マンションで人気!ランキングでも評判のDIYをご紹介

最近DIYが大注目を集めていますね。私も大好きで、どんどん家の中が変わるので家族も気付かなかったりします。マンションのお部屋も、ちょっと気に入らないところは自分で変えれば大丈夫!収納を増やして自分好みの素敵なお部屋にアレンジしていきましょう。

DIYってなに?

DIYとは、「Do it yourself」の略語です。「自分でやろう」という意味で、自分の手でインテリアやエクステリアに手を入れる「日曜大工」のことです。といっても昔とは違い、今は女性が簡単にできるようになってきました。

 

DIYでできること

DIYではさまざまなことができます。たとえば壁紙。マンションだと、壁紙までは選べないことがほとんどですよね。
でもDIYなら壁紙を自分好みに張り替えることも可能です。ふすまや障子だって、可愛く大変身させられますよ。
さらにカーペットの床をフローリング風にしたり、フローリングの床を畳風にすることもできます。柄を変えることも簡単です。
私が最近行ったDIYは、部屋干しのための金具をリビングに取り付けたことと、壁紙を貼り替えたこと。玄関の三和土も全部替えました。
押し入れにツッパリ棒を渡してクローゼット風にしたり、逆にクローゼットにカラーボックスや衣装ケースを置いて押し入れ風に変えたりすることも可能です。
ライフスタイルに合わせて、お部屋を変えちゃう時代なのです。

 

原状回復できるDIYと、できないDIY

今住んでいるマンションが賃貸なら、原状回復できることが大前提です。壁紙を傷つけたり、フローリングにキズをつけると大変ですよね。
でも大丈夫。現在は賃貸マンションでも安心の、原状回復できるDIYグッズがたくさん販売されているんですよ。
もし分譲マンションでこれから売却する予定がないなら、思い切りDIYを楽しんじゃいましょう。がらっと違ったイメージにすることも可能です。

賃貸でも大丈夫!原状回復可能なDIY

それではさっそく、賃貸マンションでも使用可能な、原状回復ができるDIYグッズをご紹介していきます。お部屋の使い勝手を良くし、収納スペースも広げましょう。

平安伸銅工業 LABRICO DIY収納パーツ 2×4アジャスター

Amazon|平安伸銅工業 LABRICO DIY収納パーツ 2×4アジャスター

出典:http://amzn.asia/2069Xwk
今、賃貸マンションのDIYの基本といったら、ラブリコの2×4アジャスターです。これは、ツーバイフォーというサイズにカットされた角材を、部屋の中に柱のように立てるためのグッズです。
部屋の中に柱を立てることで、2本の柱の間に板を貼ってピン止め可能なスペースを作ったり、柱自体にカレンダーやバッグなどをかけることができるようになります。
原理はつっぱり棒と同じなので、壁にも床や天井にもキズを付ける心配はありません。お部屋を替える第一歩として大変な人気がある商品です。

 

Amazon|窓ガラス目隠しシート

出典:http://amzn.asia/cMpb91R

我が家でも大活躍しているのが、この窓ガラス目隠しシートです。窓ガラスは透明なので、向かいのビルや通りなどからの人の目が気になりますよね。
夜は特に中が明るいのでよく見えてしまいます。そこで、この目隠しシートを貼ることで、外からはのぞけなくなります。

有事の際はガラスの飛散防止にもなりますよ。
しかも日差しが柔らかく入ってくるようになり、断熱・遮光性もあります。しかも剥がせるタイプなので、原状回復もラクラクです。

 

Rabbitgooウォールステッカーホワイトボード

Amazon|Rabbitgooウォールステッカーホワイトボード

出典:http://amzn.asia/1DIWHbh

なんとこちらは、壁に貼ってホワイトボードとして使えるステッカーです。しかも貼り付けは簡単ですし、らくらく剥がせます。
子どもがいたりすると、家族の伝言や予定を書き込む大きなホワイトボードがあると便利ですよね。でも賃貸マンションには大きなホワイトボードを壁掛けできません。
そこで、貼って剥がせるホワイトボードが大活躍します。黒板タイプもありますが、ホワイトボードならチョークの汚れが出ないためお部屋を汚しません。

 

はがせる タイルシールウォールステッカー

Amazon|はがせる吸着床タイル

出典:http://amzn.asia/jfrY4p5

壁紙も、簡単に貼ってはがせる時代です。しかもこの壁紙、立体的になっているんです。レンガ柄の立体シートで、クッション仕立てになっています。
ある程度の強度があるので貼ることも簡単ですし、はがせるので原状回復可能です。1枚から20枚セットまであり、まとめて買うほどお得です。
立体シートなので防音・断熱効果もあり、撥水加工もされています。隣や上下の物音が気になる方にもおすすめできますよ。

