おすすめ携帯浄水器11選。ろ過してきれいで安全な水を飲もう

きれいで安全な水を常に持ち歩けるとよいと携帯浄水器に人気が集まっています。災害時や緊急時などに使えるものなら尚更よいですよね。おすすめの中から、自分お気に入りの携帯浄水器を見つけて、いざというときも安心です。

普段使っている携帯浄水器、緊急時にも使える

普段から携帯浄水器を使用しているので、水道水で使えるのは解るのですが、もし災害などが起こった場合にこれがそのまま使えるのか知りたいです。携帯用浄水器はいざというとき別でよいものを常備しておくべきでしょうか。

ベストの選択として普段使いができて、それで災害時などの備えにもなる携帯用浄水器をおすすめします。その選び方のコツのポイントを押さえて、しっかり選んでみましょう。

携帯浄水器選び方のコツ

形と仕組み

大きく分けると4つの形の携帯浄水器があります。さらにそのフィルターとして使われている仕組みには主に4つの種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

  • ボトル型(タンブラー型):一番携帯浄水器では多い形、ろ過などの感じや使用感はフィルター素材により異なります。持ち運びができて尚且つ使いやすいタイプが多いです。日常持ち歩くならこれがおすすめ。
  • ストロー型:直接水から吸い上げるタイプ、ストローの中に工夫がしてあります。コンパクトで携帯用に優れているので、防災バックなどに入れておくと役に立つ場面が来るかも。
  • ポンプ型:大量の水を一気に吸い上げて、ろ過するタイプ。大人数でのキャンプや災害時などに避難場所にあるとよいタイプです。
  • 2バック型:原水を高い位置にあるバックに入れて、低い位置にあるバックに流すタイプ。フィルターは繋ぐホースの中にあり、重力を使うのである程度の時間がかかります。

フィルターに使われている仕組みは主に4つとその組み合わせからです。これは個々の製品によっても異なりますから注意しましょう。

  • 活性炭:一番ポピュラーな仕組みで、炭のあちこちに目に見えないほどの穴が空いており、そこに不純物が吸着します。水道水のろ過などにはかなり向いているタイプ。使わないで置いておくとカビが生えたりするので、保管方法などには注意が必要です。
  • 逆浸透膜:元々は海水の飲料水化を目的として作られたもの。活性炭より穴が細かく、より不純物を吸着できます。ろ過の若干時間のかかる傾向が強いのが欠点で、詰まりは早く、カートリッジの交換ペースが早いものが多いです。
  • 精密ろ過膜:表面の膜で不純物を捉えるため、洗えば何度も使える点がメリットです。比較的持ちがいいので備蓄用としてもおすすめ。しかし完全に不純物を処理することはできないです。この膜と逆進塗膜や活性炭の組み合わせなどでろ過するのがベスト。
  • 中空糸:主に飲料水製造などのメーカーで最終的な水の処理タンクとして使われています。その細かさや価格によって若干異なるものがあり、よいものでは菌類の捕捉も可能。

    逆からきれいな水を流すことによって洗浄も可能な優れものです。どのような中空糸のカートリッジが使われているかをしっかりと確認しないといけません。

製品によってはそれが企業秘密ということで表示されていないケースがありますが、大抵この4つの組み合わせなどでできています。製品を選ぶときにろ過機能なども注意してみて下さい。

使用目的

携帯浄水器をどのように使用するかによっても選び方が変わります。

例えば普通の携帯用であれば素早く水道水をろ過することができるものがいいですし、アウトドアや登山などではウイルスを除去することも求められ、備蓄用ではなるべく放置しておいても構わない種類のカートリッジがよいです。

普段使いと分けてもう1つ専用のものを揃える方法もあります。この場合には特に備蓄用は特別なろ過装置を持っているものを選びましょう。

普段使いのものをいざというとき使いたい場合には、手間(飲みにくいなど)をある程度惜しまないこと。使用感などは形やカートリッジの種類によって異なり、それぞれ製品によってかなり違う点があるので注意が必要です。

