【初心者におすすめのアイライナー】プチプラで使いやすい5つの商品

アイライナーは、目力アップをするためにとても役立つアイテムです。しかし、お店には迷ってしまうほどたくさんの種類のアイライナーが並んでいます。

今回は、アイライナーデビューする人にも分かりやすい、アイライナー選びのコツとおすすめをみていきます。

hidden-thumbnail

初心者でもアイライナーを上手に使いこなすために

アイライナーは、まつ毛のきわに引くことで、目元を際立たせられる、アイメイクに重要なアイテムです。しかし、アイライナーの先は細く、目のまわりの柔らかな皮膚に使うことは、なかなか難しいもの。

特に使い始めのうちは、ぶれてしまったりにじんでしまったりなど、うまく描けないことも多く、悩みの種になりがちです。

この悩みを解決するには、「練習」はもちろんのこと「自分にあったアイライナー選び」が重要です。選び方のポイントはどんなところにあるのでしょうか?

「初心者でも描きやすい」おすすめ商品とともに、選び方のコツも紹介します。

初心者向けアイライナー選び方のコツ

アイライナーには、「素材や形状」「色」「加工」など、さまざまな種類があり、選ぶものによって、描きやすさや見た目の印象が変わってきます。ポイントを押さえて、自分に合ったアイライナーを見つけましょう。

選び方ポイント1.描きやすさで選ぶ

アイライナーは、大きく分けて「ペンシルアイライナー」「リキッドアイライナー」「ジェルアイライナー」の3つのタイプがあります。それぞれの特徴をみてみましょう。

ペンシルアイライナー

ペンシルアイライナーは、芯がしっかりとしていてブレにくいことが特徴です。削りながら使用する鉛筆形のものと、くり出して使うペンタイプのものがあります。

どちらも描きやすく、初心者向きのアイライナーです。滑らかな線を描くときは、芯の柔らかいものがおすすめです。

リキッドアイライナー

ペンシルアイライナーが芯なのに対し、液状で描くのがリキッドアイライナーです。先が筆ペンやフェルトペンのようになっていて、細い線と太い線のどちらを描くときにも便利です。

目尻のハネなど、細かい変化をつけたいときには、筆ペンタイプが適していますが、ペンシルアイライナーほど安定感がなく、初心者には少々難しいタイプです。

まずは、ペン先が安定しやすいフェルトペンタイプで、コツをつかんでみましょう。

ジェルアイライナー

ペンシルアイライナーとリキッドアイライナーの中間ともいえる、ジェルアイライナー。ジェル状になっていて発色が良く、濃い色味を出しやすいことが特徴です。

にじみにくいこともうれしいポイントですが、容器に入ったジェルを筆につけて描くことは、失敗と隣り合わせ。慣れない人には、ジェルを固めたペンシルタイプがおすすめです。

選び方ポイント2.色で選ぶ

アイライナーの色の主流は、ブラックとブラウンです。ブラックのアイライナーには、目のフチを際立たせる効果や、黒目の強調効果があります。漆黒のような濃いブラックは、一層くっきりと目を強調します。

一方、ブラウンのアイライナーは、ブラックよりも優しい印象を与え、強調しないので自然な仕上がりに。慣れないうちは、ブラウンを使用するとミスが目立ちにくく、練習にはブラックを使用すると、改善点が見つけやすいでしょう。

実は、アイライナーにはネイビーやカーキなど、いくつもの色展開があります。しかし、色の合わせ方が難しく、初心者には定番のブラックやブラウンをおすすめします。

選び方ポイント3.耐水性で選ぶ

アイライナーのにじみや色落ち防止を重視するときは、耐水性で選びましょう。「ウォータープルーフ」「スーパーウォータープルーフ」の記載がある商品が、耐水性のあるアイライナーで、1日中ラインをきれいに保つことが可能です。

とても便利なウォータープルーフ商品ですが、種類によって洗い落とし方が違うので、選ぶときに注意が必要です。ウォータープルーフアイライナーには、「メイク落としで洗う」タイプと「お湯で洗う」タイプがあります。

