おしゃれで機能的!バターケースの選び方とおすすめバターケース10選

バターケースは、バターの鮮度を保ちおいしく保存できる優れものです。最近ではおしゃれで機能的なバターケースも多いため、どれを買うべきか迷いますよね。この記事では、バターケースを選ぶときのポイントとおすすめのバターケースをご紹介します。

バターケースで食卓をおしゃれに演出

熱々のトーストやパンケーキにバターを塗って食べるとおいしいですよね。食卓にバターを出すとき、バターケースがあると食卓がぐっと華やかになります。せっかくの朝食タイムやおやつタイムに、食卓をおしゃれに演出したい方にはバターケースはぜひおすすめしたいキッチンツールです。

バターケースは必須ではないからと、つい購入を後回しにしてしまいがちです。しかしバターケースがあることで、紙箱と銀の包み紙のままバターを食卓に置くより、きっとあなたのテンションも上がるはずです。

見た目だけでなく、バターケースにはバターの鮮度を保ち、おいしく保存できるというメリットもあります。トーストやパンケーキが好きな方は、バターナイフやバターケースにもこだわって、毎日の食卓を華やかに演出しましょう。

バターケースの素材で選ぶ

断熱性を重視するなら木製のバターケースがおすすめ

木は温度変化の影響を受けにくく、熱くも冷たくもなりにくいという特徴があります。そのため、木製のバターケースは断熱性が高く、温度を一定に保つことができます。冷蔵庫に入れておいてもバターが固くなりすぎないため、バターケースにおすすめの素材です。

一方で、木の持つ自然のにおいがバターに移りやすい、お手入れが大変といったデメリットもあります。木がけば立ってきたり油分が少なくなったときは、植物性のオイルを塗ることで、つやが出て元の質感が戻ります。

お手入れも含めて木の質感を楽しめる方には木製のバターケースがおすすめです。食卓でも存在感があり、インテリアにはもってこいです。バターケースは頻繁に冷蔵庫から出し入れするため、ホーローや陶磁器とは違い割れたり欠けたりする心配がないのも安心ですね。

清潔に洗いたいならホーローのバターケースがおすすめ

ホーローとは鉄やアルミなどの金属にガラス質の釉薬を塗り、焼き付けて融着した素材です。独特の美しい色合いが人気です。バターケースはホーローの商品も多く販売されています。ホーローは元が金属なので、熱の伝導率が高く、環境に応じて熱くなったり冷たくなったりする性質があります。

冷蔵庫に入れると冷え、食卓では溶けやすくなるため、断熱性を重視するなら木製のバターケースがおすすめです。一方で、ホーローにはお手入れしやすいというメリットがあります。洗剤で油分を綺麗に落とせるため、木製のバターケースのようにお手入れに気を遣うこともなく、清潔に保つことができます。

食器と同じ感覚で使える陶磁器のバターケースもおすすめ

陶磁器のバターケースは他の食器と同じ感覚で使用できるため、お手入れも簡単でおすすめです。木製のバターケースと比べると割れやすい、欠けやすいといったデメリットはありますが、洗いやすく種類が多いのはうれしいところです。

陶磁器は木製ほどではないですが、ホーローと比べると断熱性が高く温度変化が激しくないため、バターケースの素材としては適しています。いろいろなデザインからお気に入りを見つけるのも楽しいですね。

バターケースの機能で選ぶ

手間を省きたいならカットできるバターケースがおすすめ

最近では、バターをカットできるバターケースもあります。バターケースにワイヤープレートが付属しており、バターを押し込むことで5グラムや10グラムごとに薄切りにできるという優れものです。

カット作業が一度に終わるため、手間を大幅に省略することができ、料理で使うときにも分量に迷うことがありません。毎回カットする必要がなく、他のものが混入する恐れもないため衛生的です。お菓子作りやパン作りが好きな方も、いちいち計量する手間が省けるのはうれしいですね。

分量をはかれるカッティングガイドつきバターケースもおすすめ

バターケースの表面に5グラムごと、10グラムごとといったカッティングガイドがついたバターケースもあります。カットするときは、カッティングガイドを目安にすれば大体の分量をはかれます。

保存の時点でカットされてしまうバターケースとは違い、使い方にあわせて臨機応変に好きな大きさにカットできるのがうれしい点です。ナイフやヘラがついていて、そのままカットしたり取り出したりできる商品も多くあります。