コスト

携帯浄水器のフィルターのカートリッジには、ある程度の交換の目安が示されています。これも製品の表示などに書いてありますからそれに従うようにして下さい。

携帯浄水器にはその本体の値段だけでなく、交換用カートリッジの値段にも注意しましょう。

家庭用浄水器によくある話なのですが、取り付けは安かったのにカートリッジの交換などで高いお金をとられたなどの話も聞きます。本体の値段だけでなく、交換の費用も含めてコストとして考えることです。

おすすめ携帯浄水器おすすめ11選

それでは選び方のコツなどを基本にした形で11つの携帯浄水器をおすすめします。特徴などをみてお気に入りのものを選んでみましょう。

東洋技研 ストロー浄水器 mizu-Q.P(ミズキューピー)

出典: http://amzn.asia/4wsMEnw

東洋技研 ストロー浄水器 mizu-Q.P(ミズキューピー)

同タイプのミズQもよいのですが、こちらはペットボトルにも取り付け可能なので、ストロータイプとボトルタイプの両方を組み合わせている点がおすすめポイントです。大きさもそれほど大きくなく、災害時備蓄用として買う方が多数います。

活性炭と微粒子砂のろ過システムである程度の水であれば飲料水にすることができます。ただしあまりにも汚い水はろ過しきれません。耐久性はペットボトル500杯分の水までろ過可能です。

交換用カートリッジが無いので、使い終わったら買い替えないといけないコスト面は計算して下さい。

MSR アウトドア用 浄水器 ミニワークスEX

出典: http://amzn.asia/eaok4aX

MSR アウトドア用 浄水器 ミニワークスEX 【日本正規品】 31300

ポンプ式のこの携帯浄水器、カートリッジは精密ろ過膜(セラミック)で洗えば何度でも使える点がいいところです。ポンプ式にしては割と小さ目なので、いろいろ使い道があるよい品。

カートリッジは浄水で洗えば何度でも使用可能ということですが、おすすめはもう1個予備カートリッジ(5,000円ぐらいします)を買って、緊急時にカートリッジを洗えないなどの対策は必要です。

ガイアライトボトル (スケルトン)

出典: http://amzn.asia/jiZyI91

ガイアライトボトル (スケルトン)

ボトルタイプの携帯浄水器で、JIS規格の13項目の汚れを除去する優れたフィルターが高性能な製品です。ボトルタイプはいろいろ持ち運びや普段使いに便利なのがよい点。

カートリッジは380L使えて、交換のカートリッジは5,182円です。使用頻度にもよりますが、3~4ヵ月が目安。非常時でもよほど汚い水で無ければ、これで飲むことが可能です。

三菱レイヨン 浄水器 0.25L Cleansui tumbler(クリンスイタンブラー)

出典: http://amzn.asia/7ZGpFUt

三菱レイヨン 浄水器 0.25L クリアブルーCleansui tumbler(クリンスイタンブラー) KCT-030-CB

タンブラー式の浄水器で、水道水ならこれで十分。フィルターカートリッジは活性炭、非常に手軽な値段なのもよい点です。

カートリッジは塩素除去率80%ということなので、水道水にしか使えない点は注意が必要。カートリッジの交換目安は1ヵ月、カートリッジの値段は3本入り1,980円なので、比較的安価です。

Platypus(プラティパス) アウトドア用 浄水器 グラビティワークス4.0Lフィルターシステム

出典: http://amzn.asia/4kFnUyf

Platypus(プラティパス) アウトドア用 浄水器 グラビティワークス4.0Lフィルターシステム 25135 【日本正規品】

アウトドア用に作られた2バック型の携帯浄水器、一気に4L水が作れるので、非常時にも役立ちます。中空糸で作られたフィルターは清水を逆から流すだけで洗浄可能。

カートリッジ単体の販売はしていないので、非常時には洗浄分として適度なきれいな水を用意することが難点です。ただし一度買うと長く使えるので、コスパはよいかもしれません。

セイシェル 放射性物質除去フィルター 28オンス フリップトップボトル

出典: http://amzn.asia/arB5dwM

セイシェル 放射性物質除去フィルター 28オンス フリップトップボトル(並行輸入品)