強い耐水性をもち、通常のクレンジングでは落ちにくいアイライナーは、アイメイクリムーバーなどを使って落とす必要があります。

一方、水や汗の温度では落ちないのに、お湯だと落とせる手軽なウォータープルーフアイライナーもあります。使用場面に合わせて選びましょう。

初心者向けアイライナー5つのおすすめ商品

アイライナーは種類が豊富で、価格帯も広いアイテムです。まずは、プチプラアイライナーから、自分に合ったタイプを探して練習してみましょう。

「ペンシル」「リキッド」「ジェル」アイライナーそれぞれから、初心者におすすめの描きやすい商品を選びました。便利な「お湯で洗える」アイライナーも紹介します。

エリザベス:ビボ アイフルアイライナー

出典: https://www.amazon.co.jp/ビボ-アイフルアイライナー8/dp/B004JKN0RW

ビボ アイフルアイライナー8

使いやすい鉛筆型のペンシルアイライナーからは、発色のよいアイフルアイライナーをおすすめします。滑らかな使用感とにじみにくさで、初心者にも扱いやすいアイライナーです。

プチプラのロングセラー商品なので、色違いのブラウンも購入してみてはいかがでしょう。

コージー:スプリングハート ロングラスティングアイライナー

出典: https://www.amazon.co.jp/スプリングハート-ロングラスティングアイライナー-ダークブラウン/dp/B000FQSASS

スプリングハート ロングラスティングアイライナー ダークブラウン

こちらは、くり出しタイプのペンシルアイライナーです。芯が柔らかいので、滑らかなラインが描きやくなっています。

プチプラなのに、ウォータープルーフで、ぼかし専用のチップや芯先用のシャープナーまでついています。コスパ的にもおすすめの商品です。

ナリス化粧品:ウインクアップ マキシグレードアイライナーEX

出典: https://www.amazon.co.jp/ナリス化粧品-ウインクアップ-マキシグレードアイライナーEX-リキッド-ディープブラック/dp/B00DRU6WB6

ナリス化粧品 ウインクアップ マキシグレードアイライナーEX リキッド ディープブラック -

リキッドライナーで、くっきりな目元が強調できます。極細のフェルトペンタイプなので、ブレ対策にもピッタリです。速乾性があり、すぐに乾くので、まぶたについてしまう心配も軽減されます。

パンダメイクになりやすい初心者に、うれしいポイントです。

セザンヌ:ジェルアイライナー

出典: https://www.amazon.co.jp/セザンヌ-ジェルアイライナー-20-バーガンディー-0-1g/dp/B01K1DBQ2G

セザンヌ ジェルアイライナー 20 バーガンディー 0.1g

柔らかい芯で、描き心地のよいジェルアイライナーです。ウォータープルーフ処方で、水や汗、こすれにも強く、ラインをしっかりとキープします。

くり出しのペンシルタイプなので、ジェルライナーデビューでも、扱いやすい商品です。

コージー:ドーリーウインク

出典: https://www.amazon.co.jp/ドーリーウィンク-6343-ドーリーウインク-リキッドアイライナー3-ディープブラック/dp/B00MVNRTF8

ドーリーウインク リキッドアイライナー3 ディープブラック

速乾性と耐水性に優れていて、初心者にも扱いやすいリキッドアイライナーです。筆ペンタイプで筆先は細くなっていますが、コシがあるので、繊細なラインを描くのにも向いています。

価格は高めの商品ですが、それでもプチプラな価格帯です。お湯で簡単に落とせる便利な商品です。

自分に合ったタイプをみつけてアイメイクを楽しもう

初心者向けアイライナーは、描きやすいものを選ぶことがポイントです。タイプ別に、自分に合ったものを見つけて、まずは練習してみましょう。

にじみや色落ち防止には、耐水性のあるウォータープルーフタイプが効果的です。また、「お湯で落とせるタイプ」のものを選ぶと、部分クレンジングの手間が省けて便利です。

アイラインは色によって、目元の印象が大きく変わるので、プチプラアイライナーを活用し、ブラックとブラウンの両方を試してみることもおすすめです。自分の好みに合った色を見つけて、アイメイクを楽しみましょう。

    関連するトピックス

    関連するキーワード