際立ちます。どんなファンデーションがあるのか、改めて振り返ってみましょう。

保湿力の高いリキッドファンデーション

昔は「リキッドはよれる」と敬遠されていましたが、ここ数年で、肌になじみやすく少量で付けることができ、付けた後もしっかりハリやツヤを出し、透明感があふれる商品がたくさん出てきています。

さらに、密着力もあり、崩れにくいのが特徴。リキッドの独特な、イヤなテカリが気にならない商品も多くあり、乾燥が気になるという方にもオススメ。伸びがよいので、メイク初心者でも安心して使いやすいのです。

今は、美容液成分がたっぷり入っているのが主流。付ければ付けるほど美肌に近づくという、うれしい特徴があります。

手軽に使えるパウダリーファンデーション

ニキビが気になる方や、なるべくお肌に負担をかけたくない方におすすめ。パウダリーだけで自然な仕上がりになり、仕上げのフェイスパウダーがほぼ要らないというのが、お手軽で簡単。軽い付け心地なので、お化粧直しやメイク落としもラク。

より素肌っぽくナチュラルに仕上げたいなら、ムラなく仕上げられるブラシを使用するのが良いのだそう。値段も、お求めやすいものから高級なものまで、種類が豊富。

ここ数年は、パウダーに直接SPFなどの紫外線対策などの成分が配合のものも。自分にあったパウダリーが見つけやすそう。

崩れにくいクリームファンデーション

クリームファンでとリキッドとの違いは、クリームの方が油分が多く保湿力が高いということ。春夏はリキッド、秋冬はクリームという使い分けをしている方もいらっしゃるとか。実は、パウダリーの下地として塗ることもできます。

しっかりお肌を作りたい方によいでしょう。アンチエイジング効果も期待されているものもあり、コンシーラーがほぼ要らず、重ね付けすればシミ、そばかすなどもしっかりカバー。

オススメの使い方として、お顔全体を塗った後、スポンジで軽くたたけば、より美しい仕上がりになるそう。

ツヤ肌に仕上がるクッションファンデーション

こちらは、スポンジの中にカバー力が高い、液体のファンデーションが染み込んでいるというもの。テクニックに自信がない人でも、パフでポンポンと叩くだけで素早く、ムラなくキレイに仕上がり、化粧直しも手軽にできます。

化粧下地やコンシーラーなどの役割を果たしてくれるのでカバー力も高め。応用編としてBB、CCクリームの上に重ねれば、調子の悪い肌色をカバーすることもできます。自然にツヤを出し、ナチュラルなお肌作りができるそう。

持ち歩きに便利なスティックファンデーション

コンパクトで持ち運びに便利、しかも塗りやすいのが大きな魅力。重ね付けすれば、しっかりカバーしてくれるというのも嬉しい。こちらも美容液成分が入っている商品が出ており、中心から外側に向かって、サッとひと塗りするだけで、密着度が高い付け心地に。

使用する人の特徴として、ニキビ跡や、肌の凹凸が気になる人が多いそう。ひと塗りした後、指やスポンジで馴染ませれば、気になる部分が目立たなくなるとか。近頃は、BBクリームがバー状に変化したファンデが話題をよんでいます。

30代のファンデーションの選び方

30代は、大きく肌が変化するもの。それに応えてくれる、悩みをカバーしてくれる種類も豊富。どのファンデーションで悩みを解消したいのか、今一度確認してみましょう。

保湿力の高いものを選ぶ

20代中盤から、お肌の水分が徐々に失われ、乾燥しやすくなります。鏡を見て「お肌がくすみ始めた…」などを感じた時、原因は乾燥から始まるダメージが多いのです。30代からの乾燥対策に「早すぎる」ということはありません。

徐々に乾燥してしまうことは、肌の大敵ということがわかりました。日頃のスキンケアでも高保湿ものを選ぶのはもちろん大切。

今からもう一つ、高い保湿で美容液成分があるファンデーションも、選択肢に入れてみましょう。

UVカット効果が高いものを選ぶ

30代からの肌対策に、紫外線対策は絶対に欠かせません。紫外線は夏だけでなく、ほぼ一年通して出ていることもわかってきました。涼しい時期でも、30代なら最低でも、SPF20~30、PA++のUV対策はしっかりしたいもの。

夏になれば、もう一つ上の数値を使用したほうがよさそう。乾燥と同様、紫外線対策も今のうちにしっかりすれば、他の人との肌の差が出てきます。

自然なカバー力のあるものを選ぶ

今の主流は「薄付きなのに、素肌っぽい」ファンデーション。気になるシミを素早く隠してくれる、BBクリームをはじめ、リキッドファンデーションなど、ひと塗りでサッとカバーしてくれる優秀なファンデーションが続々登場しています。

きちんと隠してくれるのに、厚塗り感を感じさせないのも嬉しいところ。重ね付けもしやすく、昔のカバー力の概念とは大きく異なっています。薄付きなので、肌が軽く感じるくらい付け心地が軽い商品も多いです。