[amazonjs asin=”B006AVLS22″ locale=”JP” title=”セイシェル 放射性物質除去フィルター 28オンス フリップトップボトル(並行輸入品)”]
約150種類の有害物質を除去できるボトルタイプの携帯浄水器、ある程度の汚染水であれば使えることから非常時にもその本質を発揮する製品です。
フィルター交換の目安は、普通の水であれば380Lで、交換用フィルターは4,000円程度で売られています。放射能汚染を見越して作られている非常に高性能な製品です。

Ligangam アウトドア 携帯浄水器 災害時、緊急時に安全な水を確保(アーミーグリーン)

出典: http://amzn.asia/hkqt9nh

Ligangam アウトドア 携帯浄水器 災害時、緊急時に安全な水を確保(アーミーグリーン)

ストロータイプの携帯浄水器、川や湖から直接水を飲みことを計算して作られた特殊なろ過フィルターが99.9%以上の雑菌などを捕捉し、きれいな水を飲むことができます。

1,000Lまで浄化機能が衰えないこととその価格からフィルター交換はできません。非常に軽量なことから緊急時などの備蓄としてあるとよいです。

Vestergaard(ベスターガード) 浄水ボトル LifeStraw Go

出典: http://amzn.asia/0szeJNS

Vestergaard(ベスターガード) 浄水ボトル LifeStraw Go

ボトルタイプの携帯浄水器で、中空糸の特殊フィルターが有害な物質を捉え、きれいな水に変えてくれます。特に細菌類には強く、アウトドアや非常時にも役立ちます。

水1000Lまでろ過機能が衰えず、比較的長持ちすることから交換用フィルターは無いです。交換用フィルターが安価であるのならよりおすすめ度が上がるのですが…。

LIFESAVER 4000UF Bottle by Lifesaver

出典: http://amzn.asia/f2D0iwF

LIFESAVER 4000UF Bottle by Lifesaver

海外ではかなり人気のボトルタイプの携帯浄水器、活性炭の特殊フィルターでかなりのきれいな水を作れることができます。非常時にカートリッジ交換が難しいことから長期間の使用には向いている製品です。

4,000Lまでろ過機能可能で、交換のカートリッジは4,000Lバージョンで日本円で約7,000円弱ぐらいです。日本語対応になっていないので、購入すると英語の説明書が送られてきますので、その点だけ注意してください。

アーバンテック SUPER DELIOS(スーパー デリオス) 携帯浄水器

出典: http://amzn.asia/dlR3JFb

アーバンテック SUPER DELIOS(スーパー デリオス) 携帯浄水器

ボトルタイプの携帯浄水器で、フィルターは活性炭と中空糸でつくられているので、ほとんどの水に対応できます。ただし魚の生息できないような環境になっているなどの汚染水には対応できません。

ろ過量は200Lで、交換用フィルターが3,672円(公式サイトより)購入できます。(ただし数量が5個よりなので注意。)非常に軽くコンパクトな作りになっていますので、どのような場面でも活躍します。

BRITA ブリタ 水筒 直飲み 600ml 携帯用 浄水器 ボトル カートリッジ 1個付き フィル&ゴー ピンク &グリーン 2個セット

出典: http://amzn.asia/64RNmmQ

BRITA ブリタ 水筒 直飲み 600ml 携帯用 浄水器 ボトル カートリッジ 1個付き フィル&ゴー ピンク &グリーン 2個セット

普段使いになら値段的に一番おすすめできるボトルタイプの携帯浄水器です。マイクロディスクフィルターカートリッジが塩素や農薬などを取り除いて安全でおいしい水を作ってくれます。

カートリッジは4週間が交換の目安、カートリッジ3枚入りで1,500円弱なのも非常にコスパがよいです。少し吸うのに力がいる点がマイナスポイント。ただ値段的な面から考えても試しに買ってみてもよいかも知れません。

ろ過した水で普段からきれいな水をのもう、いざというときも安心

携帯浄水器というのは、形やフィルターの性能により使用用途が変わっていきます。いざ災害の際にどこの水を飲むことができるのかというのをしっかりと確認してから選ぶようにしたいです。普段から使っているものが災害のときにつかえるとなると一石二鳥です。

おすすめの商品はある程度その基準を満たしています。おすすめのものからコストや身の回りの水環境などを考えて選ぶようにしましょう。いざというときの備蓄用にもしっかり考えておくことが安心に繋がります。

    関連するトピックス

    関連するキーワード