バターケースのその他のチェックポイント

しっかり保存するには密閉できるバターケースがおすすめ

バターは空気に触れることで劣化してしまいます。銀紙に包まれた状態でも、一度開けてしまうと密閉とは程遠い状況になってしまいますよね。バターケースに入れて空気を遮断することで、バターの酸化を防ぐことができます。

バターの鮮度に関わるため、密閉できるかどうかをバターケースを選ぶときのポイントにするのもおすすめです。フタがロックできるタイプなど、密閉にこだわったバターケースもあります。バターを使う頻度があまり多くなく、長期保存したい方にはおすすめです。

残ったバターをすくい出しやすいバターケースがおすすめ

バターケースは、バターをすくい出しやすいかどうかも重要です。四隅が鋭角だったり、底と側面が直角だと、角に残ったバターを綺麗に取り出すのが難しくなります。

ナイフが付属している商品だと、残ったバターをすくい出しやすいよう、ナイフの角度やデザインが工夫されている場合があります。また、フタがカッティングボードになっている商品など、各メーカーごとにさまざまな工夫があるため、バターのすくい出しやすさという点でバターケースを選ぶのもおすすめです。

見た目もかわいい木製のおすすめバターケース

ダスホルツ バターケース ブラックチェリー

Amazon|ダスホルツ バターケース ブラックチェリー

出典:http://amzn.asia/iTOLs7b

無垢材を贅沢にくり抜いた見た目もかわいい木製のバターケースです。木目が美しく、つなぎ目のないきれいなシルエットで、食卓を華やかに彩ります。冷蔵庫から取り出したバターが固くなるのが嫌な方、見た目にこだわりたい方におすすめのバターケースです。

色は素材によってベージュ、ライトブラウン、ダークブラウンの3色があります。水洗いができないため、銀紙のままバターを入れて使用したり、水気を抑えたキッチンペーパーで拭くなどお手入れに工夫が必要です。

東屋 バターケース 200グラム半切

Amazon|東屋 バターケース 200グラム半切

出典:http://amzn.asia/aPongpI

猿山修がデザインし、職人が丁寧に作った木製のバターケースです。山桜をくりぬいて作られているため、密閉することができ、湿気を防いでバターの鮮度を保つことができます。底板に上部を被せて保存する形式なので、底板をそのままカッティングボードとして使用することもできます。

お値段はしますが、木製のバターケースとしては知名度が高く、相応の品質を感じることができます。バターケースにこだわりたい方におすすめのバターケースです。

お手入れ簡単なホーローのおすすめバターケース

Lilly White ホーローバターケース【BUTTER 】ブルー E-039-BL

Amazon|Lilly White ホーローバターケース【BUTTER 】ブルー E-039-BL

出典:http://amzn.asia/7uuPgoh

ナチュラルなデザインがかわいい、思わず食卓に飾りたくなるホーローのバターケースです。ホーローは洗うと汚れが落ちやすく、細菌の繁殖を防ぐ効果もあります。簡単にお手入れしたい方におすすめのバターケースです。

ホーローはにおい移りの心配もありません。職人が1つ1つ手作りしているためしっかりした作りで、完全に密閉されています。ただし、容量の関係で200グラムのバターを入れるとバターナイフが一緒に入らないため、注意が必要です。

野田琺瑯 バターケース 200g用 BT-200

Amazon|野田琺瑯 バターケース 200g用 BT-200

出典:http://amzn.asia/98pYTeF

木のフタとホーローの質感があいまってシンプルでおしゃれなバターケースです。バターケースをひっくり返して取り出せば、フタの部分をカッティングボードとして使用することができます。見た目にも品質にもこだわったホーローのバターケースを求めている方におすすめです。

ホーロー製品で有名な野田琺瑯のバターケースで、職人が1つ1つのバターケースを手作りしています。ホーロー部分は洗いやすく、フタは木材なので、バターが冷えて固まりすぎることを防いでくれます。

模様がかわいい陶磁器のおすすめバターケース

LOLO B STYLE KITCHEN バターケース 白磁 32301

Amazon|LOLO B STYLE KITCHEN バターケース 白磁 32301

出典:http://amzn.asia/0EhkAQd

どんなキッチンや食卓にも合う、機能的でベーシックなデザインです。浮彫になった「BUTTER」の文字がおしゃれですね。バターナイフも一緒に仕舞える大きめサイズなので、デザインが気に入った方やバターナイフも一緒に収納したい方におすすめのバターケースです。