なるべく肌に負担をかけないために、潤い成分が配合されている商品も多数。付ければ付けるほど、肌が美しくなるのも最近の大きな特徴。

自分の肌色に合ったものを選ぶ

自然にフィットする色で「明るすぎないもの」を選びたいもの。化粧下地とファンデの組み合わせもよく考えることが大切。普段の選び方は、サンプル品を手の甲に載せ、肌の色を合わせがちですが、やはり、お顔に塗って合わせてみるのがよいでしょう。プロのアドバイスを受けることもオススメ。

ファンデの色が合っているはずなのになぜか肌が浮いて見えることはないでしょうか。もしかしたら、下地の色が明るすぎるのかもしれません。

プロのメイキャップの話だと、普段明るめの下地なら、ファンデはいつもよりワントーン暗めの色を使うと、自分の肌の色に合いやすくなるのだそう。

おすすめのファンデーション

30代からの、ダメージに負けない大人の美しいお肌を作るために、しっかりカバー力があり、保湿効果も高いファンデーションをいくつかご紹介いたします。

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール

Amazon|MacchiaLabel 薬用クリアエステヴェール 25ml (ナチュラル)

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B01LZET0OU

ちまたで「神ファンデ」と噂されているこちらのファンデーション。「時間が経っても崩れにくい」と、30代以上に支持を得ています。美容液成分が60%以上も配合されているので、美容液の働きや、美白やパック効果もあり、長時間付けていても肌ストレスを感じにくい。

しかもBBクリーム感覚で手軽に使えるのもうれしい理由。メイク落とし後のツッパリ感がほとんどないのも神ファンデといわれる理由。多くのコラーゲンやヒアルロン酸が配合されているので、ハリとツヤを出し、薄付きながらもしっかり透明感を出してくれます。

エスティ ローダー ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ

Amazon|エスティローダー(ESTEE LAUDER) ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ SPF10 PA++ 30ml 82 ウォームバニラ並行輸入品

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B017KI5L26

今年で発売20年を迎えるロングセラー商品。今流行の、薄付きファンデの先駆けともいえるでしょう。短時間で陶器肌のような、マット感を演出してくれるのが大きな魅力。ピタッと密着力があり、コンシーラーが要らないほどカバー力があります。

色も「デザートベージュ」からの10種類と豊富。色白から、少し小麦色のような肌の人まで「自分の肌色がない」という心配もなさそう。

オススメの使い方として、指で顔全体を塗った後スポンジで軽くたたくと、より陶器肌のようなに仕上がります。パーティなどにお呼ばれされた際の、マットな女優肌を作りたい方におすすめ。

エムアイエムシー ミネラルリキッドリーファンデーション

Amazon|MiMC ミネラルクリーミーファンデーション リフィル 104 オークル

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B01BINNOBO

ここ数年、天然鉱石などで作られているミネラルファンデが注目されています。こちらの商品もなかなかの優れもの。30代の気になる乾燥。なのに、過剰に皮脂が出てしまう…。そんなお悩みの方でも、ファンデーションの美容液成分で、潤いやツヤ感が引き出され、長時間持続。

合計7種類の植物エキスが配合されているので、肌荒れも改善されやすいとか。自然派コスメを使用したい人にもピッタリ。石鹸でメイク落としができるというくらい、肌への負担が少ないのもうれしい。

1回のプッシュでお顔全体に使用でき、酸化しずらくなっているのも、使う人にはとてもうれしい。ブラックのケースがオシャレ。

マキアージュ ドラマティックパウダリー UV

Amazon|MiMC ミネラルクリーミーファンデーション リフィル 104 オークル

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B00TS2KG3M

常に最先端の商品が発売される資生堂。こちらのファンデもその一つ。パウダーファンデを、一度ムース状にするという「ムースプレス製法」で作られた特殊なファンデ。通常のパウダリーと同じように、水なし、水あり使用できます。

肌に溶け込みやすくカバー力もあり、どこから見ても美肌に見えるという優れ物。一度にムラなく広がり、塗った後のお肌の粉っぽさも感じません。

気になる毛穴も、外の光を利用し、肌の内側から光を放つように毛穴を見えにくくする嬉しい効果も。「素肌が美しい」かのような自然な仕上がりで、ほのかなピンク色になり、女性らしさを演出。

自分の肌に合ったファンデーションを選ぼう

お悩み別にさまざまなファンデーションをご紹介しました。どれも、年齢を重ねれば出てくるお悩みに、きちんと対処してくれそうなファンデーションでした。確かに、20代と比べれば、あの若々しい肌が羨ましいと思うもの。ですが、大人には、大人にしか出せない気品があります。これからどんな女性を目指したいか?ということも、ファンデーション選びにとても大切。

年齢を重ねることを極端に怖がることなく、今の、大人の美しさを楽しみながら、ファンデーションを選んでいきましょう。

    関連するトピックス

    関連するキーワード