 

はがせる吸着床タイル

Amazon|はがせる タイルシールウォールステッカー

出典:http://amzn.asia/6RPDHEI

はがせる吸着床タイルは、フローリングを簡単に模様替えできるシールです。カラーはウォールナットとオークから選べます。
1ケースに24枚入っているのでたっぷり貼ることができます。ハサミでも簡単に切れるので、セットはラクラクです。
汚れ防止のコーティングもされており、万一汚してもささっと拭き取れば大丈夫なんですよ。しかも床暖房対応で、防炎加工もほどこされています。

 

Amazon|LOWYA (ロウヤ)フロアタイル接着剤不要置くだけ

出典:http://amzn.asia/dZIA3YY

ロウヤのフロアタイルは、接着剤も不用です。置くだけで設置できちゃうという優れモノなのです。
だから原状回復はとっても簡単です。置いたフロアタイルを回収するだけでOKなのです。でもとても丈夫で子どもが上で遊んでも平気です。
下地を敷けば畳の上にも設置できます。お部屋の雰囲気をガラッと変えたいときに役立つ置くだけ床タイルです。

リノベーション可能ならどんどんチャレンジ!本格DIY

分譲マンションや、壁に釘打ち可能なマンションであれば、本格的なリフォームも可能です。どんどんチャレンジして、自分だけの空間を作り出してみましょう。

 

Sundタイルシール壁シール防水

Amazon|Sundタイルシール壁シール防水

出典:http://amzn.asia/d69JtFK

こちらのタイルシールは、防水に非常に優れています。だからキッチンの壁や作業台・床などに貼れば汚れ防止にもなりますよ。
小さな子どもがいたり、立って用を足す男性がいたりするとトイレの床や壁にも跳ね返りが激しくつきますよね。
そんな時は壁を綺麗に洗ってからタイルシールで模様替えしてみましょう。トイレの雰囲気も変わりますし、こびりついた臭いも変わってきます。

 

3種のウォールシェルフ 6点セット

Amazon|3種のウォールシェルフ 6点セット

出典:http://amzn.asia/9VuFLL1

贅沢に3種類のウォールシェルフが6点セットになっている商品です。形も大きさも違うシェルフが2枚ずつ3種類入っているので、組み合わせはさまざまです。
プッシュピンが同梱されていますが、これだけではちょっと不安という石膏ボード壁の方は、石膏ボード用のプッシュピンか丈夫なビスを買ってしっかり留めましょう。
カラーはより明るいチークと、ちょっとシックなウォルナットから選ぶことができます。

 

KING DO WAY 2本セット 棚受け

Amazon|KING DO WAY 2本セット 棚受け

出典:http://amzn.asia/blTUm5v

こちらは棚受けが商品になっています。写真では2本セットで使用し幅広の棚をセットしています。
1つずつ使って小さな棚をいくつも設けることも可能です。小さなグリーンの鉢を置いたり、写真を立てたりと用途はいろいろです。
ちょっとレトロな水道管のようなアンティーク調が特徴で、お部屋のキュートなワンポイントとなってくれますよ。

 

キッチン置き棚収納用品 整理棚 調味料便利棚

Amazon|キッチン置き棚 収納用品 整理棚 調味料便利棚

出典:http://amzn.asia/6U0OZ2B

キッチン置き棚収納用品は、キッチンの可能性を拡大してくれる収納系DIYキットです。ステンレス製の棚になっています。
ステンレス製の棚はビス止めするか、非常に丈夫な同封ののりで貼り付ける方法があります。より安定するのはビス止めですね。
調味料をずらりと置いても、おたま類をずらりとかけても大丈夫!なんと50キロに耐えるんです。お風呂場でも活躍します。

 

シェルティシリーズ【 ホッチキス/ホチキスで止めるだけ 】 壁美人

Amazon|シェルティシリーズ【 ホッチキス/ホチキスで止めるだけ 】 壁美人

http://amzn.asia/4VYklWV
こちらは、キッチンや洗面所・トイレなどで大活躍する壁に取り付けるタイプのDIY収納棚です。
ものが落ちないようにワイヤーがついているので、化粧品などガラスのびんに入っているアイテムも安心しておくことができます。
ホッチキスで留めるだけという不思議な構造なので、取り付けも簡単ですし、取り外した後も比較的傷が目立ちにくいというメリットがあります。

ランキング入りの人気DIYでマンションの生活をより楽しもう

ホームセンターや通販サイトでは、さまざまなDIYグッズが販売されています。100均でも驚くほどDIYコーナーは充実しています。
気が付くといろいろな場所に目が行き、お手入れしたくなってくるものです。家族のライフスタイルの変化やセンスに合わせて、いろんなインテリアにトライしてみましょう。

    関連するトピックス

    関連するキーワード