ホーローは安定感、高級感があり、一度使えば安物のバターケースとの違いを実感できるでしょう。レンジであたためて残ったバターを拭き取れば、お手入れも簡単です。ただし、ホーローは重いため、取り扱いには注意しましょう。

白山陶器 ブルーム バターケース 002975

Amazon|白山陶器 ブルーム バターケース 002975

出典:http://amzn.asia/1PLTWTX

和食器として数々の賞を受賞した有名ブランド、白山陶器のバターケースです。白磁に施された植物をモチーフとした青い柄が目を引きます。洋風・和風どちらにも合うデザインです。朝食やおやつの時間がぱっと華やかになりますね。

デザインが気に入った方、有名ブランドの品質を体感したい方におすすめのバターケースです。値段は高いですが、使ってみればきっと違いを体感できるはずです。見た目が爽やかで誰にでも愛されるデザインなので、お世話になった方へのギフトとしてもおすすめです。

機能や素材が個性的なおすすめバターケース

ふわふわナイフ付 バターケース ベーシック 日本製 PBJ1F

Amazon|ふわふわナイフ付 バターケース ベーシック 日本製 PBJ1F

出典:http://amzn.asia/4F9G2fC

バターをふわふわにカットできるバターナイフがセットになった、プラスチックのバターケースです。しっかり密閉できる設計なので、バターの鮮度を保っておいしく食べることができます。

セットのバターナイフを使えば、冷えて固まったバターもふわふわに削り取ることができます。プラスチック製のケースなので軽く、お子様でも運べます。透明で中が見えるのも、家族みんなで使うときには便利ですね。食洗器や乾燥機にも対応しているため、お手入れも簡単です。

ステンレスカッター式 バターケース バターナイフ付 日本製 BTG2DX

Amazon|ステンレスカッター式 バターケース バターナイフ付 日本製 BTG2DX

出典:http://amzn.asia/f5DHmlg

押すだけで1度に20個にバターをカットできるバターカッターがセットになったバターケースです。カットしたバターはそのままトーストにのせたり、お菓子作りやパン作りで使用することができます。バターをいちいち計量してカットするのがめんどうだと感じている方におすすめのバターケースです。

カットしたバターを取り出しやすい先が割れた形状のバターナイフも付属しています。バターカッターもバターナイフもバターケースの中に収納できるため、場所をとりません。ただし、バターが固すぎるとバターナイフが傷んでしまうため、常温に戻してから使用するよう注意しましょう。

栗原はるみ カッター&ナイフ付バターケース

Amazon|栗原はるみ カッター&ナイフ付バターケース

出典:http://amzn.asia/9cji6jm

有名な料理研究家、栗原はるみさんのプロデュースしたバターケースです。あらかじめバターをカットした状態で保存しておけば、調理のときにも楽ちんですね。お菓子作りやパン作りが好きでカットしたバターをそのまま使いたい方におすすめのバターケースです。

デザインも爽やかな白と青で食卓に置いてもかわいらしいです。バターカッターはバターを常温に戻してから使うようにしましょう。また、輸入バターだとサイズが合わないことがあるため、輸入バターを愛用している方は注意が必要です。

アデリア バターケース クリスタルガラス製 F70604

Amazon|アデリア バターケース クリスタルガラス製 F70604

出典:http://amzn.asia/5Sr0iPI

ガラス職人が1つ1つ手作りする、クリスタルガラスのバターケースです。高級感のある作りで、エレガントなデザインが華やかですね。ガラスなのでにおい移りの心配がなく、中身が見えるため使いやすいです。デザインが気に入った方、透明のバターケースがいいけれどプラスチックでは満足できない方におすすめのバターケースです。

フタの縁や本体の底には粒ガラスの装飾が施され、外側には格子模様が描かれています。また、バターナイフが仕舞えるよう小窓がついているのもうれしい点です。耐久性のあるガラスを使用していますが、ガラス製品なので扱いには十分注意が必要です。

バターケースで毎日の暮らしを豊かにする

バターケースを選ぶときのポイントや、おすすめのバターケースをご紹介しました。機能を重視する方、インテリアにこだわりたい方など、バターケースに求めるものはさまざまです。自分に合ったバターケースが見つかれば、きっと毎日の食事が一段と楽しくなるはずです。お気に入りのバターケースで、毎日の暮らしをちょっぴり豊かにしてみましょう。

    関連するトピックス

    関連するキーワード